子どもたちのようす

子どもたちの成長の足跡

向粟崎小学校の廊下には、どの学年も大きな模造紙が掲示してあります。

模造紙の下には、「4月」「5月」・・・「3月」となにやら年表のような表示が。

実は、これは学年の「成長年表」です。

学年の発達段階に応じた学年目標や成長を促すキーワードが掲示してあったりします。成長を感じた行事や体験・学習などの写真と共に1年間の歩みを少しずつ積み重ねていくようになっています。

少しずつ自分たちの成長の足跡が残っていくので、見ていても楽しいですね。

 

人権の花を植えました(園芸委員会)

火曜日の委員会の日に、園芸委員会の子どもたちに人権擁護委員の方から「人権の花」をいただきました。最初に、絵本の読み聞かせと「人権」についてのお話をしていただきました。お話のあと、委員長が代表してお花の苗を受け取りました。

そして、みんなで力を合わせて花の苗を植えました。

色とりどりになるようにと、苗の配置を考えながら植えていました。

今まで寂しかった学校前の花壇が、とても明るくなりました。

8月7日まで続く1学期。学校に来ると明るい花々がみんなを迎えてくれて暑い夏に負けないような元気を分けてくれるかもしれませんね。

 

 

 

理科・実験 4月に植えたジャガイモを収穫しました!

 6年生の理科の学習で使うジャガイモを収穫しました。4月の休校前にみんなで植えた苗がすくすくと育ち、たくさんのジャガイモをつけていました。最初は、「虫だ」「手で掘るんですか」と言っていたみんなでしたが、最後は「今すぐ食べたい」「ポテトチップス祭りだ」と、収穫祭さながらの盛り上がりを見せていました。一部をこれからの理科の学習に使い、家に持ち帰ることになります。楽しみですね。

はまなす自学帳コーナー

本校の1階玄関ホールには、はまなす自学帳を紹介するコーナーがあります。はまなす自学帳といえば、本校の保護者の方はご存じの通り、向粟崎小学校オリジナルキャラクターが表紙に書かれた自学帳です。1冊終えるごとに、児童がノート代金を手に握りしめて校長室へ向かいます。校長室では、校長先生に書き終わったノートを見てもらい、褒めてもらったり励ましてもらったりコメントを書いていただいたりしてから新しいノートをもらっています。校長先生にノートを見てもらう機会はそんなにありませんので、子どもたちなりに緊張している様子です。

ところで、「自学」とは、「自分で学ぶ」と書きます。「習う」というと、人から教えてもらう、人の技を真似して身に付けるというイメージがありますが、「学ぶ」というと、自分自身で問題意識をもって取り組み、自分が身に付けるということになるでしょうか。

自学帳コーナーでは、各学級のお子さんが、自分で学びがんばってきた自学ノートのコピーを先生のコメント入りで掲示しています。どんなふうに取り組んでいいのかわからないというお子さんのヒントになるコーナーです。

先生方からは、ていねいに取り組んであることや、工夫してあること、学び方のコツなどがコメントしてあります。

保護者の方は、コロナウイルス感染症の影響で学校に足を運ぶ機会がなく、自学ノートコーナーを実際に目にすることも難しい状況です。HPで、その一端が伝わればと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅雨にも負けず

6月26日の金曜日は、しとしとと雨が降っていました。梅雨の時期は何となく気分が沈みがちですが、そんな中、子どもたちはどんな様子で学習しているでしょうか。

2年生では、国語科で「スイミー」の気持ちを読み取っていました。

長い物語教材ですので、子どもたちが見通しをもって学習できるよう担任は学習掲示を工夫していました。2年生の子どもたちは思い思いにスイミーの気持ちを考え、発表していました。

 

 3年生の音楽では、友だちとの距離に配慮した座席配置の音楽室で、鍵盤ハーモニカの学習をしていました。先生は、大きな鍵盤模型図をつかって指を移動して演奏する方法を指導していました。子どもたちも、今までの学習を思い出しながら、鍵盤の指運びの練習に一生懸命取り組んでいました。

 

そして、3年生の教室前廊下には、顕微鏡が設置してありました。

何が見えるのかなと覗いてみると

モンシロチョウの卵でした。身近に置くことで、いつでも気軽に観察ができますね。これも、理科の先生の工夫です。

 

