教職員のつぶやき。 ー 本校の教職員全員が、週一回、リレー形式で、つぶやきます。

教職員のつぶやき。

期待・ワクワク 北信越大会に向けて、親の祈り

   5月下旬から6月上旬にかけて、県高校総体が開催されました。個人的にも高3の子を持つ親として、3年間の集大成となる試合にドキドキな気持ちで送り出しました。

 本校からは出場の無い競技だったこともあり、試合会場である石川県立武道館弓道場に応援に駆け付けた時は、団体予選、個人予選はともに終了、団体準決勝で敗退したチームも帰りかけている頃でした。

 射場を見ると、ちょうど上位5校による決勝リーグ戦が開始されたところで、娘のチームがいました。観覧席の人波をかき分けて居場所を確保し、その後はずっとその場から、チームの一射一射を、祈るような思いで見守りました。結果は団体3位、個人5位。インターハイ出場は逃しましたが、見事北信越大会への切符を手に入れました。

 北信越大会弓道競技は、次の土日に長野市で行われます。この大会が最後の試合となるので、しっかり応援してきたいと思います。ただし自分はひたすら祈るだけの応援になりそうです。

 本校から北信越大会に出場するバドミントン部、アーチェリー部のみなさん、会場は離れていますが応援しています。みなさんの健闘と幸運をお祈りします!

音楽 趣味のお話

 ラヴェル作曲の「ボレロ」は,きっとどこかで耳にしたことがあるでしょう。これを読んでいるそこのあなた! 一度「ボレロ」と検索して初めの30秒ほどを聞いてみてください。

 ね,聞いたことがあったでしょう? この曲ではこの1つのフレーズがずっと繰り返されていきます。それだけ聞くと何も面白みのない曲のような感じがしてしまいますが,もちろんそんなことはありません。フレーズが繰り返されるたびに聞こえてくる楽器が変わるのです。そして,演奏する人数も変わっていきます。

 私はこの曲を国づくりみたいな曲だなと思います。「一人から始まって仲間が集まってきて,村や町ができて国になる。そして最後には全員で大団円を迎える」という素敵なストーリーを思い浮かべながら聞いてみると,とても感動的な曲だと思えてくるのです。

 さて,これから「ボレロ」の最重要楽器であるスネアドラムについてもお話ししたいところなのですが,長くなってしまうので,これで終わりにしたいと思います。お読みいただきありがとうございました。

 

 P.S. 私は音楽の教員ではなく,数学を教えています...。

晴れ 今年も暑い夏がやってきます。

 石川県出身の大の里関が記録づくしで優勝をはたしました。テレビで見ていて圧倒的な強さを発揮し、ふるさと石川に勇気と感動を与えました。そして、今年1号の台風も発生し、気温も30度に迫るような暑さで、そろそろ熱中症対策をしなければいけないと思う今日この頃です。

 ニュースでは今年も昨年のように暑くなるとも言われ、去年よりさらに暑くなると予想されており考えるとぞっとします。そのまえに、ジメジメした梅雨の季節。暑くてジメジメ。耐えられるかなぁと心配しています。水分補給に食べ物の保管方法などたくさん考えなければなりません。

 そして、生徒の皆さんは期末試験など毎日考えなければならないことが多いですね。その前に、県の高校総体・総文も始まります。3年生は今までの成果が発揮されるように、暑さに負けず体調を整えてそれぞれの場所で活躍してください。私も水分の摂りすぎや涼しい場所にずっといるなどやめて、夏に勝つ身体をつくらないと。皆さんに負けずに頑張りますヨ。

眼鏡 「自ら」学ぶ?

 本校に赴任して、はや2カ月が経とうとしています。日々感じるのは、向陽生は身をもって校訓を表そうとしているということ。「自ら」学ぶ。自学。定期的に生徒議会を開いて議論したり、生徒会が自主的に動いてルールをつくったり。結果として自分たちのやりたいことをやれたり。上級生は遠足でスマホを使用できましたもんね。自分たちで考えて、行動する。それを見えるかたちで残す。本当にすごい!と思います。

 ちょっと立ち止まって考えてみると…「自分たちで」って一体どういうことなのでしょうか…なぜ議論したり、ルールをつくったりするのでしょう。スマホを使いたいから?それだと、「〜したい」という欲求に自分たちの行動が支配されている気がします。自分たち「だけ」で動いたことにならないですよね。自分たちだけじゃなく「欲求」という存在があって、自分たちは動かされている。欲求が自分たちを操っているような…じゃあ一体どうすればいいのでしょうか…

