校長のページ

校長のページ

保護者の皆様へ ~学校再開~

 6月1日から3学年そろって学校生活を再開します。学校では、新型コロナウイルス感染防止対策を徹底してまいりますので、どうぞご安心ください。対策の詳細やご家庭のご協力をお願いしたい事柄につきましては、1日に生徒に配付する「県立学校の再開に係る金沢伏見高等学校の対応について」や「保健相談室だより」等に記載いたしましたので、ぜひご覧ください。

 学校では、6月1日から7月下旬までをひとまとまりの期間ととらえて、まずは授業時間を確保しながら、部活動を段階的に再開してまいります。あわせて、3年生の進学・就職指導、1・2年生の系・科目選択に向けての指導や進路学習も、進めてまいります。8月中旬には保護者懇談会も予定しております。これらに関しましても、1日に生徒に配付する「部活動の再開に係る金沢伏見高等学校の対応について」やホームページに掲載した「行事予定」をご確認ください。

 学校行事の延期や縮減もやむを得ない状況ではありますが、生徒とともに知恵を出し合いながら、心の豊かさを育む充実した学校生活を目指してまいります。

 学校生活の基盤は、生徒・職員の心身の健康です。心配や不安を感じられることがありましたら、学校にご相談ください。今後とも温かいご理解・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

生徒の皆さんへ ~登校日に向けて~

6月1日の授業再開に向けて、来週から学年ごとに登校日を設けることが決まりました。ようやく皆さんを学校に迎えることができて大変喜ばしく思います。

学校の長い臨時休業を経験して、再確認できたことがいくつかあります。

1 自他の命・健康の大切さ
今後も大切に守りぬけるよう、科学的に正しい理解のもと、ウイルス感染防止にしっかりと取り組みましょう。規則正しい生活を送り、健やかな心身を育んでください。

2 学校生活の良さ
「受験勉強したい」「部活動したい」「友達に会いたい」など、登校できないからこそ強く願ったことがそれぞれにあると思います。「自分は学校生活に何を求めるのか」が明確になったのではないでしょうか。今後の意欲的な取組につなげてください。

3 家庭学習の重要性
家庭学習に着実に取り組めた人は、手ごたえを感じて自信がついてきたころではないでしょうか。今後もオンライン学習や家庭学習時間調査を継続していきます。家庭学習習慣の確立や家庭学習の質の向上に活用してください。

皆さんなら、今回の経験を前向きにとらえ、今後に活かしてくれると期待しています。一緒に頑張っていきましょう。

*保護者の皆様へ
オンライン学習や朝礼、電話での個人面談等に毎日ご協力いただき、ありがとうございます。分散登校の開始にあたり、学校ではお子様の安全と健康を最優先し、感染防止策を徹底してまいりますので、一層のご協力をよろしくお願いいたします。

生徒の皆さんへ ~今できることを一緒に頑張ろう~

5月末まで県立学校の臨時休業の延長が決まりました。

授業も受けられず、部活動もできず、友だちとも会えない、苦しく不安な毎日を過ごしていることと思います。

 

先生たちは、皆さんの体調のこと、家庭学習のことなど心配していますが、直接顔を合わせて会話することができず、もどかしく感じています。せめてG Suiteや学校HPを活用してできる限りの指導に努めていきますので、生徒の皆さんもぜひ元気に家庭学習に励み、毎日の報告をお願いします。

 

連休明けには、G Suiteを用いて新たに家庭学習課題についてお知らせをします。家庭学習といえども高校での単位の履修・修得につながる学習であり、成績評価の対象ともなります。真剣に取り組み、わからないことや困ったことがあったら遠慮なく問い合わせてください。学校では、各担任や教科担当者が電話でも皆さんからの質問や相談に対応しています。

 

皆さんと会えない期間が長くなりますが、一人一人が自分のためにできることを着実に行うとともに、社会に対して責任ある行動をとってくれているはずと信じています。

6月1日からの学校再開に向けて、心を明るく保ち、規則正しく有意義な毎日が過ごせるように、一緒に頑張りましょう。

 

*保護者の皆様へ

生徒のG Suite for Educationへの登録、学校からのメール配信や学校HPの確認にご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。学校では、4月8日の登校以降、郵送にて家庭学習課題の送付と回収を行っており、現在はG Suiteにて体調と家庭学習時間の把握をしております。G Suite等を活用した学習指導に関しては、各ご家庭のWeb環境や生徒の登録状況を確認しながら順次進めており、連休明けから一層充実を図ってまいりますので、今後とも一層のご協力をよろしくお願いいたします。

 

終業式に代えて -新2・3年生の皆さんへ-

 昨日、今日と登校が再開され、久しぶりに皆さんの明るい笑顔と元気な声が戻ってきました。主役である皆さんが不在の間は、寂しいものでした。ようやく学校が生き返ったような気がします。私は、改めて皆さんの存在のかけがえのなさをかみしめています。「伏見高校の生徒でいてくれて本当にありがとう。」
 
  さて、臨時休業の間、「学校」についてどのようなことを考えましたか。学びの場、触れ合いの場、充実の場、自己成長の場として、学校の良さや価値を再確認してもらえたのなら嬉しく思います。明日から春休みに入りますが、少しずつ補習や部活動等ができるようにしていきます。健康や安全に気をつけて、学年末に逸したものを貪欲に取返し、新学年のスタートに向けて悔いのない毎日を過ごしてください。

