材料化学科

材料化学科

危険物取扱者試験に向けて!

世の中には危ないものがたくさんあります。

危険物取扱者」は、危ないものの中でも燃えやすくて危険なものを扱うことができるようになる資格です(具体的な内容はこちらから)。

受験区分はいろいろありますが、中でも「乙種第4類」、略して「乙4」が一番人気です(受験者が多いです)!

乙4に含まれる危険物:ガソリン・軽油・灯油・重油・アルコールなどなど…

どこかで聞いたことがある名前がありませんか?

そうです!ガソリンスタンドですね!

このように、かなり身近な危険物が多く含まれるため、最初に取得することがおすすめされます。

 乙4は化学系の工場では取得が当たり前!とされることもあります。

ある企業では、受付にいる人なども含め、取得率90%超えているそうです!

さらにさらに、危険物取扱者は、国家資格です!

他の国家資格の例としては、行政書士、気象予報士、医師免許、教員免許などなど…

これに並ぶのが危険物取扱者です!すごい感じがしてきませんか?

材料化学科1年生は、乙4全員合格を目指してみんなで勉強しています。

1回目の試験は5月26日(日)です。

GW明けから、みんなで補習に取り組んでいます!

みなさん、応援よろしくお願いしますにっこり

 

0

MROラジオさんの取材を受けました

11/14 本校にてMROラジオ「石橋弘崇のハイスクールNow!!」の収録があり、電気科、材料化学の3年生が丁寧に受け答えをしました。収録では、どのような勉強をしているのか、日頃の部活動や学校生活、卒業後の進路について質問がありました。放送予定日は、次の通りです。

<第1回>2/19(日)17:15~17:30、再放送2/21(火)16:20~16:35

<第2回>2/26(日)17:15~17:30、再放送3/28(火)16:20~16:35

質問1 どのような勉強をしているのですか。

 回答1 (電気科の生徒)電気に関する基礎的な内容を学び、配線作業などの技術についても学びます。第2種電気工事士の資格は、建物の壁や天井の配線作業に必要な資格で、高校在学中に取得することができました。

     (材料化学科の生徒)1年生のときは、物質や化学に関すること。気体や液体に関する基礎的な内容を学びます。学年が上がるにつれ、より専門的な内容を学習します。

 

 質問2 部活動に所属しているのですか

 回答2 (電気科の生徒)ハンドボール部に所属し、キャプテンを務めました。技術の向上だけでなく、コミュニケーション能力やチームをまとめるスキルを身につけました。先生方や親の協力のおかげでインターハイにも出場することができました。

 

 質問3 3年生になると課題研究という授業があるそうですが、何を研究しているのですか。

 回答3(材料化学科の生徒)私たちはSDGsに視点をあて、「3Dプリンタを活用して持続可能な社会を目指すグッズの開発・提案」テーマにしました。

     (電気科の生徒)私たちは、本校の自転車マナーに視点をあて「GPSを活用した自転車の並走防止システムの開発」をテーマにしました。この研究を通して、全校生徒が自分たちの自転車マナーをみつめ、改善に向かうことが大きな目標です。

  

0

第22回高校生ものづくりコンテスト化学分析部門 石川県大会

令和4年7月29日、本校で開催された第22回高校生ものづくりコンテスト化学分析部門 石川県大会の様子です。

<大会成績>

 最優秀賞  高田 奈帆子(材料化学科2年)     

 優秀賞   酒田 莉歩 (材料化学科3年)

 奨励賞   福村 美優 (材料化学科2年)

 高田さんと酒田さんは、8/24に新潟県で開催される北信越大会の出場権を獲得しました。

    

 

0

高校生ものづくりコンテスト化学分析部門 石川県大会

令和4年7月29日、本校で開催された第22回高校生ものづくりコンテスト化学分析部門 石川県大会の様子です。

<大会成績>

 最優秀賞  高田 奈帆子(材料化学科2年)     

 優秀賞   酒田 莉歩 (材料化学科3年)

 奨励賞   福村 美優 (材料化学科2年)

 高田さんと酒田さんは、8/24に新潟県で開催される北信越大会の出場権を獲得しました。

    

 

0

国家資格取得にむけた学習の様子

材料化学科の生徒は、将来役立つ国家資格の1つである危険物取扱者乙種4類の合格を目指し学習に取り組んでいます。自宅学習に加え、放課後や休日にも行い、合格を目指し、頑張っています。危険物取扱者とは消防法で定められている可燃性・引火性の高い危険物等を取り扱うために必要となる国家資格です。

 

0