活動のようす

やなぎっこ通信

4月24日 一年生を迎える会

    
4月24日(月)一年生を迎える会がありました。この日のために六年生が、心を合わせプログラムを考え、リハーサルをし、練習を繰り返してくれました。その成果がありとても楽しいものとなりました。まず、一年生は全校の拍手で迎えられ、六年生と手をつないで入場しました。六年生が一年生へのインタビューをしてくれて、「好きな食べ物」と「がんばりたいこと」を聞きました。好きな食べ物で「スイカ」と答えた子が多かったです。その後、ゲームをしました.ジャンケン列車もしました.一年生から六年生までが楽しめるゲームでした。
1年生は、「きんちょうしたけど、うまくいえてよかったです。」と感想を言っていました。六年生も、自分たちより小さい学年の児童のことをよく考えて、計画・運営してくれました。
0

地域の皆さんから


 
地域の皆さんからのあたたかい心遣いを頂きました。
まず 1件目は,木で作った,キューブ型の立体パズルです。写真を見ていただければわかるのですが、さいころ型を4つ合わせたピースが6個、3つ合わせたピースが1個あり、それを組み合わせて写真奥に見えるような、立方体に組み立てるパズルを7セット、地域の方よりいただきました。手作りされたのではないかと思います。木特有の暖かみがあります。各教室に配りました。右脳を働かせて、挑戦してみてほしいです。
2件目は,いつも金曜日に読み聞かせをしていただいている紙ふうせんさんに、昨年度末,児童より感謝のお手紙を差し上げたところ、お返事を頂きました.「どのお手紙にも気持ちがこもっていて大変うれしく読ませていただきました。」「今年度も皆さんといっしょに、いろいろな本を楽しく読んでいきたいと思っています。」などと、書かれていました。学校には,紙ふうせんさんが来てくださるのを楽しみにしている子がたくさんいます。
柳田小学校の子ども達が,地域の皆さんに愛されているなと改めて感じました。
本当にありがとうございました。
0

4月5日 新任式  入学式

  
  
 4月5日は、まず新任式を行いました。教頭先生を始め新しく来てくださった八名の先生を紹介しました。新しい先生がたくさんおいでたので,児童のみんなはなかなか名前が覚えきれず,担任の先生のお名前を覚えるので,今日のところは精一杯でした。
 入学式は,いつも思うことですが、かわいい一年生を迎えられてうれしい気持ちでいっぱいでした。柳田小学校で1日1日を大事に積み重ねて,立派なお兄さん、お姉さんになってほしいです。歓迎の言葉を二年生が述べたのですが,一年間先に学校で過ごしているので、やはり年上だなあと思えました.全校の皆さん、保護者の皆さん、地域の皆さん、新しい一年生が柳田小学校に仲間入りです。皆さん,あたたかい心で見守ってください。
0

4月4日 明日は 入学式

 
明日はいよいよ入学式です。
午前中に六年生が来てくれて、職員とともに入学式の準備をしました。
新入生が座る椅子も19脚並べました。
準備万端。後は、明日かわいい一年生が元気に来てくれることを祈ります。
そのかわいい一年生のために,ある六年生がランドセルを折り紙で折って持ってきてくれました。ちゃんと人数分、19個あります。色も一つずつ違っています。ランドセルのふたもちゃんと開いて,中にものが入れられるようになっているのです。1つのランドセルを折り上げるのに、3枚もの折り紙を使うそうです。 優しい心づかいに、あたたかい気持ちなりました。
0

立ち向かう 時代の太陽


 3月24日(金)離任式が行われました。卒業生も登校してきてくれ、今までお世話になった先生方との別れを惜しみました。「立ち向かう 時代(とき)の太陽」本校の校歌の4題目の一節が今回の記事のタイトルです。
 自分は柳田小学校の校歌のメロディーの美しさもさることながら、儀式にしか歌うことのない、この4題目の歌詞が大好きです。そして、この歌詞に込められた「子どもたちへのメッセージ」が受け継がれていく柳田小学校には、4月からまた、新しく、そして、柔らかな風が吹き込むことでしょう。
 保護者や地域のみなさまに離任者を代表して、このホームページ上でご挨拶をさせていただきます。「本日まで長い間本当にお世話になりました。今後とも柳田小学校の子どもたちのことを、どうぞよろしくお願いいたします。ありがとうございました。」  
 これからは柳田小学校の熱血応援団長として自分も、ホームページを見させていただきますね。(笑)
0

