理数科お知らせ

(1/11追記)令和3年度石川県立金沢泉丘高等学校スーパーサイエンスハイスクール公開授業の開催について【教育関係の皆様】

 このたび、公開授業を下記の要領で開催しますので、お知らせします。※1月11日 参加申込書(別紙様式)を添付しました

 

 1.趣  旨  スーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業における研究開発の成果及び課題を共有し、成果普及に資する。

 2.日  時  令和4年2月4日(金)11:00~14:55 

 3.会  場  石川県立金沢泉丘高等学校 

         石川県金沢市泉野出町3丁目10番10号

         TEL:076-241-6117 

 4.参加対象   全国SSH指定校、県内高等学校、中学校の教職員 等

         ※ライブ配信も実施します。石川県外の方の参加は、ライブ配信の視聴のみとなります。

          なお、視聴用URLは、後日、視聴申込みされた方のみにお知らせします。

 5.日  程 

   10:30~11:00 受付(1階講堂入口)

   11:00~11:25 金沢泉丘高校SSH研究概要説明

   11:30~12:20 公開授業①(4限)

               『SS課題研究Ⅰ』(普通科2年生普通コース理型)

                *課題研究クラス内発表会

   13:05~14:55 公開授業②(5,6限)

               『CS学際科学』(理数科1年生)

                *オンラインによる企業実習(プログラミング)        

 6.参加申込  参加を希望される方は、1月26日(水)までに、参加申込書(別紙様式)を電子メールにてご提出ください。

         なお、参加費及び資料代は無料です。        

 7.そ の 他

 【県内で来校される教職員の方へのお願い】

・当日受付にて検温をお願いします。

・感染症対策のため手指消毒の徹底及び、マスクの着用にご協力をお願いいたします。

・発熱・風邪症状等、体調に不安のある方は来校をご遠慮ください。

・校舎内に駐車スペースがありませんので、自家用車での来校はご遠慮いただき、公共交通機関をご利用ください。

・参観された授業やSSH事業についてご質問、ご感想、ご意見等があれば当日配付するアンケート用紙にご記入ください。

 【オンライン参加の教職員の方へ】

・視聴の際、お気づきの点やご意見等がございましたらチャット機能を利用し、コメントをご入力ください。

 皆さまから貴重なご意見、ご感想をいただき、今後の研究活動に生かしたいと思います。

サイエンスフェスタ報告【3日目】

3日目も引き続き学校での活動でした。

生物実験②・・・前日にインキュベーターで培養していた大腸菌のコロニーを確認し、数を数えました。また紫外線をあて、形質転換が上手くいったかを確認しました。 

オンライン特別講義・・・東京大学 新領域創成科学研究科 基盤系物質系専攻の木村 薫 教授による講義で、「ナノスペースで決まるマテリアルの機能」というテーマでした。

 

科学実験②・・・前日に作成した滑空飛行体の調整作業を行い、各自が作成した機体について工夫した点や特徴等をプレゼンしました。その後は講堂へ移動し、2階席の後部から機体を飛ばしてその飛距離を競いました。真っすぐ飛ばすことは中々難しかったようです。

 

 

サイエンスフェスタ報告【2日目】

 サイエンスフェスタの2日目は学校での活動でした。

生物実験①・・・PGLOバクテリア遺伝子組換えキットを使用した、大腸菌の遺伝子組換え実験を行いました。滅菌操作や培地の扱い等、慣れない操作に苦戦しながらも、シャーレをインキュベーターに入れるところまで完了することができました。

科学実験①・・・滑空飛行体の原理について学び、機体の作成を行いました。使う材料は、バルサ材、ナット、ケント紙、セロテープ、ボンドのみです。重心の位置をどこにするか、翼の形をどのようにするか試行錯誤していました。

サイエンスイングリッシュ特別講座・・・スミソニアン博物館の概要や研究者の講義を英語で受講しました。火山についての講義を聞いた後、講義中にでてきたいくつかのキーワードについてまとめ、グループ毎にプレゼンを行いました。

 

 

サイエンスフェスタ報告【1日目】

 10月12日(火)の午後から14日(木)にかけて、サイエンスフェスタを開催しました。この行事は、残念ながら中止となった「つくばサイエンスツアー」の代替行事として、今回初めて企画されたものです。1日目は貸切バスで片野海岸・塩屋海岸・鹿島の森へ行き、生物・地学・環境に関する実習を行いました。

 

 片野海岸・・・この場所に分布する火砕流堆積物の観察を行ました。軽石や火山豆石(ピソライト)を確認することができました。

 塩屋海岸・・・塩屋海岸では、汀線から内陸に向かって巻き尺を伸ばし、そのラインに沿って15m間隔で1m平方のコドラートを設置し、海浜植物調査を行いました。また、漂着した海洋プラスチックごみの調査・回収を行いました。

 鹿島の森・・・国指定天然記念物の照葉樹林原生林とアカテガニの観察を行いました。タブやスダジイ、ヤブツバキ等の常緑広葉樹を確認することができました。

 

CS人間科学の特別講義を開催しました

 9月24日(金)の5・6限に、金沢医科大学の八田稔久教授による特別講義を開催しました。演題は「母体と胎児をむすぶ分子の絆~胎盤と脳の関係、その破綻~」で、講義中に先生が問題を出し、生徒が回答する方式の講義でした。胎盤が実はウイルス感染によって得られたものであるということや、胎盤が脳を発達させたこと等、様々なお話しをしていただきました。

 

AI課題研究Ⅱ校内中間発表会を開催しました

 11月3日(水・祝)の1~4限にかけて、AI課題研究Ⅱの校内中間発表会を開催し、理数科2年生が4月から研究してきた成果を口頭発表しました。今年も感染症対策として、メイン会場の発表の様子をYouTubeでライブ配信(限定公開)し、事前申し込みした保護者の皆様や卒業生の皆さんに公開しました。

 今年は、北陸先端科学技術大学院大学の小田先生、金沢大学の宇梶先生、北陸大学の杉森先生から講評をいただきました。加えて、本校の卒業生の方々が3名参加してくださり、それぞれアドバイスや感想をいただきました。ありがとうございました。

 2年生は、昼休みや放課後の時間も使い、実験や資料の作成を行ってきました。今回の発表会で得た意見・アドバイスを今後の研究活動や次の発表(2021年12月18日予定)に是非活かしてほしいと思います。

 

課題研究テーマ一覧

研究発表1「VRによる視覚情報の心理的・身体的効果」(太田、柏樹、辻口、藤田、松村 )

研究発表2「水素吸蔵合金CaNi₅の特性」(安達、澤田、杉岡、中屋、挾間 )

研究発表3「卵殻膜の物質吸着の解析」(沖野、北野、小林、高田、藤本)

研究発表4「貝類体内におけるCC結晶化の実験的再現による晶結条件の解明」(田村、塚口、橋、東、三輪)

研究発表5「コオロギの習性を利用した効率的な飼育方法の開発」(近藤、川本、上野、杉下、林)

研究発表6「Twitterエンゲージメント予測モデルを作成する」(岩本、篠地、清水、白井)

研究発表7「バイオリアクターを用いたアルコール発酵」(大山、外川、増尾、増本、諸田)

研究発表8「Space Port 〜有人宇宙施設を作る〜」(青木、可西、多田、西田、道下)

第2回金沢泉丘サイエンスグランプリを開催しました

 9月11日(土)Ex4限目に、第2回金沢泉丘サイエンスグランプリを開催しました。今回のお題は「滑空飛行体」。バルサ材とケント紙、そして6角ナットのみを用いて飛行体を作成し、講堂2階の最後方からステージへ向けて飛ばし、その飛行距離を競いました。

 今回のイベントには、1年生12名(普通科3名、理数科9名)、2年生17名(普通科12名、理数科5名)の合計29名が参加し、知恵を絞りながら機体を作成していました。シンプルな構造の機体ですが、真っすぐ飛ばすことは中々難しかったようです。

 

