チーム邑知日記

日々の活動より

羽咋市PTA連合会研究発表会及び実践報告書の掲載について

 令和2年度の羽咋市PTA連合会研究発表会は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため従来の集会形式の発表は行わず、実践報告書の配付をもって発表会に代えさせていただくこととなりました。

発表校である粟ノ保小学校の実践を本校ホームページにも掲載させていただきます。

01 R2 羽咋市立粟ノ保小学校PTA研究(概要).pdf

02 R2 羽咋市立粟ノ保小学校PTA研究(スライド).pdf

夢の語らい青春トーク

2月4日(火)
   羽咋ライオンズクラブのお世話で、今年も「夢の語らい・青春トーク」が本校で行われました。今年は金沢医科大学病院看護師の金田沙紀さんと、羽咋市役所職員の山中敬太さんをお迎えし、現在の職業に就くまでの経緯や中学校時代の思い出などを語っていただきました。お話を聴いた後、生徒からは今の自分たちとつなげながら苦労したことや目標達成のために心がけていることなどさらに知りたいことを率直に質問し、応えていただいたことに再度、自分の考えを返す「一往復半」のやりとりをしていました。
 残念ながらこの日、インフルエンザの影響で、直接お話を聴けなかった2年生には、金田さん山中さんから温かいメッセージもいただき、13日に延期となった立志の集いで披露する予定になっています。

校内書初め大会

1月8日
    恒例となっている校内書初め大会が、各学年に分かれ行われました。
    令和の元号となり、初めての書初め大会でしたが、生徒は国語の授業や冬休みの間の練習の成果を活かし、手本に忠実に一点一画を大切にしながら、新年の意気込みを作品に込めていました。

石川県エコリサイクル活動 授賞式

   12月28日石川県庁でエコリサイクル活動に積極的に取り組んでいる県内の団体を表彰する式典が行われました。その中で、県内中学校では唯一、本校のこれまでの取組が認められ、金賞を受賞することができました。
   当日は生徒代表として、3年松本宗一郎さんと長野紘昌さんが谷本県知事より金賞受賞の目録をいただき、本校の活動の概要を発表させていただきました。地域の協力で長年続けてきた資源回収や生徒会スローガンを花文字にして校庭に植える環境整備活動など、日ごろ当たりまえのこととして地道に取り組んできたことが高く評価され、改めてエコ活動の意義を全校で再認識するよい機会となりました。

11月4日学校公開

県教育委員会が県下一斉に教育ウィークと定めている11月第1週のこの日、本校でも授業参観と非行・被害防止講座を行いました。11月3日文化の日の振替休日でもあり、保護者の方々がたくさんご来校くださいました。
この日は、総合的な学習の時間の中でこれまで取り組んできたことを発表しました。
1年生は「地域を知る」をテーマに羽咋の産業や伝統・文化、観光など分野を分けてそれぞれの課題を追求した成果についてグループで発表しました。
2年生は「地域に学ぶ」をテーマに7月に行ったわく・ワーク体験(職場体験)で学んだことを、それぞれの職場ごとに発表しました。
そして、3年生は「地域に生きる」をテーマに、羽咋市が現在進めている羽咋駅前の旧「マルシェ」跡地の再開発について個々の視点から考案したプランについて発表しました。
どの学年も地域に出て実際にインタビューやアンケート、2年生は体験したことを基にして、分かり易く発表することができました。
特に3年生は立案の段階からアドバイスをくださっていた市役所の駅周辺開発事業担当の方々からお褒めの言葉もいただき、充実した発表会となりました。
また、非行・被害防止講座では、スマートフォンやタブレット端末などの通信機器の利用について、アメリカの母から子に示されたスマホを使うための「18の約束」をもとに、優先的に守るべきルールについてグループに分かれ話し合い、全体に発表しながら考えを深めていきました。発表では、自己を危険から守るための約束や他の人を傷つけないためのルールを優先に考える意見が多数出て、便利さと危険さの両面について再確認できました。
講座には保護者や学校評議員の方々もグループに入って話し合いに参加してくださいました。その中で、それぞれの立場から率直なご意見も聞かれ、とても有意義な講座となりました。