4年生の教室では1組も2組も総合の学習を進めていました。

「体の不自由な人」について調べていたようです。

1組では、それぞれにかき集めた情報をグループで交流し、模造紙に整理していました。

2組では、調べ学習を進めていました。同じテーマの子と協力したり、図書の先生が用意してくれた資料を探したりと進んで学習する姿が見られました。

 

命を守る訓練(不審者対応訓練)

 

今日は授業中に学校を訪れた人が不審者だったという場面を想定した訓練がありました。

職員はそれぞれの役割分担によって、不審者と思われる人を子どもたちに近づけさせないようにしました。学級によっては、不審者を見ることもなく、じっと避難行動をとるという訓練でした。しかし、不審者と思われる人が学校に入ってきた場合の放送はどんなキーワードなのかを知ったり、教室の中ではどのような場所で待機すればいいのかなど、いざというときに命を守るための基本行動は学ぶことができました。

訓練が終了した後、それぞれの教室でテレビ視聴の形で警察の方のお話を聞きました。

 

 

 

警察の方のお話によると、

「不審者は見た目ではわからない」ため、「へんな人・おかしな人」に注意すること。実際には、

①1人でいるときにはなしかけてくる人

②1人でいるときに近づいてくる人

③公園や帰り道でじっと見つめてくる人

④公園や帰り道でじっとまっている人

に注意をするといいそうです。

また、こんな人が近くにいたら「すぐにその場をはなれる」ことが大切だそうです。町で出会う人がみんなへんな人ではないことや、見たことがある人やいつも見守りに立っている人に元気よくあいさつすることは大切であることもお話してくださいました。

さらに気を付ける言葉として

①さそう言葉

「暑いね。どっか涼しいところ行かんけ」

②不安にさせる言葉

「おうちの人が事故にあったよ。病院に一緒に行こう」

③困ったふり

「道がわからないんだけれど、車のカーナビの地図見て教えてくれないかな」

など具体的なセリフと共に教えてくださいました。

危険な場所は「誰でも入りやすくて、外からは見にくい場所」で、具体的には、「歩道橋の上」「地下道」「公園の草むら」「ショッピングセンターのトイレコーナー」などだそうです。

最後に、「いかのおすし」の確認をして、今日の避難訓練は終了しました。

 

 

 【石川県警察HPより】

 

 

 

 

 

 

整理整頓ですっきりと(全学年)

本校の児童玄関の様子です。かかとをそろえてきれいに外履きシューズが並んでいました。どの学年も、同じような光景です。

 

1年生もご覧の通り!

朝、学校に来てから、きちんと外履きを並べて、教室へ足を運ぶ子供たち。

整理整頓ができている児童玄関は、お客さんにも褒められることがあります。

 

さて、今日の掃除の様子です。

本校では、コロナ感染症予防対策のため、例年行っている異学年での縦割り班による掃除をやめ、同学年グループによる掃除を行っています。

1年生の教室では、本当だったら、高学年のお兄さん・お姉さんと一緒に掃除をするので、重たい机は運びませんが、今年はそうもいきません。一人で運べない子は無理をせず、先生と運んだり、友だちと机といすを分け合って運んでいました。

 

 

3年生の教室では、「見つけ掃除」に励んでいました。

掃除が一通り終わり、時間が余っていたら、自分の目で見て気になるところを進んで掃除するのです。

  

 

4年生の拭き掃除では、すみずみまでしっかりと水拭きをしていました。

 

そして、6年生の教室では、掃除の反省会が始まっていました。

反省会で並ぶ友達の横で、雑巾のかけ方をきちんと直してくれている素敵な子もいました。これも、見つけ掃除ですね。

 

 

同学年での掃除は、お友達が近くにたくさんいるので、ついついおしゃべりもはずんでしまい、本校が目指している「無言清掃」にはまだまだ遠いのですが、一生懸命学校をきれいにしようという姿は、校内のあちらこちらで見かけることができます。

 

 

交通安全教室(1年・4年)

今日は、交通安全教室がありました。例年は、実際に外を歩いてみたり、自転車に乗ってみたりしながら交通ルールを理解するのですが、今年は、コロナの影響で内容を少し変更しての取組です。前半は、三蜜を避けて、各教室で交通安全指導のDVDを見て学習しました。後半は、プレールームに集まり、間隔をあけてゲストティーチャーのお話を聞きました。

 

1年生は、安全な道路歩行について学習しました。道路にはいろいろな危険が潜んでいること、道路を渡る時には安全確認が大切であることを教えていただきました。プレールームでは、少しだけですが、横断歩道を渡る練習をしました。

