子どもたちの様子

JICAボランティア教室

 <JICAとはどんな活動をしているのか>という視点で、JICAで活動をされている沖野大樹さんにお話をしていただきました。
 パプアニューギニアでの生活の様子、青年海外協力隊としての活動について詳しくお話をしていただきました。初めて知る内容ばかりで、驚きの声があがりました。充実した一時間となりました。
 3学期の社会科や総合につなげていってほしいと思います。
 

スマホケータイ安全教室

 便利ではあるが危険でもあるスマホやケータイの、安全な使い方についてKDDIの方に講演していただきました。高学年で受講しました。実際にあった事例をもとにお話をしていただいたところ、不安いっぱいの表情がいくつも見られました。
 大切なのは、家族と一緒に使い方のルールをつくること。そして、そのルールを守ることです。学校全体で考えていくべき課題を、一生懸命に考えることができた1時間でした。この学びを絶対にこれからの生活に生かしていきましょう。

ふれあいカルタ大会

 12月のふれあいタイムはカルタ大会でした。
 いろいろなことわざのカルタをとり合い、日本の伝統文化を楽しみました。
 
   

6年 租税教室


税金というものが自分たちの生活に具体的にどう関わっているのか、という視点でお話をしていただきました。税金がなくなったらいかに日常生活が困ってしまうのか、税金がどのくらい集められているのか、税金でどのような建物が建てられているのか、といったことを考えるたび、6年生からは「お~。」とか{え~。」といった驚きの声があがりました。1億円のレプリカも触らせていただき、心に残る授業となりました。教えてくださった方々、本当にありがとうございました。

大豆料理

総合の時間に大豆を使った料理をしました。
まずは大豆をいってから、すりつぶし、きな粉を作りました。
その後、きな粉を生地にまぜたホットケーキを作りました。
クラスのみんなと協力してつくったホットケーキの味は格別だったようです。

お茶会

 11月14日(水)日本伝統文化クラブでお茶会を開きました。日本伝統文化クラブでは、鶴ケ丘在住のお茶の先生「浅尾先生」にお茶のおけいこや、礼儀作法などを教えて頂いています。生け花の体験もします。
 子どもたちは、自在庵(お茶室)での体感もして、お抹茶をたてるのがもとても上手になってきました。そこで、今回は、保護者の方や図書ボランテイアの方、見守り隊の方をご招待し、感謝の気持ちをこめて、お抹茶をたてました。いつもより少し緊張気味の様子でしたが、「おいしい」と言っていただき、うれしそうでした。おもてなしの心も経験することができ、よいひと時を過ごすことができました。


ピュアキッズスクール

 11月5日(月)警察の方に来ていただき、「お金のもち出し」というテーマで学習しました。ほしいものが我慢できずに、お母さんの財布からお金を持ち出して買い物をしたというお話を警察の方から聞き、そのことについて話し合いました。質問に答えながら、「いいことか、わるいことか」「こんな時、どうしたらいいか」「どんな気持ちになるか」など考えました。子どもたちは、真剣に考え、たくさんの発表していました。ほしい気持ちを我慢して、しっかりお家の人に相談することや、勝手に持ち出すのは泥棒であるということなど正しい行動について話すことができました。大変良い勉強になりました。

スーパーマーケット見学

本日、3年生全員でアルビス内灘店に行ってきました。
普段何気なく買い物に行っているスーパーにも、たくさん工夫がされていることを見て聞いて、発見することができました。
普段は入れないバックヤードにも入れてもらい、製造工程や仕入れ作業を見させていただきました。今回のスーパー見学を通して、子どもたちは多くのことを学ぶことができました。

マミーズコンサート&手をつないで歌詞パネルお披露目式

 今日は学校コンサートが行われました。
 「マミーズコンサート」と題し、マミーズのみなさんにヴァイオリンやピアノの美しい音色、息の合った演奏を聴かせていただきました。
 目の前で聴く楽器の美しい響きに児童の目が輝いていました。
 マミーズのみなさん、ありがとうございました。


 また、会の後半には内灘町町制50周年記念町民愛唱歌「手をつないで」の歌詞パネルお披露目式が行われました。式には、手をつないでを作曲した北方寛丈氏がかけつけてくださり、歌に込めた思いを聞かせていただきました。
 「手をつないで」は自分たちが大好きな歌です。これからも心を込めてずっと歌い継いでいきます。