日誌

レスリング日誌

新年度の準備【レスリング部】

新入生を迎えるにあたり、学務員の方々が1年生の教室をワックスがけしてくださいました!

そのため廊下に出ていた机・椅子や掃除用具入れなどを、レスリング部で教室内に運び整頓しました。

 

仕上げに掃除をして、新入生を迎える準備は万端です。皆さん、北陵高校でお待ちしています!

卒業式に向けて【レスリング部・ボクシング部】

レスリング部・ボクシング部で校地内外の清掃活動を行いました。

 

  

 

今月末に予定されていた全国選抜大会の中止が決まり、各部ともこれまで学校の皆さんから

応援していただいたことへの感謝の気持ちを込めて行いました。

 

3年生の皆さん、保護者の皆様 ご卒業おめでとうございます。

静岡遠征(レスリング部)

静岡県へ遠征
 2月14日~16日にかけて静岡・藤枝北高校へ遠征をしました。
 藤枝北以外に焼津中央、焼津水産、伊豆総合、稲取、そして東海ブロックを制した飛龍、岐阜からは全国大会上位常連校の岐南工の参加もありました。
 選手たちは東海ブロック1位の飛龍、全国上位校の岐南工の選手に幾度となくチャレンジしていました。
 また女子選手も多数練習に参加していました。

新聞社の取材(レスリング部)

北國新聞社が取材
 2月1日に北國新聞社の方が取材でレスリング部を取材しました。レスリングを体験しながらの取材であり、岡本、出戸、滝崎の3名が代わるがわる新聞社の方とレスリングをしました。

タックルの入り方の練習。 ローリングを仕掛ける!

練習後の食事(レスリング部)

練習後の食事
 1月31日は気温も下がり武道場も室温が2℃ほどに。練習が終了して身体が冷え切らないように、熱~い「味噌鍋」を食べて帰りました。鶏ガラから出汁をとること十数時間。あっという間に完食です!

全日本トップ選手による技術指導(レスリング部)

全日本トップ選手による技術指導
 1月26日に今年度の世界選手権大会の予選でもある「全日本選抜選手権大会」で5位入賞を果たした神奈川県出身の現役学生選手が、北陵へ技術指導に来ました。
 大学4年生で高校時代より全国で常に上位に進出しており、現在在籍している拓殖大学の中核選手として活躍しています。
 全国選抜大会を3月に控えた部員達には大きな刺激となりました。

  実戦的な練習      後半は筋トレ     最後は全員で!

京都海洋高へ遠征(レスリング部)

京都海洋高校へ遠征
 1月4日~6日にかけて海洋高へ遠征に行きました。当日は京都の他、愛知、三重、大阪、徳島からの参加もあり充実した練習ができました。

練習納め&大掃除(レスリング部)

年末最後の練習&大掃除
 12月29日にレスリング部OBや3年生と2019年最後の練習を行いました。
 練習には本校OBの他、学生2名の参加もあり賑わいのある練習になりました。
 大掃除の後は少し早い「年越しそば」で2019年を締めくくりました。


            畳の裏もキレイに!   最後は少し早い年越しそば!

全日本ジュニア選手権出場権を得られず(レスリング部)

東海・北信越全日本ジュニア選手権大会予選会に参加
 12月25日に全日本ジュニアレスリング選手権の予選会を静岡県焼津市で開催されました。本校は全日本ジュニア選手権にはブロック予選方式になってから毎年出場権を得ていました。上位入賞者はグレコローマンスタイルに参加した南が3位入賞しましたが出場権は優勝者のみであり、今回は残念ながら出場権は得られませんでした。
 26日~27日にかけてナショナルチームの強化スタッフが技術指導を行いトップレベルの技術練習ができました。

全日本強化スタッフと参加者

フリースタイルの技術指導。

レスリング部卒業生が活躍!(レスリング部)

レスリング部OBが大活躍!
 12月19日~21日にかけて東京・駒沢体育館で「天皇杯 全日本レスリング選手権大会」が開催されました。前回大会入賞者の他、社会人、大学生の各種大会で上位に入賞した者だけが出場権を得られる国内最高峰の大会であり、石川県出身者は6名が参加。参加人数中3名が北陵レスリング部出身です。参加したOBは下記の通り。
藤波諒太郎 (国体優勝、東日本学生優勝)
清水蛍汰  (全日本選抜大会5位、大学選手権準優勝)
喜多佳祐  (西日本学生優勝)
 試合結果は藤波選手が順調に勝ち上がるも5位。喜多選手は初戦から強豪と対戦し敗退。清水選手は持ち前の勝負強さから決勝まで勝ち上がり、僅差の判定で敗れて準優勝でした。
 今年度は国内最高峰の2大大会(天皇杯全日本選手権、明治杯全日本選抜)においてOB達が頑張り、表彰台に上がることができました。
お知らせ



お知らせ

金沢北陵高校には常設のレスリング場があります。
 レスリング部は
「自分の可能性をどこまで伸ばすことができるか?」をモットーに活動しています。

 卒業後は就職や進学など様々ですが、共通しているのは
「自分で考え行動し、物事を進めていかなくてはいけない」
 ただ単に「楽しい」ではなく、一生懸命に取り組み
自分の力を発揮して頑張れたことや辛いことを乗り越えた時に「楽しさ」を感じて欲しい

 1年生は集団の中で個人の役割を理解し、2年では1年生に教えながらも3年生の後押しを行い、3年で全体を見渡し、何か足りないのかなどを考え、目標に向かって全員をまとめながら部員達を牽引して行きます。
 そのために普段の活動以外でも、部として清掃活動や除雪作業などの活動を通して個人として何ができるのか? など自ら気づく力を養うことが大切です。また、様々なことを経験して、自分に自信が持てるようになって欲しい。

 「俺にはムリ」「俺にはできない。あいつだからできる」ではなく、自分の力を信じ、可能性を伸ばし何事にもチャレンジする。そんな人に成長し、卒業してほしい。

 入部してレスリング部の良さがわかります。「本質」を重視している部です。