ブログ

あがたっ子ニュース

津幡町英語スピーチコンテスト 3部門で最優秀賞!

今日は、津幡町シグナスにおいて、第13回津幡町英語スピーチコンテストが開催されました。本校からは、5・6年生8名が参加しました。

まずは、5年生のスピーチ部門の2名です。

  

まずは、この場に立って初めてのALTの方とスピーチをするだけでもすごいことなのですが、2人とも本番は今まで聞いた中で1番上手だったように思いました。(身内の欲目かもしれませんが) 自分の言葉で感情をこめて、笑顔でスピーチできていました。Great !!

次は6年生のスピーチ部門です。

  

どのペアも、緊張の中、友を信じ、本当に最後までやり抜きました。きっとすごい緊張だったことでしょう。しかしこの緊張の中、最後まで頑張り抜いた経験は、必ず次に生かされると信じでいます。Nice Fight !!

そして6年生プレゼンスピーチ部門です。

  

2人とも、自分の夢や感謝の思いを述べた素晴らしい内容でした。聴いているうちに2人の言葉に込めた思いが伝わってきて、心にグッときました。決して特別な演出はないのですが、自分の思いを言葉に乗せると、相手に伝わるのだなぁとしみじみ感じました。Wonderful !!

そして、結果発表です。3部門とも、英田小の児童が最優秀賞をいただくことができました。

Amazing !  Marvelous!!3ツ星

  

すばらしい結果でした。しかし賞には入らなかった児童も、最後まで本当によく頑張りました。これは今まで練習してきた「チーム英田」みんなのおかげで取れた結果だったと思います。そして、今日まで励まし、支えてくださったご家族の皆様のおかげだと心から感謝いたします。本当にありがとうございました。

最後の講評で、審査委員長の太田先生が「今日の皆さんのプレゼンで、このコロナ禍の中、希望があふれました」と褒めてくださいました。私も本当にそんな気持ちでいっぱいでした。

最後に本日の開催に向け、ご尽力いただいた津幡町教育委員会の皆様に心から感謝いたします。そして、この結果を素直に喜び、しかしこの結果に奢ることなく、また月曜日から子どもたちと一緒に、学びを深めていきたいと思います。今後ともご指導をよろしくお願いいたします。

3年 河合谷の皆さんから禁酒村のお話を聞きました

今朝は、朝もやのかかる雨の朝でした。ちょっと幻想的な風景でした。

  

こんな雨の日も、あがたっ子たちはしっかりと歩いて登校しています。そして玄関前で傘のしずくを落とし、傘を巻いて校舎に入ります。中には、混雑を避けるため、防寒具をここで脱いでいく子もいます。子どもなりにいろいろ考えて行動しているのですね。

さて3年生は、総合的な学習の時間で地域について学んでいるのですが、今日は河合谷地区の「禁酒の学校を語り継ぐ会」の皆さんをお迎えし、旧河合谷村が「禁酒村」と呼ばれるようになったその歴史について教えていただきました。

まずは「禁酒物語」という紙芝居を見せていただきました。

  

 

  

 

  

 

  

旧河合谷村の皆さんがどんな思いで学校を建てるために「禁酒」という策を考えたのか、子どもたちに「学校」が必要だと考え、どんな思いをしてお金をためていったか、さらにそのことが学校を建てるだけではなく、いろいろなメディアに取り上げられ、河合谷の願いが世界の人々に称賛されたいきさつなども教えていただきました。

最後に、この会の皆さんがどうしてこのような紙芝居を子どもたちに伝えたいと思ったかという話をされました。「何かを達成するために、粘り強く『我慢』することの大切さをみんなに分かってもらいたいからです」ときっぱりとおっしゃったその言葉、そしてはっぴの背中に書かれていた「河合谷」の文字に込められた思いを知り、とても心を打たれました。3年生は、今日学んだことを劇にして、6年生を送る会で全校に伝える計画を立てています。今日の河合谷地区の皆さんが伝えたかったことをしっかりと劇で表してくれることでしょう。

「禁酒の学校を語り継ぐ会」の皆さん、本当にありがとうございました。今後ともご指導よろしくお願いいたします。

1年 昔遊び交流会 1/21

とっても寒い朝でしたね。学校の前は、まるでスケートリンクのようにつるつるでした。

    