*終業式や離任式を行えなかったことを申し訳なく思っています。離任された先生方からのメッセージは電子掲示板でお伝えしますので、登校した折に見てください。

明日は卒業式

 明日は本校の第25回卒業証書授与式です。

昨日は、中庭の池に大きな白鷺が降り立ち、じっと希望の像を眺めていました。

今日は、梅園の白梅の枝に鶯が二羽訪れて戯れていました。

皆、卒業生の前途を祝福してくれているように思われます。

 今年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、式の参加者を少なくし、時間も短縮して行いますが、

卒業生が寂しい思いをしないように、職員一同、例年以上に工夫をして準備をしました。

明日は精一杯の祝福の気持ちを込めて晴れやかな卒業式になるよう努めます。

 

 

 

 

 

 

健闘を祈る

 今週末は大学入試センター試験です。
受験生のみなさん、暑い夏も、寒い冬も、ひたすらに受験勉強を頑張ってきましたね。いよいよ夢の実現に向かって挑むときです。
みなさんが、元気にスタートラインに立ち、持てる力を思いきり発揮できるように、祈っています。
 
 合否の結果は、最後までやりきらないとわかりません。しかし、受験勉強をとおして身につけた力、センター試験受験という大きな体験をとおして身につくであろう力が、みなさんの今後の人生にとって財産となることは、間違いありません。自分が真摯に受験に取り組んできたという事実に自信を持ち、節目の日を頑張ってきてください。

 
 夢に向かってチャレンジを続けているみなさんを、本校教員一同、誇りに思っています。みなさん全員が納得のいく結末を迎えられるまで、私たちも一緒にいます。希望の春はもうすぐです。

今年も暮れようとしています

  クリスマスも過ぎ、いよいよ年の瀬となりました。
本校では、今日、3年生の受験指導や就職指導、2年生の勉強合宿、そして各部活動等、年内の活動をすべて終了し、笑顔で帰宅する生徒たちを見送りました。生徒の皆さんには、元気に年を越し、新年の抱負を胸に新学期を迎えてくれることを期待しています。私たち職員も、力を蓄えて新学期に臨みたいと思います。
 
 保護者の皆様、地域の方々、同窓生の皆様をはじめ、関係者の皆様には大変お世話になりました。常に温かく本校を見守り支えてくださいましたことに、改めて感謝申し上げます。どうぞ良いお年をお迎えください。

 3年生の教室黒板に小さなメッセージを見つけました。学年一丸となって、受験本番に臨んでほしいものです。

県知事表彰 青少年ボランティア賞受賞

 吹奏楽部が、令和元年度石川県健民運動青少年ボランティア賞に選ばれ、11月19日の表彰式で、代表生徒が石川県知事谷本正憲様から表彰状をいただいてきました。地域行事への協力や福祉施設等での訪問演奏など、長年にわたる地道な活動を評価していただき、本当に有り難く存じます。

 10月11日(金)には有志生徒と職員250名が参加して学校周辺美化ボランティア活動を行い、10月20日(日)には生徒会役員と放送部が米泉公民館e-スポーツイベントに協力、午後には同館の文化祭で吹奏楽部も演奏、10月27日(日)にはチアリーディング部・陸上競技部をはじめ有志生徒が金沢マラソンをサポート、11月2日(土)には書道部が本多の森ホールで東京オリンピック・パラリンピックを盛り上げようとパフォーマンスを披露しました。11月24日(日)にはチアリーディング部が石川県女子軟式野球チーム「ダラーズ」の全国制覇をお祝いする予定です。

 今回の受賞を励みに、これからもボランティア活動に積極的に取り組み、生徒の人間力を磨いていきたいと思います。

 
 

清流

 県外の会合に参加すると、「金沢伏見」という校名の由来を尋ねられることがよくあります。学校の前を流れる伏見川にちなんだ名前だと説明し、「鮭が遡上する清流なんですよ」と付け加えると、「金沢の市街地なのに鮭が?」と驚かれます。
 
 交通の利便性と自然の豊かさ両方に恵まれた本校の環境は、確かに有り難いものです。身近なものほどその価値を忘れがちになりますが、生徒たちには、自分たちの環境を形作り支えてくれている多くのものの仕組みを理解し、価値を知り、感謝し、いずれはそれらを守り支え発展させる力となってほしいと願っています。

 
 さて、伏見川の水質調査や鮭の観察にも実績のある科学部は、先日、ミニ熱気球を飛ばす実験に夢中になって取り組んでいました。吹奏楽部は「ふるさと」の美しいメロディーを奏でています。そのほかの部活動も今日も熱心に活動中です。

 
 今日から教育ウィーク。学校公開中です。金沢伏見高校を参観にいらっしゃいませんか。


新学期が始まりました

 清流祭、始業式、課題テスト等を終え、9月3日から早速授業が始まっています。また「遅刻ゼロキャンペーン」にも全校を挙げて取り組んでいます。学力充実・人間力向上に向けて、私たち教職員も生徒とともに頑張っていきたいと思います。
 
 さて、陰暦9月9日は、中国から伝わった「重陽の節句」です。家族・親族で野や丘に出かけ、茱萸(シュユ)の枝を髪に飾ったり菊の花を浮かべたお酒を飲んだりして楽しく過ごし、邪気を払って健康や家内安全を願ったそうです。
 
 いつの世もやはり健康・安全が一番大切です。本校では、今週末、3年生の模擬試験や2年生保護者対象の説明会もありますが、新学期の疲れを残さないためにも、ご家族や友人と自然の中で楽しく過ごすひとときが持てるといいですね。