柔道部
【部紹介】 R2柔道部.pdf
 
【顧問】
 新田雅史(元アジアチャンピオン)
 山森征治
 
【R元年度成績】
 県総体男子団体2位、男子個人100超級優勝(インターハイ出場)
 北信越総体男子団体5位、男子個人60kg級5位、100超級優勝
 北信越国体少年男子優勝
 県新人大会男子団体2位、男子個人66kg級・100㎏超級優勝
 県選手権大会団体2位、男子個人60㎏級・66㎏級優勝(全国大会出場)
0 0 8 5 3 4

柔道部News

令和3年度全国高等学校柔道選手権大会石川県大会結果

令和4年1月22日(土)23日(日)に県立武道館で全国選手権の県予選が行われました。1日目は男女個人戦が行われ、男子個人66kg、73kg、81kg、無差別で優勝、2日目は男女団体戦が行われ、決勝で津幡高校を2-1で破り2年連続の優勝となりました。男子団体、個人4階級は3月に行われる全国選手権に出場します。新型コロナが全国で猛威を振るう中、大会が開催されたことに感謝いたします。

<結果>男子団体 1位

    女子団体 3位

    男子個人60kg級 3位 松本空(2年)

        66kg級 1位 石川大真(2年)

        73kg級 1位 福田悠真(2年) 2位 大谷和馬(2年)

        81kg級 1位 南出健槙(2年) 3位 山本眞矢(2年)

        無差別 1位 小林大希(2年) 2位 松川想良(1年)

    女子個人52kg級 2位 山本愛華(1年)

        57kg級 2位 谷内美裕(1年)

        63kg級 3位 西村清(2年)

令和3年度全日本ジュニア体重別選手権大会結果

令和3年12月18日(土)に講道館(東京)で全日本ジュニアが行われました。

9月に開催される予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で12月開催となりました。本校から66kg級に石川大真(2年)が出場しましたが、残念ながら初戦敗退となりました。

<結果>

男子66kg級1回戦 石川(鶴来高校) -〇秋田(比叡山高校)

令和3年度石川県段別柔道選手権大会結果

令和3年11月28日(日)に県立武道館で段別選手権が行われました。初段の部で福田悠真(2年)がみごと優勝しました。

<結果>

初段の部 1位 福田悠真(2年)

     2位 石川大真(2年)

     3位 小林大希(2年) 

令和3年度石川県高等学校新人体育大会柔道競技結果

令和3年11月11日(木)から13日(土)まで県立武道館で新人大会が行われました。男子団体、男子個人、4階級優勝することができました。

男子団体 1位

女子団体 3位

男子個人 60kg級 3位 松本空(2年)

     73kg級 1位 南出健槙(2年) 2位 大谷和馬(2年)

     81kg級 1位 福田悠真(2年) 2位 山本眞矢(2年)

     90kg級 3位 寺井陽斗(2年)

      100kg級 1位 小林大希(2年) 2位 竹田春理(2年)

     100kg超級 1位 松川想良(1年) 2位 岩崎哲佳(1年)

女子個人 57kg級 2位 谷内美裕(1年) 3位 西村清(2年)

令和3年度全国高等学校総合体育大会柔道競技結果

令和3年8月8日から12日まで、インターハイが長野県で行われました。本校から男子個人で4名出場しました。上位入賞を目標に頑張ってきましたが、全国の壁は高くベスト16という結果でした。

<結果>

男子個人60kg級 井海晴天(3年) ベスト16

    66kg級 石川大真(2年) ベスト16

    73kg級 南出健槙(2年) ベスト16

    81kg級 伊藤碩哉(3年) 1回戦敗退

令和3年度北信越高等学校柔道大会結果

令和3年6月19日(土)20日(日)に新潟県で北信越大会が行われました。男子個人2階級で決勝戦に挑みましたが、残念ながら惜敗しました。

<結果>

男子団体 5位

女子団体 5位

男子個人 60kg級 2位 井海晴天(3年)

     66kg級 3位 石川大真(2年)

     73kg級 2位 南出健槙(2年)

          5位 福田悠真(2年) 

     81kg級 5位 伊藤碩哉(3年)

      100kg級 5位 小林大希(2年)

     100kg超級 5位 松川想良(1年)

 

令和3年度石川県高等学校総合体育大会柔道競技結果

令和3年6月3日(木)から5日(土)にかけて、県立武道館でインターハイ予選が行われました。個人戦で60kg、66kg、73kg、81kgの4階級で夏のインターハイ出場が決まりました。

<結果>

男子団体 2位

女子団体 3位

男子個人 60kg級 1位 井海晴天(3年)

     66kg級 1位 石川大真(2年)

     73kg級 1位 南出健槙(2年) 2位 福田悠真(2年)

     81kg級 1位 伊藤碩哉(3年) 3位 松田陸(3年)

     90kg級 2位 喜成昌輝(3年)

      100kg級 2位 小林大希(2年)

     100kg超級 3位 松川想良(1年)・岩崎哲佳(1年)

女子個人 57kg級 3位 道上心愛(3年)

     78kg級 2位 南出智紅(3年)

 

令和3年度石川県ジュニア柔道体重別選手権大会結果

令和3年5月2日(日)に県立武道館で、令和3年度県ジュニア体重別大会が行われました。決勝戦に4名進出しましたが、66kg級石川大真(2年)のみが優勝し、7月に行われる北信越ジュニア大会に出場することが決まりました。

<結果>

男子60kg級 2位 井海晴天(3年)

男子66kg級 1位 石川大真(2年)

男子73kg級 2位 南出健槙(2年) 3位 福田悠真(2年)

女子78kg級 2位 南出智紅(3年)

第29回石川県春季高校柔道大会結果

令和3年4月25日(日)に県立武道館で春季大会が行われました。本校からは、男子団体ABの2チーム、女子団体が出場しましたが、男子団体では2チームとも準決勝で津幡高校に敗れ3位となりました。

<結果>男子団体

鶴来高校A 3位 優秀選手 井海晴天

鶴来高校B 3位 優秀選手 石川大真

 

【柔道部】全国高校柔道選手権大会73kg級ベスト8!

第43回全国高等学校柔道選手権大会に柔道部2名が出場しました。

66㎏級 石川大真(2回戦敗退)
ベスト32

1回戦 〇GS(延長)技あり
     松本(長崎県長崎南山)

2回戦 △背負い投げ一本負け
     新井(群馬常磐)


73㎏級 南出 健慎(4回戦敗退)
          ベスト16

1回戦 〇反則勝ち 指導
     高森(滋賀県比叡山)
 2回戦 〇巴投げ 一本勝ち
   野口(栃木県 國學院栃木)

3回戦 〇小外刈り 技あり勝ち
    影山(和歌山 初芝橋本)

4回戦 △背負い投げ 一本負け
    田中(佐賀県 佐賀商業)

CORONA中において大会が開催されましたことに感謝申し上げます。

2021東京オリンピック会場ということや、柔道の聖地でもある日本武道館で全国大会が開催されました。

二人にとっても貴重な体験となりました。全国のレベルを肌で感じた二人は一年生ということもあり試合後に来年度を見据えているのが印象的でした!次は、長野インターハイ目指して頑張ります。応援ありがとうございました。

 

【柔道部】3年生を送る会

卒業式に向けと、前日となる3月1日の3年生の最終登校日に…!

柔道部3年生を送る会が放課後道場にて行われました。

1.後輩からの催し物
2.先輩からのメッセージ
3.顧問からのメッセージ
4.色紙やプレゼント贈呈
5.記念撮影

上記順番で進行しました。

びっくりしたのは、後輩の1.2年生が1人、または2.3人のグループで3年生のために全員がそれぞれの個性を活かしてしっかりした出し物を行ったことです。

改めて3年生の信頼や、リーダーシップに感謝しているだなあと
絆を感じました✨(^.^)(-.-)(__)

色紙贈呈時に撮った映像をご覧ください。ほのぼのとした雰囲気が伝わってくるかと思います✨
12人の卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございました。

 

それぞれの道に進んでも後輩、顧問、OB、関係者の皆さんは応援しています!今年、試合ができなかった想いも総て未来に活かして行きましょ

【柔道部】選手権石川県大会団体優勝!!

 第43回全国高等学校柔道選手権大会石川県大会において本校柔道部が男子団体で見事8年ぶりに優勝旗を奪還しました!!

 これもひとえにいつも応援してくださっている保護者の皆様をはじめ、地域の方、卒業生、今まで本校柔道部に関わってくださった全ての方のおかげです。生徒一人一人がコロナ禍の中でも真摯にトレーニングに向き合い勝ち取った勝利だと実感しています。

 今年の全国大会は個人戦のみで団体戦がありませんが、日々の努力を大切にし、インターハイに向けて闘志新たに頑張ります。

 個人戦では男子66kg級と73kg級の2階級を制覇し、2人が全国の舞台で戦ってきます。今後とも、ご声援のほどよろしくお願いします!