 

 

4年生は、自転車は車と同じルールであることを学びました。ゲストティーチャーの方の体験談からも、自転車に乗る時にはスピードを出しすぎないことや安全確認に配慮が必要であることを痛感しました。全員で実地練習はできないので、代表の子に演習をしてもらいました。また、自分でできる自転車点検のやり方も教えていただきました。

 

 

 

どちらの学年でも、「命は一つ」「自分の命は自分で守る」というお話を何度もされていました。今一度、ご家庭でもお子さんと一緒に安全な歩行や自転車走行についてお話してみてください。4年生の皆さんは、いよいよ自転車デビューです。ヘルメットをきちんと着用し、スピードに気を付けて乗ってくださいね。

 

 

Hello Friends.(5年)

 

月曜日の5年生の外国語では、自分の名前や好きなものや好きなことを英語で伝える学習をしていました。今までの外国語の授業で、英語での名刺作成、好きなことを伝える練習、相手に好きなことを聞く練習をしてきました。

いよいよ今日は自己紹介に挑戦。ゲストティーチャーとして内灘中学校のマンギリッド・ベンジャミン先生と町国際交流員 小河・ベンジャミン先生をお招きしました。外国語を母国語とする方との交流に子どもたちはどんな気持ちだったでしょうか。ワクワクする子、ドキドキする子、不安な気持ちの子いろいろだったと思います。それでも、英語で自分のことが伝えられたり、相手に質問出来たりして、力を試すことができて、最後に名刺を渡す時には笑顔が見られました。

  

 

 

週末の授業の様子から

気温の寒暖の差が見られたこの1週間。しめくくりの金曜日、学校の中では、元気いっぱいに学習する子どもたちの姿が見られます。

3年生の国語では「しつもん大会をしよう」という学習をしていました。話す力・聞く力を身につけることがねらいです。小グループになり、友だちのスピーチを聞き、質問したいことを見つけます。聞く人は、きちんと友達の話を聞きとるために相手の方を見たり、ノートにメモを書いたりしていました。話す人も、相手にきちんとつたわるように声の大きさ、速さなどに気を付けて丁寧にお話ししていました。聞きたい・話したいという子どもたちの気持ちが伝わってくる場面でした。

 

2年生の道徳では「およげないりすさん」のお話を通して友達と仲良く助け合おうとする気持ちについて考えていました。先生が、登場人物の気持ちを尋ねると「考えが言えます」「〇〇さんの考えと違う言い方で言えます」「〇〇さんの考えと似ている考えが言えます」とそれぞれに自分の立場を明らかにしながらまっすぐに手をあげる子どもたち。そして、教室の後ろには、今までの道徳の学習の積み重ねが掲示してありました。もし、よろしければ、1年間でどんなことをみんなで考え合うのか、一度道徳の教科書に目を通してみてください。

 

おおぞら学級では、先生と一緒に45分間集中して学習する子どもの姿が見られます。いい姿勢で、一生懸命算数のくり上がりの計算の仕方を学習していました。なんと、1時間で31問も計算問題を解き、授業の終わりのあいさつでは、「今日の勉強はおもしろかった」とわかる喜びを体感し満足感いっぱいの様子でした。

そして、4時間目は「お誕生会」をおおぞら学級・あすなろ学級で行いました。宝探しゲームやビンゴゲームなどで友達と協力しながら楽しむキラキラした笑顔がたくさん見られました。最後はハッピーバースデーの歌を歌い、お茶で乾杯してお友達の誕生日を祝っていました。教室にやさしい心があふれていました。

 

 

 

どの学年も1週間の終わりをいい姿で学習していました。

来週1週間も梅雨の影響ですっきりしない天気が続きますが、学校の中では子どもたちのさわやかな笑顔が広がることでしょう。よい週末をお過ごしください。

 

学校たんけんにいこう(1年)

