令和3年度 学校日誌

2020年11月の記事一覧

情報社会をどう生きるか

本日、人権教育講話がありました。

金沢弁護士会の西野さんに来ていただき、情報発信に伴う人権侵害についてのお話を聞きました。

 

人権とは、誰もが持っているもので、それを奪うことは決して許されません。

 

自分が情報の発信者になったときに、情報の伝え方を誤ると誤解が生じ、取り返しのつかないことになってしまう場合もあります。

 

「知ること」「考えること」「経験から学ぶこと」を大切にし、情報社会の生き方を考えましょう。

 

 

命を守る正しい行動を

20日、昼休みに地震を想定した避難訓練が行われました。

 

生徒は校内のいろいろな場所にいる状況でした。

 

その場で頭を低くし、自分の身を守ることができていました。

 

地震はいつ起こるか分かりません。どんな時でも1人1人が正しく行動ができるようにしておきましょう!

 

消火器の使い方も学びました。

よりよい学校に

18日に後期生徒会役員選挙立会演説会が行われました。

 

今期の生徒会役員は2年生と1年生が担います。

 

よりよい学校にしていこうという意気込みが感じられる演説でした。

 

優しさでコロナとたたかうために

全校道徳の時間に,新型コロナウイルス感染症と差別・偏見について考えました。

 

生徒には,身近な人がコロナウイルスに感染したとして,どう接していくべきか考えてもらいました。

 

感染してしまった人を非難するのではなく,感染者が回復したときにあたたかく迎え入れてあげられるようにしたいですね。

 

進路に向き合う

17日(火)に、日本航空高等学校石川・輪島高等学校・門前高等学校の3校の高校説明会が行われました。

 

さすが3年生。自分の進路に向き合い、真剣な顔つきで話を聞いていました。終了後に(3校それぞれについて)書いた感想文からも真剣さが現れていました。

 

高校で何を頑張りたいか、将来どんな仕事につきたいかなど、いろいろなことを考えて自分の将来を見つめましょう。

 

 

お忙しい中、保護者の方もたくさんご参加いただき、ありがとうございました。

そして、ご説明いただいた3校の先生方に感謝申しあげます。

 

10分以内を目指して

先日、門前分署の方に来ていただき、職員が救急法講習を受けました。

心肺蘇生法とAED使用法を学びました。

コロナの関係で人工呼吸はしなくてもよいのだそうです。 

 

もしこのような場面にあった時に、落ち着いて適切な行動がとれるよう、定期的に講習を受けることは大切です。

珠洲焼完成!

3年生が奥能登修学旅行でつくった珠洲焼が完成しました!

 

ちょうど文化祭の日に学校に届き、3年生も自分の完成品を見るのは初めてで、待ちに待ったという顔でみんなの作品を眺めていました。

 

細部までこだわり、独創性が溢れる、自分だけの珠洲焼ができました!

 

 

学校に来られた際には、ぜひご覧ください。

いつか可憐な花を

11月10日(火)3年生が雪割草の移植講習を受けました。

数年後には可憐な花を咲かせてくれるでしょう。それまでの世話は後輩に託します。

雪割草は輪島市の花です。花言葉は忍耐だそうです。

思い出に残る文化祭

令和2年度門前中学校文化祭が無事終了しました。

ご来場いただいた皆様、ありがとうございます。

 

今年度の文化祭のテーマは『虹』

校長先生のあいさつでは、みんなで何かをつくり上げたものが「文化」となるというお話がありました。

また、生徒会長は、1人1人が自分らしく咲き、感動を与えるという意気込みを伝えました。

 

どの学年も、演劇・合唱ともに素晴らしいものでした!

 

1年演劇

 

2年演劇

 

3年演劇

 

全校合唱

 

吹奏楽部演奏

 

合唱コンクールの結果は・・・

なんと、2年生と3年生が同票で最優秀賞でした!!

 

スローガンの通り、特大の素敵なアーチがえがけたのではないでしょうか。

 

とても素晴らしい文化祭になりました。

拍手

以下の表彰が行われ、代表者が校長先生から賞状を受けとりました。

 

輪島市読書感想文コンクール入賞者

 

漢字検定合格者

 

ふるさと門前川柳

 

たくさんの生徒が入賞しました。すばらしい!!