ブログ

行事ブログ 令和6年度

7月19日 能登牛の日給食でした

7月19日(金)今日は、能登牛給食でした。JAのとさんから提供を受けて、おいしい牛丼給食でした。今回は、JSのとの組合長さんはじめ5人の職員の皆さんが来校され、能登牛のおいしさについてお話をお聞きしました。

そして、みんなで味わっていただきましたが、もりもり食べる飯田っ子の食欲は大したものでした。最後に組合長さんは

「たくさん能登牛を食べて、暑い夏を乗り切ってください」の言葉をいただき、児童代表が「厳しい状況の中でも牛を育てている農家の方に感謝していただきました。ありがとうございました」という挨拶を述べました。一学期のみんなの頑張りのご褒美のようにも感じましたね。

  

 

 

7月18日児童総会、飯田っ子とろ山祭りをしました

7月18日(木)今日は、飯田小児童の自治力が光った一日でした。

一つは、6年生が中心の夏休み前の児童総会と郊外子供会を行いました。夏休みの生活や決まりごとについて6年生から説明があり、下級生からの鋭い質問に、てきあきと切り返す6年生の姿が素敵でしたね。あわせて、郊外子供会では、来示御体操の確認や安全に生活するためのチェックなどを行いました。夏休みが楽しみで仕方がない様子でしたね。

もう一つは、5年生が主催して全校児童が参加した飯田っ子とろ山祭りの開催です。夜店ゲームコーナーやとろ山巡行ととろ山の巡行では、町の人に習った「きゃーらぎ」のお披露目もあり、全校児童で曳きました。大変迫力があり、本物のようでした。体育館でのステージ発表も各学年、グループの参加があり、みんなで盛り上げました。全校児童でt取り組んで、おうちの方や地域の方に元気を伝えた飯田っ子53人のパワーに感動しました。

       

7月17日講演会&ボクシング体験会がありました

7月17日(水)元ボクシングの世界チャンピオン(IBF女子世界アトム級)花形冴美 さんが来校し、「夢をかなえるために~挑戦とあきらめない心」という演題で、飯田小の全校児童にお話をしてくださいました。

花形さんからは、まず夢を宣言すること、失敗をおそれずチャレンジすること、そしてあきらめずにやり続けることを取り組んでいきましょう、と教えていただきました。才能あるなしは関係なくて、夢を途中で変えてもよくて、自分より上手な人がいてもくさらず、やり続けることが、夢をかなえるために大事なことだそうです。ひたむきさ、まじめさ、とことん努力する姿勢、確かに大事だな、それで夢をかなえた花形さんは素敵だな、と実感しました。

そして、自分を支えてくれる人への感謝も忘れてはならないこと、応援の力は自分のもっている力を何倍にも高めてくれるそうです。これは飯田の子たちは大丈夫かな、と思います。

講演会の後は、ボクシング体験会とチャンピオンベルト鑑賞会でした。はじめは遠慮気味の飯田っ子でしたが、途中から我も我もと挑戦する人が増え、見ているみんなも自然と笑顔になって応援していましたね。

自分も夢をかなえたい、そう思った飯田っ子がたくさん生まれた日だと思います。私たち教職員も必ずみんなの夢を応援します。花形さん、素敵な時間をありがとうございました。

     

7月5日授業参観と非行被害防止講座がありました

7月5日(金)授業参観と非行被害防止黄砂ががありました。

授業参観では、どのクラスも、保護者の皆さんにも意見を聞いたり、参加していただいたりしながら行っていました。とてもうれしそうな表情を見せたり、しっかりと説明したりする姿が印象的でした。いつも以上に張り切っていましたね。

