ご挨拶(学校長より)
 金沢北陵高等学校 校長の北島です。どうぞよろしくお願いいたします。

 本校は、昭和38年4月、「石川県立第二工業高等学校」として創立され、翌年、改名した
「石川県立
金沢松陵工業高等学校」を前身に、平成7年、本県で初めて総合学科を開設した学校です。

 現在、1年生では共通授業を、そして2年生からは「進学」、「生活・福祉」、「ビジネス」、「工業」の
4つの系列に分かれて、普通教科とともに専門教科についても学びます。

 生徒たちは様々な学習や活動を通して、自己の能力や適性を見出し、本校のキャッチフレーズである
『金沢北陵でつかむ未来の自分』に向かって元気に頑張っています。

 皆様方のご指導、ご支援をよろしくお願いいたします。
 
                       
                             校 長   北島 公之
校長のつぶやき

校長のつぶやき

祝 県青少年ボランティア賞受賞

今年度の石川県健民運動青少年ボランティア賞に

本校が選ばれ、昨日、県庁にて表彰式が行われました。

本校の、東原町へのボランティア活動が評価されてのことですが、

その奉仕精神は、徐々に学校の中に浸透し出しています。

知事からもお話しがあったように、「継続」がキーワードです。

価値ある仕事

新人大会、お疲れ様。

本日、全校集会が無くなったので、生徒諸君には朝礼でメッセージを渡しました。

その中で、特に言いたかったこと。

「誰もが、どこかに、自分の立ち位置を持っている」。

単なる金儲けでなく、自分に価値のある仕事を見つけ出したいね、北陵生ならできる、

と思いつつ、今日も校舎を回っていたら、NC旋盤部屋で足が止まりました。

ひたむきに作った成果物が、右の、丸い加工金属品。


この時期の北陵は、黄葉と影のグラデーションが見事です。

チームで働く

1年「産業社会と人間」の体験活動、2,3年の「テーマ研究」、いよいよ深まってきました。

11月は県新人大会、そして、期末試験に向けての勉強が待ち構えている。

そこで、大切なのは「チームで働く力」。

部活は、たとえ個人戦でもチーム力が勝敗を左右するし、日頃の勉強も、高みを目指すのなら周りの人からの刺激が必要。そもそも、会社で働くことはチームで働くこと。

だから、今のうちに、チームで物事を進めるトレーニングをして、自分の意見をいう力、相手の意見を聞く力、相手の立場を理解する力、約束事を守る力を身に付けよう。

よって11月のテーマは「チームで働く」。生徒諸君も先生方も、皆で意識していきませんか。

下は、工業実習と福祉の授業の様子。チーム力を要する授業になっています。

自立の形

いよいよ、就職選考や進学出願の準備で慌ただしくなってきました。

先日、本校生徒たちに「働く」ってどういうこと?と振ってみました。

私の回答は簡単。「稼いで、自分の足で社会に立つこと」です。

最近、この人凄く「自立」しているなと思う人物を見つけました。「半沢直樹」です。

第4話のある場面で、自分が働く上での信念を部下に伝えていました。

・正しいことを正しいということ

・組織の常識と世間の常識が一致していること

・ひたむきで誠実に働いた者がきちんと評価されること

決して悪しき慣例や周りの雰囲気に流されない。そして、自分の考えを行動に移す。

9月の下旬から、本校では、早朝から、生徒が掃除をしている姿をよく見かけます。

聞けば、何か役に立ちたいという思いで集まった純粋な有志たちとのこと。

行動があってこそ、「自立」の形が見えてきます。10月のテーマは「自立」です。

 

 

 

 

未来に目を向けよ

今日の始業式は、約600名の生徒が一堂に会した本校グランドで行われました。

今回の私の話は、池江璃花子さんが7月23日に世界に向けて発信したメッセージ

「TOKYO2020 今日、ここから始まる1年を、単なる1年の延期でなく、

プラス1と考える。」を取り上げ、この「プラス」って何だろう? 

