トップページ

カテゴリ:機械システム科

【機械システム科】課題研究中間発表会(2022/07/15)

7月13日、機械システム科の課題研究中間発表会を実施しました。生徒たちは、1人1台端末を使い、研究状況を丁寧に発表しました。研究テーマは、「スターティングブロックの収納法の研究」、「多目的スチールラックの製作」、「バスケットゴールの調整ハンドルの製作」、「BSO作成と実習装置改良」、「クレーンゲーム製作」、「ハンマーゴング製作」、「コインゲーム製作」、「自転車置きの製作について」です。

  

【先生方も勉強中】新しい実習装置が配備されました(2022/05/19)

 文部科学省の事業「スマート専門高校」で本校が要望した工作機械(マシニングセンタ)が昨年度末、機械システム科の実習棟に配備されました。

 先生方は授業のない時間を利用して研修を行い、新しい機器の操作方法について勉強しています。

詳細は、「学校紹介」>「学科案内」>「機械システム科」のページをご覧ください。

 

技能検定に挑戦

技能検定(数値旋盤作業)に機械科3年生6名が挑戦します。ものづくりマイスターの横山義雄さんをお招きし、実技指導をして頂きました。横山さんに工具の設定や、精度の出し方などを教わり、生徒は真剣そのものでした。全員合格目指して頑張ります。

機械科3年生の実習風景

機械科(機械システム科)では、様々な工作機械を使った実習を行っています。この写真はプログラムを機械に入力すると、全自動で加工してくれる「数値制御旋盤」の実習風景です。この機械を使った技能検定という資格にも挑戦しています。

幻の溶接コンクール北陸大会

4月24日(土)に神奈川県藤沢市にてアーク溶接の北陸大会が行われましたが、残念ながら石川県のコロナウイルスの感染状況から小松工業高校の生徒は欠場しました。

生徒たちは大会直前まで練習に励み、技術を高めました。習得した技術を将来に活かしてほしいです。