また、6時間目は4~6年生対象の非行被害防止講座でした。

県教育委員会の事務局より指導主事の先生をお迎えして、SNSやインターネットの賢い使い方について、お話を聞きました。全学年の保護者の皆さんにも参加していただきました。危険性を知って、使い方や時間のルールを各家庭で作ること、作るだけではなくて、実態にあわせて変えていく話し合いをもつことが大切だということを学びました。飯田小のみんなも、健康面や友達との関係づくりの面においても、是非賢く使っていきましょう。

  

7月4日子どものワークショップがありました。

7月4日(木)珠洲市の復興計画につながる、子どものワークショップが飯田小で開かれました。珠洲市の復興計画を策定するために、珠洲市は子どもたちの意見も聞きたいとして、市内の小中学校で意見交換会が開かれています。この日は、ファシリテーションしてくれる方のリードで、自分たちの意見を素直にはっきりと出し合いました。

珠洲の好きなところ、ちょっときらいなところ、住み続けたいかどうかについて、それぞれ考えました。

みんなそれぞれ自分の意見をもっていて、それを素直に口に出せる雰囲気がいいなあと思いました。安心して自分の意見を出せる関係は安心できますね。そして 好きなところで断然多かったのが「祭り」でした。「みんなでにぎやかにもりあがるところが好き」と発表してくれる人がいました。そして、住み続けたいかどうか、迷っているでもよかったのですが、住み続けたいという意見の人が多くいました。その理由は「だって友達がいるから」、「おばあちゃん達が集まっていることろへ行くと、『学校どうやった』と声を掛けてくれて、とてもやさしい人が多くて、そこがいいから」という意見もあって、正直さと真実を突いている気がしました。

人と人との豊かな関係が結ばれる、飯田小学校や珠洲市を目指していきたいですね。

        

7月1日プール開きがありました

7月1日いよいよ今年のプール学習のスタートしました。前週は3年生~6年生でプール掃除をしました。保護者の皆さんや他校の校務員さん達の力をお借りしてピカピカにしましたね。いよいよ、この日は、5,6年生で「プール開き」の行事をして、この夏無事にプール学習ができますように、と願いをこめました。その後はいよいよプールです。先生からの注意をよく聞いて、安全に注意しながら楽しく泳ぎました。暑い夏がやってきます。皆さんが水をこわがらず、少しでも泳ぎに自信がもてるようになるといいですね。

     

自衛隊風呂さんへ感謝の歌をプレゼント

発災後、飯田小でお風呂を営業してくれていた自演隊の皆さんが去られました。

これまで、お風呂を使わせてもらい、毎日挨拶をかわした自衛官の皆さんにお礼の気持ちを伝える会を持ちました。災害支援という、世の中にある色々な仕事について知ることができました。

児童は、校歌とビリーブを歌いました。一所懸命に歌う様子に、自衛官や大人の皆さんも涙を流していらっしゃいました。みんなの歌声は、感動を呼びますね。

      

6月第3週は梅採りと梅をつかって保存食づくり

今年は、地震の影響があり気を付けて梅の実を収穫しました。

そして、採った梅の実は、青梅はジュースに、熟した梅は梅干しにすることにしました、飯田小の先生たちも、お若いですが、梅ジュースづくりはお手の物です。ただし、梅干しづくりは、避難所の皆さんにお聞きしてつくることとしました。おいしいものができるといいですね。

来年の梅の実は地域の皆さんで採れるといいですね。

      

体育で汗を流しています

6月14日(金)2年生の体育は、自分たちで運動の種類を決めて競走するコースづくりを楽しみました。

基本の走る、跳ぶ、回る、などなどを組み込み、いろんな器具を使って、みんなが楽しめて力がつくコースをグループで考えて競争しました。

フラフープで跳んだり、バックで走ったり、いろいろ工夫してコースを作り上げ、汗を流して練習していました。見る見るうちに体のバランスがとれるようになり、上手に体を動かせるようになっていく2年生に拍手です。