CS学際科学の特別講義を開催しました

 9月10日(金)の5・6限に、金沢大学理工研究域数物科学系/先端宇宙工学研究センターの助教でいらっしゃる有元誠先生による特別講義「ブラックホールと未知の世界」を開催しました。有元先生は、金沢大学宇宙工学センターが主催する宇宙工学ゼミで、これまでに何度もお世話になった先生です。

 講義は、「なぜ宇宙を研究するのか」というお話から始まり、重力波やガンマバーストなどの専門用語について最初に学びました。また、重力エネルギーをどうやって計算するかという問いの後、いくつかの演習問題を解きました。まだ習っていない分野の話や計算式が出てきましたが、生徒達は試行錯誤して問題に取り組んでいました。

 

【演習問題】

「ボールが地球から脱出できる速度vを求めよう」「ブラックホールの半径aを求めよう」

臨海実習中止のため、学校でウニの発生実験を行いました

 まん延防止等重点措置で、のと海洋ふれあいセンターでの臨海実習が中止になりましたが、8月1日(日)にセンターで準備してあったウニと深層水を職員の方に持ってきていただき、8月2日(月)9時からウニの初期発生の実習を実施しました。実習内容は以下の通り。

①棘皮動物の体のつくりに関する説明。ウニの観察
②放卵・放精の観察
③人工授精及び、受精膜、精子の観察
④未受精卵ゼリー層の観察
⑤2,4細胞期胚の観察


 実際に海に入っての海産動植物採集・観察、恋路海岸での地学巡検(柳田層観察)はできませんでしたが、放卵放精等の様子を直に見るよい機会となりました。

 3日(火)9時時点で、プリズム幼生まで進んでいました。

 冬季のバフンウニでは受精24時間後はまだ原腸胚です。夏季のムラサキウニでは発生のスピードが2倍ほど早いようです。

 

データサイエンス基礎講座を開講しました

 7月26日(火)・27日(水)に金沢工業大学の竹俣一也教授、国際高等専門学校の南出章幸教授、国際高等専門学校 の藤島悟志教授をお招きし、データサイエンス基礎講座を開講しました。参加者は普通科・理数科の22名で、それぞれ1台ずつchromebookを使用し、講義・実習を受講しました。

 1日目の7月27日には、AI技術の概要とアンプラグド演習について講義・実習があり、データサイエンスやAI技術とは何か、機械学習は何をしているのかという講義の後、実際に数式を使って猫とライオンの分類をしました。

 2日目の7月28日は、PCを使った画像認識体験についての講義・実習で、コンピュータがどのように画像を認識しているか等について学び、その後、手書きの数字をコンピュータに認識させる実習を行いました。

 

金沢泉丘SSH・SGH課題研究成果発表会の動画を公開します。

 7月15日(木)に標記の発表会を開催し、30Hの生徒が英語のポスター発表を行いました。下記のリンクから発表会の様子を動画で視聴できますので、是非ご覧ください。動画の公開期間は7月23日(金)から8月6日(金)までです。

 

通信第3教室(1・4・6・8班)

https://youtu.be/ek4M7n5we4s

※下記の順番で再生されます

1班 The Most Annoying Sound in School ~Analysis of The Noise Made by Chalks on A Blackboard~

4班 Chemical Taxis of Dust Mites ~ Considering How To Get Rid of Dust Mites by Using Similar Substances

To Sex Pheromones or Fragrance ~

6班 The Effectiveness of Various Sound Barriers in Shelters

8班 Controlling Tsunamis ~ Reducing The Damage of Tsunamis by Its Characteristic~

 

通信第4教室(2・3・5・7班)

https://youtu.be/MQN0HEEhLpY

※下記の順番で再生されます

2班 Recycling with Oranges : The Efficiency of Polystyrene Dissolution Using Limonene

3班 Generating Eco-friendly Power The Best Conditions for Dye-sensitized Solar Cells

5班 Growing Plants Outside The Planet

7班 The Effectiveness of Face Masks of Preventing COVID-19 Infections

金沢泉丘SSH・SGH課題研究成果発表会を開催します

 令和3年度「金沢泉丘SSH・SGH課題研究成果発表会」を開催します。本校の探究活動プログラム「AI課題研究Ⅱ」、「SG探究」等により進めてきた研究内容を理数科3年生およびSGコース3年生が大学教授、留学生に発表そして質疑応答することにより、その内容を掘り下げることが目的です。また、発表・質疑応答をすべて英語で実施することにより、生徒の英語運用能力の向上を図ります。

 

日 時:令和3年7月15日(木) 13:30~15:55

会 場:石川県立金沢泉丘高等学校

    【理数科】会場:通信第3・第4教室

    【SGコース】会場:理科講義室、地学講義室

参加生徒 :【理数科】理数科3年生(39名)、理数科2年生(40名)

      【SGコース】普通科SGコース3年生(40名)、普通科SGコース2年生(41名)

質疑する方々:【理数科】北陸先端科学技術大学院大学留学生・先生(8名程度)

       【SGコース】東京外国語大学留学生(3名程度)、金沢大学留学生(3名程度)

日 程  : 5,6,7限  ※5限始めから会場準備

13:30  説明・助言者紹介(10分) *各会場でファシリテーターが説明・紹介

13:40  1st Session(20分) 発表7分・質疑応答11分

14:00  発表準備(5分)

14:05  2nd Session(20分) 発表7分・質疑応答11分

14:25  休憩・移動(10分)

14:35  3rd Session(20分) 発表7分・質疑応答11分

14:55  発表準備(5分)

15:00  4th Session(20分) 発表7分・質疑応答11分

15:20  2年生移動(それぞれコース別の会場へ)

15:25  助言者からの講評(15分程度) *3分程度/人

15:40  後片付け

15:55  解散

 

土曜特別講座を開催しました

 6月12日(土)に石川県自然史センター副理事長(金沢医科大学名誉教授)の竹上 勉先生による特別講座を開催し、89名の生徒が参加しました。

 講義では、「ウイルスの基礎」「ウイルス感染症の歴史と新型コロナ」「ウイルスとの共生」という項目について、専門家ならではの観点からお話いただきました。

 また、実施後の生徒アンケートには「分かりやすい説明だった」や「ウイルスについての概念が変わった」等の感想が多く寄せられました。

金沢泉丘サイエンスグランプリを開催しました

 4月24日(土)Ex4限目に、今年度第一回目となる金沢泉丘サイエンスグランプリ「リアル脱出ゲーム~ミライからの招待~」を開催しました。参加者は1年生32チーム128名、2年生8チーム38名、教員2名で、合計40チーム168名でした。企画・運営は、今回も物理部の皆さんが担当してくれました。いつも楽しい企画をありがとうございます!

 このイベントは、地図を片手に、学校内各所に散りばめられた問題の解明にチームで取り組み、それらを解くことで次のステージへのヒントを得ることができる、という仕組みでした。校内の謎を全てクリアし、最終問題まで到達できたチームの皆さんも、最終問題(2重3重の仕掛けが・・・!)のクリアには至らなかったようです。

 物理部の皆さんの話によると、当日参加できなかった3年生向けにオンラインでのイベントも企画しているということなので、続報にも注目です。詳細が決まり次第、お知らせすると聞いていますので楽しみにしていてください。

 

 

「探究の日」を開催しました

 3月18日(木)に課題研究の行事である「探究の日」を開催しました。この行事は今年初めて行うもので、1年生・2年生が課題研究を通して意見交換する場を設けることで、お互いに刺激を受けあい、その経験を今後に活かしてほしいという目的があります。その「探究の日」の様子を以下に紹介します。

2年生代表グループの発表

 予選を勝ち抜いた2年生の代表グループの発表を講堂で行いました。1年生は講堂で視聴し、2年生はYoutube Liveで配信された映像を各教室で視聴しました。

 1年生全グループによる口頭発表

 1年生が2年生に対して課題研究の発表を行いました。普通科1年生は文型・理型の希望で分かれ、それぞれ2年生の文型・理型クラスで発表を行い、理数科1年生は理数科2年生に対して発表しました。

 

1年生×2年生ダイアローグ

 2年生が探究の時間に使用したワークシート等を用いて、1年生に1年間の流れや取り組んだことを説明しました。

科学の甲子園 全国大会に参加しました

 3月19日(金)~21日(日)に茨城県つくば市で科学の甲子園全国大会が開催され、本校からは理数科2年生で構成されたチームの「ToLove らない Darkness」が石川県代表として出場しました。

 この大会では、理科、数学、情報等の知識を問われる筆記競技と、実験、実習、考察等を総合的に活用し、ものづくりの能力、コミュニケーション能力等により課題を解決する力を競う実技競技を行い、その総合得点で順位が決定します。参加した2年生は、大会までの間、筆記試験・実技試験対策に取り組んできました。放課後には1年生も加わって試行錯誤する様子も見られました。さらに、今年も理数科卒業生の德田駿君が本校に駆けつけてくれ、主に実技競技について様々なアドバイスをしてくれました。本当にありがとうございました!