【結果】

男子団体 1位  女子団体 3位

男子最優秀選手 福田悠真  優秀選手 喜成昌輝

 

男子個人 66kg級 1位 石川大真(全国大会出場)

         3位 井海晴天

     73kg級 1位 南出健慎(全国大会出場) 

         3位 福田悠真

     81kg級 3位 松田 陸 3位 伊藤碩哉

     無差別級 3位 小林大希

女子個人 階級別 3位 道上心愛 

         3位 南出智紅

 

【柔道部】滋賀遠征

 12月下旬に滋賀県の近江高校へ遠征に行ってきました。

 コロナ禍で選手を送り出していただいた保護者の皆様のご理解とご協力に本当に感謝しております。この時期の遠征でコロナ感染防止対策について、ご意見をいただくとともに、承諾書の確認や帰宅後の体調確認も行っているところでございます。

 ご心配やご不明な点がありましたらいつでも顧問まで連絡願います。

 本校には2面の柔道場があり、県内トップクラスの広さですが、近江高校には4面も道場があり、安全対策を図って練習することができました。100kg越える選手が10人以上(本校は現在0人)おり、前回はボロボロにされた練習試合が今回は互角に対戦でき、おかげさまで1月23~24日の選抜大会に向けて、手ごたえを感じることのできる内容となりました。

 大会が無事開催されることを願うしかできませんが、コロナ禍でも最大限できることを探り、今後とも感染対策を万全にして稽古に励んでいきたいと思いますのでご理解とご協力をお願いします。

 

【柔道部】新人大会

 11月12~14日にかけて令和2年度石川県高等学校新人体育大会柔道競技大会が開催されました。団体戦は男子が決勝で津幡高校相手に1-2と惜敗して準優勝、女子は初戦桜丘に3-0で快勝しましたが、準決勝で津幡高校に0-3で敗れ3位に終わりました。チーム全体の力は徐々に上がってきている手ごたえを感じています。個人戦は男子66㎏級、73㎏級、81㎏級で優勝し、その他も多くの選手が入賞しました。

【結果】

男子団体 2位 女子団体 3位

 66㎏級 1位 石川大真 ( 高尾台中出身 )   

     2位 伊藤碩哉 ( 笠間中出身 )   

     3位 井海晴天 ( 北辰中出身 )

 73㎏級 1位 福田悠真 ( 北辰中出身 )   

               2位 南出健慎( 鶴来中出身 )

 81㎏級 1位 松田 陸 ( 高尾台中出身 )

 90kg級 3位 寺井陽斗 (北辰中出身 )

100kg級 3位 小林大希 ( 豊田中出身 )

女子階級別3位 道上心愛( 布水中出身 )

女子階級別3位 南出智紅( 高尾台中出身 )

 

【柔道部】技の強化

 柔道部では技の強化シリーズと題して、コロナ禍でも安心安全にトレーニングできる方法を実践中です。

↓鉄棒大外刈り

↓ロープ大外刈り

↓ジョッKING

 

 

2020石川県高等学校夏季柔道大会結果

【男子個人】

60㎏級  3位   池田凛太郎

66㎏級  優勝 青山 彰剛   2位 井海 晴天  3位 出森 陽大  3位 伊藤 碩哉

73㎏級  2位   中畠 脩

81㎏級  3位   松田 陸

100㎏級  2位  島田 拓魅

100㎏超級  優勝  松井 拡樹   2位 曽賀 遼斗

【女子個人】
 57㎏級  3位 道上 心愛

 63㎏級 3位 西村  清

70㎏級   3位 南出 智紅

 それぞれの結果にいろいろな思いはあるが、まずは無事大会が開催できたことに感謝!その上で今回の結果を受け止め、自他共栄を心に刻み、精進していきたい。以下入賞者の写真です。

常に前進!柔道とジオパーク

いざというとき、こんな困難なときに何を思いどう歩むか‼️

自分の技や、戦術を向上させていくチャンス

世の中は、コロナワールドと言われるが、イメージワールドの世界観に踏み込める良いチャンスだととらえている。

レベルが高い試合や、人生の正念場には大きな困難をともなう!

今、人類も、社会も危機的状況である‼️そんなときだからこそ、前向きな姿勢がたいせつ!

勿論、3密は、さけてください。

がんばれ!

 

君たちも鍛えればまだまだやれる!

歓迎!鶴来高校柔道部へようこそ

Judo team

コロナウィルス終息まで自己研鑽に励もう!

 

新入生の皆さん!

ご入学おめでとうございます。

中学校の善き思い出や、友人と離れて寂しい思いも、コロナに振り回されたりとたくさんのことが1度にやってきた今年のスタートでしたね!

幸いにも入学式をとりおこなえたことは良かったと思っております。

本来ならばスポーツ科学コースや、普通科の生徒として部に登録し、例年ですと本格的に春季大会での優勝に向けて猛練習を時期だと思います。

そして1か月後には在校生の2・3年生と共に団体優勝やそれぞれの個人の階級で全国大会や5年ぶりに石川県の七尾市で開催予定をしていた北信越大会を見据えての時期でもあります。

今年は沢山の新入生が私たちの仲間となり3年生12名、2年生6名、新入生入部予定者の(12名)

合計30名(男子27名・女子3名)の部員達と2名の顧問(新田先生24H担任・山森先生14H担任)での船出となりました。

 コロナの影響で今年は本格的な船出はできておりませんが、皆さんのそれぞれの夢や目標に向けての準備を整える時期ととらえて、再開となりましたら強化と生涯柔道(人格形成や自他の健康)の視点を忘れずに大好きな柔道を思いっきり行っていきましょう!

 3年生で試合がなくなってしまった悲しみは計り知れません。日頃の当たり前に柔道ができる日々が愛おしくてたまりません。誰もいない柔道場に足を踏み入れると道場が寂しくて泣いているような感覚すら漂ってきます。

 高校生のあこがれの舞台である選手権・インターハイ・金鷲旗のいずれも参加できないという試練は並大抵のことではありません。今までその大会に向けて全力で苦しい日々を耐え忍んできた君たち!

 君たちにはそれを乗り越えるだけの志が魂の中に宿っていることを忘れないでください。今、いろんなことで人生を乗り越えてきた大人達も前代未聞の事態に巻き込まれ君たちと共に闘っています。

 現時点として、慣れ親しんだ学校の道場や、部員みんなで声をかけ、励まし合いながら柔道もトレーニングはできていません。なれど、今一度自分にとって柔道とは何を意味するのかを考えてほしい時期であることは間違いありません。自他共に1つしかない命を尊重し、基本的な生活習慣の確立と明確な目標を持つことが今は最重要事項となります。皆さんは、少なくとも5月6日(水)までは自宅で過ごすことになります。

 今後は、部員と連絡を取り合い、励まし合い、最後は自分自身の精神と向き合い、柔道の必要な基礎トレーニングや継続的に取り組める忍耐力を養って下さい。

 自分自身が選手であり、監督・コーチです! 

 やる気を充実させっることで理想の練習ができるはず!!!

 格好よく体力を向上し、強靭な体力!格好いい筋肉!スピードと持久力!それらを追い求めていこう!

 近いうちに、皆で柔道できる日を楽しみにしています。

 

 

【柔道部】全国選手権大会出場決定

 1月18~19日にかけて行われた第42回全国高等学校柔道選手権大会石川県大会において男子個人60㎏級と66㎏級で優勝を果たし、全国大会の出場が決定しました。団体では第2位に終わりましたが、この悔しさをバネに次のステージに向けて稽古に励みたいと思います。

【男子個人】 ※(  )は出身中学
60㎏級  優 勝 出森陽大(北辰)
66㎏級  優 勝 青山彰剛(津沢)
      第3位 伊藤碩哉(笠間) 井海晴天(北辰)
73㎏級  第2位 中畠 脩(邑知)
81㎏級  第3位 松田 陸(高尾台)
無差別級  第2位 松井拡樹(笠間)

【男子団体】  第2位    



 

【柔道部】新人大会結果報告

 だいぶ日が空いてしまいましたが、11月7~9日にかけて行われた県高校新人大会の結果を報告します。男子団体2位、男子個人66kg級、100kg超級で優勝しました。団体は1-3という僅差で敗れはしましたが、今後の飛躍を感じさせてくれる大会となりました。もちろん課題もたくさんありますが、一つずつ地道に稽古していくしかありません。チーム鶴来として団体優勝奪還に向けてさらに精進したいと思います。今後も応援よろしくお願いします。

<入賞結果>( )は出身中学
【男子】 
男子団体 2位 <島田・曽賀・中畠・松井・青山>
男子個人  60kg級 2位 出森陽大(北辰)
      66kg級 1位 青山彰剛(津沢)、3位 井海晴天(北辰)
      73kg級 2位 中畠 脩(邑知)
      90kg級 3位 喜成昌輝(高尾台)
      100kg級 2位 島田拓魅(高尾台)
        100㎏超級 1位 松井拡樹(笠間)、3位 曽賀遼斗(北辰)

優勝した二人↓          入賞者↓             ↓全員集合
   

【柔道部】顧問がミヤンマー国柔道強化派遣へ

 本校柔道部の顧問が11月9日に日本を離れ、ミヤンマー国ヤンゴン(600万人の都市)で柔道指導を行ってきました。ミヤンマー柔道連盟からの要請を受け、来年度のオリンピックに向けてと、東南アジアのオリンピックと言われているsea games(東南アジア柔道選手権)に向けての強化合宿に指導者として参加したものです。朝7:00から13:30の6時間半と16:00から18:30の2時間半、合わせて1日9時間のハードワークでしたが、選手の輝いた瞳、熱心に教わる姿勢には心の奥底から指導してあげたいという力が湧き上がってきました。選手たちの一生懸命やろうとする姿には本当に感銘を受けました。日々進化している選手たちを指導しながら、現役に戻ったよう感覚でこちらもたくさんの刺激をもらいました。ここで得た経験を部に持ち帰り、質の高い稽古をつけていきたいと思います。

  

【柔道部】インターハイ出場決定!

