日誌

2020・2019年度 学校行事・日誌

国立新豊高級中学来校

   12月17日(火)、国立新豊高級中学から、陳恵珍校長、張学務主任の先生、そして生徒21名の皆さんが来校されました。
 歓迎会では、本校の江尻校長が中国語で、二水高校生徒代表は英語で歓迎の挨拶をしました。それに対し、陳校長は英語と中国語で、新豊高級中学の生徒代表は日本語で挨拶をされました。友好の印として両校校長が記念品の交換を行いました。
 続いて、本校の生徒はバイオリンの演奏と合唱を、新豊高級中学の生徒はダンスパフォーマンスとウクレレ演奏を披露しました。ダンスでは本校生徒も加わり、息の合ったダンスで盛り上がりました。
 本校生徒の案内で校舎を見学した後、第6限は英語の授業に参加、第7限は書道と茶道の活動に参加しました。
 茶道体験では江尻校長のお点前で陳校長をもてなしました。新豊高級中学の生徒たちも、本校の生徒が点てたお抹茶をいただいた後、実際にお抹茶を点てる体験をしました。書道体験ではミニ屏風に筆ペンで好きな漢字を書きました。漢字を通して、お互いの文化の違いについて活発に楽しそうに意見交換をしていました。『源氏物語』や『紅楼夢』などの単語も飛び出していました。本校の生徒が中国語で通訳を務める場面もありました。
 二水高校の11月の修学旅行では新豊高級中学を訪問し、交流を通してグローバルな視点を養っています。

 最後に、本校生徒から記念品を贈り、新豊高級中学の皆さんをお見送りしました。両校の生徒たちは大変別れがたい様子でした。
 
                         

生き方セミナーが行われました

10月11日(金)午後、今年度の『生き方セミナー』が開催されました。

このセミナーは、「青年期の生き方・あり方について考え、社会に対する認識を深めるとともに、自己の将来を考える良い機会とする」ことを目的に、毎年開催している講演会です。

今年度は、慶應義塾大学総合政策学部より上山信一教授を講師としてお迎えし、

『 どうやっていろんなものをつないでいくか? 
       ― これからの世界・日本・あなた ― 』

と題する講演をしていただきました。全校生徒、職員、同窓生、合わせて約1300名が講演を拝聴しました。

 

                 

国立政治大学附属高級中学来校

 11月6日(水)に、台湾の国立政治大学附属高級中学から、張校長、陳学務主任の両先生、そして生徒22名の皆さんが来校されました。
 歓迎会では、本校の江尻校長が中国語で、二水高校生徒代表は英語で歓迎の挨拶をしました。それに対し、張校長は中国語で、附属高級中学の生徒の皆さんは日本語で挨拶をされました。続いて、お互いが学校の紹介を行い、歌を披露しあいました。生徒たちは、まさにグローバルな時間を実感したのではないでしょうか。
 
そののち両校生徒たちは教室へ移動、2年生の授業に参加し、英語で自己紹介の後、地域や文化を紹介しあうなど、活発に交流を行いました。限られた時間でしたが、友好を深める良い機会になりました。

    
   

1年保護者対象進路説明会

9月28日(土)に1年生保護者を対象とした進路説明会を実施しました。お忙しい中、300名以上の保護者の方にお越しいただきました。ご参加ありがとうございました。
内容は以下の通りです。

 ① 文理選択について
 ② 人文・自然科学コースについて
 ③ 進路について
 ④ 進路講演「これからの社会をふまえた今、大切にしたいこと」
    (株)リクルートマーケティングパートナーズ
    まなび事業本部 教育機関支援統括部 支援企画部
    専任講師 相田 一成 氏
 ⑤ 1年生のこれまでの状況について

今後も引き続き、1年学年団で一致団結し、1年生をサポートしていきますので、ご協力の程、よろしくお願いいたします。


教頭による挨拶の様子


説明会の様子