学校の中庭の紫陽花がきれいに色づいています。季節を感じます。1年生の生活科の学習では、学校生活に慣れることをねらいとして、学校の中にあるものを見たり、学校にいる人などにあったりする「学校たんけんにいこう」の学習をします。先日は、2階と3階の探検活動をしている1年生と遭遇。6月の学校再開から2週間ほどですが、勉強しているおにいさん・おねえさんの邪魔にならないように静かに歩いたり、見学場所で先生のお話をしっかり聞いたりしている1年生はとても立派でした。今日は、探検して見つけたものをみんなで交流していました。発見したものを絵に表す姿、細かな部分に気を付けてはさみで切る姿、のりをていねいにつける姿、どの姿も真剣そのものです。先生が用意した大きな白地図に発見カードをはっていく姿もとても楽しそうでした。また、廊下には、とても明るい太陽の絵が掲示してあります。どの絵も、明るく元気でパワフルな太陽。1年生の姿そのものです。色塗りの丁寧さからも、楽しみながら集中して書いている1年生の姿が見えてきます。

 

 

 

校区探検(3年)

今日は、3年生が社会科で校区探検をしました。1組は緑台方面、2組は向粟崎1丁目方面に行きました。熱中症対策のため、登下校と同じようにマスクを外して行きました。この学習は、学校の周りの様子について観察・調査したり白地図にまとめたりして調べ、地域の様子は場所によって違いがあることを考えるようにすることがねらいです。途中で先生から、集団で行動する時のマナーや交通ルールについて声かけがありました。また、水分補給の時間もこまめに設定され、「のどが渇いていなくても、こまめに少しずつ水分を取ることが大切なんだな」と体験を通して学ぶ事にもつながっていたようです。さて、肝心の町の様子については、学校に帰ってからの授業の中で、自分の発見を発表したり、友だちの発見を聞いたりしながら、みんなでまとめていきたいと思います。

 

 

 

考古学体験教室(6年)

今日は、埋蔵文化財センターの職員をお迎えして、6年生対象の考古学体験教室が行われました。縄文時代の生活について学習しました。

石から切り出して作られたナイフで紙を切る体験や、石どうしをこすり合わせて形を整えアクセサリーを作る体験をしました。

埋蔵文化財センターの皆様には、コロナ対策の様々な配慮をしていただきました。例えば、距離を保てるように配慮された会場づくり、できるだけ道具を共用しないで作品を作ることができるような準備、道具を共用する時は一回ずつ消毒などです。おかげで子どもたちが安心して体験活動に没頭する姿が見られました。

また、この体験教室の様子はMROラジオの取材を受けました。MROラジオ「ウィークエンドいしかわ」という番組で放送されます。放送日は6月27日(土)17:30~17:45だそうです。

  

 

 

歯と口の衛生週間(4年生)

学校では1クラスずつ体重測定を進めています。今日は、4年生が行っていました。一人一人が間隔を空けて待機していました。また、測定の前に養護教諭から「歯と口の衛生週間」のお話と合わせて虫歯予防の指導がありました。わかりやすい画像を使ったり、子どもたちにわかるように目に見えない歯垢や酸を別の物に言い換えて説明したりと工夫が満載。子どもたちに理解してほしいという養護教諭の思いが伝わってきました。子どもたちにもしっかりと虫歯の怖さと予防の大切さが伝わったのではと思います。

 

 

 

ピーナッツを植えました(5年生)

5年生が総合の学習の一環としてピーナッツを植えました。西荒屋にお住いの川辺さんをゲストティーチャーにお迎えしての体験学習です。暑い日差しの中での体験学習ということで熱中症を心配してくださった川辺さん。子どもたちが手早く作業できるようにと、植える場所を示す印を入れたロープを準備してくださいました。おかげであっという間に植えることができました。川辺さんには、5年生の田んぼの指導もしていただいています。本当にありがとうございます。実りの時期が楽しみですね。

 

 

ボランティアの方に感謝を伝える会

2月18日(火)に学校ボランティアの方を迎えて、感謝を伝える会を行いました。
当日は15名の方が参加してくれました。
・合唱「ふるさと」  感謝の気持ちが届くよう心を込めて歌いました。
 
・合奏「パフ」 テンポが早くならないように気をつけてして演奏しました。
 
・昔遊び  それぞれのグループに分かれて楽しく遊びました。
 
 
 
 
・感謝のメッセージ  日頃の思いを五・七・五の歌にして伝えました。
           頭文字を読んでいくと「いちねんせいからありがとう」
 
 
感謝を伝える会が終わった後、子どもたちからは、「ぼくたちはたくさんの人たちに支えられていることに気づいた」「これから、もっと大きな声であいさつしていきたいと思った」「これからも元気で頑張ってほしい」などの言葉が聞かれました。
子どもたちの気持ちがボランティアの皆さんに伝わっていると嬉しいです。
学校ボランティアの皆さん、向粟崎小の児童のために毎日本当にありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願いします。
 