 なお、大会1日目の開会式、2日目の実技競技、3日目の表彰式の様子はインターネットで動画を視聴することができます。詳細は、下記の科学技術振興機構「第10回科学の甲子園ページ」からリンク先をご確認ください。(https://koushien.jst.go.jp/koushien/tournament/index.html#viewing

 

SS部の特別講義「宇宙の中の地球」を開催しました

 2月13日(土)Ex4限に、国立天文台の小久保英一郎先生による特別講義を開催しました。今年は感染症対策の観点からオンラインでの開催となりましたが、広大な宇宙の様子や惑星の形成過程等について学ぶことができました。

中村留精密工業株式会社のご協力でプログラミングを用いた研修をさせていただきました

 2月5日(金)と12日(金)にCS学際科学の中で、プログラミングを行い実際に金属を加工する体験をさせていただきました。5日にZoomを用いたオンライン講義によりプログラミングに入力する座標の計算を行い、12日に代表者8名が実際に中村留精密工業株式会社を訪問し、実機加工の一部体験をさせていただきました。ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

人間科学の特別講義を開催しました

 1月29日(金)に金沢大学の中田先生をお招きし、「脳機能局在と柔軟性」という演題で講義をしていただきました。講義では、見せていただいたスライドや動画から実際にどのような治療がなされているのかということを学ぶと共に、これまでの研究で分かったことがどのように治療に活かされているのかということ等について学ぶことができました。また、現在行われている最新の研究についてもお話いただきました。

SS課題研究Ⅰ クラス内発表会を行いました

 12月14日(月)~16日(水)にかけて、SS課題研究Ⅰのクラス内発表会が行われ、25H~29Hの生徒達がこれまでの研究の成果を発表しました。この発表会で、各クラスから2班の代表班が決定しましたので紹介します。

 代表となった皆さん、おめでとうございます!代表班は3月の「探究の日」で口頭発表を行う予定です。

医学部研究会 活動の紹介

 12月14日の後半の講義で、引き続き倉知先生より「医学部での学びと学生生活、卒後進路とキャリア」についてお話いただきました。現場ならではの生の声を聞くことができ、生徒からは様々な感想が寄せられました。こちらもSSHだより第6号に記載していますので、ご覧ください。

CS人間科学 特別講義を開催しました

 12月14日に、金沢大学の倉知先生による特別講義を開催しました。この講義は前半と後半に分かれており、前半は「免疫の働き」「免疫の仕組みを医療へ応用」「免疫を利用した癌治療」「私たちの研究の紹介」というトピックスでお話いただきました。生徒の感想はSSHだより第6号で紹介していますのでご覧ください。

 

研究授業を公開しました

 1月22日(金)に、SSHの研究授業を県内外の教育関係者の方々に対して公開しました。3・4限は理数科2年生の「CS実験科学」で、数学・物理・情報の融合領域の授業を行い、Pythonを用いた物理シミュレーションを通して、斜方投射に関する微分方程式の数値解と円形波の特徴について考察しました。

 また、5・6限目は理数科1年生の「理数生物・理数地学」で、地球全体を俯瞰する視野を意識した「生物」「地学」「地理」の領域融合型授業を行い、金沢市の河岸段丘について様々な分野の切り口から考察しました。

 今回は、県外の教育関係者も参観できるように、Youtube Liveで授業の様子を配信しました。アンケートやチャット機能をとおして様々なご意見をお寄せくださりありがとうございました。

 

CS人間科学の特別講義「生と性の学習会」を開催しました

 10月26日に星の子助産院の坂谷理恵子先生による特別講義を開催しました。この講義では「性」をとおして「命」や「生」について考えることの大切さを学ぶことができました。講義の中では、妊婦体験や胎児体験、新生児の人形を抱く体験をすることができました。

いしかわ高校科学グランプリ 優勝!

 10月17日(土)に上記の競技会が開催され、本校からは5チームが参加しました。この競技会はチームで筆記競技・実技競技に取り組み、得点を競うものです。競技の結果、本校理数科2年生で構成された「ToLove らない Darkness(とらぶらない ダークネス)」が総合優勝を勝ち取りました。また、理数科1年生の「チーム泉丘10H Y」が総合第3位を獲得!部門賞では「ToLove らない Darkness」が実技競技(総合系)の第1位と筆記競技の第2位を受賞した他、理数科1年生の「チーム泉丘10H X」が筆記競技の第1位、そして「チーム泉丘10H Y」が筆記競技の第3位をそれぞれ受賞しています。受賞したみなさん、おめでとうございます!

 総合優勝のチームは、3月に茨城県で開催予定の科学の甲子園全国大会の県代表となります。全国大会も頑張ってください!

野外実習報告その2 つくばサイエンスツアー

 10月13日から14日にかけて、茨城県つくば市の研究施設を訪問する研修を行いました。1日目は筑波宇宙センターと国土地理院の地図と測量の科学館を訪問し、2日目は4つの班に分かれて様々な分野の研究所や施設で見学や実習を行いました。

 今年は感染症対策を行いながらの実習となりましたが、研究所の皆様のご厚意で、研究者の方から直接説明を聞く機会や可能な範囲での施設見学をすることができました。

【教職員向け】令和2年度 石川県立金沢泉丘高等学校スーパーサイエンスハイスクール公開授業の指導案と研究概要説明を掲載しました

1月22日(金)に実施する公開授業の指導案と研究概要説明を掲載しました。

オンライン参加の先生方はこちらの資料をご利用ください。

 ☆3・4限公開授業の指導案.pdf

 ☆5・6限公開授業の指導案.pdf

 ☆研究概要説明.pdf

【教職員向け】令和2年度 石川県立金沢泉丘高等学校スーパーサイエンスハイスクール公開授業の開催について

 全国のSSH指定校の教職員の皆様、石川県内の中学校・高等学校の教職員の皆様を対象とした公開授業を開催いたします。

 

1 日 時    令和3年1月22日(金) 9:30~14:55

2 会 場    石川県立金沢泉丘高等学校

                〒921-8517  金沢市泉野出町3-10-10   TEL (076)241-6117   FAX (076)245-5253

3 対 象    全国のSSH指定校の教職員、県内の中学校、高等学校の教職員、

      *オンライン配信(要事前登録)も実施。県外の教職員の参加はオンラインのみ

4 日 程 
 9:30~      受付

10:00~10:20 研究概要説明

10:30~12:20 理数科2年生「CS実験科学」 

            授業者:前田 学 教諭、吉田 宏康 教諭

            *Pythonを用いた物理シミュレーション、

             「物理」「数学」の領域融合型授業

12:20~13:00 昼食

13:05~14:55 理数科1年生「理数生物」・「理数地学」

            授業者:西岡 登 教諭、福岡 光輝 教諭、吉田 啓悟 教諭

            *地球全体を俯瞰する視野を意識した

             「生物」「地学」「地理」の領域融合型授業

 *公開授業の様子をYoutube Liveで配信(事前登録者のみ視聴可)

