子どもたちの様子

2016年7月の記事一覧

今日から夏休み

7月21日(木)、今日から夏休みです。
プール開放も始まりました。
開始の30分ほど前から、子どもたちが集まり始め、
160人を超える子どもたちが、プールでの水遊びを楽しみました。
今日はちょっと曇り空のときもあり、肌寒く感じる瞬間もありましたが、
元気に泳いだりもぐったりしていました。
  
監視に来てくださった保護者の皆様、ありがとうございました。
明日からもよろしくお願いします。

1学期の終業式

7月20日(水)、1学期最後の日です。
5時間目に終業式を行いました。
津幡小学校のめざす児童像に合わせて、3つののことを約束しました。
夏休みも  ①よく考え(正しいことや自分のすべきことを考えて行動する)
        ②やさしく(友達にはもちろん、家族にも・・・)
        ③粘り強く(途中であきらめない、逃げ出さない)

一人一人が、何かにがんばったと言える夏休みになることを願っています。

最後に今月の歌「YUME日和」を全校で歌いました。
先月から、先生のピアノ伴奏だけでなく、
5,6年生の有志が伴奏を盛り上げてくれています。
いろいろな楽器で参加してくれています。
  
先生たちと昼休みに練習した成果を披露してくれるおかげで、
みんな気持ちよく歌を歌うことができます。
2学期も続けてください。

5年生のお米の授業

7月15日(金)、星稜大学の学生さんが、
5年生に「世界のいろいろなお米」の授業をしてくれました。
まずは、5種類のお米から、いつも食べているお米はどれかを予想しました。
  
次に、そのお米で作った小さなおにぎりを試食し、
いつも食べているお米はどれなのかを考えました。
  
真っ黒なお米や黄色いお米は、恐る恐るでしたが、
お米によって、食感や味、においの違いがあることを感じていました。
やはり、一番おいしいのは、日本の「コシヒカリ」でした。
最後に、お米マンに登場してもらい、
日本のお米についてクイズをしました。
  
学校で育てている稲も、ずいぶん大きくなりました。
秋になって稲刈りするのが楽しみです。

教室のワックスがけ

7月14日(木)放課後、
6年1組のみんなが、学校中の教室のワックスがけをしてくれました。
3~4人のグループになって、
モップでワックスを塗る人、じょうろでワックスを流す人に分かれて、
協力して仕事していました。
初めてなのに、床の木目に沿って、ていねいに塗ることができ、
先生方も感心していました。
  
2学期には、6年2組がワックスがけをしてくれます。

校内相撲大会

小学校横の常設相撲場で,4~6年生男子の相撲大会を行いました。
簡易まわしをつけ,どの子も真剣に対戦に取り組みました。
保護者のみなさんにもご協力をいただき,しかも熱戦続きで大変盛り上がりました。


不審者対応避難訓練

7月5日(火)、津幡警察署の方に不審者役をしてもらい、
刃物を持った不審者が、学校内に侵入してきたときを想定し、
避難訓練を行いました。
とにかく子どもたちの命が最優先です。
体育の時間中に、体育館に不審者が進入してきた場合、
子どもたちは、すぐに廊下に逃げ出しました。
その後、職員が応援に駆けつけ、
不審者の動きを封じましたが、
もし、本当に起きたらたいへんです。
学校は、戸締りをしっかり行い侵入者を防ぎたいと思います。
  

最後に、全員が体育館に集まり、
警察の方から、不審者に出会ってしまったときの対処方法を習いました。
知らない人には近づかない。
近づいてきたら、後ろに下がるなどして、間合いを取る。
後ろからランドセルをつかまれたら、ランドセルを捨てて逃げる。
など・・・
そして、「いかのおすし」をもう一度確認しました。
 

相撲体験学習

津幡小学校横の常設相撲場で相撲体験学習を行いました。
講師に津幡相撲教室の長井さんをお迎えし,4年生から6年生の各学年で体験しました。
実際に土俵に上がり,「ちりちょうず」に「そんきょ」や「しこ」など,相撲の所作を教えてもらいました。最後に女子の応援の中,男子同士の対戦をしました。