2019年9月の記事一覧

令和元年度 石川県障害者ふれあいフェスティバル

 922日(日)に開催された石川県障害者フェスティバルに珠洲分校児童生徒の作品が展示されました。県内の特別支援学校はもちろん、福祉事業所や障害者就労支援団体などの作品展示や出店などもあり、会場はとても賑やかで楽しい雰囲気でした。
   

小学部宿泊学習

 9月18日(水)から19日(木)の1泊2日で小学部5.6年生が宿泊体験学習に行ってきました。 能登少年自然の家で、宿泊体験学習を行い、野外炊飯や花火等をしました。「あいさつとそうじをがんばろう」という目標のもと、元気にあいさつをしたり、かたづけやそうじに取り組んだりしていました。

 はじめての野外炊飯では、野菜を切ることや焚火に挑戦し、おいしいカレーができあがりました。夜は花火、次の日は内浦公園で思いっきり遊び、児童たちは楽しかったと感想を述べていました。        

秋の遠足in輪島

 

 今年の秋の遠足は、初の輪島方面で朝市、キリコ会館、白米千枚田の豪華三か所に行ってきました。みんなの祈りが届いて、素晴らしい晴天になりました。(暑い日でした(-_-;)

 お隣の輪島市について、知っているようで知らないたくさんのことを学習できた遠足となりました。
     

救命救急講習会

 9月3日(火)スクールバス介助員・運転手、給食介助員、学務員の方々12名を対象とした救命救急法の講習会を行いました。教員の研修は5月に実施しましたが、子どもたちに関わるすべての職員が対応できるようにということで研修を受けていただきました。

バスの中や給食中に急な対応が必要になった場合どのようにすれば良いか、AEDの使用方法や心肺蘇生法など、珠洲消防署の方から具体的な説明を受けました。

参加者からは「とても良かった。初めてだったので、これからもいろいろな事例にそって、講習を受ける機会になれば良いと思います」、「忘れないように、定期的に行うと良いと思った」などの感想が聞かれました。今回の研修を活かし「安全・安心な学校づくり」を進めて行きたいと思います。