10月19日㈯邑中祭

「飛笑 翔け上がれsmile spark!」をテーマに第35回邑中祭が開催されました。
オープニングは生徒会執行部や有志による寸劇で、邑中祭に向けて全校で盛り上げていこうという気運を高めました。
まず壁画発表では、各学年がどのような思いを込めて壁画を制作してきたか、代表者が分かりやすく紹介してくれました。
その後のスピーチコンテストでは各学年から選抜された代表者6名が日頃の中学校生活を振り返り、これからに向けて前向きに成長していこうという発表を堂々と行いました。
そして合唱コンクールでは3年生は最後の年にかける熱い思いを美しいハーモニーで表現してくれました。2年生は「ふるさと」をアカペラで歌い、練習の成果を披露しました。1年生は緊張も見せず、軽快な曲にのせ、元気な歌声を聞かせてくれました。
午前の活動のあとの昼食・委員会コーナーでは、今年初めて地元でカフェを営業している「るるるん・ち」さんのご協力で邑中生も参加しながらケーキやコーヒーの販売を行うことができました。
午後は有志によるステージ発表や生徒会執行部による企画などが行われ、たくさんのお客様とともに充実した邑中祭を展開することができました。

2年生技術科授業(プログラミング教室)

10月9日㈭
2年生の技術の授業の一環として、石川工業高等専門学校の越野先生と、その教え子で、若くしてゲーム制作会社を立ち上げ活躍されている寺本さんをお招きして、プログラミング教室が開かれました。
最初にプログラミングの開発や現在どのような分野でプログラミングが活かされているのか、また、これからどのように活用されていくかなどについて、越野先生から教えていただきました。
その後、実際のプログラミング機能を使って 、物や人の顔などをどのぐらい認識できるかについて生徒も参加しながら実験し、その精度の高さに生徒からは「おおっ」という感動の声も聞かれる程でした。
最後に寺本さんの会社が開発したゲームソフトを利用して、個々にゲームのプログラミングをデザインし、実践しながらそのおもしろさを体験しました。
これからの社会では人工知能をうまく活用し、様々な分野で効果的に使いこなす力が必要になってくるということを学ぶ貴重な機会となりました。

体育祭

令和元年度邑知中学校体育祭が本校体育館で開催されました。
今年のテーマは「完全燃焼 ~魅せつけろ邑知魂~」でした。全校生徒が笑顔で競い合い、協力し合い、思い出に残る体育祭にしようと頑張りました。
特に赤・黄・青団による応援合戦では、夏休み中から練習を重ねてきた成果を披露し、ご来賓の方々や保護者の皆さんの温かい拍手を受けていました。また、競技種目も各委員会が趣向を凝らし、白熱した場面や笑いを誘う場面など大いに盛り上がりました。
邑中生の一人一人が、選手として、また競技の補助員として、そして応援団員として率先して活動し、中身の濃い行事へと創り上げてくれました。
どのシーンにもみんなの笑顔があふれる思い出深い一日となりました。

JAPAN TENT~令和元年8月23日~

 8月23日()、今年も羽咋市教育委員会生涯学習課のお世話で、ジャパンテントに参加した台湾、ブラジルをはじめ,ウガンダ,スペインなど,世界6カ国から留学生8人をお迎えしました。

当日は8人のアテンダント(ボランティア生徒)が中心となり,本校での体験のお手伝いをしました。弓道の実技体験では、自国で体験することができないとのことで、留学生はとても興味深く体験していました。また、切り絵によるうちわづくりでは、生徒が作成のお手伝いをしながら日本の「和」を感じ取っていただきました。

当日、生徒は可能な限り英語を使って留学生に説明しており、身振り手振りを交えながらも様々な場面で生徒と留学生の楽しそうな笑い声が聞こえていました。生徒にとっては英語が世界の共通語であることや英語を使うことで世界中の人々と親しくなれることをまさに体験できた時間でした。

2年生 わく・ワーク体験

7月24日~25日の3日間(事業所によっては2日間),2年生はわく・ワーク体験を行いました。この活動は2年生が校外に出て、実際に職場で働く体験をさせていただくことで働くことの大切さやむずかしさを学ぶとともに、自分の将来への夢や展望、適性などを考える貴重な機会となっています。
本校では、体験当日に至るまでに、心構えや社会人としてのマナーなども学び、準備を重ねてきました。生徒たちにとってこの経験を通して学校の中だけでは学べない様々なことを教えていただく貴重な機会となりました。
なお、わく・ワーク体験で学んだことの報告会を教育ウィークの11月4日(月)に行う予定になっています。
快く受け入れて下さった職場の皆様には、お忙しい中、本当にお世話になりました。
感謝申し上げます。