4年生、5年生合同体育は、ニューパラスポーツのもるっくを楽しみました、縦割り3班編成で初めての協議でしたが、先生の説明を聞き、協力しながら、互いを励まし合いながら取り組みました。計算力も試される新しい感覚のスポーツに大興奮の子どもたちでした。

     

 

おはよう挨拶がはじまりました

6月7日から飯田小学校PTA活動の一つ、2と7のつく日に、登校児童への見守りを兼ねてあいさつをしていただく活動を再開しました。

皆さんから声を掛けていただくと、子どもたちはとてもうれしそうです。元気な声で「おはようございます」のやりとりが生まれます。「今日も元気にいってらっしゃい、みんなの成長を見守っているよ」という気持ちと、「ありがとうございます。今日も一所懸命にがんばります」と気持ちの交換があって、朝からとても幸せな気持ちになります。

ご協力いただいているPTAの皆さん、ありがとうございます。

また、飯田町交通安全協会より 通学路の安全看板をつけていただきました。蛍光イエローでパッと目を引く看板です。ドライバーの皆さん、飯田小児童が登下校する道なので、スピードを落として安全運転をお願いします。

      

ブログ

行事ブログ 令和6年度

7月19日 能登牛の日給食でした

7月19日(金)今日は、能登牛給食でした。JAのとさんから提供を受けて、おいしい牛丼給食でした。今回は、JSのとの組合長さんはじめ5人の職員の皆さんが来校され、能登牛のおいしさについてお話をお聞きしました。

そして、みんなで味わっていただきましたが、もりもり食べる飯田っ子の食欲は大したものでした。最後に組合長さんは

「たくさん能登牛を食べて、暑い夏を乗り切ってください」の言葉をいただき、児童代表が「厳しい状況の中でも牛を育てている農家の方に感謝していただきました。ありがとうございました」という挨拶を述べました。一学期のみんなの頑張りのご褒美のようにも感じましたね。

  

 

 

7月18日児童総会、飯田っ子とろ山祭りをしました

7月18日(木)今日は、飯田小児童の自治力が光った一日でした。

一つは、6年生が中心の夏休み前の児童総会と郊外子供会を行いました。夏休みの生活や決まりごとについて6年生から説明があり、下級生からの鋭い質問に、てきあきと切り返す6年生の姿が素敵でしたね。あわせて、郊外子供会では、来示御体操の確認や安全に生活するためのチェックなどを行いました。夏休みが楽しみで仕方がない様子でしたね。

もう一つは、5年生が主催して全校児童が参加した飯田っ子とろ山祭りの開催です。夜店ゲームコーナーやとろ山巡行ととろ山の巡行では、町の人に習った「きゃーらぎ」のお披露目もあり、全校児童で曳きました。大変迫力があり、本物のようでした。体育館でのステージ発表も各学年、グループの参加があり、みんなで盛り上げました。全校児童でt取り組んで、おうちの方や地域の方に元気を伝えた飯田っ子53人のパワーに感動しました。

       

7月17日講演会&ボクシング体験会がありました

7月17日(水)元ボクシングの世界チャンピオン(IBF女子世界アトム級)花形冴美 さんが来校し、「夢をかなえるために~挑戦とあきらめない心」という演題で、飯田小の全校児童にお話をしてくださいました。

花形さんからは、まず夢を宣言すること、失敗をおそれずチャレンジすること、そしてあきらめずにやり続けることを取り組んでいきましょう、と教えていただきました。才能あるなしは関係なくて、夢を途中で変えてもよくて、自分より上手な人がいてもくさらず、やり続けることが、夢をかなえるために大事なことだそうです。ひたむきさ、まじめさ、とことん努力する姿勢、確かに大事だな、それで夢をかなえた花形さんは素敵だな、と実感しました。

そして、自分を支えてくれる人への感謝も忘れてはならないこと、応援の力は自分のもっている力を何倍にも高めてくれるそうです。これは飯田の子たちは大丈夫かな、と思います。

