diary

日誌

令和3年度新任式・始業式

                                                                                                                                                          4月8日(木)

  令和3年度新任式及び1学期始業式が校内放送によって行われました。

 江上副校長から、今年度、新たに赴任された(復帰された)17名の先生と3名の事務部の方が紹介され、新任者を代表して、正村校長から挨拶がありました。

 続いて行われた始業式では校長先生から、「校訓『質実剛健』校是『文武両道』を大切にし、3年生は先頭に立って見本となり、2年生は大きく飛躍できるよう充実した日々を送るようにとの講話がありました。その後、保健の大門先生からコロナ禍での学校生活についての話がありました。

 

表彰伝達式・終業式・離任式・退任式

3月24日(水)に表彰伝達式・終業式・離任式・退任式がZoomを利用して行われました。

初めに、剣道部・柔道部・吹奏楽部・文芸部・書初めコンクール・英語暗唱コンテスト・読書体験記コンクールについて表彰伝達式が行われ、続いて終業式が行われました。

つぎに離任式が行われ、離任する18名の先生方を学校長が紹介した後、離任する先生一人一人からあいさつがありました。

最後に前田学校長の退任式が行われました。学校長はあいさつの中で「桜丘の生徒は素直でよく努力をする生徒だ思います。これからの社会を生き抜くために必要なのは、それに加えてたくましい心と共感力だと考えています。それらをさらに磨いていってください」と生徒に語り掛けました。

生徒を代表して、生徒会から花束と生徒達が書いたメッセージを収めたアルバムが手渡されました。

  

  

  

全国選抜大会激励費交付式

                                                                                                                                           3月16日(火)

 

 本校空手道部が3月24日(水)~26日(金)に開催される全国高校空手道選抜大会に女子団体組手競技に出場します。

 前田校長から激励費の交付とともに、期待の言葉と温かい励ましを頂きました。また、女子主将から「夢・きぼう」枠での出場ということで、「貴重な経験ができる機会を得ることができ、大変感謝しています。チーム一丸となってよい結果が得られるように頑張ってきます。」との決意が語られました。

 

卒業証書授与式

                                                                                                                                             3月2日(火)

 

 3月2日(火)10時より、令和2年度卒業証書授与式が行われました。

 

【卒業生入場】

 学年主任の永井先生に続いて、1年間お世話になった担任の先生に導かれての入場です。

 

【卒業証書授与】

 各ホーム担任の呼名の後、卒業生352名の代表として総代が前田校長より卒業証書を受け取りました。

 

【学校長式辞・来賓祝辞】

   前田校長からは新型コロナウイルス感染症の流行をうけ、先が見えない日々が続いているが、こうした時こそ慈悲の心、共感力が大切と考える。卒業生の皆さんはこの慈悲の心、共感力で未来に向け、大きく踏み出してほしいとの激励の言葉を頂きました。

 岸PTA会長からはこれからの社会に出ていく卒業生に対して見守り、後ろを支えていく温かい言葉を頂きました。

 

【在校生送辞】

  新型コロナウイルス感染症の流行で、文化祭や3S歩行など、例年と違う形での学校行事の思い出に、どんな逆境にも決してあきらめないという思いを学び、自分たちも後に続く思いを述べました。

 

【卒業生答辞】

  クラスの仲間と共に過ごした何気ない日々も今となってはかけがえのない時間に思えます。時には厳しく、細やかな指導をしてくれた先生、やりたいことを後押ししてくれた両親に感謝し、春からの新しい生活に頑張っていこうと思います。

 新型コロナウイルスの流行は今なお私たちの生活に大きな影響を与えていますが、私たちはそれぞれ桜高生であったことに誇りを持ち、自分達らしく歩んでいきたいと思います。との決意を述べました。

 

【退場】

卒業記念品贈呈式・皆勤賞授与式・三桜賞表彰式・同窓会入会式

                                                                                                                                  3月1日(月)

 明日行われる卒業式に先立ち、卒業記念品贈呈式、皆勤賞授与式、三桜賞表彰式、同窓会入会式が本校視聴覚室で行われました。

 【卒業記念品贈呈式】

 今年度の卒業生から、卒業記念品として「丁合機・製本機」が贈られることとなり、その目録が前田校長先生に渡されました。前田先生からは「教職員の丁取り、製本作業に有効に使うことができ、大切に使っていきたい」との謝辞がありました。

 【皆勤賞授与式】

 

    今年度の皆勤賞は38名となり、代表生徒が前田校長先生から賞状及び記念品を受け取りました。

 【三桜賞表彰式】

三桜賞とは文武両道を実践し、めざましい活躍を遂げ、他の生徒の範となる個人・団体を同窓会より表彰するものです。今年度は青木同窓会会長より、一人一人に表彰状と記念品が手渡されました。

 本年度は16個人及び5団体が受賞しました。

個人(卓球部1名、サッカー部2名、空手道部2名、文芸部1名、放送部1名、

生徒会9名)

団体(剣道部、新聞部、空手道部、筝曲部、放送部)

 

【同窓会入会式】

 同窓会入会式では、青木同窓会会長から挨拶をいただき、倉本事務局長から同窓会の説明と連絡があり、同窓会クラス幹事が発表されました。

 

卒業記念植樹式

                                                                                                                                        3月1日(月) 

令和2年度卒業記念植樹式が行われました。本年度(第73期)卒業生を代表して、同窓会クラス幹事が集まり、「山桜(やまざくら)」を植樹しました。

 また、生徒の代表が「この桜がしっかりと大地に根を張り、美しい花を咲かせることを願うとともに、自分たちもこの桜の成長に負けないようにこれからの人生を歩んでいきたい」との植樹の言葉を述べました。