日誌

2015年7月の記事一覧

二水エンパワーメントプログラム4日目

 二水エンパワーメント4日目は昨日の「”食”をめぐる日本の課題」をさらに発展させ、「”食”をめぐる世界の課題」について発表しました。

 昼休みは、本校吹奏楽部による演奏が行われ、大いに盛り上がりました。

 いよいよ明日は最終日です。生徒ひとりひとりによるプレゼンテーションがあります。自信を持って発表して欲しいと思います。

 以下は、本日の発表の際に生徒たちが作成したポスターです。

   

 

 

 

 

 

二水エンパワーメントプログラム3日目

 二水エンパワーメントプログラムは折り返しの3日目を迎えました。

 午前は、日本の学校システムと大学生の出身地の学校システムについて、お互いに紹介したり、質問したりしました。また、ネルソンマンデラ氏のスピーチの映像を見て、リーダーに必要な資質について話し合いました。午後には、"Food Issues in Japan"(日本の食糧問題)というテーマで具体的な問題点とその解決策を話し合い、ポスターにまとめ、英語で発表しました。生徒たちは前日よりも自信を持って大きな声で発表していました。

 昼休みに行われる部活動による歓迎セレモニーでは、和室で茶道部によりお茶会が開かれました。茶道部の生徒が英語で説明した後、参加者全員に抹茶と和菓子が振る舞われました。

     

  
(廊下で発表の練習をしているところ)

NEW 二水エンパワーメントプログラム2日目

二水エンパワーメントプログラム2日目は、英語漬けの状況にも慣れて、和やかな会話が進みました。午後からは本校独自プロジェクトである「”食”についてのディスカッション」が行われ、生徒たちは石川の食文化の紹介をしたり、大学生の出身地の食文化について質問したりしました。

また、昼休みは、ガレリヤで様々な部活動による歓迎セレモニーが行われています。昨日の合唱部発表に引き続き、本日は書道部による書道体験コーナーが設けられました。大学生たちは大喜びで、扇子に好きな文字を選んで書き、日本文化を体験しました。

NEW 二水エンパワーメントプログラムがスタート!

7月27日(月)から1週間の予定で、「二水エンパワーメントプログラム」がスタートしました。
このプログラムは、別名が「校内留学体験事業」。カリフォルニア大学等から大学生を12名本校に招き、1年生希望者60名が一週間英語漬けで徹底的にディスカッションやプレゼンテーションの経験を積みます。英語力はもとより、将来グローバル社会で活躍するためのスキルとして、積極性やチャレンジ精神が養われることでしょう。60名の生徒たちの成長が楽しみです。



国際ソロプチミスト金沢-くろゆり支援金授与式・講演会


 7月22日(水)、
「国際ソロプチミスト金沢-くろゆり」会長の中村玲子様より、奉仕活動をしている本校に支援金が授与されました。生徒を代表して生徒会長の塚理木さんがお礼の言葉を述べた後、「夢を生きるアートコンテスト」に応募した美術部にもくろゆり賞が贈られました。国際ソロプチミストとは、管理職、専門職に就いている世界的組織で、人権と女性の地位を高める奉仕活動をしています。        

 藤井校長の御礼のことばに続いて、1年生を対象に横笛奏者として活躍されている唐子(藤舎良亀)先生が「邦楽の世界にふれてみよう」と題して講演と演奏をされました。唐子先生は横笛奏者として活躍されています。

 中村玲子会長の唐子先生のご紹介、邦楽全般についての解説のあと、「荒城の月」や闇笛など三曲を披露していただき、生徒たちは日ごろ耳にしない横笛の音色に静かに耳を傾けました。唐子先生は、大学在学時に篠笛を習い始めたということでした。
 講演会の後の質疑応答では生徒から、「これまでにどのような舞台で演奏されましたか?」「演奏をしてきて良かったことはどんなことですか?」など具体的な質問がいくつか出され、唐子先生にはその1つ1つに丁寧に答えていただきました。有意義な講演・演奏会を企画してくださった「国際ソロプチミスト金沢-くろゆり」の皆様、本当にありがとうございました。