 石川県高等学校総合体育大会 柔道競技(5月30日木曜日~6月1日土曜日)
 石川県立武道館柔道場にて開催

 結果 男子団体戦 準優勝(辻、松井、島田、中畠、曽賀、青山の6名)

 準決勝の金沢に新人、春季大会でも敗戦しており厳しい闘いが予想されました。この日は、先鋒、島田、次鋒 松井が2点を先取し、リードしながら副将の曽賀の時点で2対1。しかし、金沢の好選手、橋高に積極的に攻撃されて指導2をとられ、曽賀がピンチを迎えました。その後、終了30秒前に曽賀の背負い投げが崩れながらも決まり、技ありと判定され、逆転で貴重な一点をもぎ取りました。チームも3対1と引き離し、大将戦の前に鶴来の勝利となり、決勝戦へ進出することに。
 決勝戦は、津幡高校 先鋒の島田が攻撃的な柔道を展開するも惜しくも引き分け。その後の次鋒~大将まではちからおよばず4点を取られチームとしては、4対0で惨敗。力と、経験の差を見せつけられました。2年生中心のチームでも、それでも負ければ悔しいです。選手たちにはあの試合に流した涙を忘れず、団体優勝への道を突き進んでいってほしいと強く願っています。
 
男子個人100kg超級、松井、優勝(インターハイ出場)
    -60kg級、出森、準優勝
    -60kg級、畠、3位
    -73kg級、中畠、3位
    -100kg級、島田、3位
女子個人-70kg級、南出、準優勝
    -48kg級、宮本、3位

 その他、5位としては、-60kg級池田、-66㎏級青山、-90kg級喜成、100㎏超級曽賀、が6月15日.16日日に富山県射水市小杉町(アルビス総合体育館)で開催される、北信越高等学校体育大会、柔道競技に出場いたします。

【柔道部】柔道部卒業式

 3月1日、柔道部3年生15人が卒業式を迎えました。式では校歌や伝統歌を在校生、教職員、来賓の方々は勿論、100人を越える保護者の皆様と共に声高らかに歌い上げました。その後3年生は教室での最後の時間を過ごし、柔道場に駆け寄りました。柔道場では在校生&教員VS3年生チームの紅白試合を行いました。結果は大将戦にまでもつれ、最後は3年生チームの勝利となりました。3年生は誇らしげに勝ち名乗りを受けた後、在校生に涙ながらに最後のメッセージを伝え、正面玄関へと脚を進めました。校舎外周を全員の掛け声とともにランニングし、3年間お世話になった校舎と向き合い、いよいよフィナーレ。色紙やプレゼント交換をし終わりかと思ったのですが、円陣を組んで柔道部の持ち歌を噛みしめるように、別れを惜しむかのように歌いました。



その後、教員をみんなで攻めるという異例の野外乱取りが始まりました。顧問もさすがに気合十分でしたが、15人の圧力にはその場で立っているだけで精いっぱいな感じでした。



最後の最後まで柔道のみならず、学校を盛り上げてくれたこと、後輩たちに献身的に柔道指導してくれたこと、私たちは誇りを感じています。歌や、私たちに向かって来てくれたように、今後はそれぞれ旅立って行った世界で羽ばたいてほしいと切に願っています。15人の精鋭たちよ、卒業おめでとう!

【柔道部】段別柔道選手権大会

 昨日開催された段別柔道選手権大会の初段の部において、本校3年の別司宝聖が見事優勝しました。初段を持つ選手たちが無差別級で行う大会なのですが、準決勝、決勝で津幡高校のエース2人に1本勝ちを収めての非常に価値ある優勝です。まさに柔よく剛を制す試合展開で、鶴高柔道らしさが存分に発揮されました。今回の活躍をぜひ後輩たちにも引き継いでもらい、稽古に励みたいと思います。また女子の部では昨年まで本校で顧問をしてくださっていた腰文音先生が優勝されました。先生のご活躍、我が部の励みにもなります!本当におめでとうございます!!

 

【柔道部】新人大会結果

 報告が遅れましたが11月8日~開催された石川県高等学校新人大会柔道競技の結果についてお知らせします。団体は3位という残念な結果に終わりましたが、男子個人100kg超級を制覇することができました。重量級で優勝するのは10何年かぶりなので、これを皮切りに団体でも復活を誓いたいと思います。また、他の個人でも今まで一度も勝ったことのない相手に勝利するなど、一人一人は着実に成長を続けています。無限の力・鶴高魂を胸に、今後も精進していきます。OBや保護者など関係者の皆様、たくさんのご声援ありがとうございました。

男子団体:第3位
男子個人:60kg級 第3位 青山彰剛
     66kg級 第3位 畠隆史郎
     100kg超級 優勝 松井拡樹

  

【柔道部】全日本ジュニア動画

 先日、全日本ジュニアで第3位に入賞した若狭選手の試合模様がyoutubeで視聴できます。しばらくの間、トップページからも見れるようにしておきました。こちらにもリンクを貼っておくのでゆっくりご視聴ください。よろしければ「いいね」
もお願いします!!

2回戦、昨年度の優勝者、中央大2年生との対戦
https://youtu.be/daG_qgVIzR0

3回戦、今年のインターハイベスト8との対戦
https://youtu.be/K3HEXUxefBM

準決勝、今大会の優勝者、國學院大1年生との対戦
https://youtu.be/nGUpx36ggdA

3位決定戦、天理大2年生との対戦
https://youtu.be/GtsA6ZMA3Ww

【柔道部】全日本ジュニア3位入賞!

 平成30年度全日本ジュニア柔道体重別選手権大会に本校から北信越代表として60kg級平田選手、66kg級若狭選手が出場しました。平田選手は初戦で国士舘大学2年生と戦い、4分48秒に渡る接戦でしたが惜しくも敗れてしまいました。しかし大学2年生相手に堂々とした戦いぶりで、相手は今大会で準優勝を果たしました。
 一方若狭選手は初戦で昨年の覇者と戦うことになりましたが、こちらも4分を超える接戦の末見事勝利し、第3位入賞という成績を手に入れました。優勝は國學院大学1年生だったものの、2位、3位は今年のインターハイ66kg級1,2位だった選手で、インターハイではケガのため実力を出し切れなかった若狭選手の強さが見事に証明されました。なお、若狭選手は今回の入賞により、11月に行われる2019年世界柔道選手権大会の日本代表選手第1次選考会を兼ねた平成30年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会の出場も決定しました。鶴高柔道部、まだまだこれからです。国体、新人大会も引き続き全力を尽くします!応援よろしくお願いします!!

 ←3位入賞の若狭選手

【柔道部】インターハイ結果

 8月8日から津市産業スポーツセンターサオリ―ナで開催された平成30年度全国高等学校総合体育大会柔道競技に、本校から3名の選手が参加しました。期待の66kg級若狭選手はケガの影響もあって初戦敗退してしまいましたが、73kg級の別司選手が踏ん張り、3回戦まで駒を進めることができました。81kg級の喜成選手は初戦敗退したものの相手は今大会準優勝の選手で、力の差を感じさせないくらいに惜しい試合となりました。また別司選手はミニ国体でも優勝し、本国体の出場が決まりました。ジュニア体重別で全国へ行く若狭・平田両選手とともに、一つでもいい成績を残したいと思います。

  

【柔道部】北信越ジュニア柔道体重別選手権大会2階級制覇!

 昨日行われた平成30年度ジュニア柔道体重別選手権大会において奇跡が起こりました!先の北信越大会では3位に終わった60kg級平田匠がやってくれました!!

 

20歳以下の北信越のため、こちらのほうが全然価値が高い大会だったので大変うれしく思います。66kg級を全勝優勝した若狭と合わせて、2階級優勝したのは我が鶴来高校だけです。この勢いのままインターハイ、そして全国ジュニアへと道をつないでいきたいと思います。応援よろしくお願いします!

 

【柔道部】総体&北信越大会結果報告

 悔しさのあまり報告が遅れてしまいましたが、5月31日~6月2日に行われたインターハイ予選と、6月16日~17日に行われた北信越大会の結果を報告します。

<石川県高等学校総合体育大会柔道競技>
男子団体2位(決勝 鶴来1-1津幡、代表決定戦の末敗退)
男子個人60kg級 第2位 大谷甲斐斗 第3位 平田匠
    66kg級 第1位 若狭智也(インターハイ出場)
    73kg級 第1位 別司宝聖(インターハイ出場) 第2位 北浦亘征
    81kg級 第1位 喜成健斗(インターハイ出場) 第2位 藤田智大
    100kg級 第3位 大屋大樹
    100kg超級 第2位 松井拡樹
 
 ここに優勝旗の写真をアップできず不甲斐ない気持ちでいっぱいですが、団体戦では体格に差のある相手に対して最後まであきらめずに戦い抜いた選手たちは本当に鶴来高校の誇りです。



<第59回北信越高等学校柔道大会>
男子団体3位
男子個人60kg級 第3位 平田匠
    66kg級 第1位 若狭智也
    73kg級 第5位 別司宝聖
    81kg級 第5位 藤田智大

 総体の雪辱を誓って臨んだ北信越大会でしたが、3位という結果に終わりました。また新たな目標に向かって部員一同稽古に励んで参りたいと思います。保護者、OBはじめ、皆様の声援が力になりました。応援ありがとうございました。

【柔道部】最近の話題

 若狭選手が石川県体育協会より競技スポーツ部門柔道競技において優秀選手賞を受賞しました。この賞は昨年度全国大会で上位に入賞した選手にのみ贈られる大変栄誉ある賞で、若狭選手は昨年度の選抜大会で3位に入賞したことや東アジアカデで優勝した実績が評価されての表彰となりました。

  

 また、去年、白山市の事業で本校に来ていただいたエアロビの斎藤瑞希くんがワールドカップで見事優勝し、スポーツ庁へ表敬訪問したという報告を受けました。女子の北爪凛々さんも優勝し、日本初のアベック優勝並びにSKJエアロビック一所属での同時アベック優勝という快挙を成し遂げました。今年も本校に来てもらう予定なので、また詳細が決まったら報告したいと思います!

