工業系列(機械・電気)

    
 
工業系列(機械・電気)の特色

機械と電気の専門的な技能を共に身に付けることができます。
(科のくくりの少ない「総合学科工業系列」の強みとなっています)
★ 機械加工実習室にエアコン設置(予定) ★

【工業系列(機械・電気)】(
令和4年度 2学年48名、3学年54名)

機械・電気に関する基礎的な知識や技術を身につけ、工業生産に対する
理解を深めるため、体験的・実践的学習を重視し、物作りの楽しさを味わう。
ロボットの製作、資格取得など工業系など理系の進学、就職に対応する。

【令和2年度 取得資格実績(トピック)】

 ★令和2年度 第二種電気工事士

      27名合格(2年15名、3年12名)(←本校過去最多合格)

 ★令和2年度 第一種電気工事士

      4名合格(3年4名)(←本校過去最多合格)


【令和元年度 取得資格実績(トピック)】

 ★前期技能検定2級合格 3名
 (普通旋盤作業1名、数値制御旋盤作業2名 ← 県内高校唯一

 ★後期技能検定2級合格 2名(New)
 (シーケンス制御作業2名 ← 県内高校唯一

 ★第一種電気工事士合格 2名
 ★第二種電気工事士合格 10名

 ★前期技能検定3級合格 47名
 (普通旋盤作業11名、フライス盤作業8名)
 (数値制御旋盤作業13名、機械検査作業15名)

 ★後期技能検定3級合格 49名
 (普通旋盤作業25名、シーケンス制御作業10名、機械検査作業14名)

 ★令和元年度前期石川県三級技能競技大会
  数値制御旋盤作業部門  1位・2位・3位すべて獲得
  フライス盤作業部門   1位・2位・3位すべて獲得

 ★令和元年度後期石川県三級技能競技大会
  普通旋盤作業部門    1位・2位・3位すべて獲得
  シーケンス制御作業部門 1位・2位・3位すべて獲得


【取得資格実績】
(その年度の合格者を示します)

   H30 R1 R2 R3
工事担任者 DD第3種      
消防設備士乙種第7類 1(本校初)      
第一種電気工事士  
第二種電気工事士

13

(2年6)

(3年7)

10

(2年4)

(3年6)

27

(2年15)

(3年12)

 22

 (2年10)

 (3年12)

技能検定2級(普通旋盤作業)  
技能検定2級(数値制御旋盤作業)   中止  
技能検定2級(フライス盤作業) 1(本校初)   中止  
技能検定2級(シーケンス制御作業) 1(本校初) 中止  
技能検定3級(普通旋盤作業) 36  14 結果待ち 
技能検定3級(数値制御旋盤作業) 13 13   12 
技能検定3級(マシニングセンタ作業)     3(本校初)  
技能検定3級(フライス盤作業) 中止  
技能検定3級(シーケンス制御作業) 10 中止 結果待ち 
技能検定3級(機械検査作業) 26 29  16 結果待ち
JIS半自動溶接技能者SA-2F    
危険物取扱者(乙種第4類)    
第一級陸上特殊無線技士  1(本校初)       
第二級陸上特殊無線技士   13
第二級海上特殊無線技士    
航空特殊無線技士 22

1級計算技術検定 1(本校初)      
2級計算技術検定    
3級計算技術検定 51 54   51 
基礎製図検定 36 26 28 43 
機械製図検定 60 20 35 18 
アーク溶接特別教育修了 49 43 40 3月末



【充実の専門選択科目】 
      工業技術基礎  実習  製図  工業数理基礎   生産システム  技術機械工作  機械設計  
    原動機  
自動車工学  電気基礎    電力技術  電子情報技術  プログラミング技術

 *将来の進路

【四年制大学・短期大学】 国公立(専門学科・普通科枠)推薦利用         
  (理系)工学部 等  

【就職100%】 堅実な就職実績
  全職種(機械・電気等)、国家・地方公務員
工業系列(機械・電気)日誌

工業系列(機械・電気) 日誌

プラスワンサポート事業【工業系列】

 本校では「プラスワンサポート事業」により、優れた知識・技能を

お持ちの方に講師依頼を出し、教育活動のサポートに携わって

いただいております。

 今年も工業系列において、井崎昭夫さんにサポートいただけることに

なりました!