5年プログラミング教育

5年生がプログラミング教室に参加しました。
「ichigo jam」というソフトを使って、プログラミングを体験しました。
初めての経験に、子どもたちは大いに盛り上がり、振り返りではこれからの学校生活でも生かしたいという感想が集まりました。

国際理解教育で海外の方と交流しました

 2月13日(木)、県国際交流協会から4名の国際交流員をお迎えして、交際理解教室を開催しました。
 様々な国の方々とゲーム等を通してふれあい、世界の課題について意見交換を行う中で世界の国々を身近に感じられる、よい経験をすることができました。

1年生 新1年生を迎える会

2/5(水)に、1年生が『新1年生を迎える会』を開き、げきやお勉強体験などを通して新1年生を楽しませました。
お兄さんお姉さんになった姿が見られ、とてもほほえましかったです。
頼もしく、立派に成長している1年生。来年度、2年生になった姿も楽しみです。

1.はじめのことば
2.大きなかぶのげき
3.おべんきょうたいけん
4.学校たんけん
5.こうか
6.プレゼントわたし
7.おわりのことば

3年生 内灘町消防署見学

1月28日(火)に社会科の「くらしを守る」学習で消防署に見学に行きました。
消防車や救急車の中には消火や救助のための道具がたくさん積まれていることや、消防士の方はいつ火事が起きてもすぐに駆けつけられるように24時間体制で働いていることなどたくさんのことを教えてもらいました。その後、学校の防火設備を調べたり、校区の消防施設を探しに行ったりしました。
この学習を生かし、一人一人が防災の意識が育つと良いなと思います。






1年生 昔あそびをたのしもう

今日、地域の方々をお招きし、1年生が『昔あそびをたのしもう』を行いました。
普段の学校の先生ではない先生方から学ぶことがとても新鮮で、嬉しかったようです。
子どもたちからは「回せなかったコマ回せるようになって嬉しい。」「はじめて見るやり方があって驚いた。」「みんなでめんこをしたのが楽しかった。」「教えてくれた先生のお手玉の技がはやくてびっくりした。」など、たくさんの感想が聞かれました。
目をキラキラさせて遊ぶ子どもたちが大変かわいらしかったです。


書き初め大会で3学期スタート

 3学期の始業式の日(1/7)に全校児童で書き初め大会を行いました。どの児童も真っ白の紙に真剣にむかい、新学期にむけて集中したスタートを切ることができました。

5年 収穫祭

5年生は、5月から自分たちで育ててきたお米と、地元農家の川辺さんからいただいたお米を使って、収穫祭を開きました。
たくさんのお米を使って、塩むすびや焼きおにぎり、おはぎを作りました。自分たちの分だけでなく、先生方や4・6年生にもおにぎりをつくってみんなでいただきました。
米作りは失敗も多かったですが、最後はみんなで楽しく終えることができました。来年の5年生は、今回の失敗を生かせるようにしたいですね。

5年凧作り体験

昨日と今日、5年生は「凧の会」の皆様をお迎えし、凧を作りました。
凧で遊んだことはあるけど、作ったのは初めてという児童がほとんどでした。
凧のテーマは「国旗」です。自分が描いた凧の絵を支える竹ひごを取り付けたり、
ひもで結んだりなど、4時間かけて作りました。
今日は実際に凧を体育館で飛ばしてみました。自分で作った凧が、軽やかに風を受けながら飛んでいる姿を見て子どもたちは感動していました。

向小フェスティバル

今日は子どもたちが自分で考えたお店を出し合う、向小フェスティバルがありました。
空気鉄砲を使った「射的屋さん」や、描いた魚の絵に輪ゴムを取り付けすくい取る「釣り屋さん」など、
思い思いの店を開いていました。みんなが一生懸命仕事をし、もてなそうとしていました。
高学年が中心となって、協力し合い、楽しむことができました。

風と砂の館見学

社会科「古い道具と昔の暮らし」の学習で、内灘町の「風と砂の館」に行ってきました。
風と砂の館には、教科書に載っていたような古い道具がたくさんありました。実際に見たり、触ったり、施設の方のお話を聞いたりすることで、より昔の暮らしに興味を持った子が多かったようです。他にも、内灘砂丘についてや、粟崎遊園、内灘闘争など内灘町の歴史についても学ぶことができました。
風と砂の館は、火曜日が定休日ですが、子どもは無料でいつでも入れるそうです。ぜひご家庭でも機会があれば行ってみてはいかがでしょうか。