  

【柔道部】インターハイ予選に向けて

 今年のインターハイは三重県の津市で行われます。26日(土)に練習を終えた後、三重県の会場へ下見に向かいました。とても新しくて綺麗な会場でした。

  

 それから近くにある全国的に有名な伊勢神宮へ必勝祈願に行ってまいりました。生徒たちは神宮内にあるお宮さんにインターハイ予選で優勝できるよう心に誓っていました。また、空に向かって真っすぐそびえ立つ樹齢千何百年もの杉の大木に掌を合わせ、パワーをもらっている姿も見られました。

  
   

<インターハイ予選(総体)日程>
5/31(木)団体戦(9:30~開会式、9:50~試合開始予定)
6/1(金)個人戦(男子60・66級・女子)
6/2(土)個人戦(男子73・81・90・100・100超級)
※団体戦6名、個人戦32名出場予定
※優勝者は三重県で行われるインターハイの出場権獲得、5位以上は福井県で行われる北信越大会の出場権獲得。

 日頃から支援していただいている皆様の応援を力に変えて、チーム一丸となって優勝を勝ち取ってきます!

【柔道部】保護者会主催栄養会

 週末、30名の保護者に来ていただき、栄養会を開催しました。写真の豪華メニューは保護者に作っていただきました。中には柔道着に袖を通して稽古にも参加していただいたりと、大変ありがたい一日でした。生徒たちからお礼の校歌、その他の歌や出し物もあり、インターハイ予選に向け、チーム一丸となり挑んでいくことを誓い合いました。

  

【柔道部】卯辰山相撲大会に向けて

 20日の相撲大会に向けて、西南部道場で相撲の作法や身体作りを教えていただきました。卯辰山相撲大会での活躍はもちろんですが、柔道インターハイ予選での受けの強化と、大型選手との対戦を見据えた体幹強化、前に出る柔道につなげるための稽古、、、そんな意図も兼ねています。1回戦から3連覇を狙う埼玉栄高校など強豪校との対戦となりますが、胸を借りるつもりで全力でぶつかってきます!

  

【柔道部】栄養会

 中間考査前で部活動停止期間ではありますが、勉強会の傍ら、恒例の栄養会を開催しました。食材もみんなで調理します。もちろん味付けも!考査明けの20日(日)には卯辰山高校相撲金沢大会も開催され、我が部員が本校代表として出場します。怪我のしにくい丈夫な身体作りをしながら、総体後にはこのページに優勝旗をアップします!!応援よろしくお願いします!

   

【柔道部】柔道体重別選手権3階級制覇!

 5月6日(日)に石川県立武道館にて平成30年度石川県ジュニア柔道体重別選手権大会が開催されました。20歳以下(大学2年生まで)が出場するジュニアオリンピックカップの予選で、本校からは男子55kgで1年の出森陽大選手、60kg級で3年の平田匠選手、66kg級で3年の若狭智也選手が見事優勝し、北信越大会への出場権を獲得しました。3選手には北信越でも優勝し、全国への切符を勝ち取ってほしいと思います。課題の残る試合もありましたが、今後はインターハイ予選に向けて修正し、チーム鶴来一丸となってインターハイ出場権をもぎ取ってきます!!応援ありがとうございました。

  
左から66kg級優勝若狭智也、60kg級優勝平田匠、55kg級優勝出森陽大


上段左から73kg級3位北浦亘征、55kg級3位池田凜太郎、55kg級2位櫻井静流
下段左から66kg級優勝若狭智也、60kg級優勝平田匠、55kg級優勝出森陽大

【柔道部】春季大会

 4月22日に第26回石川県高等学校春季柔道大会が県立武道館で開催されました。本校からは3チームが出場しましたが、Aチームが準優勝、Bチームが3位という結果に終わりました。両チームとも津幡Aチームに敗退し、まだまだ実力が及ばなかった悔しさをかみしめながらも、インターハイ予選へ向けて闘志を新たにしていました。また別司宝聖選手(越前中出身)と北浦亘征(高尾台中出身)が優秀選手賞を受賞しました。次は来月に開催されるジュニア体重別選手権で結果を出せるよう、全力で稽古に励みます。

<結果>
決 勝 鶴来A 1-2 津幡A
準決勝 鶴来A 4-1 津幡B
    鶴来B 0-3 津幡A
鶴来Cは初戦敗退

※悔しすぎて写真を取り損ねました。以下は本校柔道場で撮影した入賞者たちです。

優秀選手賞を受賞した左:北浦選手と右:別司選手

【柔道部】大会のお知らせ

 松山新顧問と新1年生を迎え、ますます闘志に満ち溢れている柔道部ですが、新年度、近々開催される各種大会についてご案内します。

「第26回石川県高等学校春季柔道大会」
日時:平成30年4月22日(日)開会式9:30~
会場:石川県立武道館(金沢市小坂町西8-3)

※本校より3チーム出場します。
Aチームの大将(無差別級)は昨年度全国選抜大会で3位に入賞した若狭選手です。
自分より大きな相手にどんな戦いを繰り広げるかが見所です。

「平成30年度 石川県ジュニア柔道体重別選手権大会」
日時:平成30年5月6日(日) 開会式9:30~
会場:石川県立武道館(金沢市小坂町西8-3)


※20歳以下の大学生も参加する大会で、ジュニアオリンピックの県予選になります。
昨年度、全国大会で5位に入賞した平田選手に期待がかかります。

 どちらの戦いもインターハイ予選に向けての試金石となる大事な大会です。鶴高魂を忘れずに、全員が己に勝つ強い気持ちをもって臨んできます。応援よろしくお願いします!

【柔道部】最高な練習環境

 柔道場の蛍光灯が新しくなりました!
すべてLEDになり、とても明るく過ごしやすい環境になりました。

 また、練習会場を白山郷公園武道館に移したりなど、広い環境でより試合に近い練習を行っています。
 
 4月から春季大会・ジュニア予選・インターハイ予選と試合が続きます。
良い結果が残せるよう頑張っていきます!

【柔道部】春休み練習

 選手権も終わり、春休みに突入しました。

 今年は2グループに分かれて、練習を行っています。
 
 関東遠征組は国際武道大学にお邪魔して、武大杯・練習試合・稽古…関東のレベルの高い選手たちと汗を流しています。

 学校組は様々なトレーニング、稽古をしています。また、他校からも練習に来て頂いています。

 チームメイトが分かれての練習ですが、一人ひとりが目標に向かい日々前進しています!

【柔道部】全国大会66kg級2年連続3位入賞!

 3月20日、21日に東京の日本武道館で開催された第40回全国高等学校柔道選手権大会に、本校から66kg級に若狭智也選手(北辰中出身)、73kg級に別司宝聖選手(越前中出身)、81kg級に喜成健斗選手(高尾台中出身)の3名が出場しました。別司選手、喜成選手はともに初戦は突破しましたが、2回戦で惜しくも敗れてしまいました。昨年この大会で3位に入賞した若狭選手は、今年も3位入賞という快挙を成し遂げました!しかし、本人は昨年以上に悔しい思いをしているようで、次の新たなステージに向けて気持ちを切り替えていました。応援ありがとうございました。 

◆3位に入賞した若狭選手


◆山下全日本柔道連盟会長とともに

【柔道部】壮行式~感謝を胸に~


 3月15日に全校生徒が選手権に向けての壮行式を行ってくださいました。
 また、校舎の前にも懸垂幕が飾ってあります。たくさんのバックアップがあり、この場に立つことができています。

 きつい練習も一緒に乗り越えてきた仲間、応援してくれる鶴来高校、そして支えてくれる家族…感謝を忘れず鶴来高校を背負い、闘ってきます!
 
 3月20日、いざ決戦。日本一を目指して…
 応援よろしくお願い致します。

    

 

【柔道部】全国高等学校柔道選手権大会に向けて


3月20日・21日に第40回全国高等学校柔道選手権大会が開催されます。

それに伴い、田井学校長から激励の言葉をいただきました。
「最後まで粘り強く闘ってほしい」
 
校長先生からの言葉を胸に選手・指導者一同頑張ってきたいと思います。

【柔道部】3.11 東日本大震災

3.11 東日本大震災

東日本大震災で犠牲となられた皆様の御冥福を心よりお祈り申し上げます。

この日は忘れられない、そして決して忘れてはいけない日です。

新田先生が生徒に伝えた言葉です。
「悲しくても苦しくても、今を一生懸命に生きている人がいる。私たちは、柔道ができること、練習ができることに感謝し、精一杯生きなければならい。」

御冥福、そして復興のため黙祷を捧げさせていただきました。

鶴来高校柔道部。今を精一杯頑張ります。

今後復興に向け、支援させていただきたいと考えています。


 

【柔道部】気合い十分!

 外を見てみると、ラグビー部.野球部がグラウンドを駆け回っていました。

 選手たちはやっとかのようにイキイキと練習に励んでいました。

 柔道部も負けてられません。今日も外でトレーニングです。
 
       
                      選手権まで残り10日




【柔道部】トレーニング日和

 トレーニング日和の最高な天気です!
 