 

5 申込方法   下記URLのGoogleフォームに必要事項を入力してください。

        https://forms.gle/HAhGpMnfXuwAE4EC8

        申込締切:令和3年1月12日(火)まで

6 そ の 他

【県内で来校される教職員の方へのお願い】

・当日受付にて検温をお願いします。

・感染症対策のため手指消毒の徹底及び、マスクの着用にご協力をお願いいたします。

・発熱・風邪症状等、体調に不安のある方は来校をご遠慮ください。

・校舎内に駐車スペースがありませんので、自家用車での来校はご遠慮いただき、公共交通機関をご利用ください。

・都合により研究協議会の時間が取れません。参観された授業やSSH事業についてご質問、ご感想、ご意見等があれば当日配付するアンケート用紙にご記入ください。

 

【オンライン参加の教職員の方へ】

・公開授業の様子をYoutube Liveで配信する予定です。参加申込みの際、メールアドレス等の事前登録をお願いいたします。登録いただいたメールアドレスあてに視聴用URLを案内させていただきます。

・視聴の際、お気づきの点やご意見等がございましたらチャット機能を利用し、コメントをご入力ください。皆さまから貴重なご意見、ご感想をいただき、次年度以降の研究活動に生かしたいと思います。

 

★開催案内はこちら

 

CS学際科学の特別講義を開催しました

 10月23日(金)に、東京大学生産技術研究所の砂田祐輔先生による特別講義をオンラインで開催しました。今回の講義は、ソーシャルディスタンスを確保する観点から2つの教室に分かれて行われ、iStudioで1年生が、教室で2年生がそれぞれ受講しました。生徒の感想はSSHだより第4号で紹介しています。

  

野外実習報告その1 臨海研修・地学巡検

 8月7日(金)に、のと海洋ふれあいセンターと恋路浜で臨海実習と地学巡検を行いました。例年は白山で一泊二日の野外実習を行っていますが、今年は感染症予防の観点から白山での実習は中止となり、安全に実習を行える場所として、こちらの施設・場所を選びました。

 前半はセンターの職員の方と西岡先生の指導のもとにウニの発生の実験をし、後半は実際に海に入り海藻類や磯の水生昆虫等の採取・観察を行いました。恋路浜では福岡先生の解説を聞きながら珪藻土の地層の観察を行い、地層面の繋がりや堆積物の観察を行いました。

  

SS課題研究Ⅰ プロジェクト型課題研究の紹介

 SS課題研究Ⅰは、「ビヨンドコロナプロジェクト」、「衛星設計コンテストプロジェクト」、「金沢みらいプロジェクト」、「ユニバーサルデザインプロジェクト」の4プロジェクト(46チーム)で活動しています。各プロジェクトでは、班毎に意見を出し合いアイデアを練ってきました。現在は発表会に向けて、各班で発表スライドを作成しているところです。

 これまでにいくつかの班がコンテストに応募していますので、その一部を下記で紹介します。また、「ビヨンドコロナプロジェクト」では、金沢大学が進める「ビヨンドコロナフォーラム」のイベントにオンラインで参加した班や、講師の先生に直接交渉し、講義をしてもらった班もありました。

 

金沢こども衛星アイデアコンテスト(衛星設計プロジェクトより応募)

・魚群探知機、密回避人工衛星、ほしひかり  他

 

パテントコンテスト(ユニバーサルデザインプロジェクトより応募)

・マイ傘袋、熱がこもりにくいカッパ、閉じずにハンズフリー、スマホ携帯エコバッグ、スライド式ルーバー  他

 

デザインパテントコンテスト(ユニバーサルデザインプロジェクトより応募)

・窓の鍵につける大きなレバー

  

 

AI課題研究Ⅱ 校内中間発表会を開催しました

 11月3日(火)の学校公開日に標記の研究発表会を開催し、理数科2年生がこれまでの研究成果について中間発表を行いました。今年は感染症対策として、メイン会場の他3つのサテライト会場を設けると共に、メイン会場の発表の様子をYouTubeでライブ配信(限定公開)し、サテライト会場に流しました。この動画は事前申し込みした保護者の皆様や卒業生の皆さんにも公開し、オンラインでも発表会を視聴することができるようにしました。

 発表会では、どの班も研究背景や今後の展望等がきちんと論理的に説明されていて大変聞きやすかったです。また、1年生から多数の質問が出た他、卒業生の皆さんもYouTubeのチャット機能を使って質問を寄せてくれました。2年生には今回の発表会で得た意見・アドバイスを今後の研究活動や次の発表(2020年12月予定)に是非活かしてほしいと思います。

 講評の先生方をはじめ、オンラインで参加してくださった卒業生の皆さん、この発表会開催にご協力いただいた全ての方々に感謝いたします。ありがとうございました。

 

課題研究テーマ一覧

研究発表1「シミュレーションを用いたコロナウイルス感染の分析」(池田、岡部、中村莉玖、三谷、山本)

研究発表2「避難所における効果的な防音壁の研究」(木下、小関、中村知未、廣瀬、宮野)

研究発表3「コナヒョウヒダニの化学走性」(小浦、齊藤、谷、德田、本田)

研究発表4「色素増感太陽電池の最適条件」(北川、久保、廣田、宮上、吉村)

研究発表5「リモネンによるポリスチレン溶解の効率化」(赤木、上田、西尾、西川、橋本)

研究発表6「衛星設計コンテスト「宇宙gene bank」」(秋島、岩本、西島、三浦、山﨑)

研究発表7「津波の性質を利用した津波被害軽減の模索」(井上、長村、萬上、日比野、吹上)

研究発表8「黒板とチョークの不快音の解析」(權野、酒井、田加村、山田、若林)

   

宇宙工学ゼミ活動中!

 金沢大学の米徳先生をアドバイザーとしてお迎えし、活動しています。今年度はこれまでに4回(通算6回目)のゼミを開催しました。ゼミでは米徳先生の講義に加え、生徒が使用している教科書の中から担当を決めて発表したり、ワークショップをしたりしています。

 これまでの発表者は、【第3回】片岡君(30H)、奥村君(30H)、三井君(34H)、榎本君(30H)【第4回】池永さん(30H)、野間君(34H)【第5回】西島君(20H)、岩本君(20H)【第6回】太田君(24H)でした。今後も月に1回の頻度で活動していますので、興味のある人は顔を出してみてください。

 

金沢泉丘SSH・SGH課題研究成果発表会を開催しました

 7月29日(水)の5~7限に課題研究の発表会を開催し、理数科の3年生がこれまで研究してきた成果を英語のポスターで発表しました。 今年の発表会はSGコースと合同開催で、2年生はどちらの発表も見ることができるように4つのグループにそれぞれ分かれました。

 今回、北陸先端科学技術大学院大学の先生方や留学生の皆さんが、Zoomを介して発表会の指導・助言をしてくださり、後日メッセージも送ってくださいました。ご協力ありがとうございました。

金沢泉丘サイエンスグランプリを開催しました

 6月27日(土)Ex4限目に、今年度第一回目となる金沢泉丘サイエンスグランプリ「リアル脱出ゲーム~泉丘高校からの脱出4.0」を開催しました。参加者は1年生23チーム95名、2年生29チーム130名、3年生9チーム37名、教員1チーム4名で、合計62チーム266名でした。3年生はEx4限目の授業があったため、1.2年生のイベントが終了してからの参加になりました。

 講堂内の謎を時間内に全て解き、1stステージをクリアしたチームは6チーム。その優勝チームの皆さんを以下に紹介します。おめでとうございます!完全にクリアしたチームは残念ながらいませんでしたが、仲間と試行錯誤する素晴らしい時間を共有できたのではないでしょうか。ちなみに、次の謎へのヒントはAnswer sheet の解答にあったようです。

 また、今回、物理部の皆さんが問題の作成や進行に尽力してくれました。本当にありがとうございました!

