河井っ子日記

河井っ子日記

ALTの先生のご紹介!

 毎週金曜日は、河井小学校にALTの先生がやってくる日です。ALTの先生は、外国語活動などで、担任と協力して授業をする先生です。保護者の皆様の声も頂きましたので本日は、ALTの先生をご紹介したいと思います。
 河井小学校を担当してくれている先生は、ジェフ先生(アメリカ出身)です。大変丁寧で子どもたちに優しく教えて頂いています。日本語も大変上手で、漢字も書けます。そして、本日は、輪島市に新しく配属されたALTの先生も研修のために来校されました。お名前は、ライアン先生(アメリカ出身)です。4回目の来日だそうです。日本語もお上手です。これから輪島の小中学校を訪れ、子どもたちに英語の楽しさを教えてくれると思います。

    ライアン先生    ジェフ先生

3年生の授業の様子です。ALTの故郷を紹介しています。

6年生の授業の様子です!サンタがいますよ(^^)

全校集会が開かれました!

 12月19日(5限)に全校集会が開かれました。今日は、人権集会標語優秀賞発表と2年生の学年発表がメインでした。人権週間に合わせて募集された人権標語は、各学年1名の優秀賞が選ばれ発表されました。2年生の発表では、国語科「お手紙」の朗読と「カエルの合唱」の合奏を行いました。インフルエンザによる学級閉鎖があり、練習時間が十分に確保できなかったようでしたが、本当に上手に元気に発表を行うことができました。2年生の皆さん頑張りましたね!たくさんの保護者の皆様にご参観頂きましてありがとうございました。

     人権標語優秀賞発表の様子!

     2年生発表国語科朗読「お手紙」

   2年生発表音楽科合奏「カエルの合唱」

       表彰式も行われました!

金管鼓隊引継ぎ式が行われました!

 12月18日(水)5限目に河井小金管鼓隊の引継ぎ式が行われました。TEAM2019から新TEAM2020へのバトンタッチです。引継ぎ式に先立って、6年生最後の演奏が披露され、言葉だけでの引継ぎだけでなく、演奏でもメッセージを伝えました。「これが6年生!私たちの最高のパフォーマンス!」と言わんばかりの迫力でした。
 演奏終了後に引継ぎ式を行いました。各パートの代表に楽器が引き継がれ、4年生には、河井小金管鼓隊メンバーの証であるワッペンが贈られました。新チームのメンバー代表それぞれが決意表明を行い、6年生に感謝の気持ちを全員で伝えて式は終わりました。
 河井の新しい伝統がスタートしました。TEAM2020は、どんな演奏を聞かせてくれるでしょうか。今からとても楽しみです。6年生の皆さん、本当にお疲れさまでした。








河井小金管鼓隊復活!

 12月16日(月)5限に、河井小金管鼓隊team2019が復活しました!これは、新チームへの引継ぎに備えての練習です。6か月のブランクを感じさせない素晴らしい演奏を披露していました。驚きました!
 期間限定での復活ですが、6年生は、どことなく嬉しそうで、にこやかでした。これもいい思い出になりますね!




なわとび技集会!

 12月13日(金)ぐんぐんタイムに体育委員会主催のなわとび技集会が開かれました。河井小学校では、冬の運動の中心として縄跳びカードの取り組みを行っています。そのカードの上級技を体育委員会の皆さんが披露してくれました。駆け足二重跳びや三重跳びなど高度な技を見ることが出来ました。見ていた児童は、自分たちも挑戦したくなったようです。ぜひ、上の級や・段を目指して頑張ってください。
 体育委員会の皆さん、ありがとうございました。


あいさつチャンピオン!

 12月13日(金)から、職員室前にあいさつチャンピオンの紹介ボードが登場しました。前回のあいさつ運動で、明るく元気よくあいさつをし、全校の模範になる児童を児童会が選んだものです。
 河井小学校では、語先後礼を推進しており、素敵なあいさつが出来るようになってきています。中高学年は、特に上手です。低学年も、上級生のような素敵なあいさつができるように頑張っています。明るいあいさつが行き交う学校はとても温かい雰囲気です。

(児童の安全保護のため、写真は加工してあります。ご了承ください。)

自主学習ノート200冊突破

 12月9日(月)、自主学習ノートが200冊を突破しました。河井小学校では、かしこ山遊園地を設置し、自主勉強ノートが一冊終わると、自分自身を描いた絵をかしこ山遊園地に入園させることができます。つまり、今日はその入園者が200人を突破したのです。遅く始めた1年生の自主学習ノートもたくさん加わっています。去年より、とても速いペースで入園者が増加しています。今年は、何人入園するか、とても楽しみです。河井っ子のみなさん頑張ってください!


ヤマメの季節がやってきました!

 12月5日(木)に輪島市教育委員会からヤマメの卵が届きました。毎年恒例のヤマメを育てる師走の風景です。
 河井小学校では、全校でペットボトルを利用しヤマメの卵を孵化させ輪島川に放流する取り組みを行っています。配布開始の金曜日には、水槽の前にペットボトルを持って列をつくりました。1人2粒ずつ育てます。子どもたちは、大事そうにペットボトルを抱えて各学年の場所に置いていました。ヤマメの卵は、直射日光には弱いので新聞で覆いをつくり孵化を待ちます。卵から孵化する日を子どもたちは楽しみにしてます。








香箱ガニ給食がありました!

 12月6日(金)卒業学年の6年生に素敵なプレゼントが届きました。それは、香箱ガニです。そう!今日は、毎年恒例の6年生香箱ガニ給食の日です。河井小学校の6年生は、JFいしかわ輪島支所様のご協力のもと、香箱ガニ給食を毎年行っています。
 最初に、JFいしかわ輪島支所の二角さんから、香箱ガニの食べ方を教えて頂きました。子どもたちは、香箱ガニを器用にさばきながら、輪島の冬の味覚を味わいました。6年生良かったですね。JFいしかわ輪島支所、輪島市役所農林水産課の皆様、ありがとうございました。










薬物乱用防止教室が開催されました。

 12月5日(木)6限に、6年生を対象にして薬物乱用防止教室が開かれました。講師は、能登北部保健所の技師 蓑田さんです。アルコールやたばこの害を中心に話をしてくださいました。わかりやすかったのは、なぜ未成年がお酒を飲んだり、たばこを吸ったりしてはいけないのかを医学的データに基づき、実物や鮮明な写真で話をしてくださったことです。単に法律で決まっているからダメなんだではなく、小中学生には、たくさんのリスクがあることを教えてくださいました。知識として何となくダメだなと思っていたものが、あのリスクを知ってしまうと、絶対したくないと思いました。
 これから中学・高校と成長していくわけですが、強い意志で今日の思いを貫いて欲しいものです。貫くためには、断る勇気も必要ですよ。蓑田先生、大変わかりやすい授業をありがとうございました。