 白山ひめ神社・金釼宮での階段トレーニング、移動打ち込み、ランニング、ダッシュ…下半身強化してきました。
 
 選手権大会まで残り約2週間。目指すは日本一。てっぺん獲れるよう頑張ります!


【柔道部】第70回卒業式

 第70回卒業式が行われました。やはり、鶴来高校の卒業式は素晴らしい!準備や歌唱練習、たくさんの先生方・在校生が協力して作り上げたもの。感謝しています。
 
 柔道部からは3名の卒業生を送りました。3名という少ない人数で多くの後輩たちをまとめるなど3年間よく頑張ってくれたと思います。
 3年生を送る会では、2年生一人ひとりが感謝の言葉を述べていました。途中で涙ぐみ、3年生を送りだすさみしさを噛みしめながら話す者もいました。3年生は、3年間の想いを指導者、後輩たち、そして親に話してくれました。元主将の庄源くんが「失敗だらけの高校生活だった。でも、この失敗を成功につなげたい。」と強い気持ちを述べてくれました。その後に、学び舎に挨拶、柔道部全員で栄光の架橋を熱唱。涙が止まりませんでした。
 鶴来高校柔道部員であったことに誇りを持ち、これからの道を逞しく生きてほしいなと思います。

 【第70期卒業生:庄源理樹・野村雄磨・戸嶋英人】

【柔道部】ヨガ・ストレッチ講習会


講師のCHIEさんを招いて「ヨガ・ストレッチ講習会」を行いました。

CHIEさんは長年、東京でインストラクターを務め、現在は石川県でフリーインストラクターとしてご活躍中の先生です。

 

自分自身の体と向き合う時間、なにが足りないのか、どこを意識してストレッチを行うのか、そしてリラックスする時間として、また呼吸法など様々なことを丁寧にわかりやすく教えて下さいました。

1時間という短い時間でしたが、濃い時間を過ごすことができたのではないかと思います!

 選手たちには、今回の講習会で学んだことを生かし、自分自身でコンディションを整える力をつけて欲しいなと思います。

足元の悪い中ありがとうございました。常に笑顔で生徒と向き合ってくださり本当にCHIEさんには感謝です!


 

【柔道部】石川県高体連優秀選手表彰式

 29日に平成29年度石川県高等学校総合体育大会総合優秀校表彰式及び石川県高等学校体育連盟功労者・優秀選手表彰式がいしかわ総合スポーツセンターで行われました。この賞は、平成29年度における選抜大会、インターハイ、国体の全国大会3位以上に入賞した選手や指導にあたった指導者に与えられるものです。
 来賓で見えられていた石川県教育長の田中新太郎様から日頃の努力を労うお言葉をはじめ、東京オリンピック出場に向けての激励や、県民に対して勇気や希望を与えられるよう一層の精進、努力を重ねるとともに今後の活躍を期待したいと言葉を重ねられました。
 この賞に恥じないよう、一層気を引き締めて頑張っていきたいと思います!

【柔道部】レスリング合同練習会


北陵高校レスリング部、志賀高校レスリング部、ジュニアのみなさんとの合同練習会に参加させて頂きました!鶴来高校柔道部からは、1年生の辻くん・福瀬くん・畠くんが参加してきました。

川井先生、山下先生の全国トップレベルの練習はかなりハードでした...

他競技ですが、柔道につながる動きなど学ぶべきことがたくさんありました。たった半日の練習でしたが質の高い練習をさせて頂き、ジュニアの選手のみなさんの練習へ取り組む姿勢のよさを感じました。

お忙しい中、時間を作って下さりありがとうございます!またお邪魔させていただきたいと思います。


 

【柔道部】第40回全国高等学校選手権大会石川県予選

 1月20日、21日と石川県立武道館で第40回全国高等学校選手権大会石川県予選が行われました。
《試合結果》
●団体戦準優勝 鶴来高校
●個人戦
60kg級 第2位 平田匠 第3位 大谷甲斐斗
66kg級 第1位 若狭智也
73kg級 第1位 別司宝聖 第3位 北浦亘征
81kg級 第1位 喜成健斗 第2位 藤田智大

 団体戦、悔しい結果に終わりました。個人戦、悔しい想いをした者がたくさんいます。優勝を掴み取る厳しさを改めて感じました。一人ひとりが今回の大会での課題を克服し、悔しさを受けとめ、鶴来高校『ウルトラソウル』で頑張ります!ここが最終地点ではない。ここで腐らない。全部のタイトルを奪ってやる。強い気持ちを持ち、来年度を迎えたいと思います。
 優勝した3名は3月に行われます第40回全国高等学校選手権大会に出場します。鶴来高校の代表、石川県の代表として日本武道館の畳の上で闘ってきます。応援よろしくお願い致します。

  

【柔道部】鏡開き

 1月3日に本校柔道場において稽古始めが行われました。 粉雪舞い散る寒い日にも関わらず大勢のOB、OGにも来ていただき、約2時間爽やかな汗を流しました。
 稽古前に、藤田OB会長から「柔道をこよなく愛してほしい」と新春の挨拶がありました。稽古では社会人、大学生、地域の子供たちと本校部員たちと切磋琢磨する場面や、懐かしい道場の感覚をかみしめるような光景が感じとれました。見ている関係者、保護者も清々しい気分を味わえました。
 稽古が終了したあと、神前での礼拝が行われ、今年のそれぞれにおける活躍、健康を祈願しました。そして最後には保護者に作っていただいた鍋200人前を皆で美味しくいただきました。ご協力下さいました保護者の皆様、そして、足を運んで下さったOBの皆様に感謝申し上げます。皆様の想いをしっかりと受け止め、今年1年新たな気持ちで優勝目指し頑張って参ります。
 1月20日、21日には、全国高等学校選手権大会石川県大会が県立武道館で行われます。気を引き締め稽古に励んでいきたいと思います。
 2018年鶴来高校柔道部をよろしくお願い致します!

  

【柔道部】新人お疲れ&選手権頑張ろう会

 新人大会の翌週末、チーム全体で富山の雅楽倶という温泉に出かけました。関節を痛めた者もいたし、筋肉を痛めた者もいたし、優勝して個人的には賞賛された者もいましたが、負けて悔しい思いもたくさんしました。一度しっかりチームでコミュニケーションを図り、リフレッシュをしたいと思い決行された企画です。また、10月に若狭選手が東アジアカデで、台湾で優勝を成し遂げたことを受け、温泉帰りに台湾料理で食事会を催しました。みんなで台湾を味わい、若狭選手や新人大会の慰労をし、総勢 24名で良い時を過ごせました。疲れを取った後は、1月の選手権に向けてチーム一丸となり再び頑張りたいと思います。いつも応援ありがとうございます。

  

【柔道部】トレーニング講習会

 エアロビック現世界チャンピオン斉藤選手(SKJ所属)、そして日本代表コーチ杉原先生にお越しいただき、トレーニング講習会を行いました。白山市の坂田道場さん、鶴来道場さん、そして中学生から高校生までたくさんの方々が参加してくださいました。 講習内容として「柔軟性、体幹、体の連動性を高めるトレーニング」を行いました。2時間にもわたり、丁寧にご指導して下さいました。今までにやったことのない動きがあり、子供たちは苦戦しながらも笑顔が見られ、とても有意義な時間を過ごせたのではないかと思います!教わったことを今後に生かし、“続けて”いきたいと思います。本当にありがとうございました!

  

【柔道部】新人大会報告

 11/9(木)~11(土)と石川県高等学校新人体育大会柔道競技が行われました。

《結果》
●団体戦第2位
 Bリーグ1位通過
決勝トーナメント
 準々決勝   鶴来 3-1 県工
 準決勝      鶴来 5-0 星稜
 決勝戦    津幡  3-1  鶴来

●個人戦
 60kg級       第2位 大谷甲斐斗        第3位 平田匠
 66kg級       第1位 若狭智也
 73kg級       第1位 別司宝聖           第3位 北浦亘征
 81kg級       第1位 藤田智大
 90kg級     第3位 喜成健斗
  100kg級     第7位 芦谷尚紀
  100kg超級    第7位 堀下晟瀬           第7位 箕拓夢

 平日にも関わらず応援に来てくださった保護者の方々、OBの方々、先生方、また3日目には本校ラグビー部の仲間たちが応援に駆けつけてくださいました。とても力になりました。本当にありがとうございました!今回の新人戦は悔しい想いをした者がたくさんいます。1月に行われる選手権予選。チームが、そして1人でも多く、日本武道館の畳の上に立てるよう感謝を忘れず日々精進していきます。応援よろしくお願いします!

 

写真:各階級優勝者(66kg級、73kg級、81kg級)
  

【柔道部】保護者連絡会兼新人戦頑張ろう会

本日は保護者連絡会兼新人戦頑張ろう会でした。
みっちり練習した後、保護者の方々と一緒に白山比咩神社へ必勝祈願に行きました。
それぞれの想いを神様に誓い、自分自身に誓うことができたと思います。

  

その後は美味しい美味しい豚汁!やっぱりうまい!たくさん食べて元気モリモリです。

  

鶴来高校柔道部はたくさんのOBに支えられ、保護者の方々に支えられ本当に幸せです。感謝の気持ちを胸に、チーム一丸!自分、チームを信じて闘います!



