┃学校日誌 -Diary-(左のメニューに専用のページがあります)

学校日誌

令和6年度 石川県高校総体・総文壮行式

5月17日(金)中間考査終了後、来週から始まる石川県高校総体・総文壮行式が第一体育館で行われました。運動部・文化部の18の部活動選手が入場し、各部代表者から今大会にかける熱い意気込みが語られ、応援委員の掛け声と吹奏楽部の演奏に合わせ、全校で校歌や応援歌で選手を激励しました。

井上校長からは「勝って学べることは勝利を手にした者しか分かりません。皆さんが一瞬一瞬を心に刻み選手として輝けることを願っています。」と激励の言葉がありました。

村井生徒会長は「震災の影響により練習量や場所に制限がある中でも活動してきたことに自信を持ち、結果にこだわって頑張ってください。」とエールを贈りました。

選手代表 卓球部蒲田さんは「ここまで来れたのは顧問の先生や家族、部員のおかげです。みんなへの感謝の気持ちを忘れず、練習の成果を十分に発揮できるよう全力を尽くします。応援よろしくお願いします。」と挨拶しました。

全校で選手の皆さんを応援しています!
ファイト!!

令和6年度 第1学年遠足

1年生の遠足は5月2日(木)にアウトドアリゾート891に行っていきました。

青空のもとレクリエーションや昼食タイムを楽しみました。

帰り道では自らすすんでごみ拾いをしてくれた生徒も!

皆の明るく元気な笑顔があふれる遠足となりました。

 

令和6年度 第2学年遠足

5月2日(木)初夏の青空が広がるなか遠足が実施され、2学年は気多大社・滝港マリーナまでの往復約12㎞の距離を元気いっぱいに歩きました。気多大社では宮司さんの講話を聞き、お社の歴史について学びました。その後、遠足の無事をお祈りしたあと滝港マリーナに移動し、昼食とグループエンカウンターでクラスや学年の団結を図りました。

たくさんの思い出を写真に収めたあとは、お世話になっている地域への感謝を込めて滝港マリーナと海岸の清掃をしながら帰路につきました。

制服着こなしセミナー

4月25日(木)LHに、羽咋高校の制服を制作して下さっている株式会社 官公学生服の石井さんをお招きし、制服着こなしセミナーを開催しました。
「制服について」「第一印象の大切さ」「身だしなみを整える必要性」の3つについて教えていただきました。


本当にオシャレな人=”TPOに合った服装ができる人”
生徒一人ひとりが正しい身だしなみを心がけ、地域から愛される羽咋高校を全員で作ってきましょう。

校歌・応援歌練習が始まりました

4月23日(火)から始まりました校歌・応援歌練習は4回行われます。
23日・24日は学年ごとに分かれ応援委員が指導の中心となり、歌詞を確かめながら音源に合わせて歌いました。

練習初日の様子をご紹介します。
【3年生】第一体育館で 【2年生】視聴覚室で

【1年生】クラス単位で、歌詞やメロディーを覚えるところから

3日目は組単位の学年混合練習をし、最終日は全生徒で声を合わせて行います。

部活動紹介週間

1学期がスタートして2週間、この期間中1年生に向けた新入部員募集のための部活動見学や体験入部が行われていました。
13の運動部、8つの文化部が募集ポスターを作成し、ポスターを見た1年生が放課後に気になる部活動を見学しに訪れていました。

現在、部活動は5月の総体・総文に向け練習に励んでいます。

▼ 部活動見学の様子の一部です
なぎなた部   陸上競技部
吹奏楽部     生活情報部
サッカー部    軽音楽部

1年生はどの部活動で高校生活を充実させようか、選択の参考になったのではないでしょうか?

プレミアム苺ショートケーキに笑顔咲く

4月18日(木)山崎製パンさんから、羽咋高校に不二家のプレミアム苺のショートケーキが届きました!
能登半島地震応援の企画として、真っ赤な苺がまるごと1つのったケーキが全生徒・職員に配布され、生徒は昼食後のデザートとして美味しくいただきました。

スイーツは人の心を満たしてくれますね。
おなかいっぱい・笑顔いっぱい・幸せいっぱいのひと時となりました。

遠くからも応援してくれている人がいる、そう思うと何事にもますます前向きに取り組んでいこうと活力が湧いてきます。ありがとうございました!!

