diary

2019年3月の記事一覧

表彰伝達式・終業式・離任式

                                                                                    3月22日(金)
本日、3月22日に表彰伝達式の後、終業式そして離任式が行われました。
 終業式では校歌斉唱の後、前田学校長の講話があり、来年度に向けての話がありました。その後、離任式が行われ、10名の先生方が桜丘高校を離れることが発表されました。(1名所用により欠席)たくさんの先生と別れるのは寂しさもありますが、新しい環境での活躍を祈念したいと思います。

        【表彰伝達式】              【終業式】

【離任される先生方】

1年 プレゼンテーション大会

3月20日(水)

「自らの考えを表現・主張する方策の一つとしてのプレゼンテーションを学び、その表現・手法を競い合い、評価し合うことで、社会人・国際人として必要とされるコミュニケーション能力の育成を目指す」という目的のもと、プレゼンテーション大会が開催されました。各クラス内でのプレゼン相互評価により選ばれた代表者5名がこの大会に挑みました。
 
昨年の12月から「社会と情報」の授業の中で、自分たちで決定したテーマについて調べ、スライドを作り、発表の練習を重ねてきました。

本番では緊張が見られながらも皆堂々と発表をし、会場を盛り上げました。

 
 

聴いていた生徒たちも刺激を受けたようで、「人前で自信を持って話せるようになりたい」「コミュニケーション能力は将来必要な力なので、学べて良かった」という声が多数聞かれました。

第2回 グッドジョブ里山保全活動

3月20日(水)

今年も通学路や学校周辺の清掃を行う「グッドジョブ里山保全活動」を行いました。

第2回は剣道部・ハンドボール部・合唱部・華道部・演劇部・アクティブサイエンス部・男子バスケットボール部・弓道部・野球部・卓球部・サッカー部・女子バレーボール部・水泳部・ESS・美術部・文芸部の生徒と環境委員(約360名)が活動を行いました。

天気も良く、地域の方々と気持ちよく挨拶も交わしながら清掃活動ができました。この活動を通して、生徒たちは地域に貢献することの大切さを学び、地域の一員であることを再確認したようでした。

 

 

第2回ビブリオバトル

3月18日(月)

図書委員会が主催する、第2回ビブリオバトルが開催されました。

担当者自身が読んでみて感動や発見のあった本を4分間の持ち時間で紹介し、それを聞いていた人たちが1分30秒間いろいろと質問します。全員が本を紹介し終わってから、どの本を一番読みたくなったかを投票しチャンプ本を決定するというものです。

今回8人の生徒が本を紹介しましたが、お薦めする本の魅力を具体的に何点も挙げて、非常にわかりやすく説明してくれ、「今すぐその本を読みたくなった」という感想の声が上がるほどでした。そんな中、見事勝ち抜いたチャンプ本は、「うちにかえったガラゴ」(島田ゆか著)でした。癒し効果抜群の素敵な絵本ですので、興味を持たれた方は是非ご一読ください。

  

※今回紹介された本
「火垂るの墓」
「わたしのマドカ」
「ツナグ」
「心霊探偵八雲」
「心に太陽を持て」
「鹿の王」
「うちにかえったガラゴ」
「根性なし、体力なし、ラクしたい人のための時短勉強術」

1年 球技大会

3月15日(金)

1年生のみんなが待ちに待っていた球技大会が開催されました。この日のために、体育の授業で一生懸命練習に取り組んできました。少し肌寒い日でしたが、各試合会場は寒さを忘れるほどの熱気に包まれました。





今のクラスでの生活も残りわずかになりましたが、さらにクラスの絆が深まったとの声が多く聞かれました。
 
今日の熱戦の結果は次の通りです。

《バスケットボール》   優勝 105H  2位 108H  3位 101H・106H

《バドミントン》      優勝 109H  2位 103H  3位 105H

《卓    球》      優勝 106H  2位 101H  3位 102H・103H

平成30年度第71回卒業式

                                                                                                               3月1日(金)

本日10:00より、平成30年度第71回卒業式が執り行われました。

【卒業生入場】
 卒業生355名、とても清々しい表情で、堂々とした入場でした。
 

【卒業証書授与】
 担任の先生が一人ずつ呼名を行い、卒業生は大きな声で返事、起立をします。全員の呼名が終わると、卒業生代表が前田学校長から卒業証書を授与されました。
 

【皆勤賞授与】
 今年度は58名の生徒に授与されました。近年では最多の授与数となりました。
 

【学校長式辞】 
 前田校長先生から、平成は災害が多い時代だったが、励ましあい、お互いを助け合いながら、戦争のない平和な時代でもあった。今一度平和について考え、新しい社会を、平和を築いてもらいたい。自分の未来を創造し、逞しく生きていってほしいという温かい激励の言葉を話されました。
             

【来賓祝辞】
 3S歩行や桜高祭など、みんなが協力をしながら大きな行事を成功させるのを見て、すでに社会に通用する力を身についているように思う。
 先生や仲間に出会う奇跡、進路を決定していく奇跡など様々な奇跡を経験しました。校訓「質実剛健」の精神のもと、新しい未来を素晴らしいものにしてください、との言葉を頂きました。
 

【在校生送辞】
 「先輩たちが全力で取り組む姿にずいぶん励まされました。日々の部活動が思い出として残っています。そんな先輩たちを手本・目標として、本校の伝統を引き継いでいきたい。」との力強い決意を話しました。 

【卒業生答辞】
 雨天であったが三桜プラザで行った桜高祭や、少雨の中、短縮で開催された3S歩行等など、仲間たちと過ごした思い出は忘れることが出来ません。たわいのない日々が大切な思い出になりました。
 後輩たちには、自分からいい人になろうとせず、周りを大切にするような人になって欲しいと思う。
 

【卒業式の歌】
 卒業式の歌として、「旅立ちの日に」を斉唱しました。間奏ではクラスごとに担任の先生に感謝の言葉を述べ、とても感動的でした。
 

【卒業生退場】