滑って転ばないように、麻袋を敷いたりコーンを立てて近づかないようにしたりしましたが、通学路ではたくさんのお友達が滑ったようです。気をつけて登校してくださいね。

さて1月21日木曜日、1年生は、英田公民館で英田地区くらし安心ネットワークの皆さんと昔遊びの交流会をしました。新型コロナウィルスに配慮し、短い時間でしたが多くの遊びを教えていただくことができました。

  

 

    

 

  

 

  

和室では、お手玉・おはじき・竹かえし、ホールでは、けん玉・めんこ・こま、そして体育館では竹とんぼを教えていただきました。くらし安心ネットワークの皆さんも、汗をかきながら、一生懸命指導してくださいました。最後の感想タイムでは、子どもたちが楽しかったことや上手にできた時のコツについて話をする姿が見られました。子どもたちは、どの子も集中し、夢中になって、全身を使って遊んでいたように思います。やはりこのような遊びをすることは器用さも育つし、根気や粘り強さも付くように思いました。昔遊びを子どものうちにすることは、とてもメリットがあるように思います。ぜひ、今後も学校だけでなくお家で親子で挑戦してみてはいかがですか?

くらし安心ネットワークの皆さん、コロナ禍ということでたくさんのご配慮をいただきながらの交流会、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

英語スピーチコンテスト 校内発表会

今日のぐんぐんタイム(掃除後の帯タイム)は、今週土曜日に英語スピーチコンテストに参加する児童のスピーチを聞く校内発表会がありました。4~6年生がランチルームに集まり、予選の結果代表に選ばれ練習してきた5年生2名、6年生6名のスピーチを聞きました。

  

 

  

 

  

5年生も6年生も、以前練習を始めたことに比べて、表情やジェスチャー、声の出し方、目線、笑顔などとても上手になっていましたよ。あと本番まで2日。最後までしっかり練習し、自信を持って本番を迎えられるといいですね。

今日の日まで、励まし支えてくださった保護者の皆様、本当にありがとうございました。本番までもう少しです。子どもたちが最後までやり遂げられるよう、また万全の体調で当日に臨めるよう、ご協力をお願いします。

送る会 実行委員会

今日は送る会の実行委員会が、長休みにありました。今までの代表委員会とは違って、5年生が中心になって進める、送る会だけの会議です。1~4年生の代表者各2名も参加しました。

  

 

  

代表の子達は、クラスで話し合ったことを発表したり、決まらなかったことをどうするのか質問したりして話し合いを進めていました。1年生も質問していましたよ。素晴らしいことです。

今日決まったことは代表者が教室でみんなに伝えるという大きな仕事も残っています。代表者の皆さん、頑張ってくださいね。

また5年生も、会を上手に進めていました。5年生の皆さん、これからもよろしくお願いしますね。

5年 ミシンボランティアさん、ありがとうございます

今朝は、本当に寒い1日でしたね。道路も凍って、すべってしまった子もいましたが、幸いけがをした子はいませんでした。今日もあがたっ子たちは、足元に注意しながら歩いて登校しています。

  

  

学校へ来る途中に、大きなつららを見つけた子が玄関で私に見せてくれました。学校の体育館の屋根もつららたちがびっしりと整列しているように下がっていました。大人は車の運転にひやひやものの朝でしたが、子どもたちにとってはとても楽しい朝になったようです。

今日の3・4限目は5の2の家庭科の授業では、ミシンでエプロンを制作しています。今日は、地域の方がミシンボランティアとして授業を支援してくださいました。

  

今年はコロナ禍で、6年生が昨年作ることができなかったエプロンを6月に作ることになり、その時から本当にお世話になっています。今日は5年生は初めてのトライで、3つ折りや返し縫いなどもありましたが、とても上手に塗緒ていました。今後ともご指導よろしくお願いいたします。

5年 ウッドデッキづくり~こども森の恵み推進事業~

5年生は秋に県央農林総合事務所さんの「環境実感ツアー」という校外活動に参加し、森林の伐採現場や製材所での木材加工を見学したり、木で作られているモデルハウスを体験したりしました。その学習をさらに自分たちの生活に生かして発信する方法として、森を守るために伐採した木「間伐材」を利用して、本校の中庭にウッドデッキを作成することにしました。

今日はいつもお世話になっている神崎さんをお招きして、1人1枚スギの間伐材の板に絵を描き、防腐剤の塗料を塗る作業をしました。

  

