学習活動・行事【3年生】

保育実習 最終日!

3年生の「子どもの発達と保育」の授業で、伏見かわい幼稚園に行ってきました。

今年度は5回保育実習をさせていただき、今日が最終回でした。

「ジャンボリーミッキー」「ミッキーマウス体操」を園児たちと一緒に踊りました。 

.園児たちからも「どんな色がすき?」の歌のプレゼントがあり、一生懸命歌う姿はとってもかわいかったですハート

最後は全園児たちとハイタッチして、お別れとなりましたうれし泣き

生徒たちはこの思い出と経験を胸に、保育士として大きく羽ばたいていきます!!

伏見かわい幼稚園の園児さん、先生方、本当にありがとうございましたイベント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学入学共通テスト激励会

本日、大学入学共通テスト激励会をMeet配信で行いました。

受験生の皆さん、明日、明後日の共通テストを後悔のないようにやりきって下さい。

 

久しぶりの保育体験!!

3年の選択科目「子どもの発達と保育」で、伏見かわい幼稚園に訪問し保育体験をしてきましたにっこり

コロナ禍において、実に3年ぶりの保育体験でした。

実際に子どもたちと関わり、「4歳でもしっかりしていて意外とできることが多いことにびっくりした」「ケンカをした子どもたちに対しての先生の対応がとても勉強になった」など感想を述べていました。

また、子どもたちの元気でかわいい姿に、「保育士を目指す気持ちが強くなった!」と気持ちを新たにした生徒もいましたイベント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伏見かわい幼稚園の園児の皆さん、先生方、貴重な機会をいただきありがとうございました。

 

ハングルの授業で韓服を着てみました

 11月18日(金)3年生の「ハングル」の授業で、在日本大韓民国民団石川県地方本部の女性部3名から韓服の紹介をしていただきました。女性の衣装をチマチョゴリ、男性の衣装をバジチョゴリといいます。韓服についての説明後は、実際に韓服を身にまとい記念撮影をしました。着替えて登場した際には、皆 嬉しそうに歓声を上げていました。

   

 

七夕飾りを作りました!

3年生の選択授業「子どもの発達と保育」で、七夕飾りを作り、伏見かわい幼稚園に持って行きました星

短冊には願いを込めて「みんなと早く遊べますように」「みんなが笑顔で過ごせますように」と書きました。

七夕飾りの作り方をchromebookで調べ、それぞれ好きなものを作ったのですが、それが現役保育士さんの手にかかると・・・こんな統一感のある素晴らしい仕上がりに!!

幼稚園の玄関に飾ってくださいました。

お忙しいところ、本当にありがとうございました笑う

早くコロナが落ち着き、幼稚園の実習で可愛い園児さんたちと会えることを心待ちにしていますハート

2022年 3年生遠足

 学校より出発し、金沢城公園まで遠足に行ってきました。

前日までの悪天候が心配でしたが、生徒たちの日頃の頑張りのおかげで当日は無事晴天に恵まれました。

1時間程度で目的地までたどり着くことができ、少し風が強い天候でしたが、現地ではゆったりと過ごす生徒もいれば、同じく遠足に来ていた小学生と仲良く遊んでいる生徒もいたりと、日々の疲れを癒すいい機会になっていたようでした。

 

     さあ、出発!

 

      仲良し★

  金沢城公園エンジョイ中♬

 

   景色も素晴らしい…

    おかえりなさい!

フードデザイン授業「世界のクリスマスケーキと紅茶」

3年生選択科目「フードデザイン」で、紅茶の教室をされている竹松聡子先生をお迎えし、「世界のクリスマスケーキと紅茶」と題して授業をしていただきました。

まずクリスマスのテーブルコーディネートに生徒たちは大興奮

先生には紅茶の入れ方から教えていただき、キリスト教にまつわるクリスマスについてのお話、世界のクリスマスケーキについての食文化を学びました。

いちごがのっている生クリームのクリスマスケーキを食べるのは日本だけだと知り驚きました。

ドライフルーツのぎっしり詰まったドイツのシュトレン、イタリアのパネトーネなどとともに紅茶をいただきました。

非日常の素敵な世界にすっかり癒やされながらも、世界の人々が過ごすクリスマスに思いを馳せることができ、とても良い経験となりました。

 

 

 

竹松聡子(たけまつさとこ)先生

金沢市内で紅茶教室をされています。シニアティーアドバイザー、プロトコールマナーアドバイザーの資格をお持ちで日本フィンガーフード協会認定講師でもいらっしゃいます。

伏見かわい幼稚園に手作りマスクを贈呈

3年生の選択授業「子どもの発達と保育」では、今年度コロナ渦のため保育実習ができず、生徒たちはさみしい思いをしていました。しかし、子どもたちとどうにかつながれないか、何かしてあげられることはないかと考え、子ども用のマスクと折り紙を制作し園児たちにプレゼントすることにしました。

 直接園児にマスクを手渡すことはできないかと、伏見かわい幼稚園の先生にお願いしたところ快く受けてくださり、園児とのふれあいの場をもうけていただきました。念願の園児たちとの対面が叶い、実際にマスクと折り紙を見た園児が「すごい!かわいい!」と言ってくれたのを聞いて、生徒たちは嬉しそうでした。最後は園児たちが花道をつくってくれ、生徒たちはそのかわいい姿にすっかり癒やされていました。

 北國新聞、読売新聞(ともに2020.12.12朝刊)に掲載されました。

 

 

韓服の試着体験

12月11日(金)3年生の選択授業「ハングル」において、韓国文化を知ることを目的として、在日本大韓民国民団石川県地方本部のご協力を得て韓服の試着体験をしました。

 講師の先生より韓服の紹介をしてもらった後、それぞれ衣装を選び身に纏いました。生徒達は、「キヨミ(かわいいこ)」、「モシッソヨ(かっこいい)」といった授業で学んだ言葉を使っていました。

  

 

大学生による高校生への食育授業

10月30日(金)5限目の3年選択「フードデザイン」の授業で、金沢大学の大学生3名が朝食の重要性や食事の栄養バランスについてお話をしてくださいました。

年の近い大学生からの授業は、生徒には新鮮にうつったようで、質問を交わしながら和気藹々と取り組んでいました