講演会の後は、ボクシング体験会とチャンピオンベルト鑑賞会でした。はじめは遠慮気味の飯田っ子でしたが、途中から我も我もと挑戦する人が増え、見ているみんなも自然と笑顔になって応援していましたね。

自分も夢をかなえたい、そう思った飯田っ子がたくさん生まれた日だと思います。私たち教職員も必ずみんなの夢を応援します。花形さん、素敵な時間をありがとうございました。

     

7月5日授業参観と非行被害防止講座がありました

7月5日(金)授業参観と非行被害防止黄砂ががありました。

授業参観では、どのクラスも、保護者の皆さんにも意見を聞いたり、参加していただいたりしながら行っていました。とてもうれしそうな表情を見せたり、しっかりと説明したりする姿が印象的でした。いつも以上に張り切っていましたね。

また、6時間目は4~6年生対象の非行被害防止講座でした。

県教育委員会の事務局より指導主事の先生をお迎えして、SNSやインターネットの賢い使い方について、お話を聞きました。全学年の保護者の皆さんにも参加していただきました。危険性を知って、使い方や時間のルールを各家庭で作ること、作るだけではなくて、実態にあわせて変えていく話し合いをもつことが大切だということを学びました。飯田小のみんなも、健康面や友達との関係づくりの面においても、是非賢く使っていきましょう。

  

7月4日子どものワークショップがありました。

7月4日(木)珠洲市の復興計画につながる、子どものワークショップが飯田小で開かれました。珠洲市の復興計画を策定するために、珠洲市は子どもたちの意見も聞きたいとして、市内の小中学校で意見交換会が開かれています。この日は、ファシリテーションしてくれる方のリードで、自分たちの意見を素直にはっきりと出し合いました。

珠洲の好きなところ、ちょっときらいなところ、住み続けたいかどうかについて、それぞれ考えました。

みんなそれぞれ自分の意見をもっていて、それを素直に口に出せる雰囲気がいいなあと思いました。安心して自分の意見を出せる関係は安心できますね。そして 好きなところで断然多かったのが「祭り」でした。「みんなでにぎやかにもりあがるところが好き」と発表してくれる人がいました。そして、住み続けたいかどうか、迷っているでもよかったのですが、住み続けたいという意見の人が多くいました。その理由は「だって友達がいるから」、「おばあちゃん達が集まっていることろへ行くと、『学校どうやった』と声を掛けてくれて、とてもやさしい人が多くて、そこがいいから」という意見もあって、正直さと真実を突いている気がしました。

人と人との豊かな関係が結ばれる、飯田小学校や珠洲市を目指していきたいですね。

        

7月1日プール開きがありました

7月1日いよいよ今年のプール学習のスタートしました。前週は3年生~6年生でプール掃除をしました。保護者の皆さんや他校の校務員さん達の力をお借りしてピカピカにしましたね。いよいよ、この日は、5,6年生で「プール開き」の行事をして、この夏無事にプール学習ができますように、と願いをこめました。その後はいよいよプールです。先生からの注意をよく聞いて、安全に注意しながら楽しく泳ぎました。暑い夏がやってきます。皆さんが水をこわがらず、少しでも泳ぎに自信がもてるようになるといいですね。

     

自衛隊風呂さんへ感謝の歌をプレゼント

発災後、飯田小でお風呂を営業してくれていた自演隊の皆さんが去られました。

これまで、お風呂を使わせてもらい、毎日挨拶をかわした自衛官の皆さんにお礼の気持ちを伝える会を持ちました。災害支援という、世の中にある色々な仕事について知ることができました。

児童は、校歌とビリーブを歌いました。一所懸命に歌う様子に、自衛官や大人の皆さんも涙を流していらっしゃいました。みんなの歌声は、感動を呼びますね。

      