 井崎さんは厚生労働省の「ものづくりマイスター」であり、機械加工

分野でのエキスパートです!

 技能検定 普通旋盤2級にチャレンジする生徒を指導していただきます。

 

 髙倉校長から辞令を受け取る井崎さん

 よろしくお願いします!

0

2年生 実習スタート!【工業系列】

 2年生の実習「工業技術基礎」の授業です。

 今回は「溶接」の実習の様子をご紹介します。

 溶接は炎や電気の熱で材料であるふたつの金属を溶かし、

その隙間を埋めながら接合する作業です。

 

 先生がお手本を見せます     しっかりと炎で熱します

 

 加工したては赤熱してます   生徒の課題作品の一輪挿し

 作業中は火傷しないよう    水が漏れないようにしっかりと

 皮手袋を着用します      溶接します

0

レーザー加工機【工業系列】

 本校に「レーザー加工機」が配備されました!

 レーザー加工機とは、レーザービームを発生させ、その熱で

金属板やベニヤ板、アクリル板などをカット加工する

工作機械です。

 カットといっても「両断」ではなく、形に添ってくりぬくことが

一般的な用途です。

 

     レーザー加工機です!       内部の様子です。中央オレンジ色の

                      ノズルからレーザービームが出ます

 

 

 パソコンで図面を作り、そのとおりに    こちらはベニヤ板ですが・・・

 加工させます(いわゆるCAD・CAM)  このカタチはどこかで見たような・・・

 これはくりぬいた鉄板です

 

 

  色を塗ったら、本校の校章でした!    裏にマグネットシートを張ると、ホワイト

                      ボードや冷蔵庫(?)にくっつける

                      アクセサリーです!

0

後期技能検定が行われました【工業系列】

 後期の技能検定が本校で行われました。

 12月19日(日)には「機械検査3級」、「シーケンス制御3級」の

実技検定試験があり、工業系列2年生が受検しました。

※18日(土)も予定していましたが、強風による影響を考慮して、

 令和4年1月下旬に延期となりました!

  12月25日(土)、26日(日)には「普通旋盤3級」の実技検定試験が

あり、同じく工業系列2年生が受検しました。

 いい結果が出ることを楽しみにしています!

 

 なお、2月上旬には筆記試験もあります。全員合格目指して頑張りましょう!

 

機械検査の様子です。テストピースの寸法や、測定器の器差を確認する検定試験です

 

       受付している様子          受験者を把握するための背番号をつけます

 

普通旋盤作業の様子です。制限時間内に課題作品を作ります

 

     試験前に諸注意を聞きます         放課後遅くまで練習した成果が出せたかな?

 

シーケンス制御の様子・・・は写真撮影を忘れていました!

制限時間内に課題のプログラムを組み、課題どおりに機器を動作させる試験です

   本校で使用しているシーケンサーと

   検定用ボードです。ランプやコンベアを

   作動させます

0

計測実習【工業系列】

 本校での実習はものづくりや電気工事など、加工技術の

習得が主たる「ねらい」となっています。

(作業の理論、安全で効率的な作業方法などなど・・・)

 ところが実習のテーマはそれだけではありません!

 実際に座学の授業で習った理論が本当にそのとおりなのか、

実験機材を使って確かめる「計測」の実習もあります。

 今回は電気の基礎である「オームの法則」が実際に

成り立っているのかを、電圧計・電流計・抵抗器を使って

確認しました!

 

  計測のために回路を結線します          計測した値をもとに、計算して法則どおりの

  もちろん結線が間違っていると計測器の      データとなるか確認します

  針は動きません                 計器の読み取り方が不適正だと値も理論値から

 ※逆につないでふりきっちゃうこともあります!   ずれちゃいますよ!

