令和3年度 学校日誌

2020年12月の記事一覧

充実した冬休みを

24日に2学期終業式が行われました。

 

校長先生からは、2学期のみなさんの生活を振り返って、挨拶や返事など、礼儀正しさを心がけることができていたとお話をいただきました。

 

 

校長先生のお話の中から、あることわざを紹介します。

   『苦は楽の種』

苦と楽は常に隣り合わせで、今している苦労が後につながることを信じて耐えよ。という意味です。

 

3年生は受験本格モードになってきました。1,2年生もこれまでの学習の積み重ねが、3学期や来年度につながります。

計画的に学習を進めましょう。

 

健康に気をつけて充実した冬休みを過ごしてくださいね。

それでは

熱い戦い

15日に門前高校1・2年生と合同のスポーツ大会が行われました。

 

女子はバスケットボール、男子はバレーボールで競い合いました。

 

体育館に飛び交う声援、チーム内での協力プレーなど、白熱した戦いが見られました!

 

結果は、3年生女子、2年生男子がそれぞれ準優勝でした。高校生相手に大奮闘です!!

 

女子は本校体育館で、男子は健民体育館で行いました。

 

 

すべての人が暮らしやすい社会をめざして

先日、NPO法人夢かぼちゃからぴーすのたねのみなさんに来ていただき、人権についてのお話をききました。

 

「ちょっと」「ちゃんと」などの表現しにくい言葉を絵で表したり、手袋をしてひもをちょうちょ結びしたり、いろいろな障がいについての疑似体験を行いました。

 

 

 

障害の有無・老若男女問わず、すべての人が暮らしやすい共生社会をつくっていきましょう!

みんなちがってみんないい!

 

新体制での活動スタート

後期生徒会役員の任命式のあと、生徒総会が開かれました。

 

 

1年生は初めての生徒総会ということもあり,やや緊張気味でした。

 

 

提案に対する質疑応答では,1~3年生から様々な質問があり,各委員会の代表者にその質問に対してきちんと答えることができていました。

 

 

生徒総会の後には,今週末の13日(日)に行われるアンサンブルコンテストに出場する吹奏楽部の壮行式がありました。

 

 

吹奏楽部のみなさん,練習期間もわずかになりましたが,本番に向けてがんばってください!

許されるいじめなんてない

7日、弁護士の石井さんに来ていただき、いじめ予防教育として講義をしていただきました。

 

いじめの定義をはじめ、許されるいじめなんてものはないということを話してくださいました。

 

 

心が限界を迎える前に、①いじめを起こさない、そして見つけた場合には、②声をかけて心を楽にしてあげることができる人になれればいいですね。

 

 

大切な弁護士バッジも見せていただきました!

二学期の力だめし

今日と明日は期末テストです。

 

一日目の今日は,

 

1年生が音楽,家庭,国語,英語

 

2年生が音楽,数学,社会

 

3年生が音楽,社会,数学

 

のテストにそれぞれ臨みました。

 

結果も気になるところですが,まずは明日のテスト勉強に専念してくださいね。