親子奉仕作業、資源回収

6月23日(日)
当日の天候が危ぶまれる中でしたが、無事親子奉仕作業と資源回収が行われました。
早朝より生徒玄関前に集合し、PTA企画委員長能山さんの指示で各地区に分かれて作業が開始されました。
広い校地の至るところから草刈機の音が鳴り響き、手際よく刈られた草が集められました。見渡す限り草が茂っていた校地内でしたが、作業後はすっきりと整備され環境のよい中で活動ができるように整えられました。
引き続き、各地区の家々から出していただいた新聞や雑誌等の資源の回収がPTA会員と中学生の力で行われました。この収益は例年、学校の教育活動に役立てられています。昨年度は、冷水器と除雪機の購入に充てました。
例年、邑知地区の皆さまによって本校の教育を支えて頂いていることを実感する活動です。
親子奉仕作業にご参加頂いたPTA会員の皆様、そして資源回収にご協力頂いた地域の皆様に深く感謝申し上げます。

    

唐戸山相撲大会

6月4日(火)
例年になく暑い日が続いていた6月初旬でしたが、今年も唐戸山相撲場で第58回羽咋郡市中学校相撲大会が開催されました。
邑知中学校は午前中の団体戦では予選第1位で通過し、全校による応援にも熱が入りました。
今年の応援団は熱中症の対策もあり、背中に「らしくあれ」の校訓を入れたスクールカラーのえんじ色のTシャツで揃えました。
生徒会が新しく考えた応援歌もリズムよく、選手の背中を力強く押す、まとまりのある応援ができました。
決勝では惜しくも志賀中学校に敗れましたが結果は準優勝というすばらしい成績でした。
また、個人戦では、2年生藤岡響基さんが3位と大健闘しました。
邑知中学校の選手の健闘と全校生徒によるまとまりのある応援で締めくくった思い出に残る相撲大会となりました。



あゆみ・ルーク氏来校

羽咋市出身でアメリカシアトル在住のあゆみ・ルーク氏が本校に来られ、ご自身がアメリカに住まわれるようになった経緯やシアトルでの生活について、たくさんの画像とともに全校生徒に紹介して下さいました。
羽咋市教育委員会では次年度、あゆみ・ルーク氏のお世話でホームステイの計画を立てています。対象は羽咋市内中学校に在籍する現1,2年で英語検定3級以上を取得していることが条件となる予定です。
来校時の講演では、自然豊かでありながらシアトルマリナーズの本拠地であり、大企業の本社も多く集まっている魅力的な都市であることも紹介されました。
講演後、生徒からは「英語でコミュニケーションをとることに自信がないのですが大丈夫ですか」などと質問がいくつも出され、ルーク氏からは自身の経験をもとに「失敗を恐れずチャレンジすることの大切さ」を分かり易く説明して下さいました。
講演を聴いての感想では、勇気をもって英語を使い多くの人とふれ合うことで世界観を広げたいという内容のものやシアトルに行ってみたいという言葉もたくさん見られました。

4/24(木)~26(金)修学旅行

3年生は10連休前の三日間東京方面へ修学旅行に行ってきました。
1日目は、北陸新幹線かがやきで上野駅まで行き、上野動物園と国会議事堂、東京スカイツリーを見学しました。動物園では広い敷地内をじっくり散策し、ジャイアントパンダの親子シンシンとシャンシャンに会えた生徒もいたようです。また、国会議事堂では、議場傍聴席に座り、議会の説明も聞くことができました。夕方からは東京スカイツリーに上り、東京の景色を楽しみました。
2日目は事前にプランを考えていた自主プランに挑戦し、グループごとに東京の様々な名所をめぐりました。どのグループもきまりをまもり、安全に自主プランを行うことができました。午後から夜にかけて、楽しみにしていた東京ディズニーランドで様々なアトラクションに乗り友達とのすてきな思い出を作りました。
3日目は今年初めて行く東京英語村で、英会話だけで様々な仮想場面が体験できる活動をしました。エージェンシーのガイドのもと、英語だけでコミュニケーションをとる楽しみが実感できたようでした。
全行程、けがや病気もせず、全員がよい思い出を作ることができました。 