1・2年生優勝チーム       3年生優勝チーム          物理部の皆さん

秋島 大成    (20H)         太田 魁人 (34H)

塚本 智樹 (29H)       齋藤 優慈 (34H)

日比野 孝俊(20H)       西尾 昂紘 (34H) 

新村 航輝 (23H)       新村 敏規 (34H)

明間 直生 (26H)

常田 拓希 (25H)

金沢泉丘SSH・SGH課題研究成果発表会の動画を公開しました

 7月29日(水)に標記の発表会を開催し、30Hの生徒が英語のポスター発表を行いました。下記のリンクから発表会の様子を動画で視聴できますので、是非ご覧ください。動画の公開期間は8月6日(木)から21日(金)までです。

https://www.youtube.com/playlist?list=PL52wxESpb2I3QNQr0-WIwIBcdrkUP-YOF

 

※下記の順番で再生されます

1班 Analysis of the Boundary between Metal Leaves

2班 Which Shape can Lessen the Force of Tsunami

3班 The Correlation between Surface Shapes

4班 Plants Resistant Against Heavy Metals

5班 Material Circulation of a Balanced Aquarium

6班 Causes of the Mpemba Effect

7班 What Conditions Are Needed to Pop

8班 Characterization of Euglena’s Chemotaxis

 

CS学際科学・CS人間科学の特別講義を開催しました

 

 6月12日(金)に金沢大学 理工研究域 数物科学系の大塚 浩史先生による特別講義を開催しました。今年は理数科1・2年生の合同講義で、感染症対策のため2部屋に分かれて受講しました。今回のテーマは、世界的に大流行している新型コロナウイルスを例にとり、感染症を数理モデルで表すお話で、講義の中ではいくつかの課題が提示され、実際に手を動かして考える時間もありました。

 

AI課題研究Ⅱの開講式をオンラインで開催しました

 4月22日(水)10時より、AI課題研究Ⅱの開講式をオンラインで開催しました。はじめに参加者全員で顔合わせをした後、5人ずつの仮グループに分かれて春休み中に各自が考えてきた数学・理科のそれぞれのテーマについて話し合いました。今後は、グループを決定し、グループ毎に活動していくことになります。実りある時間を重ね、活発な活動をするグループにしてほしいと思います。

  

令和元年度 SSH・SGH研究発表会を開催します

令和元年度SSH・SGH研究発表会
 日時:令和2年1月24日(金)9:25~16:00

 開催場所:石川県立金沢泉丘高等学校
        (〒921-8517 石川県金沢市泉野出町3-10-10)
 日程
 9:00~ 9:25  (受 付)
 9:25~10:15 公開授業
         「SS課題研究Ⅰ」 (普通コース2年生理型)
          ★9:25から始まる2時間続きの授業です。
           物理・化学・生物・数学・数学&物理の5分野から1つを選択し、グループ
           で探究活動を行います。
         「グローバル・イングリッシュ」 (普通科1年生)
 10:25~11:15 公開授業
         「SS課題研究Ⅰ」 (普通コース2年生理型)
         「リーディング・スキルズ」(普通コース2年生)
 11:25~12:05  SSH×SGH 口頭発表会(理数科2年生、SGコース2年生)
          ★それぞれの代表1グループが課題研究の口頭発表をします。
 12:05~13:00  昼食
 13:00~15:00 公開授業
         「課題研究ポスター発表会」(理数科2年生、SGコース2年生)
          ★理数科2年生が課題研究の内容を英語で説明します。
            理数科1年生、大学教員、理系大学院留学生、県内ALTの方々に対して
            理数科2年生が英語で質疑応答を行います。
 15:20~16:00 協議会
         研究開発の概要説明、質疑応答等

※詳細は以下の要項をご覧ください。
ご案内.docx
金沢泉丘SSH・SGH研究発表会開催要項.doc

※教育関係者用申込フォーム(下のURLをクリックしてください)
保護者の皆様は申込みいただかなくても大丈夫です。
https://goo.gl/forms/Yx1ODs7NcfIRB07h2
申込締切:令和2年1月10日(金)まで

SSH指定校の皆様へ

 12月10日(火)に石川県地場産業振興センターで開催する「石川県スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会」について、参加を希望される方は申込書をご記入の上、本校までFAXでご連絡ください。締め切りは12月6日(金)です。

日時:令和元年12月10日(火)13時~16時45分
場所:石川県地場産業振興センター(〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目1番地)


※実施要項
R1 石川県SSH生徒研究発表会実施要項.pdf

※申込書

R1 石川県SSH生徒研究発表会申込書.docx

石川県スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会を開催します

 12月10日(火)に石川県地場産業振興センターで上記の発表会を開催します。参加校は七尾高校、小松高校、金沢二水高校、金沢桜丘高校、そして本校の5校です。生徒達は口頭発表(代表班)とA0サイズの日本語ポスター発表を行い、これまで研究してきた課題研究の成果を披露します。一般の方々も参観できますので、この機会に是非ご参観ください。

日時:令和元年12月10日(火)13時~16時45分
場所:石川県地場産業振興センター(〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目1番地)


※詳細は以下の要項をご覧ください。
R1 石川県SSH生徒研究発表会実施要項.pdf

1学期の行事報告

AI課題研究Ⅲ外部最終発表会
 4月22日(月)に、金沢市のしいのき迎賓館で理数科3年生による課題研究の発表会を開催しました。今年は台湾市立建國高級中学校の生徒も合流し、お互いの課題研究の発表を行うことで交流を深めることができました。
 また、北陸先端科学技術大学院大学の大学生や先生方にもご協力いただき、大学で研究されている内容についても学ぶことができました。
  

CS実験科学 地学巡検

 6月6日(木)に、犀川河川敷の大桑層で貝化石の採取や地層の観察を行いました。当日は天候にも恵まれ、絶好のフィールドワーク日和でした。
 また、6月13日(木)に、大桑層で採取した貝化石をクリーニングする作業を行いました。十分に乾燥した化石は意外と脆く、四苦八苦。それでも、二枚貝や巻貝を多数発見することができました。クリーニング後にはスケッチをし、種の同定まで行いました。その結果、暖流系・寒流系の化石があることがわかり、当時の環境を推定することができました。
  

CS学際科学特別講義 「ブラックホールは見えたか」
 6月21日(金)に、金沢大学理工学研究域数物科学系の大塚浩史先生をお招きし、「宇宙(の起源)」、「ブラックホール」を題材に特別講義をしていただきました。生徒は「ブラックホールの撮影に成功した」というニュースを改めて読み解き、「見える」とはどういうことか考えました。
  

サイエンス・イングリッシュⅠ「テーマ発表会」& AI課題研究Ⅱ「研究ディスカッション」

 7月8日(月)の5~7限に、上記の行事を開催しました。

 5限目はサイエンス・イングリッシュⅠのテーマ発表会で、理数科の2年生が2つの教室に分かれ、AI課題研究Ⅱで研究している内容を英語で発表しました。理数科の1年生や北陸先端科学技術大学院大学の先生方・留学生の方々も参加し、質疑応答を行いました。今回も泉丘ドル(発表会用の通貨)を用い、自分が良いと思った研究に投資してもらいました。

  

 

 6・7限は場所を移動し、AI課題研究Ⅱの研究ディスカッションを行いました。6限目は理数科1年生が、7限目は理数科3年生がポスターツアーに参加し、フリーディスカッション形式で議論しました。実際に用いた実験器具を展示して説明する班もあり、様々な工夫がみられました。
  


CS人間科学特別講義 「生と性」
 7月12日(金)に、星の子助産院の坂谷理恵子先生による特別講義を開催しました。この講義では「性」をとおして「命」や「生」について考えることの大切さを学ぶことができました。講義の中では妊婦体験や胎児体験、新生児の人形を抱く体験をすることができました。また、今年は石川県総合看護専門学校の学生さんも参加し、実習をお手伝いしてくださいました。
  

科学の甲子園全国大会 総合成績弟9位!!

