進路指導

 

就職指導 | 進学指導

●進路状況

本校の進路は就職80%・進学20%で、就職の内訳は県内95%・県外5%です。

ここでは、近年の就職先と進学先を紹介します。

令和2年度の進路状況は進路だより.pdfにて紹介しております。ご覧ください。

 

お知らせ

11月24日(火)に、2年生を対象として公務員説明会を行いました。公務員を志望するにあたって、公務員試験の概略や対策などに加え、自分自身で情報を収集することが重要だということも伝えました。企業への就職とはあらゆる面で異なるため、これからの行動が大切であると生徒は意識していたようです。

お知らせ

11月2日(月)と4日(水)に、1年生と2年生を対象として小松ロータリークラブによる職業講話を行いました。職業・勤労意欲が高まるように、講師の方々から働くことの意義やこれまでの経験を話していただきました。

  

11月5日(木)の放課後に、2年生を対象に第1回進学説明会を開催しました。
上級学校の種類、入学試験のタイプなどを説明し、進学希望者の今後の動きを確認しました。
話を聞いた生徒たちは、それぞれの希望する学校への進学に向けて、これから準備が始まることを強く意識していました。

お知らせ

5月22日(金)の放課後、3年生に向けた第1回進学説明会を行いました。進学に向けた心構えと、自分の将来のことを考えた進路先選びについて話をしました。また6月1日(月)の放課後には、3年生に向けた公務員説明会を実施しました。試験の日程や内容、さらには注意事項や今後の対策などの説明が行われました。

 

2年生 進路ガイダンス
 2月18日(火)、最上級学年となる日が近づく中、来年度の進路選択に向け、就職希望者・進学希望者に分かれて、進路研究を深めました。
 まず、就職希望者は、ライセンスアカデミーの常見達也先生と山岸直樹先生より、就職全般についてのお話と、履歴書の書き方についてのお話を伺いました。
 
 進学希望者は、各自の進路希望に応じた大学・短大・専門学校の先生方から、進学後の学びについて具体的に教えていたただきました。
 
 講師の先生方、本日はお忙しい中、どうもありがとうございました。先生方に教えていただいたことを生かし、進路実現に向けて気分も新たに邁進します。
3年生 職業講話
 板尾鉄工所シニアアドバイザー・細川輝一先生を講師にお迎えして、3年生を対象にお話をしていただきました。演題は「社会人として求められる心構え」です。
 コミュニケーションの基本として何よりも挨拶が重要であることや、ムダを省き効率をあげるための「5S」を心掛けるべきことなど、大切なことがたくさん凝縮されたご講話でした。
 社会人の先達からお話を聴く最後の機会ということもあり、どの顔も真剣そのものでした。貴重なお話をどうもありがとうございました。
3年生「金融経済教育のセミナー」

 1月21日(火)、社会人としてのスタートが目前に迫った3年生を対象に、「金融経済教育のセミナー」を実施しました。

 講師はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社 金沢お客様サービスプラザの岡元慶介さんです。

 クレジットやローンなどで生じる可能性のある金融トラブルについて理解し、幸せな人生を送るためしっかり金銭管理できるようになることを目的として、毎年この時期に実施しています。

 社会的な信用を失わない行動を心掛けること、契約の意味を十分理解する賢さを持つこと、そして心配なことが起こった時は一人で抱え込まず相談することが大切であるとのお話に、生徒たちは大きく頷きながら聞き入っていました。
 

3年生への職業指導講話

 12月11日(水)、㈱オンワード技研代表取締役社長・川畠丈志様をお迎えして、本校3年生を対象にお話をしていただきました。演題は「高校3年生の皆様にお伝えしたいこと」です。進路内定後の3年生たちが残りの高校生活を充実したものにし、社会人としての資質をさらに高めるためのヒントが随所にちりばめられたお話でした。生徒の多くの質問にも気さくにお答えいただき、大変実のある時間を過ごすことができました。
 3年生の皆さん、自分なりの目標を立てて卒業までの日々を有意義に過ごしましょう。

2年生 企業ガイダンス
 11月20日(水)、本校体育館にて2年生239人を対象に、ハローワーク小松・小松雇用対策協議会主催「企業ガイダンス」が開催されました。
 今年で3回目となる企画ですが、今回も22社もの企業にご参加いただきました。担当の方々は、企業の特徴やその業務内容について、工夫を凝らし噛み砕いて説明してくださっていました。その熱意を受け、本校生徒たちも真剣な態度で説明を聞き、進路選択に対する意識を高めることができたように思います。
  本日、お忙しいところ時間を割いて参加してくださった各企業の方々に深く感謝申し上げます。
どうもありがとうございました。