 まずは、自分たちは欲求に操られているかも…という視点に「気づく」必要があると思います。私自身も反省する点は多いのですが、そういう「自分の視点とは異なる視点の気づき」を積み重ねていけば、より良い「自分たちで」を、体現できるかもしれませんね。

虫眼鏡 田んぼに苗が植えられています…

 生物基礎(2年)の授業で、学校周辺の田んぼでの観察を少しずつしていこうと思い、今日は1時間目はなんとか晴れていたので、田んぼに移動し水の中の微生物の観察をしました。 

 水を採取したところ、「アオミドロ」と「アミミドロ」を見つけることができました。アオミドロは田んぼの中の緑色の藻(糸状)がたいていそうなので、よく観察できるのですが、「アミミドロ」はめったにお目にかかれない!1時間目にこれがありました!当たり!1時間目のクラスの皆さんの強運に感謝!最近の私のヒットです。<写真はアオミドロ(直線型緑色)とアミミドロ(網目状)>

 その後、4時間目に同じビーカーから探してもアミミドロはなかなか見つからず…プレパラートを洗って始末してしまった私は泣きました。やはりレアな「アミミドロ」、また、探してみます。田んぼを見たら、「緑の藻」を探してみてください。

 

お辞儀 あっという間に終わったGW

今年のGWは多い人は10連休。我が家の娘はUSJやBBQを満喫しており、私は1日だけ趣味であるサウナで日頃の疲れを癒すことができました。

なかにはGWに限らず、毎週能登での復興支援のためボランティア活動されている方々もいると聞きました。先日、話す機会があり静岡県や愛知県より来ているとのことでした。宿泊費や食費など自己負担ですが「もうボランティア活動が趣味というか生活の一部ですかねぇ」と笑いながら話し、日焼けした顔から白い歯が光りました。今は石川県に来ていますが、その方は東北や九州にも出向いていたとのことでした。

先日も仕事で志賀町に行った際、1月の頃と変わらず屋根にはブルーシートがあり復興にはまだまだ時間が掛かると実感しました。家屋等の被害に目はいきがちですが、墓地や霊園の墓石も崩れたり倒れたままで心が痛む思いをしました。

家屋倒壊などの物理的な不安や、転居や生活環境の変化で精神的な不安のなか生活されている方がたくさんいます。今、不自由なく生活できていることに感謝し日々を過ごしていきたいです。そして健康の保持増進に努めたいです。

がんばろう石川(^O^)/

昼 五月晴れでありたいですね

 昔から「五月病」とは言いますが、近頃は「五月病」ならぬ「四月病」が心配されているらしいです。新年度に伴う職場や家庭などの環境の変化や、寒暖差に対応するため、自律神経に過度の負担がかかることが影響して、頭痛やめまい、倦怠感や不眠を訴える人が多いとのこと。また、春は気分が高まりやすく、自分でも意識しないうちにオーバーワークになってしまうことも要因の一つらしいです。

 私も年齢が年齢だけに、すぐに疲れてしまい回復には時間がかかります。時に仕事中に居眠りをしてしまい失笑を買うこともあったりして情けない有様。自分では悔しい思いしかありませんが、年齢が高くなるにつれてやってくる老化には克てない。入学式の頃には吐き気と下痢でダウンしてしまいました。原因不明で点滴と薬で何とか乗り越えることができましたが、今から思えば老化というより「四月病」の一つだったのかもしれません。

 新学期はとにかく疲れます。とりわけ高校1年生は環境がガラリと変わるため疲れて当たり前だと思います。みんな同じなのであまり気にしすぎないことですネ。その他に栄養バランスの良い食事、快適な睡眠、趣味などでリラックスする、毎日適度に身体を動かすことなどが「四月病」対策には良いと聞きます。

 ゴールデンウイークも後半に突入しました。ゆったりできる自分の時間を確保してリフレッシュしたいものです。幸い天気も良さそうなので、私も野山を散策したり、バーベキューしたりして明日への英気を養う予定です。

   先日の遠足では、青空の下新緑の中を歩き、クラスの親睦も深まりました。今年の春は気温の関係によるのか、桜の咲いている期間が長く、桜を十分に堪能できましたが、新緑もまた美しいですね。

 ここで有名な俳句二句を紹介したいと思います。一句目は桂信子氏、二句目は山口誓子氏の作です。

   新緑の なかまつすぐな 幹ならぶ (新緑の中で真っ直ぐな幹が並んでいる。) 