 

「おおっ、針が動いた!」

「本当や、ちゃんと法則どおりの数値になっとる!」

 生徒は計測実習に興味津々の様子でした。

0

3年生のモノづくり【工業系列】

3年生の実習では今、モノづくりをしています。

溶接隊では、

個人でモノを作る人、

4~5人のグループで一つのモノを作る人に分かれて作業をしています。

 

      

 

図面を書く

必要な材料は何かをリストアップする

材料を切る

切断面を磨く

作りたい形に固定する

接続したい箇所を溶接する

溶接した面を磨く

 

などなど・・・

 

グループ活動班では、

一から自分たちで考え作業していきます。

どうやったら効率がよくなるか

どうやったらロスが減るか

どうやったら安全なモノが作れるか

など、グループ内で考えながら作業をしています。

 

      

 

個人活動班でも、自分が作りたいものを図面におこし、

鉄板を切り、アーク溶接で溶接していきます。

 

      

 

さて、何ができるかはお楽しみです♪

 

どの生徒もいい作品を作るために真剣に取り組んでいました。

 

 

 

0

技能検定に向けての機材確認【工業系列】

 技能検定のひとつに「機械検査」があります。

 これは決められた時間内で、ノギスやマイクロメータ、シリンダー

ゲージなどを使用して、品物の寸法を正確に計測する検定試験です。

 後期の技能検定が12月に行われるので、それに向けて機材の

確認を行いました。

 

 

 プラグの有効径を計測する作業です        こちらはテストピースの寸法を確認している

 必要なものがすべて揃っていて、確実に作業が   様子です

 できるか確認しました              機材には「くるい」が生じてないかな?

0

「ふりかえり」の実習【工業系列】

 ある日の実習です。

 技能検定(普通旋盤)に合格している生徒に対して、久しぶりに

旋盤を使う生徒に使い方を教えてあげるよう指示しました。

(もちろん教員も巡視して監督しつつです)

 用意したテーマは決して難しいものではありません。しかし、他の

検定にとりくんでいて、ほとんど旋盤を使っていない生徒にして

みれば忘れていることも多く、おっかなびっくりです。

「どうすればわかりやすく知識や技能を伝えられるかな?」

「教えることで、あらためて気付いたことはあったかな?」

 経験してきたことのふりかえり(リフレクション)を行うことで、

より深い学びにつながります。

 教えた生徒も、教わった生徒も、ともに新鮮な様子でした!

 

 左「刃物台ハンドルで長さを決めりんぞ」  左「一定のスピードで切り込めや」

 右「ああ、そんなんやったなあ」      右「ひさびさに触ったら緊張するわ」

0

金沢市高校生技能士表彰式(工業系列)

 10月18日(月) 金沢市役所にて「金沢市高校生技能士表彰式」が

行われ、本校からは工業系列3年生の田城悠太くんが表彰を受けました。

 田城くんは今年度前期の技能検定で2級技能士(数値制御旋盤)に

合格しました。

 なんと田城くんは昨年度も2級技能士(普通旋盤)に合格して表彰を

受けています!2年連続表彰の快挙です!

 

 山野市長より表彰状を受け取る田城くん    懇談では卒業後の抱負を語りました

 

 資格や検定は「自らの将来を支えてくれる強力な武器」です!

 積極的にチャレンジしましょう!

0

ものづくりマイスターによる指導【工業系列】

 本校の工業系列では、厚生労働省が認定する「ものづくりマイスター」を

派遣してもらい、実習の授業でご指導頂いています。

 ものづくりマイスターは高度な作業技術を有するベテラン技能者です。

 技術指導はもちろん、経験に基づく仕事への心構えなど、多面的に

生徒の育成をサポートしてくださいます!

 今年度も技能検定合格をめざす2年生を指導してくださいます。

 

 マイスターの井崎先生です。        生徒ひとりひとりに声をかけ、        

 いつもお世話になっています!       いつも朗らかに(時には厳しく)、丁寧に

 今年もよろしくお願いします!       ご指導くださいます。

 

 技能検定(実技試験)は12月から1月にかけて行われる予定です。

0