 

  

 

  

 

思い思いの絵や四字熟語などをポスカなどの顔料マーカーで書きます。その後に、防腐剤の入ったニスのような塗料を塗って、外に乾かしておくのです。どの子も一生懸命書いていました。ある程度乾燥した後、2月1日には、この板をつなげてウッドデッキに仕上げていきます。どんなものが出来上がるか、仕上がりがとても楽しみですキラキラ

いつもいつもご指導していただく神崎さん、本当にありがとうございます。最後までよろしくお願いします。

不審者対応訓練がありました

今日は昨日に引き続き、とっても寒い一日になりました。

朝学校へ行くと、校務員さんがもう、除雪機で駐車場の除雪をしてくれていました。本当にありがとうございました。それから、学校に早く来ていた職員が玄関の除雪や校務員さんに代わっての職員室の給湯などをしました。  

また、今朝は河合谷方面からのバスのアクシデントがあり、お家の方々への連絡や車を出してくださった先生方もいました。みんなで助け合った英田小学校職員、また送ってくださったお家の方々、本当にありがとうございました。これぞ「one team」ですねピース

さて、今日は4限目に、不審者対応の避難訓練がありました。先週のうちに事前指導をし、予告なし、どの教室に入るかも知らせず、実施しました。

  

今日は、4年教室に入り、子どもたちが職員室に知らせる、そして通報から警察の方が来るまでの約6分間の職員の対応を見ていただき、指導をいただきました。また児童にもどんなことに気をつけるかお話していただきました。

「不審者」というとなんだか黒い服装でサングラスをしていて…というイメージですが、不審者は決して見た目では分からないこと、困った人のふりをして近づいてくること、1人でいる時を狙っていることなどとても分かりやすくお話してくださいました。

今日の訓練は、職員にとっても児童にとっても、本当に実り多いものでした。走って職員室に来てくれた4年生の1人は、的確に侵入者の特徴を伝えていました。また、先生方も侵入者を部屋に閉じ込め、6分間対応できていました。こんなことがあってはならないのですが、やはり訓練の大切さを痛感しました。子どもたちの命をしっかりと守れる「安心・安全」な英田小学校になるよう、気を引き締めて毎日を送っていきたいと改めて感じた訓練でした。

ご指導、ご協力いただいた津幡警察署の職員の皆様、本当にありがとうございました。

縄跳び がんばってます!

先週の温かさから一転、もうすぐ大寒らしく寒い一日になりました。

  

寒くてもしっかり集団登校しています。そして玄関では「暑い暑い」と言いながら防寒具を脱いでいます。一生懸命歩いている証拠ですね。

さて今、あがたっ子たちは、体育委員会が企画している「なわとびタイム」をがんばっています。特に長休みは、ほとんどの子達が縄跳びをしています。今年は新型コロナウィルス感染防止のため、体育館で縄跳びをする学年を2つに絞り、ローテーションしながら行っていますが、学校の広い廊下ではみんなが縄跳びを楽しんでいます。

  

 

  

今日は2年生と6年生が体育館を使える日でした。舞台の上では、ジャンピングボードで跳んでいます。6年生のすごい技に、2年生もびっくりしながら見ていました。

  

1階の廊下では、1年生と3年生がとても楽しそうに跳んでいました。こうやって毎日、やらされているのではなく自分からやっているうちに、子どもはどんどん上手になっていくのですね。

これからもますます上達していくでしょう。楽しみですね花丸

  

暖かい1日となりました

あの大雪の日々がうそのように、昨日今日ととても暖かな日が続いています。日中はお陰様で雪もかなり解け、駐車場に積まれた雪で見えなかった子どもたちの様子も見えるようになってきました。しかし、今朝は放射冷却のせいか、路面がかなり凍っていて、転んでしまった子どもたちも多かったようです。転びそうになった妹と手をつないで校門から歩いてくる兄妹をみて、とても微笑ましく、心はほっこり温かくなった朝でした。

  

また昨日、ある保護者の方が学校に飾っていただけたらと、バケツ一杯のお花をもってきてくださいました。校内のあちらこちらに飾らせていただきました。お花のいい香りが校内に広がって、なんだか急に春が近づいてきたように思えます。素敵なお花を本当にどうもありがとうございました。

  