負けられない闘いがここにある。
11/9・11/10・11/11いざ決戦。
場所:石川県立武道館
応援よろしくお願いします!
〝No Limit . 〟

【柔道部】ラグビー部応援

ラグビー部花園予選決勝。
応援団として柔道部も参加して来ました。
ラグビー部の勇姿をまじかで見ることができ、柔道部一同燃えています!
ラグビー部のガッツに負けず、柔道部も闘って来たいと思います!
11/9・11/10・11/11 いざ決戦。



【柔道部】全日本合宿参加

 北信越・関東ブロック合宿兼全日本合宿が栃木県大田原市の栃木体育館で始まりました。今日から柔道づけの3日間です。昼の稽古はもちろん、夜も栄養、メンタル、国際大会のビデオ視聴もあります。実りある合宿にしてきます。

  

【柔道部】東アジアカデ柔道選手権大会優勝!!

 若狭選手が台湾で開催された東アジアカデ選手権大会で見事優勝しました。男子ジュニアコーチの平野先生から「オール1本勝ちで、技も冴えてキレていた」との報告もいただきました。試合結果は以下の通りです。

 2回戦  VS タム(マカオ) 〇送襟締
 準決勝  VS リン(台湾)  〇反則勝
              (払腰一本が、相手ブリッジによる反則勝ち)
 決 勝  VS リアオ(台湾) 〇払腰

 今後も若狭選手だけでなく柔道部全員が頑張ります!

【柔道部】東アジアカデ激励費授与式

 今月20~25日に台湾で開催される東アジアカデ柔道選手権大会に日本代表として参加することが決定した若狭選手に、学校長より激励費とともに「落ち着いて取り組めば必ず優勝できる」という熱いエールもいただきました。期待に応えるべく世界へ羽ばたいてきます!

 

【柔道部】全日本ジュニア第5位!!

 9月9日~10日に、埼玉県立武道館において平成29年度JOCジュニアオリンピックカップ全日本ジュニア体重別選手権大会が行われ、北信越代表として男子55㎏級に本校から平田選手が出場しました。ベスト8まで勝ち進みましたが、3位決定戦で東海大学1年生に惜しくも敗れ、5位という結果に終わりました。しかし、大学3年生までが出場する大会で、高校2年で5位という成績はなかなか出せるものではありません。今後のさらなる成長に期待したいと思います。

  

【柔道部】インターハイベスト16

 報告が遅れましたが、8月8日~12日に福島県郡山総合体育館で行われた全国高等学校総合体育大会柔道競技大会に、男子個人で60㎏級平田選手と66㎏級若狭選手が出場しました。両名ともに初戦は勝利したものの、全国の壁の厚さに阻まれベスト16という結果に終わりました。しかし二人ともまだ2年生なので、今後の活躍に期待したいと思います。この悔しさをバネに全国の頂点を狙います!

 

【柔道部】筑波大学の夏のトレーニング合宿に参加

 群馬の草津国際スキー場に来ています。標高800メートル、濃霧の中、しかも急なゲレンデを、筑波大学のコーチ小野先生の指揮のもと、三時間走りこみダッシュを行い、大学生と共に競いあいました。途中「いつ終わるのか」「まだか」と苦しい場面もありましたが、気温18度にも助けられ、なんとか『鶴来魂』で乗り越えました。
 筑波大学柔道部は、本校の田井校長の母校であり、何十年か前の、校長先生の汗まみれの青春期を感じる清々しい時間でした。
 午後は3時半から柔道着を着て、打ち込みと、寝技の基本練習に明け暮れます!生徒たちは、日の丸を背負っている筑波大学の学生やOBと共に夢のような時間を過ごしています。
 この貴重な体験を今後の活動に繋げてくれることを信じています。

  

【柔道部】合同練習会

 今日は白山郷武道館で合同練習会を行いました。邑知中学校、小松大谷高校、泉丘高校の皆さんなど沢山の方に参加していただき、雰囲気のいい中で練習をすることができました。
 ただ、鶴来高校の選手たちはまだまだです。更に上のレベル目指し、質の高い稽古にしていきましょう!参加して下さった皆さん、本当にありがとうございました。


稽古後、「第1回鶴来高校柔道部釣り大会」を開催(○・∀・)ノ

相手を投げるイメージで釣竿を放っていました笑

仲良し3年生↓


平田「釣れたー!!!...わかめ。」↓


無駄な経験、無駄な時間などありません。たくさんのことを経験し、選手、指導者共々"日々成長"していきたいと思います。

【柔道部】北信越大会結果

 新潟で開催された北信越大会の結果は以下の通りです。

男子団体  5位

男子個人  60㎏級  5位 平田
      66㎏級  2位 若狭
      73㎏級  1位 別司  3位藤田
      90㎏級  5位 喜成

 73㎏級で優勝できたことは素直に嬉しいですが、団体を含め、あと一歩及ばぬ結果となり、悔しい思いをした選手の方が多い大会となりました。この後も北信越ジュニア、インターハイと大きい大会が控えているので、選手たちには無限の力、鶴高魂を胸に稽古に励んでもらいたいと思います。

  

【柔道部】西川・米沢スポーツ賞表彰式

 11日(日)に平成28年度西川・米沢スポーツ賞、石川県体育協会最優秀・優秀選手賞の表彰式が石川県総合スポーツセンターで行われました。この表彰は昨年度に行われた全国区の大会で、特に優秀な成績を収めた生徒に贈られる大変名誉ある賞です。
 冒頭、谷本県知事からの挨拶があり、本校からは昨年度全国高校柔道選手権大会で3位に入賞した若狭選手が表彰を受けました。この賞を励みに、今週末に行われる北信越大会でも、柔道部一丸となって上位入賞を目指して頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします!

  

【柔道部】県高校総体2017

 6月1日から3日まで、石川県立武道館にて県校総体が行われました。わが柔道部は団体優勝奪還を目指して、日々稽古に励んできましたが、決勝戦で宿敵津幡高校に1-3で敗れました。個人では60㎏級の平田と66㎏級の若狭がインターハイ出場を決めました。応援ありがとうございました。

男子団体 準優勝
決勝 対津幡3-1 若狭 優勢負け
          別司 引き分け  
          北浦 負け(横四方固め)
          石野 負け(横四方固め) 
          喜成 優勢勝ち

男子個人  60㎏級 優勝 平田  2位 庄源 
      66㎏級 優勝 若狭  
      73㎏級 3位 別司
       90kg級 2位 喜成   

平成29年度石川県ジュニア柔道体重別選手権大会

 5月7日、石川県立武道館において、平成29年度石川県ジュニア体重別選手権大会が開催されました。19歳以下の大会で、大学生も多数出場する中、本校は55㎏級で平田が1位、66㎏級で若狭が2位、73㎏級で別司が1位という結果でした。また、本校卒業生である北陸大学の谷内兄弟が60㎏、66㎏で優勝、金沢学院大の池本も3位入賞しました。
 優勝した平田、別司の二人は、7月9日に本県で開催される北信越大会に出場し、ここで優勝すれば9月の全日本ジュニアの出場権が得られます。北陸大学の谷内兄弟とともに頑張ってもらいたいと思います。

各階級の優勝者


鶴来高校関係の入賞者

春季大会

 4月23日、第25回石川県高等学校春季柔道大会が県立武道館で開催されました。
 団体戦のみの大会で、本校からはA~Cの3チームが出場しました。結果はAチームの3位のみに終わり、満足のいく結果ではありませんでした。しかし内容のあるいい試合もあり、多くの選手が成長につながる大会となりました。
 鶴高柔道部、また一からのスタートです。なお、庄源選手が優秀賞を受賞しました。応援ありがとうございました。

祝全国大会入賞懸垂幕設置

 3月の全国高校選手権大会3位、4月の全日本カデ選手権2位の若狭選手の健闘を讃えて、職員玄関前に懸垂幕を設置していただきました。ありがとうございました。
 4月下旬には春季大会、5月にはジュニア選手権、6月にはインターハイ予選と大会が立て続けに控えていますが、さらに柔道部一丸となって戦っていきたいと思います。応援よろしくお願いします!

平成29年度全日本カデ柔道体重別選手権大会

 昨年度のこの大会では初戦敗退した若狭選手ですが、今年は準優勝と成長を見せました。世界カデ選手権出場を目指し戦ってきましたが、残念ながら補欠という結果に。しかし全国の頂点まであと一つと迫り、確かな手ごたえを感じることができた大会でした。

  

北陵高校レスリング部と合同練習会

  今日は午前中に柔道の練習をみっちりしたあと、午後から北陵高校レスリング部の練習に参加させていただきました!これで2回目の参加となります。参加者は我が鶴来高校60kg級の3名です! 練習のスタートはなんと坂ダッシュ。そしてウォーミングアップはサーキットや柔道にはない動きの回転運動などハードな練習のスタートです! 北陵高校レスリング部監督の川合先生から柔道にも活用できる技や動きを教えてもらい、他競技の奥深さなど考え深い時間となりました。

↓「次のメニューは何かな...?」


↓スパーリング中、 競技は違いますが石川県で頑張っている仲間として良い刺激をもらいました。

 
 柔道部も負けてられません! 北陵高校レスリング部のみなさん、貴重なお時間をありがとうございました。そして暖かく迎えてくださり嬉しかったです!

最後にみんなで「ハイ、チーズ!(*´∀`*)」

名城大学にて出稽古中

 愛知県の名城大学へ出稽古に行きました。監督は、2015年講道館杯覇者の山本先生です。2011年、フランスパリ柔道世界選手権大会にて日本代表としての出場経験もあり、たくさんの稽古と技術指導をしていただきました。

  

全国3位!!