   新緑に 犬が真夏の 呼吸づかひ  (新緑の季節。犬は真夏のような元気のいい息づかいをしている。)

 それではゴールデンウイーク後、お互いに元気に再会しましょう。

興奮・ヤッター! あっという間に…

 4月は、入学式に始まり、4階への引っ越し、遠足など、たくさんのイベントがあり、あっという間にゴールデンウィークに突入しました。怒涛の1か月にみなさんお疲れではないでしょうか?飛び飛びではありますが、せっかくのゴールデンウィークなので、思い切りリフレッシュして、また一緒に頑張っていきましょう!

 現在向陽高校では、令和7年度のいしかわ特別支援学校併設に向けた工事が着々と進んでいます。4月18日に、2階にあった1・2年生の教室が4階へと引っ越しし、きれいに生まれ変わった教室で授業ができています。しかし、2・3階の改装工事に伴い、2階職員室前の廊下、3階図書室前の廊下、教室棟手前の階段が使用できなくなり、移動教室などで不便に思うことが増えましたね。今後も工事の関係で、様々な変化があると思いますが、きっとあっという間に時が経ち、新しく生まれ変わった校舎で楽しく学びあう日が来ると思います。そんな日が来ることを心待ちに、今経験している出来事も、二度と経験できない思い出として楽しんでいきましょう!

キラキラ 青い春、

 今年度から新卒で向陽高校に赴任させていただき、徐々に新たな環境にも慣れてきました。

 ほどよく元気に新生活を堪能し毎日学校に来ていると学生時代の記憶がよみがえり、胸が躍ります。

 私の学生時代は部活動に打ち込んでいた記憶が強いです。部活をするのが嫌な時も試合で負けて悔しいときも今となっては懐かしく、いい思い出となっています。生徒の青春を見届けていると私自身やる気が出てきて「負けていられない」と思えてきます。夢中になれるものがあることは人間の大きな原動力になるため、生徒にも何か見つけてほしいと願っています!!!

 ちなみに私がいま夢中になっているものはサウナです。休日は整うことで頭がいっぱいになります。

 今年度に入り爆食が止まらない私にとってサウナは、ダイエットにも効果的なので一石二鳥です!!皆さんも是非!!

 

笑う 金沢向陽高校ならでは

本校に赴任して10日がたちましたNEW

特色ある学校、金沢向陽高校。

県内では非常に珍しい「馬術部」があります。

部員たちは、本校からほど近い石川県馬事公苑にて活動を行っています動物

馬といえば颯爽と駆け回るかっこいい姿がイメージされますが、

本日はオフショットをご紹介いたします。

馬も横になってくつろぎます。

 

『なにみてんのよ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『なんかちょうだい』

寝たままおやつの催促です。なかなかに横着ものです。

春のうららかな陽気にウトウトしてしまうのは

人も馬も同じですね朝

 

職場の異動というものは何回経験しても緊張します。

新たな出会いに不安を期待を抱きながら迎えた4月8日(月)でしたが、

生徒たちと出会って不安が一気に吹き飛びました。

金沢向陽高校の生徒たちがとても優しく元気に迎えてくれて、

まだ数日しか経っていませんが教室に向かうのがすでに楽しくなっていますキラキラ

廊下を歩けば中庭には満開の桜。

本日も良き日でした笑う

 

朝 満開の…

気がつけばあっという間の4月、新年度を迎えております。今年度も「教職員のつぶやき」のコーナーをご覧いただければ幸いです。

気温の上がり下がりが激しかった3月から、ようやく春らしい季節を迎えました。桜の便りもちらほらと届いており、今年は久しぶりにお花見でも行きたいなぁ…と考えてはいるのですが…

私は屋外の運動部を抱えており、毎日悩まされていることが一つ…花粉はいつまで飛ぶんでしょうか…

せっかくお花見に行ってもくしゃみばかりでは風情がないなぁ…難しいかなぁ…と思い悩む日々です。

しかし、来週からは学校も開始されます。

今年は(今年も?)、桜に負けない生徒たちの満開の笑顔が、心を満たしてくれそうです。

朝 令和5年度から令和6年度へ

 3月22日(金)令和5年度最後の日となり終業式、離任式が行われました。春は別れと出会いの季節とはいいますが、今年はたくさんの先生方が転出&退職されるので、その寂しさと来年度はどうなるんだろうという不安とでとても複雑な心境になっています。転出される先生方には大変お世話になりました。本当にありがとうございました。これからも先生方のご活躍を願っております。くれぐれもお身体を大切にされてください。