昨日、今日の子どもたちの様子をお知らせします。

6年生。

   

学活で話し合い活動をしていました。卒業アルバムの係の子達が前に出て話を進めていたようです。この子達は10分休みも一生懸命みんなのためにがんばっています。さすがですね。後ろの掲示板を見ると今年の決意を表す漢字一文字が掲示されていました。コロナ禍にあっても、子どもたちの漢字は希望にあふれているようで嬉しくなりました。

5年生。

  

国語では「方言と共通語」の学習をしていました。同じ石川県でも、能登では「つらい」を「えらい」というという話に子どもたちは興味津々で身を乗り出して先生の話に耳を傾けていました。算数は、いよいよ「割合」です。この大事な単元をしっかり自分のものにしてほしいものです。

4年生。

  

毛筆の授業では、「白馬」という字を書いていました。今日初めて書いたそうです。とっても上手でびっくりしました。力が付いてきましたね。国語の時間には、熟語の意味について学習していました。国語辞典を引き、確認しながら学習していました。

3年生。

  

今日は長休みに体育館で縄跳びチャレンジを5年生としていました。とっても上達していてびっくりしました。続けることは伸びるもとです。「継続は力なり」5年生の上手な跳び方を見てもっと上手になるといいですね。

2年生。

  

生活科の時間には、自分の得意なことを紹介するワークシートを書いていました。みんなの得意なことをたくさん教えてもらいました。みんな頑張っているのですね。また算数の時間は、4けたの数の書き方を学習していました。空位などもあって難しいですが、とても大切な勉強ですね。

1年生。

  

国語では自分の好きなものを紹介し合っていました。ノートを見なくても、自分の言葉ですらすら伝えていた子もいました。相手に伝えたいという気持ちが表れている証拠ですね。算数では、100までの大きな数の勉強をしていました。2年生につながる大切な学習です。ここをしっかり学習しておくと、2年生の大きな数にもつながりますね。

どの学年も、落ち着いてしっかりと学習している様子が伺えました。大雪でのお休みなどもあってちょっと生活リズムも乱れがちかと心配していましたが、大丈夫なようです。また月曜日、元気な顔を見せてくださいね花丸  

 

あがたっ子ニュース

あがたっ子ニュース

津幡町英語スピーチコンテスト 3部門で最優秀賞!

今日は、津幡町シグナスにおいて、第13回津幡町英語スピーチコンテストが開催されました。本校からは、5・6年生8名が参加しました。

まずは、5年生のスピーチ部門の2名です。

  

まずは、この場に立って初めてのALTの方とスピーチをするだけでもすごいことなのですが、2人とも本番は今まで聞いた中で1番上手だったように思いました。(身内の欲目かもしれませんが) 自分の言葉で感情をこめて、笑顔でスピーチできていました。Great !!

次は6年生のスピーチ部門です。

  

どのペアも、緊張の中、友を信じ、本当に最後までやり抜きました。きっとすごい緊張だったことでしょう。しかしこの緊張の中、最後まで頑張り抜いた経験は、必ず次に生かされると信じでいます。Nice Fight !!

そして6年生プレゼンスピーチ部門です。

  

2人とも、自分の夢や感謝の思いを述べた素晴らしい内容でした。聴いているうちに2人の言葉に込めた思いが伝わってきて、心にグッときました。決して特別な演出はないのですが、自分の思いを言葉に乗せると、相手に伝わるのだなぁとしみじみ感じました。Wonderful !!

そして、結果発表です。3部門とも、英田小の児童が最優秀賞をいただくことができました。

Amazing !  Marvelous!!3ツ星

  

すばらしい結果でした。しかし賞には入らなかった児童も、最後まで本当によく頑張りました。これは今まで練習してきた「チーム英田」みんなのおかげで取れた結果だったと思います。そして、今日まで励まし、支えてくださったご家族の皆様のおかげだと心から感謝いたします。本当にありがとうございました。

最後の講評で、審査委員長の太田先生が「今日の皆さんのプレゼンで、このコロナ禍の中、希望があふれました」と褒めてくださいました。私も本当にそんな気持ちでいっぱいでした。

最後に本日の開催に向け、ご尽力いただいた津幡町教育委員会の皆様に心から感謝いたします。そして、この結果を素直に喜び、しかしこの結果に奢ることなく、また月曜日から子どもたちと一緒に、学びを深めていきたいと思います。今後ともご指導をよろしくお願いいたします。