 
 

こちらは、先週行った洗濯板での洗濯体験の様子です。
 
昔は、一つ一つ手洗いで大変だったのですね。

いしかわっ子駅伝大会に参加しました

 11月2日(土)、西部緑地公園陸上競技場で開催された「いしかわっ子駅伝大会」に本校の代表児童が出場しました。
 どの児童も、放課後残って練習し、当日は全力を尽くして頑張ってくれました。


1年 お家から持ってきた箱で形の学習をしました

 1年生は算数科の「かたちあそび」という単元で、家から持ってきた箱を使って、いろいろな形の仲間わけをしました。児童が家から持ってきた箱を使うことで、より効果的な学習となりました。
 準備をいただいた保護者の皆様、ありがとうございました。


学校保健集会でネットについて学びました

 学校公開日に合わせて行われた学校保健集会ではNTTドコモの方を講師にお招きして、ネットに潜む恐ろしさや、正しく使うために注意することを学びました。
   集会の前半では、保健体育委員の児童が、ネットゲームをなかなかやめられなくなった男の子の寸劇をし、ネット依存による心身の弊害、日常生活や人間関係の影響についての問題を投げかけました。後半では、講師の先生と保護者で親子でのルールづくりの大切さを互いに確認し、家庭でのネットの使い方について認識を深めました。


1・2年おもちゃランド

今日の2~3時間目に『1・2年生おもちゃランド』が行われました。
2年生が手作りしてくれたおもちゃで1年生がいっぱい遊びました。
1年生からは「どのお店もとても楽しかった。」「あんなおもちゃが作れるなんて2年生はすごい!」「自分たちも作れるようになりたい。」などの声が聞かれました。


あいさつ運動・落ち葉掃除

だんだんと冬に近づき、肌寒い季節になってきました。
学校の前は、毎朝のように松林の落ち葉で覆いつくされています。
それを、計画委員会と美化委員会の5・6年生が率先して朝早くからいつも掃除をしてくれています。
また、最近では、あいさつ運動で児童玄関の前に子どもたちが並んであいさつをしています。
寒い中、とっても元気の良いあいさつをしてくれる向小の児童のみんな。
1年生から6年生全員で学校を創ってくれています。

4年生手話体験教室


4年生では総合の時間で福祉の勉強をしています。その交流教室として講師に東さんと通訳役の高畠さんをお招きして、手話教室を行いました。
子ども達からは防災訓練はどうするんですか?一人で困ることは何ですか?などの質問にも丁寧に教えてくださりました。最後に手話の体験では、簡単な挨拶などを教えていただきました。学んだことを普段の生活に生かしていけるといいですね。







赤い羽根共同募金

今日は赤い羽根共同募金がありました。
向粟崎小学校の計画委員会と各委員長が代表として募金活動を行いました。
「ご協力お願いします!」という子どもたちの元気でさわやかな声で、
多くの方にご協力をいただきました。
保護者の方や向粟崎小学校の児童のみんなにも来ていただきました。
募金活動で集まったお金は地域のために使われます。
こどもたちは社会と関わる貴重な活動を体験し、いい勉強になったと思います。

4年生社会科見学


4年生が社会科見学に行ってきました。
午前中は末浄水場へ行きました。普段何気なく使っている水が綺麗になる仕組みを映像や施設内を見学させてもらいました。汚れている水が段々綺麗になっていく行程を見て、子ども達はとても驚いている表情で施設の方の話もしっかりと聞くことが出来ました。
また、末浄水場の歴史についても教えていただきました。
午後からは子ども交流センターに移動し昼食を食べました。英語の時間に自分たちで考えた「栄養満点弁当を作ってもらったよー」と、とてもうれしそうな表情で見せにきてくれました。ご協力ありがとうございました。
その後は子ども交流センターのプラネタリウムでドームに映し出された夜空を見ながら星座や星の動きについて学びました。









5年社会科見学(ジェイバス小松工場)

今日は5年生が、日本シェア率70%の巨大バス会社である「ジェイバス小松工場」に社会科見学に行きました。
DVD鑑賞・工場概要説明から始まり、45分間の工場組み立てラインの見学、バスの試乗など様々な体験をさせていただきました。
どのようにバスを作っているか、一から学ぶことができました。
質疑応答では、子どもたちから質問が止まることがないくらい、
最初から最後まで興味津々な様子で、とても興奮していました。
子どもたちの目の輝きから、学びには、このような「生」の情報が必要不可欠だな~と感じた1日でした。