を考えてもらうことを狙いにしたつもりです。

やはり、逆境から這い上がる人の言葉は相当に強い。

私たちも、未来に目をむけ、遠くに輝く希望の灯を大切に守っていく。

その思いを込めて、9月のテーマは、「未来に目を向けよ」です。

あれこれと過去を振り返らず、自分の未来に顔を向けて、2学期の出発です。

 

 

日常と非日常の間

今夏の通常授業が始まった。教室前廊下には消毒液がずらりと。

一見当たり前になった風景だが、よく考えると不思議だ。

日常と非日常の間から新しい価値観が生まれると聞いたことがある。

いずれにせよ、困難な状況であることに間違いないと思っていたら、

本校書道部の掲示物を廊下で見つけた。強い字体にこめられた強い言葉だと思う。

廊下の風景

 

人のふり見て我がふり直せ

6、7月の授業も終わり、次の言葉の大切さが痛いほど分かった学期でした。

「人のふり見て我がふり直せ」

本来なら、就職を前にした高3生の緊張感溢れる姿を1,2年生にもっと見てもらいたい。部活の公式試合で、相手と果敢に闘う上級生の姿を下級生にみてもらいたい。毎年こうして学校のサイクルが回り、下級生たちの覚悟が育っていたのでしょう。

このように、学校には多くの集団活動があり、そこで若者の自主自律の心が育ってきました。

ところが、今年は、長期休業、部活大会中止、学校行事の中止または縮小により、大切な「人のふり」に接する機会をどうやって確保し、「我がふり」に生かせる指導をしていくか、その難しさに悩む日々が続いています。

ただ一つ言えるのは「周りから学び取ろうとする自覚」。今まで以上に、これを持っているかどうかが成長の分岐になりそうです。

そこで、夏季休業中の本校生徒の皆さんへの宿題です。

「人のふり見て我がふり直せ」。この実践です。これを8月のテーマとします。

ライアン先生より

彼から自己紹介文をいただきました。

Hello! My name is Ryan and I am the ALT here at Hokuryo High School. I am from California, USA. I was born in a city close to San Francisco called Oakland and went to college in Los Angeles. I am 30 years old. I enjoy traveling the world and I have visited many countries but Japan is my favorite. I wish to live here in Japan for a long time.  I like playing basketball, taking photos of my friends,  japanese fashion, japanese cars, and japanese history. The idea of Wabi-Sabi is something I truly believe in. Teaching English here is very important to me and I enjoy helping the youth, they are the future. Thank you.

 こんにちは!私はライアンです。北陵高校のALTです。アメリカのカリフォルニア出身です。私はサンフランシスコに近いオークランドという町で生まれ、ロサンゼルスの大学に行きました。私は30歳です。私は世界を旅するのが好きで、多くの国を訪れましたが、日本が私のお気に入りです。日本に長く住んでみたいです。バスケットボールをしたり、友達の写真を撮ったり、日本のファッション、日本車、日本の歴史を楽しんだりしています。ワビサビの考え方は私が本当に信じているものです。ここで英語を教えることは私にとって非常に重要であり、私は若者を助けることを楽しんでいます。彼らは未来です。ありがとうございました。

 

「The idea of Wabi-Sabi is something I truly believe in」って凄いな。

英語表現のみならず、旅してきた世界各国の面白さを生徒たちにどんどん発信して下さいね。

 

お子様の健康管理(保護者の方々へ)

本校の教育に対して、日頃よりご理解ご協力いただきありがとうございます。

先日、隣県にて高校生の感染者が出たことを踏まえ、

改めて以下の点について、ご留意願います。

〇朝、平熱を超える発熱や、嗅覚・味覚異常、その他風邪症状がある場合は、

 登校を控え、担任に連絡する。

〇上記の症状が出た場合は、保護者をとおして保健所等に相談する。

〇感染及びその疑いがあることで偏見や差別につながる行為を行うことは

 断じて許されない。

今週は、本校の定期考査期間であり、お子様の帰宅時間が通常より異なります。

カラオケボックスやライブコンサート等、密の状態になる場所へはくれぐれも

行かないよう重ねてご指導願います。      校長

縁の下の力持ち パート3

購買を担当されている竹林さん、持ち前の明るさで、お昼の販売のみならず、生徒の良き相談相手になってくれています。また、事務部の4名の皆さん、生徒からすれば、「私のお姉さん」的な感じであるらしく、事務室窓口にちょくちょくと訪れてくる生徒の姿も見かけます。