 毎年この時期になるとその年度を振り返るのですが、今年も「やりきった!」という思いはなく、やり残したことばかりが思い浮かびます。数々の失敗をし多くの方に迷惑をかけて・・・。でも考えれば、その失敗したときだけでなく、いろんな場面でいろんな方々に助けていただいて今の自分があるのだなと思い、改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。みなさま、ありがとうございました。

 令和6年度はどのような1年となるのでしょうか。期待と不安でいっぱいですが、新たな人や仕事等との出会いを大切にして、丁寧な仕事を心がけていきたいと思います。令和6年度もよろしくお願いいたします。

 毎年購入しているカレンダーには松下幸之助の言葉が載っています。毎月載っているその言葉にいつも元気づけられたり、はっと気づかされたりしています。その中の言葉を1つ紹介します。

 「夢が人生を彩る 楽しくする」

 ~日々の暮らしに目標を持ち、夢を描こう。明日はこう、三年後にはこうと念じ、努力を重ねていけば、毎日がずっと楽しくなる。生きがいや喜びも芽生えてくる。~

 

 

 

 

 

喜ぶ・デレ 今日もほっこりした1日でした

向陽といえば「ひまわり」。そして、モットーは「元気で、明るく、前向きに!」です。そんならしさを感じる場面に触れるとうれしくなります。            

今日は、予備入学の会場準備と生徒会役員選挙がありました。いつものことながら一丸となって動いてくれる生徒たちに感謝です。おかげで予定より随分早く会場設営が完了しました。新しく仲間になる人たちのことを思いながら頑張ってくれたと思います。生徒会役員選挙では、現会長としてあいさつをした生徒の言葉が、仲間や学校を思う気持ちにあふれていました。「いつでも頼ってください」の声かけは頼もしかったですね。そして、新役員に立候補した生徒たちも勇気ある一歩を踏み出してくれました。壇上にあがって決意を述べる姿は、立候補をためらっていたときの顔とは違って見えましたよ。エールを送ります。                                                    

やはり生徒の成長はうれしいもの。ほっこりでした!  

                                                              

昼 1月2日はとても静かでした。

 2007年3月25日(日)9時42分にも能登半島地震が起きています。私は、父親の33回忌の法要のために珠洲市にいました。震度5弱の揺れで、たいした被害はありませんでした。法事を済ませ、午後には金沢に向かいました。穴水までは特に問題はなく、その後も金沢方面へは順調に走行できましたが、穴水輪島方面は大渋滞でした。そしてその横を県外ナンバーの消防車や救急車が、サイレンを鳴らしながらひっきりなしに通りました。地震発生から数時間でこんなに県外からも来るんだと感心しました。

 2024年1月1日(月)16時20分頃能登半島地震が起きました。翌日の1月2日は穏やかに晴れて青空が広がっていました。たまにヘリコプターが飛んでいきますが、それ以外は静かでした。本当に静かでした。消防車も救急車も自衛隊も見ることはありませんでした。1月3日金沢に向かいました。珠洲を出るとき初めて自衛隊を見ました。金沢方面へは大渋滞でした。珠洲に向かう車はほとんどありませんでした。時折、県内の消防車、金沢駐屯地の自衛隊を見かけました。夜遅くなって県外からの消防車も数台見かけました。

 道路がズタズタだったのは身を以て知っています。しかし、あの1月2日の静けさは忘れられません。重い話をつぶやいてしまいましたが、あのとき珠洲や輪島にいた生徒もいると思います、人に話すと少しは心が楽になりますよ。

 

昼 今日は3月11日です。

 今日は3月11日です。あれから13年になります。あの時私は、当時勤務していた学校の職員室で同僚と話をしていました。その同僚が、「揺れなかった? なんか気持ち悪い。」と言いました。私自身は感じていませんでした。その後、東京に出張に行っている人から「東京が大変なことになっている」という連絡が来て、何か大変なことが起きたことを知りました。生徒の皆さんは、幼すぎて記憶もないでしょうね。