 3月19日に開催された第39回全国高等学校柔道選手権大会66㎏以下級に出場した若狭智也選手が3位に入賞しました。
 若狭選手は2回戦で開始30秒の内股一本勝ちを収めるなど、1回戦から準々決勝まで順調に勝ちベスト4に進出しました。準決勝では優勝した選手に惜しくも敗れたものの1年生での3位はよく健闘したと思います。
 目標である全国制覇を現実のものとするために、全国3位でも悔しさが湧き出る選手にしていかないといけないと思っています。色々、応援ありがとうございました。

  

石川県柔道選手権大会

 平成29年全日本柔道選手権大会の石川県予選で、本校柔道部OB三井亮祐(石川県警察)が準優勝、北村和也(金沢刑務所)が3位に入賞し、3月5日(日)の北信越予選に駒を進めました。
 北信越柔道選手権大会は、全日本柔道選手権大会の最終関門であり、上位2名が北信越代表として出場できます。両選手においては、是非ともこの2枚の切符を勝ち取ってほしいと思います。健闘をお祈りします。


左側2番目・三井選手、左側3番目・北村選手

第39回全国高校柔道選手権県大会

 20・21日の2日間、県立武道館を会場に全国高校柔道選手権の県大会が行われました。この大会の個人戦5階級の各優勝者と団体戦優勝校が、3月に東京・日本武道館で行われる全国大会に出場できます。
 本校からは-66kg級で優勝した若狭選手のみが全国大会への切符を手にし、全体としては悔しい結果となりました。しかし、この悔しさをバネに春季大会、総体へ向けて相手との差を詰め、必ずや優勝を奪還しようと顧問、部員一同熱く燃えています。今後も応援よろしくお願いします。
 なお、当日は足下の悪い中、ラグビー部をはじめたくさんの方に応援に来ていただきました。期待に応えられず不甲斐ない気持ちでいっぱいですが、本当に力になりました。ありがとうございました。

<大会結果>

男子団体 準優勝

男子個人 -60kg級 2位 庄源  3位 大谷・平田
     -66kg級 1位 若狭
     -73kg級 3位 別司
     無差別級   3位 喜成

鏡開き

ご挨拶が遅れましたがあけましておめでとうございます。
本年も鶴来高校柔道部をよろしくお願いいたします!!

さて、去る1月3日には毎年恒例の鏡開きが行われました。
来客者数120名と大変盛況で、熱気あふれる稽古で汗を流し、2017年の活躍を全員で誓いました。

新人大会

 遅れましたが先週行われた新人大会の結果をご報告します。

団体 第2位 (決勝 鶴来1-3津幡)

個人 60㎏級  2位  平田   匠
   66㎏級   優勝  若狭智也
   73㎏級    3位  別司宝聖
   90㎏級    2位  喜成健斗
   100㎏級     3位  大屋大樹

 団体では1-2と追い込まれた状態で大将戦となり、ここでも身体の大きい相手の払い腰に一本負けを喫しました。
 しかし、相手は5人中4人が2年生、こちらは全員1年生という布陣で臨み、手応えのある試合もできたと思っています。
 団体優勝奪還に向けて、頑張っていきます。

 

加賀地区大会

9月11日に小松桜木体育館にて第38回加賀地区高等学校柔道大会が行われました。
結果は団体戦で優勝、個人戦でも2人が優勝、1人が準優勝、4人が3位に入るなど、
まずまずの結果を収めることができました。とはいえ、新人戦へ向けて課題も見つかったので、
この新チームでさらに上を目指して精進していきたいと思います。応援ありがとうございました。

団体戦 優勝 鶴来4-1小松大谷

個人戦 -66kg級 優勝 若狭智也

                  3位  藤田智大

              3位  北浦亘征

       -90kg級    2位  喜成健斗

                  3位  石野裕也

      90kg超級   優勝 大屋大樹

                  3位  芦谷尚紀

インターハイベスト16!!

全国高等学校柔道大会に参加してきました!
7月29日に島根県入りし、インターハイ独特の緊張感の中で、30日に開会式が行われました。
警備が厳しく正面からの写真は撮れませんでしたが、
若狭は66㎏級石川県代表として堂々と入場行進をしました!
31日に行われた試合は
1回戦 優勢勝ち 対 阿波高校選手(徳島)
2回戦 縦四方固め 対 天理高校選手(奈良)
3回戦 指導負け 対 福岡大大濠高校選手(福岡)
と、3回戦で負けはしたものの、1年生でベスト16と健闘してくれました。
来年、再来年とさらに成長し、ぜひ優勝旗を掴んでほしいと思います。
応援してくださった皆様、ありがとうございました。

   

平成28年度北信越ジュニア柔道体重別選手権大会

谷内秀行、60㎏級で優勝しました!
ジュニア柔道体重別選手権とは20歳以下の選手で争われる大会で、大学生の参加も多いのですが、
谷内は大学3年生に勝利するなど、非常に頑張りを見せてくれました。
9月には全日本ジュニア体重別選手権大会が埼玉で開催されます。
応援よろしくお願いします!

石川県高校総体&北信越大会

6月2日から石川県立武道館で行われた県総体の結果は以下の通りです。

男子団体  2位
男子個人  60㎏級   準優勝 谷内秀行 3位  庄源理樹 5位   山本大生    
      66㎏級   優勝  若狭智也 3位  小林聖也    
      73㎏級   準優勝 吉田泰雅 5位  別司宝聖    
      81㎏級   3位      山田泰輔 5位  高橋智紀    
      90㎏級   5位      喜成健斗   
      100㎏超級 3位     池本力哉 5位 今井優
                                                                     (以上北信越出場)
      ※個人66㎏級で若狭選手がインターハイ出場を決めました。

 



また、県総体で優勝を逃した雪辱を果たすべく、6月17日からの北信越大会に行ってきました。
結果は、団体第3位に!!生徒たちがよく頑張りました!
個人では60㎏級で谷内秀行が優勝し、100kg超級で池本力哉が5位に入賞しました。
これからも少しでも上を目指して部員一丸となり精進していきたいと思います。

石川県ジュニア柔道体重別選手権大会

5月8日(日)に20歳以下の県チャンピオンを決める大会「石川県ジュニア柔道体重別選手権大会」が行われました。
結果は-60㎏級で3年谷内秀行が優勝、-55㎏級で1年平田匠が2位、-81㎏級で3年吉田祥也が3位でした。
優勝した谷内は、7月富山県で行われる北信越ジュニア選手権大会に出場します。
この北信越大会を勝ち抜いて、全国ジュニア選手権大会に出場できるよう頑張ります。

平成28年度全日本カデ(15~17)柔道体重別選手権大会

今春本校スポーツ科学コースに入学した若狭智也選手が
全日本カデ柔道体重別選手権大会66㎏級に出場しました。
結果は、初戦で京都学園高校1年の選手に大内刈りで1本負けでした。
若狭選手は「勝負は一瞬」の厳しさを痛感するとともに、ガムシャラさが必要だと反省していました。
日本で12名しか参加できない試合であり、全国に自分や鶴来高校をアピールしたいところでしたが、
今回それはなりませんでした。
この悔しさをバネに今後の飛躍に期待したいと思います。頑張れ若狭。

柔道部卒業式

平成27年度第68回石川県立鶴来高等学校卒業証書授与式「卒業式」がおこなわれ、
嶋崎元主将をはじめとする12名も、思い出深い学舎と柔道場に別れを惜しんだ。
後輩や、保護者の方々に感謝の言葉を述べ、それぞれの道に進む。
柔道部では、「送別会」を汗となみだを流した道場で恒例のセレモニーを行った❗
 

後輩を代表して、谷本主将、吉田副主将が送る言葉を❗
3年生一人一人が、後輩や保護者、新田、腰の指導者に謝辞を述べ、
鶴来高等学校柔道部を誇りに思う言葉を述べた。
感極まり、滝のように溢れ出す涙を噛み締めながら、
いつまでも名残り惜しく語っていた。
後輩から、色紙、顧問から、ネクタイと、青竹を贈られると、道場が、
(笑)の渦となった記念撮影、胴上げ、栄光の架け橋。
 

校歌を玄関前で全員で歌い上げた❗
最後に、校舎に感謝の言葉を残し、全員で一礼。
礼に始まり、礼に終わる柔道。鶴来高等学校の生徒らしく、別れを告げた。
 


顧問からの贈り物
大学で都会に行っても、自然豊かな鶴来は忘れないで、頑張れと願いを込めて、、、 
未来に続く真っ直ぐに伸びた道のごとく、
竹は、節目節目がしっかりとして、なかなか折れない!今日は、その一つの節目。
 

粘り強く、真っ直ぐ竹のように鶴来高校で学んだことを土台に飛躍してほしい!
という気持ちが入った贈り物です。

全国選抜大会石川県予選

24日に開催された全国選抜大会、石川県予選の結果を報告します。

男子団体 準優勝

男子個人 60kg級  2位 谷内
       73kg級  2位 吉田
       無差別級 3位 谷本

また一から鍛え直し、優勝奪還に向けて頑張りたいと思います。
応援よろしくお願いします!

新人大会結果報告

11月に行われた新人大会の結果を報告します。
直前に顧問の入院などのアクシデントがあったものの、団体は引き分け3 の0-2で準優勝、
個人では2つの階級を制覇することができました。
引退した3年生の指導や保護者の皆様の応援があってこその結果だと思います。
今後は選抜大会で、さらに良い結果を出せるように日々の練習を大切に頑張ります!