マラソン大会

今日はマラソン大会がありました。
今年はコースを学校の周りに変更して行いました。
子どもたちはこのマラソン大会に向けて、体力を付けるため、
かけあし運動で汗を流し、試走でコースの確認をするなど練習に取り組んできました。
本番では、初めは緊張している表情を見せていましたが、
一生懸命、力の限り走り抜けた後は、非常に達成感に満ちあふれた表情をしていました。
保護者の皆様、地域の皆様、応援やお弁当の準備等ご協力いただき、本当にありがとうございました。

4年生外国語活動

 4年生の外国語活動の授業では,「What do you want ~欲しいものは何かな~」の単元で「栄養満点お弁当を作ろう」と単元ゴールを設定し,養護教諭をゲストティーチャーに招いて,お弁当メニューを自分で考えました。お客さんとお店屋さんに分かれて,食材を買い物しました。
 考えたメニューは,マラソン大会や社会科見学のお弁当として,実際におうちの人に作ってもらうをとても楽しみにしていました。


















4年生点字教室


総合的な学習の時間に目の見えない方との交流会を行いました。
石川県視覚障害者協会の米島さんと米田さんが来校し、いろいろなお話を聞かせていただきました。
国語の教科書の「目と心で読む」という文章を点字にしたものを見ると、子どもたちはびっくりした様子で見つめていました。さらに、米島さんがその文章をすらすら読むと、子どもたちはさらにびっくりしていました。
子ども達から出たたくさんの質問にも丁寧に分かりやすく教えていただきました。
最後にヘルプマークを見ると優しく声をかけてくださいと相手への接し方なども教えていただきました。よりよい関わり方をしていけるといいですね。

6年サッカー交歓会

今日の午後、内灘町サッカー競技場でサッカー交歓会が開催されました。
運動会が終わってから、体育の授業や放課後に練習をしてきました。
子どもたちの中には、朝練や休みの日に友達と集まって練習をしていた子もいたようです。教室でも集まって作戦を考えていました。
その成果もあって、今日は積極的にボールを取りに行き、2ゴールをあげることができました。そのゴールはシュートを決めた子だけでなく、パスをつないだり応援したりした仲間みんなの成果です。そして、元気の源、お弁当のおかげでもあります。
保護者の皆様、お弁当とご声援ありがとうございました!

5年 稲刈りとだっこく

今日は、5年生が4月に植えた稲を収穫し、だっこくを行いました。
4月ではまだ小さかった苗が背を伸ばし、育った姿に子どもたちは驚いていました。
講師の川辺さんをお迎えし、稲の刈り方やだっこくの仕方について教えていただきました。
子どもたちは米作りに難しさを感じながらも、一人一人が一生懸命に作業を行っていました。

1.2年生校外学習


今日はお天気に恵まれ、1.2年生はいしかわ動物園へ校外学習へ行ってきました。
かわいい動物とかわいい子どもたち。はまなすグループのみんなとなかよく歩いたり、お弁当を食べたり。
「みんなあつまってー。」「トイレ大丈夫?」などと、子どもたち同士で声をかけながら行動する姿がたくさん見られました。またひとまわり成長した子どもたちをいっぱい褒めてあげたいです。


5年水産業訪問授業

今日は5年生で石川県の漁業協同組合(JF)から漁業マイスターである講師の高岩さんをお招きし、
水産業についての訪問授業をしていただきました。
内灘町の漁業がどのように進められているのか詳しく教えていただき、
魚の干物の実物や、魚網などを実際に見せながら分かりやすく説明していただきました。
子どもたちは教科書にはない、プロによる生の情報を知ることができ、目を輝かせていました。

令和元年度秋季大運動会

2019年9月14日 時代が令和に変わって、初めての運動会がありました。
待ちに待った運動会。天候にも恵まれ、当日は快晴となりました。
子どもたちは、個走、団体競技、団体演技、応援合戦、リレーと多数の種目に参加し、
これまで練習した成果を十分に発揮して、どの種目でも大成功と言えるほど活躍していました。
1~6年生みんなが一生懸命で、今日という日を通して、また一歩成長できたのではないかと感じます。
何よりよかったのは、6年生の姿。
下級生をうまくまとめ、練習の時からみんなを引っ張ってくれていました。
行動、姿勢、声の出し方、応援、全てにおいて見本を見せてくれました。
運動会は終わりましたが、今後さらなる飛躍を願い、また一歩ずつ成長していきたいと思います。