3年 河合谷の皆さんから禁酒村のお話を聞きました

今朝は、朝もやのかかる雨の朝でした。ちょっと幻想的な風景でした。

  

こんな雨の日も、あがたっ子たちはしっかりと歩いて登校しています。そして玄関前で傘のしずくを落とし、傘を巻いて校舎に入ります。中には、混雑を避けるため、防寒具をここで脱いでいく子もいます。子どもなりにいろいろ考えて行動しているのですね。

さて3年生は、総合的な学習の時間で地域について学んでいるのですが、今日は河合谷地区の「禁酒の学校を語り継ぐ会」の皆さんをお迎えし、旧河合谷村が「禁酒村」と呼ばれるようになったその歴史について教えていただきました。

まずは「禁酒物語」という紙芝居を見せていただきました。

  

 

  

 

  

 

  

旧河合谷村の皆さんがどんな思いで学校を建てるために「禁酒」という策を考えたのか、子どもたちに「学校」が必要だと考え、どんな思いをしてお金をためていったか、さらにそのことが学校を建てるだけではなく、いろいろなメディアに取り上げられ、河合谷の願いが世界の人々に称賛されたいきさつなども教えていただきました。

最後に、この会の皆さんがどうしてこのような紙芝居を子どもたちに伝えたいと思ったかという話をされました。「何かを達成するために、粘り強く『我慢』することの大切さをみんなに分かってもらいたいからです」ときっぱりとおっしゃったその言葉、そしてはっぴの背中に書かれていた「河合谷」の文字に込められた思いを知り、とても心を打たれました。3年生は、今日学んだことを劇にして、6年生を送る会で全校に伝える計画を立てています。今日の河合谷地区の皆さんが伝えたかったことをしっかりと劇で表してくれることでしょう。

「禁酒の学校を語り継ぐ会」の皆さん、本当にありがとうございました。今後ともご指導よろしくお願いいたします。

1年 昔遊び交流会 1/21

とっても寒い朝でしたね。学校の前は、まるでスケートリンクのようにつるつるでした。

    

滑って転ばないように、麻袋を敷いたりコーンを立てて近づかないようにしたりしましたが、通学路ではたくさんのお友達が滑ったようです。気をつけて登校してくださいね。

さて1月21日木曜日、1年生は、英田公民館で英田地区くらし安心ネットワークの皆さんと昔遊びの交流会をしました。新型コロナウィルスに配慮し、短い時間でしたが多くの遊びを教えていただくことができました。

  

 

    

 

  

 

  

和室では、お手玉・おはじき・竹かえし、ホールでは、けん玉・めんこ・こま、そして体育館では竹とんぼを教えていただきました。くらし安心ネットワークの皆さんも、汗をかきながら、一生懸命指導してくださいました。最後の感想タイムでは、子どもたちが楽しかったことや上手にできた時のコツについて話をする姿が見られました。子どもたちは、どの子も集中し、夢中になって、全身を使って遊んでいたように思います。やはりこのような遊びをすることは器用さも育つし、根気や粘り強さも付くように思いました。昔遊びを子どものうちにすることは、とてもメリットがあるように思います。ぜひ、今後も学校だけでなくお家で親子で挑戦してみてはいかがですか?

くらし安心ネットワークの皆さん、コロナ禍ということでたくさんのご配慮をいただきながらの交流会、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

英語スピーチコンテスト 校内発表会

今日のぐんぐんタイム(掃除後の帯タイム)は、今週土曜日に英語スピーチコンテストに参加する児童のスピーチを聞く校内発表会がありました。4~6年生がランチルームに集まり、予選の結果代表に選ばれ練習してきた5年生2名、6年生6名のスピーチを聞きました。

  

 

  

 

  

5年生も6年生も、以前練習を始めたことに比べて、表情やジェスチャー、声の出し方、目線、笑顔などとても上手になっていましたよ。あと本番まで2日。最後までしっかり練習し、自信を持って本番を迎えられるといいですね。

今日の日まで、励まし支えてくださった保護者の皆様、本当にありがとうございました。本番までもう少しです。子どもたちが最後までやり遂げられるよう、また万全の体調で当日に臨めるよう、ご協力をお願いします。