第35回入学式が行われました

4月5日(金)
  この日は春の嵐のような風の強い日でしたが、入学式が始まる午後には、和かな日射しも増し、春らしい陽気となりました。
   新入生27名は少し緊張した様子でしたが、2・3年生や式に参列された方々から温かな拍手で迎えられ、堂々と式に臨むことができました。まず、学校長の式辞では、中学校3年間は人生の黄金期といわれ、子どもから大人へと成長著しい大切な時期であり、多くの経験を通して自分らしさを大切にしながら有意義な3年間にしてほしいというお話がありました。その後、羽咋市教育委員会木谷千惠子教育長職務代理者からは、告辞の中で「笑顔」「挨拶」「返事」を心がけ、新たな歴史と伝統を築いてほしいとのお言葉を頂きました。また、本江勝則PTA会長からは、自分の言動に責任をもち、かけがえのない仲間とともに3年間を大切にすごしてほしいというお祝いの言葉を頂きました。
  その後、新入生代表能山雄登さんが、中学校生活すべての活動に積極的に挑戦し、ねばり強くとりくむことを誓いました。そして最後に生徒代表3年生徒会長栁浦正太朗さんが、共に頑張っていきましょうと新入生に呼びかけ、全校で校歌を斉唱し式をしめくくりました。


        

       

第34回卒業証書授与式

3月8日(金)
   朝方ちらついた雪も、生徒たちが登校する頃には、すっかり春の陽光に変わり、暖かい日差しの中で本校の第34回卒業証書授与式が行われました。
 たくさんのご来賓をお迎えし、厳粛な雰囲気の中で始まった式でしたが、卒業生たちは、たくさんのお祝いの言葉や励ましのメッセージに、歩んできた3年間を思い返し、またこれからに思いを馳せながら感慨深い様子で聞き入っていました。その後、在校生代表多田千紘さんの送辞では、これまで導いてもらった先輩方への感謝の気持ちと先輩の思いを受け継ぎ、邑知中学校を盛り上げていこうという意気込みが伝えられました。そして、卒業生代表杉浦正汰さんの答辞では、1年生当時、二つの学級で始まった中学生活が2年生では一つの学級となり、それぞれの個性を受け止めながら共に成長してきたことが語られました。式の最後は、卒業生の歌「ありがとう」「仰げば尊し」、在校生の歌「思い出は空に」そして最後に会場全体で校歌を合唱し、式を閉じました。
 式終了後、3年生教室では、保護者の皆様も交じって、学級担任から一人一人に卒業証書が手渡されました。
 その後、在校生、保護者、ご家族の皆様と本校職員が生徒玄関で見送る中、3年間の思い出を抱えた38人は、皆晴れやかな表情で通い慣れた校舎を後に、それぞれの道へと旅立っていきました。

立志の集い・青春トーク

2月5日(火)
この日2年生の立志をお祝いする集いが行われました。最初に学校長から立志の節目を祝い、成人となる心構えについてお話がありました。その後、2年生全員がこの日を迎えるに当たり、思いを作文にした中から、代表の6名が壇上で立志の作文を発表しました。
今現在の自分について、客観的な目でとらえ、その上で夢や生き方、将来への展望、そして家族や周りで支えてくださっている方々への感謝の気持ちを伝えました。会場には、保護者の方も参加してくださり、厳かな中にも温かな式となりました。
立志の集いの後、羽咋ライオンズクラブの皆様のお世話で、「夢の語らい青春トーク」が全校を対象に行われました。会では、県内で中高生を対象に、働く意義や様々な情報を提供してくださっている刊行誌「さくらノート」の編集者中山貴之氏がコーディネーターとなってトークショーが行われました。
お話して下さったのは、本校卒業生で石川県職員の岩城祐次さんとかほく市新化こども園の川口祥子さんでした。中山さんの司会で、お二人から現在の仕事のことや生き方のことなど率直なお話をお聞きすることができ、生徒たちは自分たちの将来を思い描きながら興味深くお二人のお話に耳を傾けていました。
2年生にとって節目となる記念の日に、全校で貴重なお話をお聞きでき、大変有意義な時間となりました。

     

法律について考える学習会

1月25日(土)
羽咋市商業協同組合のお世話で羽咋市出身の弁護士、長瀬貴志氏に「法律を考える」をテーマにお話をしていただきました。
この日の講演は現在の2年生が18歳になる時に、成年年齢が18歳に引き下げられることに伴い、対象となる2年生に向けて企画されました。
当日は2年生から予め質問されたことに応える形で進められ、法律という難しい内容を分り易く身近な例に置き換えながらお話してくださいました。
法律が社会の仕組を守るためにあることや罪と見なされるための根拠が「行為」「結果」その「因果関係」という客観面に加え「内心」というその行為を起こした本人の思いにまでふみこんで判断されるということを具体例を上げながら説明してくださいました。
また、この「内心」の部分には一人一人の道徳性が大きく関わっており、「自分がされていやなことは人にしない」という視点が大切であるということもくり返しお話されていました。
2022年には社会的に成人として見なされる2年生にとってこの学習会が自覚を促すよいきっかけになればと思います。