 3月15日(金)~18日(月)に埼玉県さいたま市で科学の甲子園全国大会が開催され、本校からは理数科2年生で構成されたチームの「i-company advanced」が石川県代表として出場しました。結果は過去最高の総合第9位!!合わせて、実技競技の「ツール・ド・さいたま」で優れた設計・デザインを開発した優秀校に送られる賞である、企業特別賞〈学研賞〉も受賞しました!おめでとうございます!!

 この大会では、理科、数学、情報等の知識を問われる筆記競技と、実験、実習、考察等を総合的に活用し、ものづくりの能力、コミュニケーション能力等により課題を解決する力を競う実技競技を行い、その総合得点で順位が決定します。参加した2年生は、大会までの間、放課後や休日等を使い筆記試験・実技試験対策に取り組んできました。その練習の成果が発揮されたのではないでしょうか。

 また、今年は全国大会の準備段階から、理数科卒業生の德田駿君が本校に駆けつけてくれ、主に実技競技について様々なアドバイスをしてくれました。本当にありがとうございました!

 なお、大会1日目の開会式、2日目の実技競技、3日目の表彰式の様子はインターネットで動画を視聴することができます。詳細は、下記の科学技術振興機構「第8回科学の甲子園ページ」からリンク先をご確認ください。(https://koushien.jst.go.jp/koushien/tournament/index.html

  


AI課題研究Ⅱ校内最終発表会を開催しました

 3月18日(月)に上記の発表会を開催し、理数科2年生のAI班8グループが一年間課題研究に取り組んできた成果を日本語で口頭発表しました。発表会では上記クラスの生徒達も質疑応答に参加し、大学の先生方や金沢大学の学生の方からも講評やアドバイスをいただきました。
  

京都大学サイエンスフェスティバルに参加しました

 316日(土)に京都大学で上記のイベントが開催されました。このイベントは、京都大学と高大接続・高大連携に関する協定を締結している県の代表高校が、課題研究の成果を発表するもので、本校からは20Hの小田さん、近藤君、竹内君、津田君、日比野君が参加し、「波の性質を利用した津波被害の軽減」のテーマで口頭発表を行いました。
 また、フェスティバル終了後には、洪水や津波等の研究をしている大阪工業大学の東先生の研究室を訪問し、課題研究についてのアドバイスもいただきました。
 

AI課題研究Ⅰテーマ発表会を開催しました

 3月15日(金)に開催した上記の発表会で、理数科の1年生が8つのテーマについてポスター発表をしました。この発表会では理数科の2年生も聞き手に加わり、お互いに質疑応答を行いました。
  

AI課題研究Ⅱ 校内最終発表会のご案内

平成30年度 AI課題研究Ⅱ校内最終発表会
 日時:平成31年3月18日(月)8:20~11:15

 開催場所:石川県立金沢泉丘高等学校 2F大会議室
        (〒921-8517 石川県金沢市泉野出町3-10-10)
 日程
 8:20~8:25   開会式
 8:25~8:30   来賓、講評者紹介
 8:30~10:55  研究発表1「折り紙を用いて作る器の容積の最大」
                       研究発表2「ペットボトル振動子の多角的解析」
            研究発表3「蚕の糸の可能性」
            研究発表4「画像認識AIの仕組みに関する理解とプログラムの製作」
            研究発表5「バイオフィルムの環境と増加の関係を探る」
            研究発表6「キイロショウジョウバエの寿命を延ばす抗酸化物質とその最適量」
            研究発表7「波の性質を利用した津波被害の軽減」
            研究発表8「ミドリムシの光合成におけるpH順化は存在するか」        
10:55~11:10   講評
11:10~11:15   閉会式
        
※詳細は以下の要項をご覧ください。
 校内最終発表会要項.pdf

AI課題研究Ⅱ 校内最終発表会を開催します

 日本語の口頭発表会で、理数科2年生の全ての班が発表します。保護者の方も参観可能です。申し込みは不要ですので、この機会に是非ご参観ください。

開催場所:石川県立金沢泉丘高等学校 2F大会議室
日時:平成31年3月18日(月)

 8:20 ~  8:25 開会式
 8:30 ~ 10:40 研究発表1~8(途中休憩あり)

10:55 ~ 11:10 講評
  
11:10 ~ 11:15 閉会式

CS実験科学の特別講義を開催しました

 2月18日(月)に東京工業大学リベラルアーツ研究教育院の札野順先生をお招きし、上記の特別講義を開催しました。講義の前半では、「今なぜ科学技術倫理なのか」、「科学技術者倫理とは何か」、「なぜ、科学技術者は特別な責任を負うのか」について説明していただき、後半は科学技術者としてのアイデンティティとしての倫理と、科学技術者としての幸せについてお話いただきました。
  

金沢泉丘サイエンスグランプリを開催しました

 2月9日(土)Ex4限目に、金沢泉丘サイエンスグランプリが開催されました。今回は金沢子ども科学財団との共催で、理科好きの中学生も参戦!企画・運営は全てSSH委員企画チームが行いました。参加者は本校生徒25名、生徒スタッフ13名、小・中学生8名の46名で、A3の画用紙1枚から高さが最大の構造物を作成し、その高さを競いました。紙を「切る・折る」はOK、「貼る」はNGという制約がある中、生徒達は試行錯誤し競技に取り組んでいました。
  

金沢泉丘SSH・SGH研究発表会を開催しました

 1月25日(金)に本校で上記の発表会を開催しました。2・3限はCS学際科学の公開授業で、4限はSGHと合同で口頭発表会を行い、午後からは講堂へ移動し英語でのポスター発表会を開催しました。

公開授業 CS学際科学
 今年は生物&物理分野で、耳の構造に対する基礎知識を理解し、それを基により効率よく音を伝える方法を思考する授業でした。生徒達ははじめに耳の構造等の基礎知識を学んだ後、班毎に耳の構造模型を作成しそのしくみを発表しました。

口頭発表会 SSH×SGH
 SSHとSGHからそれぞれの代表班が課題研究の成果を口頭発表しました。SSHからは「波の性質を利用した津波被害の軽減」班(小田さん、近藤くん、竹内くん、津田くん、日比野くん)が代表で発表を行いました。

英語ポスター発表会
 理数科2年生の全ての班が、英語でのポスター発表を行いました。また、理数科1年生が質疑応答を行い、県内高校・中学校のALTの方や中学・高校・大学の先生方、北陸先端科学技術大学院大学の留学生の方々にもご協力いただきました。

  

CS人間科学の特別講義を開催しました

 1月16日(水)に金沢大学医薬保健研究域の中田光俊先生による特別講義を開催しました。講義では、脳のしくみや働きを学んだ後に、最先端の脳手術である覚醒下手術の映像等もみせていただき、最先端の医療現場で何が行われているかということを垣間見ることができました。

 また、ぼんやりとしている時にだけ働く脳の部位もあり、それが重要な役割を担っていること等、初めて耳にすることも多く、大変興味深い講義でした。
  

平成30年度SSH・SGH研究発表会を開催します

平成30年度SSH・SGH研究発表会
 日時:平成31年1月25日(金)9:25~15:50

 開催場所:石川県立金沢泉丘高等学校
        (〒921-8517 石川県金沢市泉野出町3-10-10)
 日程
 9:00~ 9:25  (受 付)
 9:25~10:15 公開授業
         学校設定科目「CS学際科学」 (理数科1年生)
          ★9:25から始まる2時間続きの授業です。
           生物の構造を高校物理と高校生物を用いて考察します。
         学校設定科目「SG思考基礎」 (普通科1年生)
 10:25~11:15 公開授業
         学校設定科目「CS学際科学」 (理数科1年生)
         学校設定科目「プラクティカル・イングリッシュ」(SGコース2年生)
 11:25~12:05  SSH×SGH 口頭発表会(理数科2年生、SGコース2年生)
          ★それぞれの代表1グループが課題研究の口頭発表をします。
 12:05~13:00  昼食
 13:00~15:00 公開授業
         「AI課題研究Ⅱ(ポスター発表)」(理数科1・2年生)
          ★理数科2年生が課題研究の内容を英語で説明します。
            理数科1年生、大学教員、理系大学院留学生、県内ALTの方々に対して
            理数科2年生が英語で質疑応答を行います。
         「SG探究(課題研究ポスター発表)」 (SGコース2年生)
 15:10~15:50 協議会
         研究開発の概要説明、質疑応答等

