聖高 NEWS

花丸 放送部制作 ふるさとCM 奨励賞を獲得

以前からお知らせしてきました「HAB 第20回 ふるさとCM大賞」が21日に放映されました。

            (上の画像をクリックすると全市町のCMをHABのホームページにてご覧にいただけます。) 

加賀市役所のご担当の方をはじめ、関係の皆様のご助言もいただきながら作品作りに取り組んだ結果、初出場ながらなんと第3位あたる奨励賞をいただきました。

左より2年生 村上瑞歩(片山津中出身)、新家莉子さん(御幸中出身)、富永涼風さん(錦城中出身)、1年生 亀田佳織さん(丸内中出身)のCM制作チーム 

 

 3位入賞の結果について、CMの制作監督の21H 新家さんは、
「正直、グランプリをねらっていたので、残念ですが、
少しでも地域に貢献でき、恩返しがてきて本当にうれしく思います。
加賀市スマート政策課の皆さん、山中温泉の小出仙さんやアイスストリート実行委員会の皆さん
本当にお世話になりました。ありがとうございました。」

と話してくれました。

加賀市のCMとしては初めての3位入賞となる結果でした。
今回は、各市町の作品も工夫がされていて、ハイレベルな審査だったとのこと。
部員にとっては今後の作品作りの良い刺激になりました。


今後、このCMは1年間で40回、放送されることになっています。

王冠 体操部 県新人大会 女子個人総合 優勝

弓道部、放送部に続き、体操部からも嬉しいお知らせが入ってきました。

11月21日(日)に行われた「令和3年度 石川県高等学校新人体育大会体操大会」にて、本校の体操部の1年生の山本心菜さん(山代中出身)が女子個人総合で優勝を果たしました。山本さんは、ゆか、平均台、跳馬、段違い平行棒のすべての種目で個人第1位となり、パーフェクト優勝という完璧な内容でした。

また、同じく1年生の下口ういか さん(山代中出身)が、ゆか、平均台、段違い平行棒で第2位、跳馬で第3位と、こちらも見事な成績で、個人総合2位入り、大聖寺高校のレベルの高さを見せつける結果となりました。

左より 個人総合 2位の下口 ういか さん、優勝の山本 心菜 さん (ともに山代中出身)

まだ1年生の二人なので、今後の活躍がたのしみですね。

頑張れ!山本さん!!

頑張れ!下口さん!!

頑張れ!体操部!!

 

 

 

お知らせ 弓道部 米林くん「いざ!北信越大会ヘ!!」

「石川県高等学校弓道新人大会 個人競技」において、見事優勝を果たした2年生の米林慶悟くん(根上中出身)が、11月19日(金)~20日(土)に新潟県で開催される「第11回北信越高等学校新人大会弓道競技」へ出陣するにあたり、17日、その活躍を期待して、土山校長から「激励費」の贈呈が行われました。

この際に、土山校長からは、「北信越、全国大会で臆することなく、力を十分に発揮してきてもらいたい。いい経験になるはずだ」と言葉をかけられると、これに対して米林くんは、

「聖高の名を北信越や全国に広めるような活躍をしてきたい。」とその意気込みを語ってくれました。

大会での活躍を期待しています!!

王冠 放送部も快挙 全国大会出場権獲得 新人大会

11月11日(木)、「石川県高等学校放送コンテスト新人大会」(於:白山市松任学習センターほか)において、いずれも2年生の村上瑞歩さん(片山津中出身)、唐谷侑花さん(東和中出身)、田中舞綾さん(御幸中出身)の3名が入賞・入選しました

(写真;左より 唐谷侑花さん、村上瑞歩さん、田中舞綾さん)

このうち、村上さんは、本校放送部としては、14年ぶり2度目の優秀賞を獲得し、快挙を達成しました。

これにより、村上さんは来年2月に新潟県柏崎市で開催される「第18回北信越高等学校選抜放送大会朗読部門」と来年8月、東京で開催される「第46回全国高等学校総合文化祭東京大会放送朗読部門」への出場が決定しました。村上さん個人としては昨年の作品部門に続き、2回目の出場となり、また放送部としても4年連続の全国総文祭への出場となります。

また、今大会では、2年生の唐谷さんも優良賞を獲得し、「第18回北信越高等学校選抜放送大会アナウンス部門」への出場も決定しました。

部長の田中さんは「昨年、入賞・入選を逃したアナウンス・朗読部門で3人が入選しました。今年はコロナの影響で、番組部門の大会が来月に延びたので、聖高のお家芸ともいえる番組部門でも全国総文への出場権を獲得し、2部門以上での出場を果たしたいです。」と現在、制作中の作品への熱意も語ってくれました。

放送部の、北信越大会・全国総文祭での活躍を、聖高生・保護者・教職員みんなで応援しています!