ヤマメ完結編


 3月22日(水)5年生が学校の近くを流れるの町野川に、ヤマメの放流に出かけました。卵のときから水温を管理し、孵化してからはえさやりもしながら成長を楽しみにしてきました。
 この日も、県水産総合センターの鮎川さん、沢田さん、職員のみなさんに、放流後のヤマメの成長過程について説明を聞いた後、数匹ずつバケツに移しながら、町野川に放流しました。飼育期間中いろいろなアクシデントやハプニングもありましたが、それも今となっては、よい思い出となったことでしょう。5年生のみんな、地道なお世話を毎日よくがんばりました。
 ちなみに、この日放流したヤマメの内、1・2匹が海に出て回遊、その途中で体がメスと変化し、「サクラマス」(ヤマメの別称)になって、川を遡上してくるそうです。生き残る数といい、メスへと体が変化することといい、自然界や生き物には不思議がいっぱいです。
0

この星に生まれて


 「いい卒業式だったなあ」「いい6年生たちだったなあ」会場の後片付けをしている職員のつぶやきが聞こえてきます。3月は卒業シーズンなので、たくさんの学校で卒業式が行われています。たぶん、どの学校でも本校の職員のようなつぶやきがあると思います。何年間も、手塩にかけて育ててきた子どもたちが巣立つ日なのですから、喜び半分、寂しさ半分といった感じでしょうか。どこの学校でも、自分の学校の卒業生や卒業式は誇らしく、すばらしいものなのだと思います。
 みんなで協力して、今日までがんばってきた6年生に贈る「おめでとう」は、Happyではなく、Congratulationsです。“Congratulations on your graduation!”みんな元気でね。柳田小学校のホームページもときどき見てくださいね。(笑)
0

ショックから立ち直る


 前回の記事で「左側の水槽のヤマメの稚魚が全滅」した話題をお知らせしましたが、な・な・な・なんと、水産総合センターの鮎川さんが連絡してくださって、加賀市にある同じ県立水産総合センターから、放流に向けて飼育中だったヤマメの稚魚が柳田小学校に届けられました。
 これには、5年生の子どもたちも感激です。しかも、遠く加賀市から沢田さんが運んできてくださいました。子どもたちだけの力では、どうしようもできないことに対して、そっと手を差し伸べてくださる水産総合センターの職員の皆様には感謝感謝です。子どもたちは放流に向けて観察を続けています。何でもかんでも、大人がお膳立てをすることは確かに弊害が多いと思いますが、今回のように「子どもたちだけでは解決できないこと」に対しては、さりげなく手を差し伸べることができる大人になりたいですね。ありがとうございました。
0

ショック


 がーん・・・せっかく、大きくなったヤマメが・・・
 5年生が12月中旬から育てているヤマメの稚魚の半分が死んでしまいました。左側は、前日、県水産総合センターの鮎川さんと、沢田さんにお越しいただいて、体長が大きくなったヤマメを2つの水槽に分けた写真です。観察を続けている5年生は、今月下旬の放流を楽しみにしていたところでした。
 右側は、その翌日の写真です。水質が合わなかったのか、水温が合わなかったのか、せっかく大きく育ったヤマメが死んでしまって、水槽を一つ撤去しました。小さな魚にとっては、ほんのわずかな環境の変化にも敏感であることを学んだ5年生でした。
 人間が保護して育てても、成長するまでにいくつもの試練があるのですから、自然界で成長するのは何%くらいなのでしょうか?死んでしまったヤマメや、観察を続けている5年生には可哀想な思いをさせましたが、学んだことも数多くありました。さあ、あと少しの期間ヤマメを育てて、みんなで町野川に放流に行こう。がんばれ5年生!!
0

全力


 『卒業する6年生に、みんなの思いが伝わればいい。』『伝わったかな?』1番前の席で、少し照れくさそうに笑っていた6年生たちの笑顔が、何よりの答えだね。インフルエンザの流行で、ぶっつけ本番って感じだったけど、「声の大きさ」「表情」「身振り手振り」「劇で使った小物や道具」今日は、みんな花まるだったよ。準備から進行まで全てを運営してくれた5年生のみんな、そして、寒い中、学校まで来てくださった保護者のみなさん、ありがとうございました。
 こんなに素晴らしい時間ならば、来年は地域のみなさんにも来ていただけるようになるといいな。どのようにすれば地域の方に発信できるのかな?これは、4月から6年生になる5年生への宿題だよ。
 最後に、このホームページを時々ご覧になってくださっている平林先生のお母さん、娘さんは「孫」の役で、劇に登場していらっしゃいましたよ。わかりますか?
0