 今年の1月1日帰省先の珠洲で私は地震に遭遇しました。1回目の揺れでいつもの揺れではないと思いました。電気を切っておこうと仏壇の灯を消し、神棚の灯のスイッチを探しているときに2回目が来ました。床が波打って手すりにつかまっているしかない状態でした。1回目の揺れで玄関を開けておいたのですが、その戸がふっとび、向かいの家がグシャリとつぶれるのを見ました。「あの家は空き家だから大丈夫。」と思いながら、夢を見ているようで現実感がありませんでした。

 外に出ると、「津波が来るって!」と誰かが叫んでいました。「逃げなきゃ」と思い、車の鍵を取りに中にもどりました。鍵の入ったバッグを持って出ようとしたところに3回目が来ました。揺れが収まったときには、車の鍵がなくなっていました。探していられないと外に出て、気づくと手から血がしたたっていました。家中の建具が壊れ、そのガラスで指を切ったのでした。道路は、すべてのマンホールが浮かび上がり、橋と道路には段差ができて車は通れませんでした。津波からの避難所は、崖崩れで途中までしか行くことができず、そこから波が押し寄せてくるのを見ました。

 避難所は人が多く、私は玄関で過ごしました。私の前には、技能実習生と思われる外国人の青年が四人、段ボールを敷いて毛布をかぶって過ごしていました。その中の一人は、揺れが来るたびに飛び起きていました。こんな外国の地でこんな目に遭ってどんなにか不安だろうなと思いましたが、声をかけることもできませんでした。明かりがないので、外に出て見上げると星空がはっきりと見え、本当に美しいと思いました。しかし目を転じると、引き裂かれた道路とつぶれた家があり、そのギャップで、まだ夢のような感じでした。あの時の東北の方たちもこんな気持ちをもったのでしょうか。

昼 いつのまにか・・・

 昨日で学力検査(入試)も終わり、いつのまにか今年度も大きなものとしては、予備入学と離任式の2つの行事を残すのみとなりました。始まりの準備と終わりが同時にやってくる3月です。

 この一年、突っ走ってきたように思います。今までにない、いろんな経験をさせてもらった年でした。いつのまにか3年生が卒業し、気づけばもう来年度の準備をしていて…。感傷に浸っている場合ではないのですが、なんだか後ろ髪を引かれる思いでいます。

 私は年末よりこの3月に強く締めくくり感を感じ、旅行に行きたくなります。違う場所の地面を歩き、その空気を吸って、劇場で舞台なんか観たりして。英気を養って気持ちの切り替えをしなきゃな!と思います。皆さんは締めくくりをどのようにされますか?

  

お祝い 卒業

 卒業は『終わり』でなくて、『始まり』です。3年間を惜しんでいますか、それとも次への期待で胸一杯ですか。

 成功したことだけでなく、失敗した過去も未来への『投資』です。

 今後もあなたたち前に壁となって立ちはだかることがあるでしょう。そんな時、『過去』が大事になります。これからも日々、自分を磨いていって下さい。

 

 決して逃げずに・・・

 

期待・ワクワク 忘れずに

影になり日向になり

一層の心を寄せてくださっていること

援助してくださっていること

心より感謝申し上げます

 


なかなか目の前のことで手一杯ですが

皆さんに安心してもらえるよう

感謝の気持ちを大切に

少しでも自分のできることを

進めていきたいと思います!

汗・焦る 飲水思源 - 水を飲む時はその源を思いましょう

令和6年2月第3週つぶやき当番のHです。このサイトをデザインしたり、右上の50周年の絵を作ったり、などしております。

 

来週2月21日(水) は、郷土の偉人である八田與一技師の誕生日です。技師は、本校から近い花園地区で生まれ、台湾に完成当時世界最大である烏山頭うさんとうダムを作り、台南の土地を豊かにする水利事業(嘉南かなん大圳たいしゅう)に尽力しました。その大事業の功績は彼一人だけのものでは有りませんが、技師はその人柄も有って今も台湾の人達に親しまれ、当時の住居や資料館、池などが有る広い公園が有ったり、隆田りゅうでん cha chaという文化資産教育テーマパークで扱われたり、教科書に取り上げられたり、して居ます。また、毎年5月8日にはダム湖畔で技師の墓前祭も盛大に行われております。

 

 左の写真は、'20年9月下旬、嘉南かなん大圳たいしゅう着工100周年/竣工しゅんこう90周年記念として台南市政府文化局が制作し台南市内の小学生に配布され、'22年2月に日本語版として発売された「1930 台湾烏山頭うさんとう」という絵本です。表紙の左の人物が八田與一技師。右の人物は大きく広げられているタペストリーを描いた画家の伊東さとし氏。彼も金沢出身で技師の親戚にあたります。中央の娘は内緒。後半は貴重な資料が多く載せられており、とても判り易いです。この絵本には、台南の人達から見た烏山頭への思いが込められています。本校図書館にも有りますので、機会が有りましたら一度ご覧下さい。
ISBN 9784833022491