 

がんばれ!村上さん、唐谷さん、田中さん。

がんばれ!放送部。

がんばれ!聖高生。

 放送部>ふるさとCM大賞

お祝い 弓道部 新人大会個人競技で優勝!

弓道部からうれしいニュースが届きました。

本日、11月13日(土)、「石川県高等学校弓道新人大会 個人競技」において、2年生の米林慶悟くんが見事優勝を果たしました。

おめでとうございます!

 

これにより、11月19日(金)~20日(土)に新潟県で開催される「第11回北信越高等学校新人大会弓道競技」および、12月23日(木)~25日(土)に茨城県で開催される「第40回全国高等学校弓道選抜大会」への出場が決定しました。

新人大会 個人競技で男子が優勝を果たすのは2年連続になります。

県内の公立高校で創部が最も古く、歴史と伝統を誇る大聖寺高校弓道部です。その名を全国に轟かせてくれることを期待しています。

がんばれ!米林くん。

がんばれ!弓道部。

がんばれ!聖高生。

科学グランプリで大健闘!!

10月16日(土)石川県総合スポーツセンターにて行われた「令和3年度いしかわ高校科学グランプリ」に2年生6名が参加しました。筆記競技と実技競技に協力して挑戦し、その結果がとどきました。参加37チーム中、筆記競技は5位、実技競技は15位、総合11位と大健闘!の結果でした。参加した生徒は結果を聞いてとても喜んでいました。

グループ 本校のPTA活動が表彰されました

 令和3年11月4日(木)石川県文教会館ホールにて「令和3年度 石川県高等学校PTA連合会 第38回研究大会・指導者研修会」が開催され、北堂PTA会長らPTA役員と学校関係者が参加しました。

最初に、「令和3年度優良PTA石川県教育委員会表彰」が行われ本校を含め県内3校が表彰を受けました。さらに、北堂 宗一PTA会長が「活動振興功労者表彰」を受けました。

 

 これからも、家庭・学校・地域社会の連携協力をはかり、さらなるPTA活動を推進してまいります。

 

学校 教育ウィーク 英語暗唱大会

1日(月)から5日(金)は今年度の教育ウィーク(学校公開週間)となっています。
3日(祝・水)午後には「第73回 南加賀地区中学校英語暗唱大会」が本校の多目的ホールを会場として開催されました。

昨年度から、コロナの対策として、学年ごとの開催となっています。 

 

 

加賀市内の各中学校から選抜された生徒は、緊張感のある中で、一生懸命に熱のこもったスピーチをしていました。
3年生の部では、声のトーンを変えたり、身振り手振りを使ったり、表現力が増して、甲乙つけ難いスピーチが行われ、審査員を悩ませていました。

2年進路説明会 & 進路講演会

30日、午前10時より、2年生保護者対象の「進路説明会」が開催されました。

3年次の類型ごとの科目説明が教務課から、大学進学を中心に進学について進路課から、それぞれ説明がありました。

 

続いて、昨年から2年連続して中止となった「PTA大学見学会」の代替として、進路講演会が行われました。

進路講演会では、講師にベネッセコーポレーションの学校カンパニー長を務められている 山河 健二 氏をお迎えして、「子供たちの今と将来を考える~大聖寺高等学校からNext Stageへ~」と題して、保護者世代と現在の入試制度の違いにふれ、受験生の保護者としての心構えや対応についてご講演いただきました。

やはり、大学進学に対する関心が高く、多くの保護者に加え、中学校の関係者も参加されていました。

 

引き続き、本校の卒業生で、現在、大学3年生の6名から寄せられたビデオメッセージが流され、

会場内の保護者の方は、大学生の生の声に耳を傾け、メモを取る様子なども見られました。

視聴覚 放送部が加賀市を応援!HAB「ふるさとCM大賞」

 

北陸朝日放送(HAB)で、毎年放送されている「ふるさとCM大賞」。
今年は20回目の記念放送となるそうです。
 

今年度は加賀市役所の政策戦略部スマートシティ課さんから本校放送部へCM制作のお誘いがあり、放送部員が夏休み休みを返上して、制作に取り掛かりました。
この1・2年生が作る初めての15秒CMに苦労しながら、今年のテーマ「ふるさとが好きだっ!」が伝わる内容にしようと、制作班が約1か月半かけ完成させました。
 

このほど、その審査会の収録があり、放送部員4名が出演しました。
参加した部員は「15秒の作品作りは苦労しました。 他市町の作品は工夫されていて 大変、参考になりました」と話してくれました。

聖高放送部のCM作品の上映と審査会の模様は、11月21日(日)PM2:45~ 放映される予定です。温かいご声援をよろしくお願いいたします. m(_ _)m