6月第3週は梅採りと梅をつかって保存食づくり

今年は、地震の影響があり気を付けて梅の実を収穫しました。

そして、採った梅の実は、青梅はジュースに、熟した梅は梅干しにすることにしました、飯田小の先生たちも、お若いですが、梅ジュースづくりはお手の物です。ただし、梅干しづくりは、避難所の皆さんにお聞きしてつくることとしました。おいしいものができるといいですね。

来年の梅の実は地域の皆さんで採れるといいですね。

      

体育で汗を流しています

6月14日(金)2年生の体育は、自分たちで運動の種類を決めて競走するコースづくりを楽しみました。

基本の走る、跳ぶ、回る、などなどを組み込み、いろんな器具を使って、みんなが楽しめて力がつくコースをグループで考えて競争しました。

フラフープで跳んだり、バックで走ったり、いろいろ工夫してコースを作り上げ、汗を流して練習していました。見る見るうちに体のバランスがとれるようになり、上手に体を動かせるようになっていく2年生に拍手です。

4年生、5年生合同体育は、ニューパラスポーツのもるっくを楽しみました、縦割り3班編成で初めての協議でしたが、先生の説明を聞き、協力しながら、互いを励まし合いながら取り組みました。計算力も試される新しい感覚のスポーツに大興奮の子どもたちでした。

     

 

おはよう挨拶がはじまりました

6月7日から飯田小学校PTA活動の一つ、2と7のつく日に、登校児童への見守りを兼ねてあいさつをしていただく活動を再開しました。

皆さんから声を掛けていただくと、子どもたちはとてもうれしそうです。元気な声で「おはようございます」のやりとりが生まれます。「今日も元気にいってらっしゃい、みんなの成長を見守っているよ」という気持ちと、「ありがとうございます。今日も一所懸命にがんばります」と気持ちの交換があって、朝からとても幸せな気持ちになります。

ご協力いただいているPTAの皆さん、ありがとうございます。

また、飯田町交通安全協会より 通学路の安全看板をつけていただきました。蛍光イエローでパッと目を引く看板です。ドライバーの皆さん、飯田小児童が登下校する道なので、スピードを落として安全運転をお願いします。

      

ブログ

行事ブログ2022

卒業式を行いました。

 3月17日(金)第76回卒業式がありました。11名の卒業生は実にりりしく式に臨みました。証書授与の呼名は全員大きな声で返事をし、答辞は自分たちの思いをはっきりと伝え、卒業の歌では最後の歌声を響かせました。見送る1~5年生も、常に6年生を見つめ応援してくれました。コロナ明けの卒業式、来賓の方々、保護者の皆様に見守られ、本校を巣立っていきました。中学校でも、元気でチャレンジをしてください。

      

今井商店見学

2月24日(金)3年生は今井商店さんへ社会科見学に行ってきました。古い道具がたくさん展示してあり、子どもたちは今まで見たことないものや、古い道具の使い方に興味津々でした。古いものを長く使うこと、もったいないの心を忘れないこと、昔の人々の知恵などたくさんのことを学ぶことができました。今井商店さん貴重な体験をありがとうございました。

 

ファシリテート力向上研修

ホワイトボード・ミーティング®の横山さんに教職員を対象にも研修を行っていただきました。ホワイトボードを使ったケース会議の進め方を学びました。研修で学んだことを今後の指導に生かしていきたいと思います。

ファシリテーション特別授業

ホワイトボード・ミーティング®講師の横山さんに来校いただき、3~5年生を対象にホワイトボードを使ったファシリテーション授業を行いました。ホワイトボードを使ってディスカッションした後、自分の1年間の成長を振り返り、来年度はどんなことができるようになりたいか、どんな自分になりたいか深く考えることができました。

6年生へメッセージ

卒業を祝う会・感謝する会が終わり、5年生から6年生へ1人ずつ感謝のメッセージを伝えました。1年間を振り返り、様々な行事を通して、6年生の偉大さを実感した5年生。今までの感謝の気持ちと、これからの決意を6年生に伝えました。