 

左の写真は、上の絵本でも難工事として描かれている、山を隔てた川からダム湖への隧道ずいどうの、その取水口に有る、のちに現地の人によって建てられた「飲水思源」の碑です。昨年5月に私が技師墓前祭に参列した際に訪問し撮影したものです。

「飲水思源」とは「水を飲む時にはその源のことを思いましょう」という意味の中国の故事成句で、この碑は、台南は今は当たり前に水が豊かな地帯になっているが、その為に何が有ったのかを忘れず、技師や当時の台南の人達に感謝しましょう、という思いをあらわしています。

身近な例では辰巳用水など。河北潟もそうかも知れません。水に限らず、某缶珈琲のCMの「世界は誰かの仕事で出来て居る」に通じるのではと、私は思って居ります。

 

令和6年度能登半島地震に被災された全ての皆様に、心よりお見舞い申し上げます。 また、真摯しんしに救援、救護、復旧に当たっていらっしゃる全ての皆様、そして、様々な形でご支援を頂いている全ての皆様に、心より敬意を表します。

 

以上、来週の話題でしたが、最後までお読みいただき、有難う御座いました。

令和6年2月第3週(2/12-16)つぶやき当番のM.Hでした。

 

 

飛行機 約10,000kmの長旅~国境を越えて繋がる助け合い~

 先週、向陽生と職員宛てに大きな段ボール箱が1つ、国際郵便で学校に届きました。

 Sender's Signature(差出人)の欄には、ダレン先生の名前が!!ダレン先生は、2023年の夏まで向陽高校でALTとして勤務され、その後はアイルランドで新生活を送られています。今回、アイルランドで能登半島地震の報道を目にしたダレン先生は、向陽生と職員のことを気遣い、皆さんを励ましたいという想いから、たくさんの手紙とアイルランドの品々を送ってくださいました。ダレン先生のお心遣いに、心より感謝致します。ありがとうございました。向陽生も職員も、ダレン先生にお礼の手紙を書いて送りたいと思います。人の優しさに触れ、人と人との繋がりの大切さを感じた出来事でした。

たくさんの手紙とアイルランドの品々   

素敵な手紙、ポストカード、グリーティングカード

 

3年生に向けたメッセージの一部

1,2年生に向けたメッセージの一部 

ひと休み 私もドラマが好きです。

先日、大晦日にWOWWOWチャンネルで放送していた長編ドラマ「華麗なる一族」全12話を見終えました。

私は原作を読んでから見ることにこだわっています。

読んで膨らんだ登場人物のイメージが映像化することによって、どう異なるのか、またはイメージ通りなのか、誰がどう演じるかをこの目で確認することが楽しいからです。

実はこのドラマは昭和版、平成版、令和版と3つ見たことになります。当初は主役を演じる中井貴一さんに重厚な役が務まるか疑問を持っており、全く期待していませんでした。しかし、その予想はいい意味で覆され、見終わった後、しばらく放心状態でした。結末がわかっていても毎回わくわくした名ドラマでした。

先週まで東野圭吾原作「危険なビーナス」が再放送していました。1度見たと思いますが、これもまた見てみたいと思っています。とりあえず1.3倍速で‥‥。

 

 

 

興奮・ヤッター! ドラマ大好きっこ その➀

1月から始まった大河ドラマ「光る君へ」にはまっています。日曜8時のNHK大河ドラマは、なんと!1963年に始まっていて、「光る君へ」は第63作目になります。歴代2番目に古い時代を扱っているそうで、ストーリーはもちろんのこと、当時の人々の衣装や暮らしぶりなどを見るのも楽しいです。色彩がとても美しくて、襲ね色目(かさねいろめ)などもきっと季節や人物像などを考えているのだろうなぁと、ワクワクします。私はとにかく「源氏物語」が好きで、ちょうど高校生になるくらいの時に発刊された大和和紀さんによるマンガ「あさきゆめみし」でドはまりし、その後は色々な作家が訳したものを読んだり、関連本を読んだり、町の文化ホールでのセミナーにまで出かけて話を聴いたり…。もし、タイムマシーンがあったら過去に遡ってお会いしたい有名人BEST3のうちの一人は作者の紫式部さんなのです!!今回のドラマはその紫式部さんの生涯を描くものですが、至る所に彼女が「源氏物語」で描いているエピソードが散りばめられていて、実に面白いです。視聴率はあまり良くないようですが、12月まで毎週楽しみに見ていこうと思っています!