送る会 実行委員会

今日は送る会の実行委員会が、長休みにありました。今までの代表委員会とは違って、5年生が中心になって進める、送る会だけの会議です。1~4年生の代表者各2名も参加しました。

  

 

  

代表の子達は、クラスで話し合ったことを発表したり、決まらなかったことをどうするのか質問したりして話し合いを進めていました。1年生も質問していましたよ。素晴らしいことです。

今日決まったことは代表者が教室でみんなに伝えるという大きな仕事も残っています。代表者の皆さん、頑張ってくださいね。

また5年生も、会を上手に進めていました。5年生の皆さん、これからもよろしくお願いしますね。

5年 ミシンボランティアさん、ありがとうございます

今朝は、本当に寒い1日でしたね。道路も凍って、すべってしまった子もいましたが、幸いけがをした子はいませんでした。今日もあがたっ子たちは、足元に注意しながら歩いて登校しています。

  

  

学校へ来る途中に、大きなつららを見つけた子が玄関で私に見せてくれました。学校の体育館の屋根もつららたちがびっしりと整列しているように下がっていました。大人は車の運転にひやひやものの朝でしたが、子どもたちにとってはとても楽しい朝になったようです。

今日の3・4限目は5の2の家庭科の授業では、ミシンでエプロンを制作しています。今日は、地域の方がミシンボランティアとして授業を支援してくださいました。

  

今年はコロナ禍で、6年生が昨年作ることができなかったエプロンを6月に作ることになり、その時から本当にお世話になっています。今日は5年生は初めてのトライで、3つ折りや返し縫いなどもありましたが、とても上手に塗緒ていました。今後ともご指導よろしくお願いいたします。

5年 ウッドデッキづくり~こども森の恵み推進事業~

5年生は秋に県央農林総合事務所さんの「環境実感ツアー」という校外活動に参加し、森林の伐採現場や製材所での木材加工を見学したり、木で作られているモデルハウスを体験したりしました。その学習をさらに自分たちの生活に生かして発信する方法として、森を守るために伐採した木「間伐材」を利用して、本校の中庭にウッドデッキを作成することにしました。

今日はいつもお世話になっている神崎さんをお招きして、1人1枚スギの間伐材の板に絵を描き、防腐剤の塗料を塗る作業をしました。

  

 

  

 

  

 

思い思いの絵や四字熟語などをポスカなどの顔料マーカーで書きます。その後に、防腐剤の入ったニスのような塗料を塗って、外に乾かしておくのです。どの子も一生懸命書いていました。ある程度乾燥した後、2月1日には、この板をつなげてウッドデッキに仕上げていきます。どんなものが出来上がるか、仕上がりがとても楽しみですキラキラ

いつもいつもご指導していただく神崎さん、本当にありがとうございます。最後までよろしくお願いします。

不審者対応訓練がありました

今日は昨日に引き続き、とっても寒い一日になりました。

朝学校へ行くと、校務員さんがもう、除雪機で駐車場の除雪をしてくれていました。本当にありがとうございました。それから、学校に早く来ていた職員が玄関の除雪や校務員さんに代わっての職員室の給湯などをしました。  

また、今朝は河合谷方面からのバスのアクシデントがあり、お家の方々への連絡や車を出してくださった先生方もいました。みんなで助け合った英田小学校職員、また送ってくださったお家の方々、本当にありがとうございました。これぞ「one team」ですねピース

さて、今日は4限目に、不審者対応の避難訓練がありました。先週のうちに事前指導をし、予告なし、どの教室に入るかも知らせず、実施しました。

  

今日は、4年教室に入り、子どもたちが職員室に知らせる、そして通報から警察の方が来るまでの約6分間の職員の対応を見ていただき、指導をいただきました。また児童にもどんなことに気をつけるかお話していただきました。

「不審者」というとなんだか黒い服装でサングラスをしていて…というイメージですが、不審者は決して見た目では分からないこと、困った人のふりをして近づいてくること、1人でいる時を狙っていることなどとても分かりやすくお話してくださいました。

今日の訓練は、職員にとっても児童にとっても、本当に実り多いものでした。走って職員室に来てくれた4年生の1人は、的確に侵入者の特徴を伝えていました。また、先生方も侵入者を部屋に閉じ込め、6分間対応できていました。こんなことがあってはならないのですが、やはり訓練の大切さを痛感しました。子どもたちの命をしっかりと守れる「安心・安全」な英田小学校になるよう、気を引き締めて毎日を送っていきたいと改めて感じた訓練でした。

ご指導、ご協力いただいた津幡警察署の職員の皆様、本当にありがとうございました。

縄跳び がんばってます!