団体 準優勝
個人 100㎏超級 第3位 今井
      90㎏級 絵文字:良くできました OK優勝 谷本
            第2位 松永
      81㎏級 絵文字:良くできました OK優勝 山田
      73㎏級 第2位 伊藤       

 

加賀地区大会結果報告

新チームになって挑んだ9月の加賀地区高等学校柔道大会。
団体は優勝したものの、個人では成績が振るわなかった生徒もいました。

~加賀地区大会結果~

団体 絵文字:良くできました OK優勝!
個人 90㎏級 絵文字:良くできました OK優勝 谷本         66㎏級 3位 庄源 谷内
          2位 山田
          3位 吉田 吉田

北信越大会結果報告

柔道部は着実に力をつけて日々前進しております!
総体では準優勝に終わってしまいましたが、
その後開催された北信越大会では団体3位という結果を収めることができました!
また、インターハイ出場となった個人100kg級では全国ベスト16まで勝ち上がることができました。

高校総体 試合結果報告

平成27年度 石川県高等学校総合体育大会柔道競技

日時:6月4日(木)~6日(土)

場所:県立武道館

 

1日目は団体、2日目、3日目は個人。

【団体結果】(男子)

2位

惜しくも津幡に1-2で負けてしまいましたが、北信越大会へとつながるとてもいい試合内容となりました。
各個人が、次の目標に向けて強化ポイントを見つける内容でもありました。

 

(女子)

ベスト8

鶴来高校女子団体として、久々に参加し、人数が3人と少ないなか一致団結し、
良い試合を見せてくれました。

 

【個人結果】

1位

100kg級  山本 幹(3年)

 

3位

 73kg 級  吉田祥也(2年) 山田泰助(2年)

 90kg 級  島野公勝(3年)

100kg 級  曽我優太(3年)

100kg超級  池本力也(2年)

 

ベスト8

3年生 本田 島崎 田井 山田

2年生 吉田 谷本 谷内

平成27年度 石川県ジュニア柔道体重別選手権大会

「平成27年度 石川県ジュニア柔道体重別選手権大会」が5月10日(日)に県立武道館にて行われました。
男子:55.60.66.73.81.90.100.100超の8階級。
女子:44.48.52.57.63.70.78.78超の8階級です。

本校から16名の選手が出場しました。1年生にとっては初めての試合となり、3年生にとっては6月の総体に向けた大会として試合に臨みました。

【試合結果】
男子
 55kg級 第2位 庄源理樹(14H)
 73kg級 第3位 山田泰輔(24H)
100kg級 第2位 山本   幹(34H)
100kg級 第3位 曽賀優太(34H)

ベスト8位以上
100kg級超 大谷琢磨(34H)
 90kg級   島野公勝(34H)
 60kg級   本田  開(34H)

今回、女子はベストを出して試合内容としては良いものでした。

本校卒業生も活躍し、平成25年度卒業の谷本晃祐選手(北陸大)も90kg級で第2位になる活躍でした。卒業生の柔道を目の当たりに、生徒たちは刺激を受けていた様子でした。

また、6月の総体まであと約3週間となり、追い込んだ練習内容に加えトレーニングに生徒たちも練習に励んでいます。3年生の目標に向けて、指導もさらに充実すると思います。応援をよろしくお願いします。

第13回橘川杯高等学校練成大会

ゴールデンウィークの3日(日)~5日(火)に富山県小杉高等学校柔道部主催の「第13回橘川杯高等学校柔道練成大会」へ出場しました。初日は「橘川杯」で、7人制の部門と5人制の部門、女子の部門の3つに分かれて行いました。男子18校、女子13校の高校が集まり、リーグ戦から代表を決めトーナメント戦へ進む大会です。
本校からは男子3チーム、女子は、航空と県工との3校合同チームで出場しました。また、他校との合同練習もあり、普段出来ない相手と組手を交わし、汗を流してきました。
 一緒に小杉まで来て下さった保護者の方や前任の顧問も一丸となって、8月の全国高校総体へ向けてがんばっていきたいと思います。



【試合結果】
Aリーグ(7人制)対戦校:近江、東海大三、東海大甲府
2勝1負でリーグ戦2位通過
トーナメント戦
  初戦:鶴来 5-1 富山第一
二回戦:鶴来 2-4 東海大甲府
ベスト8入りしました。

Bリーグ(5人制)対戦校:徳島、富山国際
1勝1負でリーグ戦通過ならず

Cリーグ(5人制)対戦校:近江、学館新潟
0勝2負でリーグ戦通過ならず

女子の部(5人制)対戦校:津幡、近江、徳島北、小杉・福野(合同)、東京学館・東海三・豊栄
航空と県工の合同チームで出場
リーグ戦通過ならず

試合の内容は、60・66の生徒たちが二つ、三つ上の階級の選手に、一本や有効を取る生徒も見られました。女子も、怪我もありましたが、腰先生のおかげでワンランク上の柔道をするようになってきました。男子も女子も上の柔道を目指し、奈良県へ行きたいと思います!!!!

新年度初のトレーニングへ!!

新年度が始まり1週間が過ぎました!部活動への本登録はもう数日先ですが、1年生も部活動に参加しています。今年度は職員の異動があったため、顧問は新田、高木、腰の3人体制となりました。

今日は県内の優秀な成績を収めきた選手が、トレーニングしていた「階段」や「長い上り坂」の3か所回り、「優勝、そしてインターハイ」へ駆け上がるための壁を体験してきました。

金沢市営医王山スキー場の近くにある「医王山寺」に階段トレーニングにやってきました。ここは階段が「400段」もあろう場所です。見下ろしても先が見えない階段でした。

この上にはちょっとした広場もあり、そこで優勝の意を込めで校歌を歌いました。

向こうに見えるのは医王山のスキー場!!声が反射して響きがとてもきれいでした。
トレーニングは終わらず、この医王山寺の頂上から見たスキー場のゲレンデへ・・・・。

少し雪が残っていましたが、これがインターハイへの壁!と感じて、みんなで上り切りました!

帰りは隣のちょっと緩めの下り坂から・・・。すると、

まだ雪が残っていました。そこをみんなで滑って降りよう!!

春なのに雪滑り♪

最後はみんなで優勝!インターハイへの決意を固めました!!まだ優勝への壁は高く感じますが、顧問は生徒たちが優勝する実力を持っている信じています。心やさしい子供たちがを優勝へ導く努力をしていきたいと思います。

柔道部3年生9名の・・・

本日、「第67回卒業証書授与式」が行われました。

本校柔道部から9名が巣立ちの時を迎えました。1・2年生にとっては大切な3年生。
一つ一つの思い出がよみがえり、楽しかった事、つらかった事など、あふれんばかりの思い出にみんな別れをしのんでいました。
さびしいけど、次のステップへの目標や、残った1・2年生の思いであり卒業する3年生の成し得なかった「優勝」という誓いを立てた場でもありました。

3年生への思いをつづった色紙と「夢」と書かれた額縁をわたし、大学または社会人として自分の信じた夢を追いかけてほしいという気持ちを送りました。


最後に3年生のみんな「卒業おめでとう!!」

自分の夢と信じたもの感じて突き進め!!!!!

プランターの整理の手伝いをしました

卒業式や一般入試も近いことから、ラグビー部と共に校舎の周りにあるプランターの整理をしました。


雨や雪の水分を多く含んだプランターは筋トレ?にもなった様子でした。
プランターを運んだあとは線路側の植木の周辺に土を戻し、環境と清掃を通じてリフレッシュできたようでした。

次へと続くように・・・

先日、今後の目標を作成しました。

*逆光で見えにくいですねw

中央には「優勝」それを囲むように、3年生たちの今までの目標を。

周りに、向かって右は「身体の目標」。左にあるのは「心の目標」。


自分たちが掲げる目標に対して、2月、3月から春季大会へとつなげていきます。
また、明日から学年末考査もあり、文武両道を目標にも取り組んでいます。

練習風景

2月24日から学年末考査に入ります。柔道部では勉強会を開き、全員が満足できる成績と次につながるステップに向けて取り組んでいます。

2年生は進学または就職のために

1年生は夢や2年次へのステップへ


実力もつけつつ文武両道を目指し次への目標へ・・・・・・・・・・

第37回全国高等学校柔道選手権大会 石川県大会

1月24日(土)・25日(日)に「第37回全国高等学校柔道選手権大会 石川県大会」が行われました。

初日は個人戦で11月に行われた新人大会個人のベスト8以上の選手が選抜され、試合に挑みました。

個人では実力を半分ぐらいしか発揮出ず、本来勝てる相手に苦戦を強いられました。

二日目は団体戦。初戦は「星稜」。二回戦は「羽咋工業」。準決勝は「県立工業」。決勝では「津幡」と対戦しました。今回の団体戦は勝ち抜き戦で行われました。

初戦・二回戦は順当に進み、県立工業戦では中学時代に完敗していた選手にも実力で勝ち進めました。

決勝では関節技や投げ技で一本取るなど、相手の副将まで引き出しましたが、敗れてしまいました。


結果
個人:90kg級 3位 嶋崎義起 島野公勝
    無差別級 2位 山本幹

団体:準優勝

新年!!

新年。明けましておめでとうございます!!今年もよろしくお願い申し上げます。

本校柔道部もこの日から新年度の練習を始動しました。
鏡開きにあたって多くのOBや保護者の方に集まっていただきありがとうございました!