音楽 英訳歌詞の曲名当てゲーム!

英語の授業の始まりはいつもこれ。

日本語の歌詞を英訳しました。この曲の題名は何でしょう。

ヒント:ドラマの主題歌。

    月のない夜に星が明るく輝いている様子を表す秋の季語。

 

As a child, I looked up at the night sky

And thought about the stars.

I believed each one held someone’s wish,

Including yours, with you laughing beside me.

If I could freeze time,

I’d savor this moment forever.

 

On a starry night,

I just want to see you,

Softly saying your name

Many times,

While embracing you.

鉛筆 迫ってくる最後の試験

 1月も後半に入り、もう2週間もすれば3年生は最後の学年末試験となりました。1年生のころから見てきたみんなと授業ができるのも残りわずか。ここ最近で言えば、放課後に職員室へ「失礼しまーす!勉強しましょうー!」と元気よく最後のテストに向けて訪ねて来てくれるのも楽しみに過ごす日々です。最後のテストでいい点数が取れるよう全力でサポートしたいと思います。がんばろう!!

雪 Wintertime Skiing

        I like to go skiing in the Winter. In the USA , there are many ski resorts. The mountains are big and wide, so it can take around 45 minutes to ski from the top to the bottom. If you are inexperienced, there are easy paths you can take, or you can go sightseeing. It's nice to see the beautiful views while surrounded by snow and trees. I like to go to spacious areas where I can go really fast, and to places where there is powder snow. I hope I can go skiing in Japan sometime, and see more wonderful places.

 

(翻訳)

 冬にはスキーに行くのが好きです。 アメリカにはスキー場がたくさんあります。 山は広くて広いので、頂上から麓まで滑るのに約45分かかります。 未経験者でも簡単に行ける道もありますし、観光に行くこともできます。 雪と木々に囲まれながら美しい景色を眺めるのは気持ちが良いです。 広くて速く滑れる場所や、パウダースノーが降る場所に行くのが好きです。 いつか日本でスキーに行って、もっと素晴らしい場所を見てみたいです。

興奮・ヤッター! おせち料理づくり

終業式前日の2年生の授業で、「飾り切り」をしました。

ねじ梅の人参、手綱かまぼこ、むすびかまぼこを作りました。授業に参加していた生徒は、苦戦しながらも頑張っていました。出来上がったねじ梅をみて、「かわいい!」「できた!!!」と感動している生徒もいました。

 

 

 

 

 

子どものころ私は、母と祖母が作ったおせち料理を重箱にきれいに詰めるのが好きでした。美しく(?)盛り付けられたおせち料理を見て、「早くお正月にならないかなぁ」とわくわくしていました。

おせち料理やお雑煮にこのような人参やかまぼこが入っていると、とても華やかですね。(授業で飾り切りをした生徒はぜひ家でもやってみて、お正月を料理で彩ってみてください。) 

今年もお世話になりありがとうございました。来年も、皆様にとっていい1年でありますように・・・。

雪 終業式、冬至

 雪の降りしきる中、2学期の終業式が終わりました。明日から冬休みです。

 ところで、今日は冬至。冬至といえば「ゆず湯」、体をしっかり温めましょう。

 また、「ん」のつくものを食べて、運を呼び込むという風習もあります。よく言われるのは、なんきん(かぼちゃ)ですが、他にも、だいこん、にんじん、れんこん、ぎんなん、きんかん、、うどん、みかん、なども「ん」がつきますね。

 今夜は、我が家では先日漬けた大根ずしを食べて、ゆずの香りの入浴剤でリラックスします。

 みなさんも健康で幸運に満ちた冬休みをお過ごしください♪

うれし泣き 寒さが厳しくなってきたこの時期。思い出すのは・・・

冬の寒さが厳しくなってきましたね!雪

そんな中私が思い出して“しまう”のは、冬に裸足で稽古していた学生の日々です…。

先日、女子だけで行われた石川県の剣道大会がありました。参加は辞退しましたが、試合を観覧してきました!