先週の温かさから一転、もうすぐ大寒らしく寒い一日になりました。

  

寒くてもしっかり集団登校しています。そして玄関では「暑い暑い」と言いながら防寒具を脱いでいます。一生懸命歩いている証拠ですね。

さて今、あがたっ子たちは、体育委員会が企画している「なわとびタイム」をがんばっています。特に長休みは、ほとんどの子達が縄跳びをしています。今年は新型コロナウィルス感染防止のため、体育館で縄跳びをする学年を2つに絞り、ローテーションしながら行っていますが、学校の広い廊下ではみんなが縄跳びを楽しんでいます。

  

 

  

今日は2年生と6年生が体育館を使える日でした。舞台の上では、ジャンピングボードで跳んでいます。6年生のすごい技に、2年生もびっくりしながら見ていました。

  

1階の廊下では、1年生と3年生がとても楽しそうに跳んでいました。こうやって毎日、やらされているのではなく自分からやっているうちに、子どもはどんどん上手になっていくのですね。

これからもますます上達していくでしょう。楽しみですね花丸

  

暖かい1日となりました

あの大雪の日々がうそのように、昨日今日ととても暖かな日が続いています。日中はお陰様で雪もかなり解け、駐車場に積まれた雪で見えなかった子どもたちの様子も見えるようになってきました。しかし、今朝は放射冷却のせいか、路面がかなり凍っていて、転んでしまった子どもたちも多かったようです。転びそうになった妹と手をつないで校門から歩いてくる兄妹をみて、とても微笑ましく、心はほっこり温かくなった朝でした。

  

また昨日、ある保護者の方が学校に飾っていただけたらと、バケツ一杯のお花をもってきてくださいました。校内のあちらこちらに飾らせていただきました。お花のいい香りが校内に広がって、なんだか急に春が近づいてきたように思えます。素敵なお花を本当にどうもありがとうございました。

  

昨日、今日の子どもたちの様子をお知らせします。

6年生。

   

学活で話し合い活動をしていました。卒業アルバムの係の子達が前に出て話を進めていたようです。この子達は10分休みも一生懸命みんなのためにがんばっています。さすがですね。後ろの掲示板を見ると今年の決意を表す漢字一文字が掲示されていました。コロナ禍にあっても、子どもたちの漢字は希望にあふれているようで嬉しくなりました。

5年生。

  

国語では「方言と共通語」の学習をしていました。同じ石川県でも、能登では「つらい」を「えらい」というという話に子どもたちは興味津々で身を乗り出して先生の話に耳を傾けていました。算数は、いよいよ「割合」です。この大事な単元をしっかり自分のものにしてほしいものです。

4年生。

  

毛筆の授業では、「白馬」という字を書いていました。今日初めて書いたそうです。とっても上手でびっくりしました。力が付いてきましたね。国語の時間には、熟語の意味について学習していました。国語辞典を引き、確認しながら学習していました。

3年生。

  

今日は長休みに体育館で縄跳びチャレンジを5年生としていました。とっても上達していてびっくりしました。続けることは伸びるもとです。「継続は力なり」5年生の上手な跳び方を見てもっと上手になるといいですね。

2年生。

  

生活科の時間には、自分の得意なことを紹介するワークシートを書いていました。みんなの得意なことをたくさん教えてもらいました。みんな頑張っているのですね。また算数の時間は、4けたの数の書き方を学習していました。空位などもあって難しいですが、とても大切な勉強ですね。

1年生。

  

国語では自分の好きなものを紹介し合っていました。ノートを見なくても、自分の言葉ですらすら伝えていた子もいました。相手に伝えたいという気持ちが表れている証拠ですね。算数では、100までの大きな数の勉強をしていました。2年生につながる大切な学習です。ここをしっかり学習しておくと、2年生の大きな数にもつながりますね。

どの学年も、落ち着いてしっかりと学習している様子が伺えました。大雪でのお休みなどもあってちょっと生活リズムも乱れがちかと心配していましたが、大丈夫なようです。また月曜日、元気な顔を見せてくださいね花丸