平成31年度がはじまりました

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
3学期始業式の本日、体調不良による若干の欠席者はいましたが、ほぼ全員が元気に登校できました。
始業式の中で学校長より、失敗はだれにでもあるが、失敗の次の行動が人間の真価を決めるという話と『学びて思わざればればすなわちくらし、思いて学ばざればすなわちあやうし』という孔子の言葉を引用し知識を得ることと、自ら考えることの二つを意識して生活してほしいということが話されました。
その後の書き初め競書会では1年は「不言実行」2年は「新たな目標」3年は「無限の可能性」という文字を毛筆でしたため、各階の廊下に掲示しました。また書き初めのあと、1、2年生は今年の漢字一文字を各自が考え、毛筆で書きながら気持ちも新たに3学期第一日目を過ごしました。



邑知ふれあいセンターピアノお披露目会に参加しました

12月9日(日)
邑知ふれあいセンター(邑知公民館)へ地元の公益財団平昭七記念財団よりグランドピアノが寄贈され、そのお披露目会で本校2年生が合唱曲「生きている証」を歌わせていただきました。財団の方をはじめたくさんのご来賓や地域の皆さんを前に、2年生は緊張しながらも、精一杯の歌声で合唱することができ、会場からは温かな拍手をいただきました。
地域の一員として、これからもコミュニティの中心としてお世話になる邑知ふれあいセンターの催しに貢献できたことは、生徒たちにとっても貴重な経験となりました。

   

人権作文コンクール感謝状をいただきました

12月5日(水)
法務省及び全国人権擁護委員連合会が主催する人権作文コンクールに多大な協力を行ったということで感謝状をいただきました。
本校では人権作文への出品は毎年行っていて、今年は3年生の安藤正景さんと中越優里さんが優秀作品に選ばれました。12月4日には市役所で市内中学生の表彰式が行われ、引き続き5日の日に、本校で法務省金沢地方法務局七尾支局長より直々に感謝状が贈られました。
人権意識の高揚は社会生活を支える大切な基盤となります。いじめや児童虐待など一人一人の権利に対する公正な目を養うよい機会として、人権作文への取組は今後も続けていきたいと思います。

おいしい「のと米」をいただきました

12月5日(水)
JAはくい邑知支店のご好意で、こしひかり「のと米」の新米をご提供いだだきました。
この日の給食に間に合うようにと、JAはくい女性部のみなさんが一つ一つ手作りでおにぎりをにぎってくださり、食べ易いように一人ずつのパックに詰めてもってきてくださいました。
給食をいただく前にJAはくい邑知支店長の西部さんから安全でおいしい選りすぐりのこしひかりだけが「のと米」ブランドの名前で市場に出ることや、契約農家のみなさんは厳しい基準をクリアするため、日々努力を重ね、お米が作られていることについてお話してくださいました。
感謝をこめて生徒会長の杉浦正汰さんが、お礼のことばを述べ、みんなでおいしくいただきました。

OYEM:英語で楽しむ小中連携の英語活動

 11月27日(火)
OYEM(Ouchi・Yoki・ English・Meeting)
 邑知中校区の小学校、邑知小学校と余喜小学校の6年生を招いて本校の1年生が、英語で楽しむOYEMの会を開きました。
 まず全員が体育館に集合し、4~5人のグループに分かれ、それぞれのグループで英語で自己紹介をしました。次にALTのマシュー先生が中心となって、簡単な前置詞の使い方について練習しました。映像を使い、歌いながらのレッスンに、初めは緊張していた小学生も次第にグループのメンバーと打ち解けていきました。その後、中学校の校舎をめぐりながら「〇〇教室はどこにある?」と英語を使って中学1年生にたずね、教室をさがしあてるゲームを行いました。目的地にたどりつき、1年生からカードをもらうと、満足そうに笑顔を見せる小学生たちでした。
 子供たちは、日頃各校で勉強している英語を使ってお互いの意思が伝え合えたことで、英語を学ぶ楽しみが実感できたようでした。