こんな寒いなか裸足ですごいなぁと、自分がやっていたことも忘れ、他の選手の方たちに感心してしまいました(笑)

試合をみて、私は剣道をしたくないということを改めて感じました(笑)剣道を始めるのはまだまだ先になりそうです…。

←学生時代のわたし('ω')

 

 

 

?! もうすぐ年末!いつもなら雪が降ってもおかしくないのに…

 12月に入ってもう一週間がたとうとしています。今年も残すももう少しというところになってきました。私もそろそろ年末に向けて大掃除の計画をたてていかないとと思っているところです。毎年、寒いなか掃除をしなければいけないところですが今年はなんとかなりの暖冬ですね。winterシーズンともいいますが⛄が降るのでしょうか!最高気温の予想が20度という日もあり、雪かきから今年は解放されることを期待しています。

 

 

雪 いよいよ12月…忙しい季節がやってきました。

 今日から12月、今年もあとひと月となりました。早いものですね。

 今年はのんびり屋の私にとって「プライベート充実」の年でした。35年ぶりに大学時代の友人と会ったり、市民向けの研修講座に出てみたり…この原動力は、週2回の筋トレです。運動不足からこれはマズいと去年から始めました。

 人から見ると” ゆるトレ ”にしか見えません(笑)。トレーニングをしている人の体形にはほど遠いんですが…プールでウォーキングをしていると、とにかくすっきりします。体調が良いと、多少の波は苦も無く乗り越えられます。筋トレは疲れるし、これからの季節ちょっと寒いですが、ちょっとでも身体を動かして忙しい年末年始を元気に楽しくいきたいと思います。

急ぎ ラストジャンプ! 2023

今年は、夏が特別に暑く長かったせいか、紅葉が例年にも増して色鮮やかですね。
ここで1句。 
  紅葉道 ちょっぴり遠い 回り道       詠み人知らず
向陽高校の近くでも、北部公園では、様々な紅葉の色が目を楽しませてくれています。
もう1句。
  木の葉ふりやまず いそぐな いそぐなよ   加藤楸邨
紅葉よ、そんなに散り急がないでおくれ。もうしばらく留まっておくれ。

紅葉を惜しむうちに、11月も終わろうとして、今年も残すところあと1ヶ月余りとなりました。うさぎ年。皆さんには飛躍の年になったことと思いますが、締めとして、来週水曜日から始まる2学期期末試験でジャンプ。よいクリスマス、お正月を迎えたいですね!

勤労させてもらえて感謝の日々

11月23日は、「勤労感謝の日」です。
「勤労感謝の日」とは、広く働く人々の勤労に向けて感謝を示す日だそうです。

働く人々の勤労に向けて感謝を示すことはもちろんですが、
60歳を過ぎて教員として勤めている身としては、働かせて頂けることに感謝する日々です。

また現在勤務している金沢向陽高校は、近年生徒数の減少とともに職員の数も減少し、小規模校といえる学校です。
生徒数・教員数が少ないと、生徒たちの動向などがよく見えます。
学校の中で何が起きているかわからない、なんてことはありません。
ちょっとした事でも職員間で情報が共有でき、迅速に対応できています。
非常に風通しの良い環境です。

これからも、勤労させてもらえることと、職場に恵まれたことに感謝していきたいと思います。

学校 卒業までのカウントダウンスタート!

昨日から2年生は北九州方面への修学旅行が始まりましたね。

1年生もいしかわ特別支援学校の作業学習を見学するなど、交流を深めてきました。

3年生は卒業までのカウントダウンをスタートしたようです。

卒業式までに登校する日数も残り約50日!

最後の高校生活、充実したものにしていきましょう!

お知らせ 明日から新人大会!

明日から新人大会が始まります!

本校からもいくつかの部活が出場します。それぞれ人数は限られていますがチーム向陽で臨みます!

我が部は能登で戦ってきます!能登まで向陽の名が轟く熱い試合を戦ってきます!

各部への応援よろしくお願いします!

鉛筆 教員のつぶやきがスタート

向陽高校魅力発信プロジェクトとして、教職員による「つぶやき」がスタートしました。

最初の投稿は、本校のカギ当番Kです。

10/29(日)金沢マラソン2023大会に長女が出場し、私は「送迎係」として参加しました。

道路規制を避けて、7時過ぎに金沢市役所ウラに降ろして一時帰宅し、15時過ぎに西部緑地公園でピックアップしました。目標の5時間台は叶いませんでしたが”完走メダル”をゲットし大喜びでした!(^^)! お疲れさま~