生徒・職員一同、山崎製パンさんのお心づかいに感謝いたします。

【2年生】学年集会

4月11日(木)5限目、2年学年集会を行いました。

井上校長は「高校での学びを根拠を持って説明できるような学校生活であってほしい。皆さんは可能性を持っています。魅力をアピールし充実した高校生であることを願います。」と話されました。

その後、2年学年団の先生から自己紹介の後、山口学年主任より「学年方針であるTAK(他者意識・当たり前のことを当たり前に・聞く力)。この3つを重視して過ごしてほしい。誠実にTAKで自己分析して、自分の道を切り開いてみんなで高めあおう。そして自分たちで望ましい場を作っていこう。そのために先生たちもお手伝いをしたいと思っているので色んな話をしてほしい。」と、これから1年間の学校生活のベースについて伝えました。

早速、今日からTAKを意識して学校生活を過ごしましょう。

令和6年度 前期生徒会役員任命式

4月11日(木)、校長室にて前期生徒会役員任命式が行われました。

生徒会を代表し新生徒会長 村井師隆くんは「勉強と部活動を両立し、自分の立てた目標を達成できる学校にしていきます。」と決意を新たにしました。

井上校長は「君らが成長できるチャンスだと思います。異なる意見があった時はみんなで話し合い合意形成し、1つのものを作り上げてほしい。」と激励しました。

 ぜひ、7人で新しい風を吹かせ、学年の垣根を超えた羽咋高校を作り上げてください。期待しています。

【1年生】部活動紹介

4月9日(火)7限目に、13の運動部・8つの文化部による部活動紹介が行われました。2年生網くんの司会進行により、2年生部員が各部活動の魅力をアピールしました。

たくさんの選択肢がある中で、得意分野を活かせる部活動も良いですし、初めての部活動にトライしてみるのもワクワクしますね。

新1年生にも先輩のように勉学も部活動も、精一杯楽しんで取り組んでもらいたいです!

令和6年度 入学式

4月8日(月)午後からは、コスモアイル羽咋を会場に入学式が挙行されました。

暖かく春うららとなったこの日、入学式を待っていたかのように花開いた桜にも祝福され、保護者や来賓の方々に見守られる中、緊張と希望いっぱいの152名の新入生が井上校長より入学許可を受けました。

国歌斉唱のあと、野球部・吹奏楽部有志が校歌を披露し、新入生を歓迎しました。

学校長式辞では「夢や希望を叶えるという漠然と答えのない大きな峠のチャレンジは、失敗をどう捉えるかです。挑戦の中で失敗に学び、小さな改善を積み重ね、やり抜く力"GRIT"がとても重要です。新入生にはこれからの3年間、失敗を恐れず各自の可能性に挑戦し続け、数多くある道の中から、この道が自分が歩き出した道ですと胸を張って言えることを願います。」と述べられました。

新入生代表の久木冴香さんは「本校で学べることの喜び、誇りを全身で感じています。この感動を忘れず、本校の教育目標に基づき勉学に部活動により高きを求める努力を継続し、夢の実現に向けて邁進していきます。」と宣誓しました。

在校生代表の生徒会長 曽山裕太さんは「新しい羽咋高校を作っていく仲間として一緒に頑張りましょう。」と歓迎の言葉を贈りました。

 

その後、新入生・保護者に向けて、学校生活に関する説明会が行われました。

令和6年度 新任式・始業式

4月8日(月)第一体育館にて、新任式・始業式が行われました。
本年度は新たに14名の先生をお迎えし、新任の先生を代表して大坪教頭から挨拶の言葉をいただきました。

 

続いて行われた1学期始業式の学校長式辞では、「皆さんに望むこと。1度しかない人生です。未知の世界にチャレンジして、未来を切り開き最後までやり抜く力を付けてほしい。そして自分の思いを表現できるようになってほしい。思いをどう具現化させるか、その方法を先生と一緒に考え1学期を過ごしてください。」と述べられました。

令和5年度 終業式・離任式・退任式

3月22日(金)午後、第一体育館にて3学期終業式が行われました。

学校長式辞では「自分が将来どうありたいかを逆算して考えてください。"勉強をさせられる"ではなく、"やはり勉強をしなければならない"と思うでしょう。4月からは授業の在り方を変え、授業に集中し先生の言うことを今ここで全て吸収し、自分の力にするという心構えで受けてください。この1年でどんな風に変わるかを期待します。」と述べられました。
 