※詳細は以下の要項をご覧ください。
ご案内.docx
金沢泉丘SSH・SGH研究発表会開催要項.doc
※申込フォーム(下のURLをクリックしてください)
https://goo.gl/forms/Yx1ODs7NcfIRB07h2
申込締切:平成31年1月11日(金)まで

石川県SSH生徒研究発表会に参加しました

 12月13日(木)に、石川県地場産業振興センターで上記の発表会が開催され、石川県のSSH指定校3校と金沢桜丘高校、金沢二水高校が参加しました。口頭発表の部門ではSSH指定校の代表グループが課題研究の成果を発表し、本校からは11月の校内発表会で代表に選ばれた「波の性質を利用した津波被害の軽減」班と、「ペットボトル振動子の多角的解析」班が発表を行いました(津波班は京都大学サイエンスフェスティバル(3月16日)の石川県代表に選出されました)。

 また、口頭発表を行わなかった研究班の生徒達はポスター発表を行いました。大学の先生方や各校の先生方、生徒達が興味のあるブースへ足を運び、質疑応答も大変盛り上がっていました。

  

SS部特別講義「宇宙の中の地球」を開催しました

 12月15日(土)のEX4限の時間に国立天文台の小久保英一郎先生による特別講義を開催しました。今回の講義では一般参加の方も含め、合計72名が参加し、宇宙の大規模構造や惑星の形成過程などを学習しました。

 「第二の地球は見つかるのか?」ということには、やはり皆さん関心がある様子で、質問や感想で最も多く見られました。
  

CS人間科学の特別講義「多様性と可塑性の免疫学」を開催しました

 12月7日(金)の5・6限に、金沢大学医薬保健研究域の谷内江昭宏先生をお招きし、免疫学についての特別講義を行いました。なぜ自然免疫と獲得免疫が2種類存在するのかということや、免疫グロブリンがパーツの組合せにより驚くほどの多様性を形成していることなど、その理由を学習することができました。
  

いしかわ高校科学グランプリで優勝しました

 10月20日(土)に上記の競技会が開催され、本校からは5チームが参加しました。この競技会はチームで筆記競技・実技競技に取り組み、得点を競うものです。競技の結果、本校理数科2年生で構成された、i-company advancedが総合優勝を勝ち取りました。また、普通科2年生SGコースの「第4象限」が第2位を獲得!部門賞では、i-company advanced」が筆記競技の第1位、理数科2年生の「チーム色相環」が実技競技(実験系)の第1位をそれぞれ受賞しています。受賞したみなさん、おめでとうございます!

 総合優勝のチームは、3月に埼玉県で開催される科学の甲子園全国大会の県代表となります。全国大会も頑張ってください!
  

やさしい科学技術セミナーに参加しました

 11月18日(日)に、金沢歌劇座の第9会議室で金沢大学が主催する科学セミナーが開催されました。本校からは理数科2年生の「画像認識AIの仕組みに関する理解とプログラムの製作」「キイロショウジョウバエの寿命を延ばす抗酸化物質とその最適量」「蚕の糸の可能性」班が参加し、大学生と共にポスター発表を行いました。
  

石川県立大学でDNAの分離・抽出実験をさせていただきました

 11月16日(金)に、石川県立大学の研究所を訪問し、大腸菌のDNAを用いた実験実習を行いました。マイクロピペットという普段あまり使わない器具も使用しましたが、事前に練習をしていたこともあり、すぐにコツをつかむことができたようです。中谷内修先生やティーチングアシスタントの方がわかりやすく説明してくださったおかげで、全員がDNAのバンドを確認することができました。
  

CS人間科学で環境問題プレゼン大会を開催しました

 11月16日(金)に、CS人間科学の授業の一環として環境問題をテーマにしたプレゼン大会を開催しました。生物多様性の保全から考えた里山利用や、ゴミ処理への新たなアプローチなど、8班それぞれが人間科学の時間で調べた内容について、パワーポイントを用いて口頭発表を行いました。
  

AI課題研究Ⅱの校内発表会を開催しました

 11月3日(土・祝)に上記の発表会を開催し、理数科2年生が4月から研究してきた成果を口頭発表しました。持ち時間13分という短い時間でしたが、どの班も上手にスライドをまとめていました。

 生徒・教員の投票の結果、「ペットボトル振動子の多角的解析」班と「波の性質を利用した津波被害の軽減」班が、12月13日(木)に開催される、石川県スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会の代表となりました。
  

CS学際科学の特別講義を開催しました

 11月2日(金)に、東北大学大学院工学研究科の手束展規先生による特別講義を開催しました。途中、ミニ実験も交えながら磁性材料とは何か、どのような仕組みで省エネにつながるのかなどを学びました。まだ授業で扱っていない分野の話もあり、難しい内容の話もありましたが、生徒たちは班のメンバーと相談しながら取り組んでいました。
  

卒業生アンケートを実施しています

 これまでのSSH事業の効果を検証するために、卒業生の方を対象としたアンケートを実施しております。SSH1期生(平成16年3月卒業)からSSH13期生(平成28年3月卒業)の方が対象です。皆様の率直なご意見をお寄せください。ご協力を宜しくお願いいたします。

つくばサイエンスツアーを行いました

 10月11~13日にかけて、茨城県のつくば市の大学・研究施設と東京都の国立科学博物館を訪問し、研修を行いました。1日目と3日目は全体研修でしたが、2日目は5班に分かれて様々な分野の研究所や施設で見学や実習を行いました。

【1日目】筑波宇宙センター
【2日目】A班・・・筑波機能植物イノベーション研究センター(1日研修)
      B班・・・農研機構 生物機能利用研究部門・食品研究部門(1日研修)
      C班・・・高エネルギー加速器研究機構 → 防災科学技術研究所
      D班・・・高エネルギー加速器研究機構 → 物質・材料研究機構
      E班・・・高エネルギー加速器研究機構 → 国立環境研究所
【3日目】国立科学博物館

  
  

サイエンスレクチャー「見えない宇宙を見る」に参加しました

 10月8日(月・祝)に金沢市勤労者プラザで上記の講演会が開催され、本校からは普通科・理数科の合計21名の生徒が参加しました。この講演会では、名古屋大学参与でJST上席フェローの國枝秀世先生が、X線で宇宙を見ることや、その方法について講義してくださいました。  

講義の中では、ご自身が専門とされている内容のお話とは別に、科学を究めるには『好奇心』と『集中力』が大切だ、など高校生の皆さんへの熱いメッセージもくださいました。

中村留精密工業株式会社で企業見学をさせていただきました

 9月7日(金)にCS学際科学の授業の一環として、企業研修を行いました。技術者の方々による講義や工場見学をとおして、今、企業人として求められているスキルや現在のものづくりの現場がいかに進歩しているかということ等を学ぶことができました。また、後半はグループディスカッションの場を設けていただき、疑問に思っていることを直に社員の方々へ質問することもできました。
  

AI課題研究Ⅱ校内発表会を開催します

 11月3日(土・祝)に標記の発表会を開催いたします。本校の理数科2年生がAI課題研究Ⅱで研究した成果を発表する研究発表会です。理数科1年生及び一般の参加者との質疑・応答を行い、大学の先生方から講評をいただきます。
教育ウィークで学校公開中のため、申し込み等は不要です。是非ご参観ください。

AI課題研究Ⅱ校内発表会

日時:平成30年11月3日(土・祝)限目(9:00~12:00)
場所:2F大会議室
参加者:1,2年生理数科生徒、講評の先生方、一般参観の方

研究発表1 「折り紙を用いて作る器の容積の最大」

                 (袖、田原、中條、御手洗、栁澤)

研究発表2 「画像認識AIの仕組みに関する理解とプログラムの製作」 

                 (村山、砂本、近岡、長屋、谷内)

研究発表3 「バイオフィルムの環境と増加の関係を探る」 

                 (中村、藤本、林、宮北、吉尾)    
  

研究発表4 「蚕の糸の可能性

                 (荒木、窪田、酒井、西尾、萬田)

研究発表5 「キイロショウジョウバエの寿命を延ばす抗酸化物質とその最適量」

                 (小西、東、本田、宮下、山岸)

研究発表6 「ペットボトル振動子の多角的解析」 

                 (小林、田中、林、松本、森)

研究発表7 「波の性質を利用した津波被害の軽減」

                 (小田、近藤、竹内、津田、日比野)

研究発表8 「ミドリムシの光合成におけるpH順化は存在するか」

                 (山口、澤田、白井、中川、堀中)

                             ※テーマ名は10月30日現在のものです

生物オリンピック 銅賞獲得!

