生活・福祉系列
        
福祉系列の特色

<<重点>>
高齢社会を迎えとして、介護や福祉に対する理解や生涯にわたって
の健康管理の在り方等について専門的に学び、実習や活動を重視し、
福祉・保育・健康分野への進学・就職に 対応する。


【将来に有益な資格取得】
  「介護職員初任者研修」 (旧ホームヘルパー2級)
      金沢・加賀地区で唯一取得可能校
                    
【実践的な専門科目】
      社会福祉基礎 介護福祉基礎 コミュニケーション技術 生活支援技術
      介護過程 介護総合演習 こころとからだの理解 基礎看護
      子ども文化  服飾手芸  フードデザイン  
      生涯スポーツ  総合スポーツ



 *将来の進路
  【四年制大学・短期大学・専門学校】国公立(総合学科・普通科枠)推薦利用
   社会福祉学部・保育・介護 等

  【就職100%】
   医療・福祉(特別養護老人ホーム・老人保健施設)等


日誌

生活・福祉系列 日誌

介護職員初任者研修修了証

        

         

2月5日(水)、3年福祉系列の14名が介護職員初任者研修の修了証を校長先生より受け取りました。
代表生徒は、「進路はそれぞれ違いますが、福祉の学びを人生に役立てていきたい」と話してくれました!

レクリエーション企画・運営【2年福祉系列】


 12月13日(金)、2年生活支援技術の時間に、4つのグループによるレクリエーション活動を行いました。事前に企画・準備していたものを実践しました。グループごとに、それぞれ特徴が出ていました!
 頭の運動を取り入れ、なぞトレや指の体操をするグループ、体全体を動かす活動を取り入れ、風船バレーやボール当てをするグループがありました。また、活動以外にも季節感を取り入れるため、クリスマスの雑学を取り入れたり、みんなで一体感を出すために歌を歌うという活動も取り入れながら行うことができました。参加者の体の状況も考えたレクリエーションをするため、数名の生徒は車椅子で参加しました。







それぞれのからだの状況に合わせたレクリエーションの工夫や、企画運営の難しさを感じている様子でした。次回の授業では今日でた感想をを踏まえ、反省会を行っていきます。

社会福祉施設実習報告会【2年福祉系列】

 今年の7/22~26に介護施設実習に参加したメンバーによる「社会福祉施設実習報告会」が行われました。
 各々実習中に体験した内容について、学んだこと、難しく感じたこと、現場の様子等説明し、今後の課題とそれに向けた目標を述べていました。実習に参加していない同系列のメンバーからの質問にも具体的な場面がわかるよう答えていました。
 今日話した目標が達成できるよう、日々の学習に取り組むこと、頑張っていくことを誓っていました。
        

持続可能な開発目標(SDGs)推進プログラム訪問授業【2年福基】

 9/18(水)2年社会福祉基礎の授業で「SDGs」について知ろうという授業を行いました。講師陣は公益社団法人 金沢青年会議所 国連事業関係委員会に所属されている先生方5名です。
 持続可能な開発目標(SDGs)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。
 マークは何となく見たことはあるけれど、言葉の意味は知らないという生徒がほとんどでした。DVDを見た後、グループで意見を出し合いました。
               
 次の授業では早くも「SDGs」を生かした意見や行動が見られた生徒もいました。
 この機会にあなたも北陵版「SDGs」を考えてみませんか。

3年 手浴・足浴介助 【福祉系列】


3年生の生活支援技術で「手浴・足浴」の介助練習をしました。座位での介助・臥位での介助の2パターンを実践し、お湯の温度や洗い残しがないこと等に配慮しながら行うことができました。
3年生からの反省の中には、「利用者に無理な姿勢をさせていたのではないか」、「安心する声かけが出来ていなかった」、「洗うことだけに意識しすぎてしまい、利用者の表情や姿勢を意識することが出来なかった」という意見がありました。清潔保持の役割を整理しながら、これらの反省を次に生かしていきましょう!!

  

  

2年 車いす介助【福祉系列】

2年 福祉系列『こころとからだの理解』の授業で、車いすの介助方法について学びました。
まずは、車いすの構造や特徴などを理解します。
その後、教室や廊下、トイレなどで実際に介助者役、利用者役に分かれ体験し、正しい介助方法を身につけました。

  
  
  

3年介護演習 入浴介助【福祉系列】

本校の福祉看護実習室には「特殊浴槽」が設置されています。
特別養護老人ホームや介護老人保健施設でも利用されている浴槽です。
実際に生徒たちが、利用者役と介助者役に分かれて実習しました。
ストレッチャーへの移乗や、洗髪、特殊浴槽の機械操作など、役割分担して行いました。

  
  
  

2年 介護演習【福祉系列】

夏休みの施設実習に向けて、福祉系列の生徒は実戦的な授業を行っています。
今日は、ベッドメーキング・ベッド上での起き上がり・臥位から座位への介助を練習しました。

  
  

2年次生 社会福祉施設実習に向けて

福祉系列の2年次生は、7月22日からの実習に向けて、いろいろな場面でのコミュニケーションを想定した演習を行っています。今回は、挨拶です。
場面によって変えなければいけない挨拶の言葉について、再度確認しました。