 

続いて離任式・退任式が行われました。

離任・退任される先生方からお一人ずつお言葉をいただき、羽咋高校への想いを語る姿に目頭が熱くなりました。そして生徒から感謝の花束が手渡されました。

先生方の新たな出発を見送るように、青空のもと校庭に咲く桜が揺れていました。

これまで羽咋高校にご尽力いただきありがとうございました。新天地での益々のご活躍をお祈り申し上げます。

卒業生と語る会

3月22日(金)、志望校合格を掴んだ今年度の卒業生12名を招き「卒業生と語る会」が行われました。

 今年の春から北海道大学、名古屋大学、金沢大学、大阪大学、愛知県立大学、石川県立看護大学に進学する先輩から、1年生、2年生に向けて受験体験談をお話ししてもらいました。

「早くに行動を起こし、今やるべきことを後回しにしない」「勉強に取り組める環境や雰囲気作り、朝早く登校し、始業前に静かな教室で勉強する」など、やはり、やるべきことをやっていた人が合格を手にしているのだと納得する内容でした。近い将来やってくる大学受験の壁を、どう乗り越え勝ち取るかのヒントを得ることができた貴重な場となりました。

 

【国際交流】シアトルから来校

3月21日(木)・22日(金)の2日間、羽咋市からの依頼を受けシアトルの大学生が本校を訪れました。

21日は杜の鐘ホールで英語部の活動に参加、22日は本校生徒と一緒に教室で授業に参加しました。2年生の英語の授業では「日本で最も◯◯は何?」などのクイズが出され、終始和やかな雰囲気の中、生徒は楽しみながら貴重な交流機会を経験しました。

令和5年度 校内球技大会

3月15日(金)羽咋体育館にて校内球技大会が行われました。

男女各18チームに分かれ、バスケットボールのトーナメント戦を計34試合行いました。体育の時間に練習を重ね、大会当日は各チーム白熱した試合を繰り広げ、ゴールを決めるたびに大きな拍手と歓声が沸きました。男女とも決勝は両者譲らぬ迫力の激戦となり、男子決勝はフリースローで勝敗が決まりました。

球技大会が現在のクラスで行う最後の学校行事となります。 生徒は1年間共に過ごしてきたクラスメイトとの息の合ったプレーで、絆と団結力を見せてくれました。


女子
 優勝  24H Aチーム
 準優勝 25H Aチーム

 男子
 優勝  25H Aチーム
 準優勝 13H Bチーム

 

球技大会終了後、後期生徒会役員から「授業ができること、友達と会えることが当たり前でないことに気づかされた」と学校の環境を整えてくれた先生方に向けて感謝の言葉が述べられ、生徒会長の掛け声で「ありがとうございました。」と全校生徒の声が体育館に響きました。
また、3月22日から全国大会に出場するなぎなた部に拍手でエールを送り、思いがけないサプライズに部員からは「精一杯頑張ってきます。」と大会への意気込みが語られました。

【新聞社取材】災害復興応援メッセージ看板

すでにご覧になった方も多いと思いますが、先月から羽咋高校正門に設置された応援看板は、本校生徒とPTAから能登半島地震で被災された方に向けての復興応援メッセージです。光をイメージした黄色の看板に、1・2年生の有志5名が心を込めて直筆したものです。

 

 3月12日(火)放課後、中日新聞社と北國新聞社が応援看板の取材に本校を訪れ、写真撮影とインタビューに応じました。

 
 ▲ 記者の方から取材を受ける生徒とPTAの方々


こちらの記事は、本日13日(水)中日新聞朝刊・北國新聞朝刊に掲載されています。ぜひ、ご覧ください!!