 30Hの若林勇太君が7月15日(日)に行われた生物学オリンピックの予選を突破し、本選へ進出しました!本選は予選参加者の上位80名が参加するもので2日間にわたる実験試験で賞が決定します。その結果、若林くんは見事銅賞を獲得しました!おめでとうございます!
 

第10回マスフェスタに参加しました

 8月25日(土)に、関西学院大学西宮上ヶ原キャンパスで、上記の数学に関する研究発表会が開催されました。本校からは、佐々木君(29H)、田原君(20H)、松本君(20H)、御手洗君(20H)、中橋君(11H)、時岡君(16H)、油片君(10H)、片岡君(10H)、駒形君(10H)、松村さん(10H)が参加し、それぞれ「折り紙を折って作る器の最大容積」「黄金角を利用した針葉樹型太陽電池の効率的なデザイン」という演題でポスター発表を行いました。
  

SSH米国海外研修を行いました

 8月3日(金)~11日(土)にかけてアメリカ合衆国のボストンで海外研修を行いました。今年の参加生徒は35名。パインマナー大学でのモーニングセッション、イブニングセッションでは、科学や数学に関する講義を英語で受講し、実習やディスカッションを英語で行いました。また、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学では、現在取り組んでいる研究に関するレクチャーを在学生より受け、先進的な大学の研究手法を学ぶとともに、海外でのキャリアパスについて学ぶことができました。MITのがん研究センターでは、最先端の施設やラボを訪問し、英語による専門的な講義を受講し、研究内容に関する実習も行いました。
  
  

全国SSH生徒研究発表会に参加しました

 8月7日(火)~9日(木)にかけて、神戸国際展示場で全国のSSH指定校の生徒達による発表会が開催されました。本校からは生物部の山岸さん(10H)、石田君(10H)、北中君(10H)、川上君(30H)、砂山君(30H)、若林君(30H)が参加し、「ミドリムシの光合成とpH」というテーマでポスター発表を行いました。
  

WRO JAPAN 2018 石川ブロック 第3位を獲得しました!

 8月9日(木)~10日(金)に、上記大会が開催され、本校からはSS部ロボット班の油片君(10H)、奥村君(10H)、小林君(10H)、寺分君(17H)、松田君(17H)、小堀君(19H)、粕谷君(23H)、大西君(25H)、加藤君(25H)、田井君(25H)、泉君(28H)が出場しました。ミドル部門で見事3位を獲得!おめでとうございます!
  

白山野外実習を実施しました

 7月31日(火)~8月1日(水)にかけて白山野外実習を実施しました。今年は生徒40名、引率7名、山岳ガイド1名、看護師1名の49名が7班に分かれて登山を行い、各ポイントで沸点測定や地質・植生調査等の実習を行いました。
 1日目は砂防新道を通り、南竜山荘まで歩き、2日目は、エコーラインを経由して山頂を目指しました。お天気にも恵まれ、山頂からは素晴らしい景色を見ることができました。
  

CS人間科学の特別講義を実施しました

 7月18日(水)に星の子助産院の坂谷理恵子先生による特別講義を開催しました。この講義では「性」をとおして「命」や「生」について考えることの大切さを学ぶことができました。講義の中では、妊婦体験や胎児体験、新生児の人形を抱く体験をすることができました。
  

ミニプレゼン(SEⅠ)&中間ディスカッション(AIⅡ)を開催しました

 7月9日(月)の5~7限に、ミニプレゼンテーション(サイエンス・イングリッシュⅠ)&中間ディスカッション(AI課題研究Ⅱ)を開催しました。
 5限目はミニプレゼンテーションで、理数科の2年生が2つの教室に分かれて、AI課題研究Ⅱで研究している内容を英語で発表しました。理数科の1年生や北陸先端科学技術大学院大学の先生方・留学生の方々も参加し、質疑応答を行いました。今回も泉丘ドル(発表会用の通貨)を自分が良いと思った研究に投資してもらいましたが、17ドルも獲得した班がありました。
 6・7限は場所を移動し、中間ディスカッションを行いました。今度は理数科の3年生も参加し、フリーディスカッション形式で議論しました。実験器具や動画を使って説明する班もあり、様々な工夫がみられました。
  

白山野外実習の事前特別講義を開催しました

 7月6日(金)に、マザーネイチャーズガイド事務所の田中康典氏による特別講義を開催しました。田中さんは山岳ガイドⅡの資格をお持ちで、7大陸の最高峰を登頂された方です。
 今回の講義では、「白山の魅力と登山(野外)の注意点」という演題で、登山を行う上での注意点や必要な持ち物等について教えていただきました。また、実際に実習で通るルートの説明や、山小屋での過ごし方、体調管理の大切さ等についても説明してくださいました。
  

地学巡検 貝化石のクリーニングを行いました

 6月21日(木)に、前回大桑層で採取した貝化石をクリーニングする作業を行いました。十分に乾燥した化石は意外と脆く、四苦八苦。それでも、二枚貝や巻貝を多数発見することができました。
 クリーニング後にはスケッチをし、種の同定まで行いました。その結果、暖流系・寒流系の化石があることがわかり、当時の環境を推定することができました。

  

CS学際科学の特別講義を開催しました

 6月13日(水)に東京大学生産技術研究所の溝口照康先生による特別講義を開催しました。演題は「大学准教授のおしごと~原子と電子を観る・知る・はかる~」で、前半は研究者はどのような仕事をしているのかをメインに、後半は先生の専門分野である電子構造計算等についてお話いただきました。
  

CS実験科学 地学巡検を行いました

 6月7日(木)に犀川河川敷の大桑層で貝化石の採取や地層の観察を行いました。当日は天候にも恵まれ、絶好のフィールドワーク日和でした。今回採取した化石は、次回のCS実験科学の時間にクリーニングを行い、種の同定とスケッチを行う予定です。
  

サイエンス・イングリッシュⅠの特別講義を開催しました

 5月25日(金)に、東京国際大学の五十嵐義行先生をお迎えし、上記の特別講義を開催しました。今回は普通科理2年SGコースの生徒も参加し、総勢80名での講義となりました。
 この講義は全て英語で行われ、発音やリズム、パワーポイントのデザインなど、発表を行う際に必要な技術について具体的な助言をいただきました。
  

AI課題研究Ⅲの研究発表会を開催しました

 5月7日(月)に北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)で上記の発表会が開催され、理数科の3年生がこれまでに研究してきた成果を英語のポスターで発表しました。この発表会は質疑応答も全て英語で行われ理数科の2年生とJAISTの学生や先生方が英語で質問をしました。

 大学生や教授の先生方からは、本校の校内で実施した時とは違った切り口の鋭い質問が飛び交っていましたが、試行錯誤しながら答える生徒達の様子を見て大変頼もしく感じました。