5年宿泊体験学習

7月18日・19日と2日間、5年生の宿泊体験学習がありました。
「思い出に残る合宿~協力を考(行)動で示す~」を目標に活動してきました。
グループでの活動や食事、清掃などあらゆる場面で協力することが求められる合宿でした。
はじめは、なかなかうまくいかず他人に迷惑をかける場面もありましたが、
時間を追うごとに意識して目標を達成しようと行動する姿も見られるようになり、成長が感じられました。
活動では、あいにくの雨でしたが、雨の中でも自然を感じながら活動ができ、貴重な体験となりました。
この合宿で学んだことを生かして、6年生に向けてさらに成長できるように子どもたちと共にがんばります。

6年生 キャリア教育「職業について学ぼう」

総合的な学習の時間に、職業について学習しています。何のために働くのかを考えることで、将来の夢や今の自分を考え直しています。本やパソコンで調べるだけでなく、その道のプロに来ていただいて直接話をきいたり技を見せていただいたりします。第1回のゲストは、保育士の前田侑紀先生(向陽台保育園)、第2回はパティシエの南谷晃平さん(リッチモント)に来ていただきました。園児の知らないところでの保育士の仕事や、忙しさに差がある働き方をしていることに驚いているようでした。

語り部講演会

3年生は、白山市、金沢市、羽咋市から語り部さん3名をお迎えして、それぞれの地域に昔から伝わるお話を聞きました。普段は、テレビなどの映像や絵本などの絵でお話を楽しむことが多いですが、今日は語り部さんが語る声だけでお話を楽しみました。少し難しいお話もありましたが、みんな真剣な表情で、想像を膨らませてお話を聞くことができました。

5年生ユメセン向小

今日は、ロンドンオリンピックにも出場経験のある水泳選手の加藤和さんをお招きして、夢の教室が開かれました!!
加藤選手と一緒に、鬼ごっこをしたり夢について語っていただいたりしました!
子どもたちにとって自分の夢について考える良い機会となり、自分の夢と向き合う有意義な時間となりました。
プロのスポーツ選手に握手をしていただき、子どもたちはとても喜んでいました♪

はまなす遠足

天気にも恵まれ、今日は、はまなす遠足が行われました!
6年生を中心に、たてわり班ごとに計画を立て、公園では、鬼ごっこやドッジボール、ドッジビー等、いろいろな遊びをしました!6年生は最高学年として、グループをまとめくれました!
最後には、いつも使っている公園に感謝の気持ちを込めてゴミ拾いをしました。

異学年の子達と一緒に遊び、どのグループも仲が深まったようでした!
他の学年と愛を紡ぐことができた1日となりました♪

3年 プログラミング教室

PFUから講師をお招きして、プログラミングを体験しました。
 
マップの上で、お買い物コースを自分で決めて、
「前へ」、「右へ」、「左へ」、「後ろへ」、「止まれ」の5つの命令を組み合わせ、順に並べていきます。

スキャナーで読み取ったら、ロボットに搭載し、スイッチON

思った通りにロボットが動きました。

5年生内灘町音楽会

6月19日、内灘町音楽会が行われ、5年生児童が参加しました。
5月からほぼ毎日、朝練習・授業・放課後練習を行い、50人が1つになれるように頑張ってきました。
本番では、一人一人が全力で自分の思いを歌やリコーダーにのせて出し切ることができました。
終わった後の子どもたちの表情は達成感で満ち溢れていました。

防犯教室

 石川県警察本部、津端警察署のお巡りさんに来ていただいて、身の危険を感じるような場面でどのように行動すれば安全を確保できるかを学びました。
 「いかのおすし」を忘れず、とっさの場合でもそれらをしっかり守って行動することが大切だと、お巡りさんに教えていただきました。

4年生器械運動交歓会


6月5日(水)町の器械運動交歓会が行われ、4年生児童が参加しました。
自分たちのめあてに向かって体育の時間、放課後練習など、この日に向けて精一杯練習してきました。
たくさんのお客さんを前に、緊張した様子の4年生でしたが、
本番では、堂々とした演技を披露してくれました。
「本番で成功(感動)させる」ことがしっかり達成することができました。