 

同じ能登・羽咋の学び舎からのメッセージが、被災された皆様に届き復興の力となりますように。。。

3月の校舎風景

無事、卒業式や高校入試が終わりました。

慌ただしく過ぎ行く日々に、気が付けばもう3月。まだ雪が散らつきコートが手放せませんが、私たちの傍に少しずつですが、確かに春の始まりの兆しが見られます。

羽咋高校にやってきた小さな春をご紹介します。


校門入口の紅梅は芽吹きつぼみが、白梅は花びらが開き可愛らしい顔をのぞかせています。

 


グラウンドに咲いた早咲き桜です。枝のあちこちにつぼみがいっぱいです。これからつぼみたちが次々と花開き、校舎を春の色に染めてくれることでしょう。
▲ 画像クリックで拡大します

第76回卒業証書授与式

3月1日(金)、第76回卒業証書授与式が挙行されました。震災の影響により、コスモアイル羽咋に会場を移し136名の卒業生の門出を祝いました。

井上政人校長は式辞で吉野弘の詩「虹の足」を紹介され、「人は当たり前のことがどんなに尊く、普通のことがどんなに美しいかを忘れてしまう。ふるさとの姿を忘れないでほしい。」と述べられました。「厳しい現状に直面した時こそ品格が大事になる。品格が身に着けば困難に直面した時も道が切り開け前に進むことができる。たとえ全てを失う局面に遭遇しても自ら立ち上がり、進むべき道を創造し人々と力を合わせ共に歩みを進め、必ず未来に向かって躍進することを願います。」とエールを贈られました。

 

 その後、轟同窓会会長、南谷PTA会長から祝辞をいただき、続いて三か年皆勤賞、学校功労賞が披露されました。

 

在校生代表 曽山裕太さんは「能登半島地震により、当たり前に過ごしていた場所が自然の脅威により奪われてしまった不安な日々の中で、国立能登青少年交流の家に学舎を移し、受験と向き合い戦い続けてきた背中を目にし、私達もこれからの試練を乗り越えられると思います。卒業生の皆さんは羽咋高校の誇りであり柱でした。次は私達が羽咋高校を支え、先輩方が受け継いできた伝統を守り次世代に引き継ぎます。」と送辞を述べました。

 

卒業生代表 網本英二さんは「被災しても仲間と助け合い支え合うことで、諦めず努力し続けることができました。また、人と人との繋がりの温かさに改めて気付かされたと共に、困難な状況であってもそれに立ち向かう強さを我々は持っているのだと感じました。これまでの経験を活かして社会に貢献できる人間として自立していけるよう、日々精進していきます。」と答辞を述べました。

 

卒業式後に各クラスに分かれ行われたホームルームでは、担任から生徒一人ひとりに卒業証書とエアリーフローラが手渡されました。生徒からはこれまでお世話になった担任に感謝の言葉と花束が贈られました。

 

今年度の卒業証書入れは、羽咋高校らしいえんじ色の証書ファイルです。
逆境に負けず苦難を乗り越えた卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。これからの活躍を期待しています。

【2年生】探究最終発表

2月27日(火)7限目、2年生の探究最終発表が行われました。

この1年間、自ら問いを立てた課題に対し、夏休み、お昼休憩、放課後も利用しながらアンケートや外部インタビュー、実験などを繰り返し情報収集や分析に主体的に取り組んできました。

その活動成果をグループごとにスライドにまとめ、一人ひとり動画を作成しました。

本来ならば1年生と合同で発表会を開催し、金沢大学の先生からご講評をいただく予定でしたが、能登半島地震の影響により2年生のみでの発表動画視聴に変更となりました。

6つのテーマ・タイトル】

テーマ 課題タイトルの一例
Ⅰ.医志 ・医薬品と正しい飲み方
・血液型と病気の関係性
Ⅱ.教志 ・効率・効果的な暗記方法は?
・教師の労働時間を減らすには
Ⅲ.経済 ・羽咋高校キャッシュレス化計画
・10代に人気の店になるには
Ⅳ.国際観光 ・羽咋市を住みやすい街にするには 
・海外と日本の校則の違い
Ⅴ.情報・理工 ・AIを使う上で私達に必要とされるスキルは何か 
・GeoGebraによる太陽系
Ⅵ.農学 ・トキの放鳥は上手くいくのか? 
・パッケージによる購買意欲について

 
    ▲ 画像クリックで拡大します

このあとレポートを作成し探究活動は終了となります。

 

生徒の学びになる機会を大切にしたいと、ご多忙にもかかわらず快くご協力いただいた店舗・企業の皆様、本当にありがとうございました。無事最終発表を終えることが出来ました。感謝申し上げます。