日誌

進路日誌

3月13日(月)卒業生と語る会

 3月13日(月)6、7限に「卒業生と語る会」を実施しました。6限時は1年生、7限時は2年生が卒業生から受験についての話を聴きました。

 先日行われた大学入試で見事合格を勝ち取った5人の卒業生に来てもらい、後輩たちに受験に対する姿勢について熱く語ってもらいました。

「基礎力が大切。教科書を徹底的に使った」

「問題集、参考書は学校で購入したもののみ使用した」

「英語の勉強は毎日やった」

「一人だと怠けるので、友達と勉強した」

「生活習慣、学習習慣は早く身に付けたほうが良い」

など自身の受験の経験をアドバイスしていました。

 1、2年生は大変参考になったと思います。

【3年生】共通テストに向けて注意事項説明会を開催しました

 1月10日(火)7限に共通テストに向けて最終注意をしました。

  ・移動には、公共交通機関を利用すること。

  ・入室完了時間を守ること。

  ・忘れ物をしないよう、いい準備をすること。

  ・受験番号等のマークのし忘れや間違いのないようにすること。

など大切な要点を説明しました。

 また、1月16日(月)は学校で自己採点を行います。この結果をもとに受験校を考えます。

まずは第一関門を突破できることを祈ってます。

3年生 志望別集会を実施しました

 10月21日(金)7限に3年生は志望別集会を実施しました。

 大学進学を目指す生徒は、河合塾より井上将岐氏をお招きして受験生としての心構えについて講演していただきました。基礎力を大切にすること、最後まであきらめないこと、そのためには模試を上手に活用することが重要だと教えていただきました。また、学校の先生を大いに利用し、全員で戦う大切さも教えていただきました。

 また、進路先が専門学校や就職の生徒は、瀬戸副校長先生に講義およびディスカッションをしていただきました。あいさつの大切さを強調していただきました。そして、ディスカッションでは、事前に取った生徒からの質問事項を基に行われ、大いに盛り上がりました。

 集会後は、3年生は今まで以上に火がついたようで、益々学習に励んでいるようです。

 これからも、生徒の進路実現に向けて、サポート・応援していきます。

大学進学希望者①(視聴覚室にて)大学進学希望者②(視聴覚室にて)専門学校・就職希望者(講義室GHにて)

「みんなで話そう―――看護の出前授業」を実施しました。

10月6日(木)

金沢大学病院で看護師長として勤務されている和泉 美里氏を講師としてお招きし、二年生の希望者を対象に看護の出前授業を実施しました。

具体的な仕事内容だけでなく、職場環境やプライベートについて、他の看護師の方へのインタビューも交えながらお話をしていただきました。

生徒は、実際に看護師として勤務されている方が、どうしてなろうと思ったのか、どうやってなったのか、なってみてどうなのかという、なる前・なるとき・なった後の三つの視点からお話を伺ったことで、看護師という仕事がどのようなものであるか明確になり、より自らの進路を具体的に考えるよい機会となりました。

   

進路講演会(本校OBとの意見交換会)を実施しました

 「ふるさとに学ぶクリエイティブ人材育成事業」の一環として、2年生を対象に進路講演会を実施しました。本校の卒業生で、石川県内で活躍している社会人の方々を招きました。司会は生徒が行い、自分たちで会を進行しました。

 「いつ頃進路を決めたのか」「進学先の大学はどのように決めたのか」「就職先の決め方」「高校時代に学んだことは、今にどう生きているのか」などの質問に答えていただきましたが、生徒はメモを取りながら真剣に話を聴いていました。将来の進路選択に役立ててほしいと思います。